元車庫前○宮中華そば 紀ノ川大橋湊店 2009/11/16

祝・1周年記念訪問(笑)


■元車庫前○宮中華そば
紀ノ川大橋湊店
@和歌山市湊1828-7
【営業時間】
11:00~15:00
17:30~23:00
17:00~23:00(土、日)
【定休日】火曜日
【電話】073-454-1234
【駐車場】専用アリ
■祝・1周年
サイケな黄色店舗は相変わらず目立ち度は『大』(笑) 夜の部がスタートした直後の17時30分過ぎの入店でしたので店内には誰もいません(当たり前じゃ!!w)





■駐車場
店前に若干の駐車スペースがありますが奥にはもっと広い駐車場がありますのでグ、グ、グイッとためらわずお進みくださいませ~♪






■中華そば(600円)
●スープ
醤油メインのトラディショナル系
●麺
やや細ストレート
●具材料
チャーシュー、メンマ、蒲鉾
■この日の感想
あまりこちらの前は通らないので普段はなかなか足を運ばないのです。たまたま松江方面に所用があった帰りに○平に行くつもりで車を走らせたのですが何の前触れなく頭に思い浮かんだのがこの『○宮』屋号だったのです…(そー言えば、新規オープンしたのは去年の今頃やったよなぁ…)これも何かの知らせかも~ という事でコチラには1年ぶり2度目の訪問となり『中華そば』をオーダーします。


■中華そば



すぐに運ばれた中華そば。
見た瞬間に程良いコンディションだとわかるものでテロリ感の残るスープは上々の味わい。
いわゆる『キレ』より『コク』で勝負!!といったタイプで想像以上の出来栄えに頬が緩みます。

(今日はマジで旨いやないか~~~い!!!(o^∀^o))

純粋にそう感じました!!!






細ストレートの茹で加減も具合よく、スープとバランスよく絡みます。

赤身メインのチャーシューは大いですが薄くスライスされてまして食べやすいもの。
太くて厚いチャーシューよりこちらのタイプが個人的には好みですね~(笑)


全体的に若干スープ量が少なかったですが気付けば全汁しておりました♪


無事開店1周年を迎えらまして、これからも○宮直系のお店として頑張ってくださ~いo(`▽´)o

とか言いながら再訪問はまた1年後になるんやろか…(汗)
※『食べ歩きランキングに参加しております!』
皆様の応援が非常に励みとなります♬ ひとポチお願いします。 m(_ _)m
  ↓↓↓

食べ歩き ブログランキングへ

※『ラーメン ランキングに参加しております!』
皆様の応援が励みとなります♬  もひとつポチを是非お願いします。m(_ _)m
 ↓↓↓
にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ

★ブログランキングに参加しております★
皆様からいただきますご声援、応援が大変励みになっております♪
今回もポチッとな」をありがとうございます!m(_ _)m

テーマ : ラーメン
ジャンル : グルメ

Tag:和歌山市 

○花 MARUHANA(まるはな)  2009/11/15

気になっていたので立て続けに訪問をば(笑)


■○花 MARUHANA(まるはな)
@和歌山市出島273-2
【営業時間】
11:00~14:00
17:00~23:00
【定休日】火曜日
【電話】073-474-7041
【駐車場】共同アリ
■○花ナウ
2日前に訪れたコチラですが、やはりデフォラーメンが気になり再訪問しちゃいました♪ 鋭さのある『ラーメン』の看板文字を見ると昔のヒーロー特撮のタイトルを彷彿とさせますね~(笑)この日は日曜日、お昼の混雑を避け14時前に扉を開けました。




■塩豚骨ラーメン(630円)
●スープ
豚骨ベースのやや白い塩
●麺
極太黄色ストレート麺
●具材料
チャーシュー、ほうれん草、鶉卵、焼海苔
■この日の感想
先日は夜専用メニューの濃厚中華そばを案内する黒板が壁に掲げられてましたが昼間はさすがにありません。塩豚骨か醤油豚骨のどちらかしか注文できませんがお品書きの頭に書かれたのが『塩豚骨』だったのでコチラをオーダーしました(*^o^*)



■塩豚骨ラーメン



暫くの後、運ばれたのがコチラ!!

『ヤッパ、完全に家系です…(☆o☆)』


早速、デッドでいただいてみます。
豚骨ベースなので当たり前ですがかなりスープが白っぽいですね。
脂が浮いているのがわかったのでオイリーさを覚悟しましたが
いざ飲んでみると脂の影響はそれほど感じないもの。

それどころか獣臭のないスープはほのかな甘みの残る家系コク塩味で、
『テロリ』とまではいかないものの若干の粘度があるタイプ。
『シャバシャバ』と『テロリ』の中間くらいです♪(わかるかな…(^。^汗))



■極太麺



この前の中華そばとは若干違うタイプで、
こちらの方がやや太く、やや黄色がかっているように感じました。

麺量は和歌山中華に比べるとかなり多くボリュームはありますね。
そしてスープとのマッチングは良好で絡み具合もアベレージ以上です♪





チャーシューは一枚ですが厚く大きいもの。
味付けのパンチはちょいと弱いので存在感に欠けるかな!?
全体の味わいの中にチャーシューが埋もれてしまった感がありました。




■味付けにトライ!
これまた壁に貼られた調味料の加え方指南書。塩豚骨にオススメなのがギャバだったのでその通りにふりかけてみました!!!


■こんな感じ
「おっ!」確かに味わいが締まった(笑)
カルボナーラに黒コショウをふりかけた
ような味わいというのが一番近いかなぁ
これはこれで面白いと思うので試してみる
価値はありますね~(^o^) 
全体的にはよくできたラーメンでバランス
も良く、これからも熟成させることができ
る可能性を秘めたラーメンだと思います。
次回の訪問では豚骨醤油をいただく事に
しましょうか!!!





■屋号は○花
さてこの日もまたスタッフの女性に質問したところ店主さんが出てきてくれまして更に色んなお話をさせていただきました。『ウチのラーメンどうですか?』と聞かれたので率直な個人的感想を言わせてもらいました。お話をさせていただいてると肌で感じる店主さんの熱意!!!コチラにもヒシヒシと伝わってきます。和歌山市内初登場の『家系ラーメン』ですが、この店主さんの熱い思いがあればお店もラーメンもどんどん進化していくことでしょう。これからも応援させていただきますよ。頑張れ~(o^∀^o)



※『ランキングに参加しております!』
皆様の応援が非常に励みとなります♬ ひとポチお願いします。 m(_ _)m
  ↓↓↓

食べ歩き ブログランキングへ

※『ランキングに参加しております!』
皆様の応援が励みとなります♬  もひとつポチを是非お願いします。m(_ _)m
 ↓↓↓
にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ

★ブログランキングに参加しております★
皆様からいただきますご声援、応援が大変励みになっております♪
今回もポチッとな」をありがとうございます!m(_ _)m

テーマ : ラーメン
ジャンル : グルメ

Tag:和歌山市 

山為食堂 2009/11/14

16時なのにお客さん多いっす(°□°汗)


■山為食堂
@和歌山市福町12
【営業時間】11:00~17:00
【定休日】日曜日、祝日
【電話】073-422-9113
【駐車場】専用アリ
■山為ナウ
入店は16時前。なのにお客さんが後から後から入ってきまして相変わらず人気の高さを物語ってます。○花の濃厚中華に触発され本家であるコチラに足を向けたわけであります(笑)




■中華そば(800円)
●スープ
濃厚山為オリジナル
●麺
太ストレート麺
●具材料
チャーシュー、蒲鉾、ネギ
■この日の感想
入口に近いテーブル席で中華そばをオーダー。16時にもかかわらず相席になるとは驚きです(笑)  お客さんが多かったのですがタイミングが良かったのかこの日は配膳されるのが早かったので素直に嬉しかったです♪



■中華そば



運ばれた中華を見て真っ先に感じたのがスープ色。いつもより若干濃いめの印象で、


『ん? 醤油・・・多い?』

というもの…
しかし食べてみるとそんな変化を感じるほどではなくどちらかと言えば
(濃厚さがやや弱いかなぁ)
と思ったくらいで…(苦笑)

味わいは甘みもありOK♪  そのまま食べ進みます。





麺茹で加減は問題ナシ。
気持ち固めですがスープを受け止めつつ絡み具合もイイ感じ(⌒~⌒)

チャーシューもフワトロで、それを白ご飯の上に載せ

『チャーシュー丼~~ん (」゜□゜)」』

として食べたくなりました~(笑)
でも、そうするとかなりのボリュームとなるので結構しんどくなるので
マジで迷います・・・(^^汗)

ま、いずれにしても久しぶりの山為で満足させていただきました♪♪♪


※『ランキングに参加しております!』
皆様の応援が非常に励みとなります♬ ひとポチお願いします。 m(_ _)m
  ↓↓↓

食べ歩き ブログランキングへ

※『ランキングに参加しております!』
皆様の応援が励みとなります♬  もひとつポチを是非お願いします。m(_ _)m
 ↓↓↓
にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ

Tag:和歌山市 

豚菜館  2009/10/17

『奈良のうらしま』と呼ばれる訳は…


■豚菜館
@奈良県天理市二階堂上ノ庄町24-6
【営業時間】11:30~15:00
【定休日】日曜日、月曜日
【電話】0743-64-2983
【駐車場】店前にアリ
■初訪問♪
滋賀県で行われた高校野球からの帰り道に訪問。はじめは大津市内でラーメンをいただくつもりがあまりに早く野球が終わってしまったのでお店の開店までかなり時間が開いてしまうことに… 同行した叔父が『待つのはイヤだ』と言うので京奈和経由で帰路につきながら奈良で食べる事にしました。2軒の候補がありまして最初に向かったお店が残念ながら閉まってましたので次の候補いや、課題店であったこちらにお邪魔しました。


■『奈良のうらしま』
前々からリストアップされていたお店なんですが敷居がメチャクチャ高かったのです。というのも営業時間が11時~15時の昼間のみ。夜行動型の私としてはわざわざ休みを取って狙い撃ちしなければならない…(汗) そんな条件下の中たまたまR24を和歌山へ帰る途中にある立地のコチラはこの日の訪問としてはまさにグッドタイミングだったわけです~(*^o^*)





■醤油の中(650円)+メンマ(50円)
●スープ
鶏ベースのやや豚+醤油
●麺
普通ストレート麺
●具材料
チャーシュー、太モヤシ、メンマ、ネギ
■この日の感想
R24を南下し郡山から旧24へ入った道沿いにあります。入店したのは12時30分頃で2人の待ち人がいますがスグに順番が回ってきました。カウンター席に座敷が3席という構成で見た目以上に店内は広いです。メニューは『醤油』と『味噌』が基本形で、大きさは『大・中・小』と選択するようになってます。私は醤油(中)を、叔父は味噌(小)をオーダーします♪ カウンター席の目の前は何の隔たりもなく厨房が広がります。そのため調理風景が最初から最後まで見る事ができました!印象的なのが麺を茹でる大きく深い釜!! レンガ造りのかまどの上にドンと置かれ一気に何人前も茹で上げられてます。そしてタレの入ったラーメン鉢にスープとその麺が注がれ、3人がかりでトッピング作業に。で、運ばれた醤油がコチラです!





『こ、これで「中」ですか!!!(」゜□゜)」』

と思ったのが正直なところ。
見た目のボリュームに圧倒されました(^。^汗)

スープはやや醤油の立った豚骨と鶏のブレンドベースでいい香り♪
コッテリでもなくアッサリでもないですが
特有のコクある旨さを感じまして多量のトッピングの野菜をキッチリ受け止めます。





麺は普通ストレートで、茹で加減はやや柔らかいですね。

ただし、スープとのマッチングはよくよく考えられたもので
麺の風味もスープの旨みも共に引き立て合ってました♪


そして、ここで初めて気づいたのが…

『シナチク入ってへんやん…(-o-汗)』

そうなんです、
別注文を忘れられてましたがスグに多めの量で載せてくれました(笑)


さて、コチラのラーメンですがとにかくボリュームが凄い!!!
私は中をオーダーしましたが「小」を注文した叔父のラーメン量でも丁度いいくらいです(苦笑)
13時過ぎの訪問でしたが、家族連れさんをはじめサラリーマンさんまで
お客さんの層は幅広く、地元で愛されているラーメン屋さんという雰囲気が
プンプン伝わってきましたよ♪

そして、家族で一斉に調理する。
特に寄ってたかってトッピングするシーンは
まるでフィクションチックな動きがありますからこれ必見か、と。(爆)


何度と無く訪れるもののフラれ続けたお店でやっと味わえた
喜びを噛みしめておきます~(^_^)v

Tag:天理市 

○花 MARUHANA(まるはな)  2009/11/13

大阪のラヲタの間で話題に上るお店の店主さんは…


■○花 MARUHANA(まるはな)
@和歌山市出島(パチンコ1.2.3の前)
【営業時間】
11:00~14:00
17:00~23:00
【定休日】火曜日
【電話】073-474-7041
【駐車場】共同アリ
■祝・開店
wor*s4*27 さんよりいただいていた新店舗情報。この日、爆食団の大物ラヲタ2名様が和歌山爆食ツアーの途中でコチラを襲撃されたという聞き捨てならない情報をキャッチ。ご一行様とは友人と共に自走式バスラーメンの○栄で合流したのが20時過ぎ。築港でグリーンソフトを食べながらしばし情報交換した後に和歌山IC前で別れ、我々は新店舗へ突入を図りました。看板には赤い尖った文字で「ラーメン」と書かれ、これを目印に行けばスグ分かりますがお店の屋号は入口の扉に書かれた「○花 MARUHANA」となります。



■お品書き他
場所はパチンコ123インター店の前にある
集合テナントの一番右端。
店内はベタなラーメン専門店とは一線を画した
modernな雰囲気♪ 壁もコルクチックな柄で
今までラーメン屋では見たことないものです。
そこに貼られたお品書きはじめ案内紙には
『麺の固さ指定可・太麺の案内』が。
そしてそのお品書きは『昼の部・夜の部』とが
分けて書かれてます。夜の部のみメニューとして
『濃厚中華そば・680円』が追加されており、
『塩豚骨』、『醤油豚骨』の3種類となってます。
・和歌山では珍しい『塩豚骨』
・オーソドックスっぽい『醤油豚骨』
・夜のみ『濃厚中華そば』
と毛並みの違うメニューが並び、
メチャクチャ悩みながらふと壁を見上げると…




■『限定30食』




『限定30食』と書かれた黒板を発見!!

初訪問ならデフォにするところですがコレを見て心が決まりました(笑)
私は濃厚中華、友人は醤油豚骨をオーダーします。







■濃厚中華そば(680円)
●スープ
山為のオイリー濃厚
●麺
やや太縮れ麺
●具材料
チャーシュー、蒲鉾
■この日の感想
カウンター席に座ったのですがテーブルは珍しいステンレス製でニンニク、黒コショウ、豆板醤など様々な調味料が置かれてます。壁にはそれを使った食べ方が貼られてます。このステン製のテーブルは暖かさは感じないですが掃除がしやすそうですね(笑) そんな事を考えていると中華そばが運ばれてきたのですが…






『まんま山為やんか!!!(」゜□゜)」』


そうなんです、
ビジュアルは山為そのものでしたので驚きつつ先ずはスープをいただきます。

率直な印象は(か、かなりオイリーやな…)というもの(^。^汗)
『濃厚』と言われればそうなのですが、食べ進むにつれ更にオイリーさを強く感じます。


で、ここで事件発生!!! 携帯のバッテリーが切れてしまい麺の画像を撮れませんでした・・・(ToT)
麺のアップ写真が無いので感想のみでご免なさい。


麺は山為と同じ太麺か、な?
茹で加減は柔らかめだったので個人的には残念。
そのためスープとの絡みが弱い印象で絶対的な甘味も少ないように思いました。
しかしチャーシューはふわトロタイプで風味、ボリュームも同様。
山為のチャーシューファンなら合格点を与えるでしょうね~♪
全体的な印象をひと言で表現すると

「山為の甘みを少なくし、よりオイリーにした中華そば」

となりますかね~ (^_^)v


食べ終わってからスタッフの方に

「山為と全く同じビジュアルですが関係あるのですか~?」

との質問をしてみたところ、
なんと店主さんは山為で修行をされていたそうです。
どうりでそっくりな中華そばが出てきたハズですね。納得です♪
そして入口付近には山為からの祝儀袋も貼られてました(笑)




■気になるところが数点
先にも触れましたがやはり新しい店内は気持ちよく、おしゃれな内装は女性の方でも気軽に入ることが出来る雰囲気です。モダンな雰囲気と言えば○京を思い出しますがあちらのような感じです。そして気になる点はと言いますと、友人が頼んだ「醤油豚骨」ですがビジュアルは「家系」だった事。スープも麺も私が食べた濃厚中華とは全然別モノでした。和歌山で「家系」となると御坊の斎家に次ぐお店となりますので次回訪問時には是非ともコチラをいただきたく思いますし、もう一つのメニューである「塩豚骨」も同様に気になるところですね!!! もう一つが入口に貼られた「まもなく細麺登場」という案内。細麺が登場することでスープを現状維持でいくか?あるいは別のスープが登場するか? こちらもかなり気になるところ。和歌山のニューカマーは今後も目が離せない存在になりそうな予感です♪



※『ランキングに参加しております!』
皆様の応援が非常に励みとなります♬ ひとポチお願いします。 m(_ _)m
  ↓↓↓

食べ歩き ブログランキングへ

※『ランキングに参加しております!』
皆様の応援が励みとなります♬  もひとつポチを是非お願いします。m(_ _)m
 ↓↓↓
にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ

★ブログランキングに参加しております★
皆様からいただきますご声援、応援が大変励みになっております♪
今回もポチッとな」をありがとうございます!m(_ _)m

テーマ : ラーメン
ジャンル : グルメ

Tag:和歌山市 

同じ「かどや」でも焼きそばは初体験  2009/11/4

カドヤの中華そばなら食べたことあるけど・・・


■角屋やきそば



知り合いからいただいたのがこちらの『やきそば』
聞くと、テレビでも紹介された商品で北海道では人気のやきそばらしく
ネットで調べてみるとHP がありました。
1970(昭和45)年、“おやつ感覚で食べるソース焼きそば”として誕生したのですが
長く販売を中止されてました。「懐かしい味をもう一度」というリクエストに応じて
2006(平成18年)から復刻版として再販売されたそうです。


■実食・・・
袋から出してそのまま食べれるというのが面白いですね~♪
もちろん、フライパンで温めてもOKとのこと。
2袋あったのでひとつはそのまま、もうひとつはフライパンでサッと炒めました。

先ずはそのまま袋から出して食べてみましたがイメージ通り

『普通に旨いです♪』


そのイメージというのがやきそばパンに挟まっているやきそばでした(笑)



■炒めたら…



こんな感じ。
付け合わされてるデカい紅生姜はカットせずそのままにしてみました。
個人的にはヤッパ火を通して温かい分こちらの方がイイけど好みで分かれるでしょう、おそらく♪

同じ「かどや」でも中華そばは食べたことありますが、焼きそばは初めて!
やはり「かどや」という屋号には『麺』が関係してくるんですな(笑)

いずれにしてもモサモサチープ感を楽しめる面白い商品でした~(o^∀^o)

Tag:【北海道】 

ラーメン ○イ 十二番丁店  2009/11/03

○イが昼間に食べれるようになりました~o(^-^)o♪


■○イ 十二番丁店
@和歌山市十二番丁87
ル・シャトー十二番丁1F
【営業時間】11:00~20:00
【定休日】日曜日
【電話】不明
【駐車場】店前に2台アリ
■祝・開店初訪問♪♪
以前より『風に吹かれて』さんからいただいていました○イ二号店がオープンするという情報が気になっていたところ、従兄弟から『十二番丁で新しい○イの暖簾を発見!!』とのメールがありまして訪問致しました♪



■おしながき
手作りのお品書きには見慣れたネギたっぷりの写真がありました。デフォラーメン(750円)が従来のネギ量で、好みに応じてネギの量を『少なめ』や『ネギ抜き』をチョイスできるようになってます。中でも『今週のごはん』と書かれたメニューが新登場。weeklyで内容が替わる創作丼が200円で楽しめるようで~すo(^-^)o








■ラーメン(750円)
●スープ
マイルド豚骨醤油
●麺
普通ストレート
●具材料
チャーシュー、細モヤシ
■この日の感想
訪問したのは文化の日の15時頃。祝日という事もあり辺りに人影はありません。また『ひょっとしたら休みかも…』という一抹の不安を抱きながらお店を探すとマンションの1Fに真っ赤な暖簾と花輪を見つけました♪
時間が時間だけに店内は私独りの貸切状態(笑) 初訪問なのでデフォラーメンをオーダーしました!




■ラーメン(ネギ普通量)


目の前に運ばれたラーメンはいつもの○イビジュアル。

『ネギの緑が目に刺さります(爆)』


先ずはネギのみをいただき辛味確認を、ば。
この日のネギは比較的マイルドな味わいです♪
そして全体を一気に混ぜ合わせていただきます(`∇´ゞ

テロリ感のあるスープはマイルドな味わいで中之島の○イと同じもの(当たり前か(笑))
そして普通に旨い。旨いのですが、やはりパンチ不足…
つまり、これだけのネギを受け止めるだけの力強さがスープに感じられないのです。

食べ始めは問題ないのですが、ネギの存在がだんだん厳しくなってくる…

これが正直な感想です…(-o-汗)








麺は普通ストレート。
茹で加減は問題無く、スープとのマッチングはすこぶる良好♪







自家製チャーシューも以前はもっと小ぶりで分厚い印象でしたが、
この日は薄いですが大きめで、味わいもグッドでした~!(b^ー°)

となると、個人的に気になるのは『ネギ』がない場合のラーメンの味わい。
『○イのネギナシ』って○イじゃなくなるかもしれませんが
ネギ抜きラーメンにトライしてから自分の好みを図りたいと思いま~す( ̄∀ ̄)







■真新しい店内
マンションの1Fですが新しい店舗はやはり気持ちイイですね!! なんと言ってもいちばん気に入ったのは店内がユッタリとしている点♪ 家族連れでも全く問題ナシでしょう。テーブル席もそう、カウンター席もそう、とにかく今までのお店が狭くて落ち着かない分余計にそう思えます(笑) そして店主さんに尋ねたんですが中之島とこちらは同じ店だそう。お店の名前も『十二番丁店』でいいです~(笑)』とのことでした!  今までだと○イを食べるなら夜のみ営業だけだったので敷居が高く悔しい思いをされた方も少なくないハズ・・・ そんな皆さんにはお昼から訪問できるこちら二号店の開店は朗報ですね~(*^o^*)


※『ランキングに参加しております!』
皆様の応援が非常に励みとなります♬ ひとポチお願いします。 m(_ _)m
  ↓↓↓

食べ歩き ブログランキングへ

※『ランキングに参加しております!』
皆様の応援が励みとなります♬  もひとつポチを是非お願いします。m(_ _)m
 ↓↓↓
にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ

★ブログランキングに参加しております★
皆様からいただきますご声援、応援が大変励みになっております♪
今回もポチッとな」をありがとうございます!m(_ _)m

テーマ : ラーメン
ジャンル : グルメ

Tag:和歌山市 

坦々麺源味  2009/10/14

3辛以上ってメチャメチャ辛いやろなぁ…(-o-汗)


■坦々麺源味
@和歌山市友田町2-50-102
【営業時間】19:00~翌3時から5時頃
【定休日】無休
【電話】073-426-2180
【駐車場】近くにCPアリ
■アロチナウ
従兄弟とアロチに繰り出して飲みまくっている途中『もう一軒いこか~!!』と気勢も上がりますが飲んでばかりだったのでその前にチョイと小休止という事で目の前の坦々麺に立ち寄ります(笑)



■辛さ調節
デフォの坦々麺を食べようと見たお品書きには辛さ調節ができるとありました。『3辛以上は+50円』となってますがこの日は特に辛い味を狙った訳じゃないのですがとりあえず『2辛』をオーダーしました!!!



■自らゴマを…
坦々麺が運ばれてくるまでゴマをこすって待ちますが、ちょっぴり酔っぱらってたので気がつけば粉々になるまでこすりまくり原形をとどめていない状態に・・・(爆)






■坦々麺・2辛(950円)
●スープ
唐辛子たっぷりコクあり
●麺
普通ほんの少しちぢれ
●具材料
青梗菜、白葱、唐辛子
■この日の感想
ハシゴの途中でのラーメンだったので入店はまだまだ宵の口でしたが店内には結構お客さんがおられます。





オーダーした2辛ですが、正直なところ「酔っぱ」だったので

『味をハッキリと覚えてません…(^。^汗)』

そこそこピリッとしていた感覚が舌先には残ってましたが、それだけで
後は全然覚えてませんでした…




ピリ辛ですがコクのあるスープとの絡みは良かったか、と。
麺を持ち上げてもわかりますが麺に付いた唐辛子がその辛さを物語ってましたね。

そして、ふと過去のレポを読んだのですが、こちらのお店のレポを最初に書いたのが数年前。
その頃の価格と比較したら・・・ 
一杯のお値段がかなり上がってますよね。ビックリしました・・・(汗)


とにかく酔っぱらってましたので「食べる」という作業を繰り返した記憶はありますが
レポをしようとする意識はどこかに飛んでました。

今度はちゃんとシラフの時に訪問します…<(_ _)>(苦笑)

【地図】




住所: 和歌山県和歌山市友田町2丁目50-102
最寄り駅: 和歌山

Tag:和歌山市 

応援クリックお願いします
↓↓↓:m(_ _)m
検索フォーム
プロフィール

とこわかはる

Author:とこわかはる
■「デッドで!」とは?
「レンゲを使わず丼鉢に直接口をつけて飲む」つまりダイレクトでスープを飲むということを表しております。よって「デッドで!」とは「鉢に口をつけて直接スープを飲んでみた!」という意味になります。
友人が最初に使い始めたのがきっかけで、この飲み方を広く普及すべく「デッド飲み推進会」に入会しまして、日夜活動に勤しんでおります。
会長によると語源はゴルフ用語由来なのだそうですが… 私はゴルフをしないのであまりよーわかりません(笑)

■私の肩書き
・デッド飲み推進会副会長
    兼 和歌山支部長
・情熱和歌山ラーメン部々長
・情熱大阪ラーメン部所属
入会(部)者を募集中です♪

■私のひととなり
ラヲタではありません。
単純に「中華そば」が好きなだけでございます(笑)​
私にとって「麺」とはオアシス。そんなオアシスを求めて和歌山を中心に近畿圏を放浪中♪そして智弁和歌山野球部のファンでもあります。
将来に不安を抱えているので第二の職を視野に入れてます。実は中華そば屋を経営するのではなく歌手デビューを狙ってます​(爆)

カレンダー
10 | 2009/11 | 12
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
地域別カテゴリ
料理別/シーン別カテゴリ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カウンター