中華そば 楠本屋  2009/06/19

看板の背の高さは和歌山でイチバンかも(◎o◎)



■中華そば 楠本屋
@海南市船尾257-9
【営業時間】11:00~23:00
【定休日】木曜日
【電話】073-482-1661
【駐車場】専用あり
■気の利いた店員さん
久しぶりに楠本屋を目指しまして到着したのは22時を回ってから。お店の横に駐車スペースがありますがあいにく満車状態… (向かいのお店の駐車場へ止めるのはイヤやしなぁ)と思ってたらお店のスタッフさんが店から出て別の駐車スペースへ誘導してくれました♪ 何気ない気配りですがなかなかできないですよね~ こんなスタッフのいるお店って素敵ですV(^-^)V




■そば(600円)
●スープ
和歌山豚骨醤油
●麺
細ストレート
●具材料
チャーシュー、メンマ、蒲鉾
●この日の感想
無事、車を駐車し店内へ入りました♪ カウンターはほぼ満席だったのでテーブル席へ案内されます。隣のテーブル席にはお母さんと小学校へ上がるか上がらないかくらいの男の子が中華そばを啜っておりまして、早い時間なら『オ!こんな小さい頃から鍛えたら将来有望やな~(笑)』っていうふうにお気楽コメントも出せようものですが、いかんせん既に22時を回ってましたので(オイオイ、いくら母親がおっても小さい子供をこんな時間まで連れ歩くの大丈夫かいな…(-o-汗))と大きなお世話ながら心配になってしまいます… そんな思いで『そば』をオーダーしました。





■こちらのお店は『そば』です!
お品書きでわかるようにこちらのお店は『中華そば』とは呼ばず単に『そば』と呼んでます。そしてこちらの店主さん、丸田屋店主の実の兄さんということは周知の事実で、麺もスープもオリジナルで勝負している点と、呼び名も単に『そば』という点においてはこだわりを感じずにはいられません。
久しぶりにいただきましたが相変わらず麺は細いです!!丸田屋よりも若干細いうえ加水率も低めの設定かと思われますが、茹で加減が絶妙に仕上げられた麺は秀逸でしたね~(`∇´ゞ



■デフォ「そば(600円)」



スープも丸田屋と比較すると少し違いがあります。
丸田屋の方が井出直系の味をより色濃く受け継いだタイプで「井出アレンジ版」とするなら
(丸田屋店主さんは井出商店のお弟子さんだったので当たり前ですが・・・苦笑)
こちらは「丸田屋チューン系」と呼ばせていただいております、個人的に。
丸田屋のスープより醤油がヤヤ立っている印象ですし、
「楠本屋オリジナル」という味わいが着実に浸透していると思います。







そんなスープに加えて麺も変化させることで「楠本屋の味」を確立されておりますね♪

この加水率の低い麺がスープに絡むと

『このスープにこの麺あり!!』

と言っても過言ではないくらいそのマッチングに磨きがかかるでしょう(`∇´ゞ


ただし、具材料のチャーシュー肉厚はちょっと薄くて寂しい気がするのは
私だけでしょうか??? もうちょいと厚ければ嬉しいですね(苦笑)

とはいえこの日2杯目の中華そばでしたが美味しくいただきました!!! ご馳走さまでした(≧ε≦)


【地図】
http://img.map.yahoo.co.jp/ymap/mk_map?lat=34.9.17.901&lon=135.12.5.781&width=300&height=300&sc=3&size=p∝=gourmet


住所: 和歌山県海南市船尾257-9
営業時間、定休日:
最寄り駅: 海南



※『あの看板は遠くからでも目立ってるよね♪』
と思った方はポチっとな♪ (ρ°∩°)
↓↓↓
にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ(文字をクリック)


※『ランキングに参加しております!』
皆様の応援が非常に励みとなります♬ ひとポチお願いします。 m(_ _)m
  ↓↓↓

食べ歩き ブログランキングへ



★ブログランキングに参加しております
皆様からいただきますご声援、応援が大変励みになっております♪
今回もポチッとな」をありがとうございます!m(_ _)m

テーマ : ラーメン
ジャンル : グルメ

Tag:海南市 

【家で中華そば】本家アロチ○高  2009/06/28

「なまものにつき要冷蔵」ですよ~(=゜-゜)(=。_。)




【家で中華そば】
■本家アロチ ○高中華そば
@和歌山市友田町2-50
【営業時間】17:30~翌:00
【定休日】日曜日
【電話】073-432-3313
【駐車場】近くにCPあり
■嬉しいいただきもの♪
仕事から帰ると知り合いからのいただきものがありました。

『おっ!!!』


久しぶりの『○高アロチ』ですわ~\(☆o☆)/

では、早速作ってみましょうか♪




■入っているもの(1パック)



●スープ
袋入り○高オリジナル
●麺
やや細ストレート
●具材料
赤身チャーシュー(4枚)、蒲鉾(2枚)、メンマ(数本)、ネギ(ボチボチ)



■出来上がり♪



パックに詰められたスープを鍋に移しまして温める間に、
別の大きな鍋でたっぷり沸騰させたお湯に麺を落とし好みの固さに茹で上げます。


チャーシューは赤身のモサモサタイプですが、
やはり○高系にはこのチャーシューが欠かせません!
ふと思ったのですがお店で食べる中華そばのチャーシューって4枚も付いてましたっけ?
ちゃんと覚えてないですわ…(笑)

そこにメンマと蒲鉾をあしらいネギをちゃっちゃとかけたら出来上がり♪






直スープじゃなくパックスープという点は個人的に残念ですが
味わいは普通に旨いです!!( ~っ~)/


わざわざ行かずとも家庭で簡単にお店の味をそのまま再現できるって
あらためて思いますが嬉しい事ですね~♪

『持ち帰り中華そば』もやっぱ最高っす!!!(」゜□゜)」


【地図】




住所: 和歌山県和歌山市友田町2丁目50
最寄り駅: 和歌山


※「直スープで持ち帰り」も和歌山中華の大きな特徴やね~!!
と思ったならポチっとな~(ρ°∩°)♪♪♪
↓↓↓
にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ(文字をクリック)


※『食べ歩きランキングに参加しております!』
皆様の応援が非常に励みとなります♬ ひとポチお願いします。 m(_ _)m
  ↓↓↓

食べ歩き ブログランキングへ

※『ラーメン ランキングに参加しております!』
皆様の応援が励みとなります♬  もひとつポチを是非お願いします。m(_ _)m
 ↓↓↓
にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ

★ブログランキングに参加しております★
皆様からいただきますご声援、応援が大変励みになっております♪
今回もポチッとな」をありがとうございます!m(_ _)m

Tag:和歌山市 

麺屋 巧(たくみ) 2009/06/16

『匠』ではなく『巧』です!!! (^^)/



■麺屋 巧(たくみ)
@兵庫県伊丹市行基町5-16-9
【営業時間】
・平日
11:30~15:00
18:00~翌1:00
・日曜、祝日
11:30~翌1:00
【定休日】月曜日
【電話】072-785-3835
【駐車場】近くにCPあり
■初訪問(`∇´ゞ
以前より宿題だったこちらのお店。というのも最寄り駅は阪急伊丹。会社帰りに電車で立ち寄るとなるとかなりの時間を要するところですが、ありがたいことに会長のマシンがあればチョチョイノチョイでしたV(^-^)V



■目印は…
CPに車を止めてお店に向かうと間もなく店前にある電光掲示板がいやがうえにも目につきます。その電光文字パターンは結構多いのですがタイミング良く『巧』のポイントで撮れました(笑)


■店前には
何故かおびただしい数のチャリが歩道、更には道路へと溢れていました… (おいおい、このチャリンコはいったい何やねん!?(?_?) みんなチャリでラーメン食いに来るんか!!)と思うもそのチャリ数はお店のキャパは完全に越えてるしなぁ…ムムムと考えてると 『2Fを見てみなはれ、塾でんねん』という会長のひと声。見上げると確かに塾がある。お!、勉強した後にラーメン食えるのって最高やんか♪と思う反面、ひょっとして帰りにラーメン買い食い禁止!!になってんかな?などと色々考えながらお洒落な入口をガラガラと開け入店します~!!




■巧ラーメン(670円)
●スープ
鶏ベース醤油と魚介のWスープ
●麺
全粒粉細麺
●具材料
チャーシュー、メンマ、太もやし、白葱
●この日の感想
カウンター席がメインでテーブル席が2脚という店内構成ですが入った間口が割と広いスペースを確保してるのでゆったりとした印象を受けました。カウンター席に座りましたがここでひとつチョンボを犯してしまいます。L字になったカウンターの奥にはガラス瓶に入った鰹節や3種類の煮干しが置かれてましてそれを見るやいなや(ああっ(」゜□゜)」あっちに座ってたら食材が目の前で見れたのに…)と。かなり悔しい思いでいっぱいになりつつラーメンを待つことに…




しばらくして配膳されたデフォの『巧ラーメン』
しかしこの鉢、どこかで見たことあるよな感じがする・・・(笑)




魚介とのWスープですが濁りはほとんどなくスープの表面に光が 反射しております。
やや甘さを感じるスープは品よく仕上がり魚介系の味わいもバランスがとれてました♪


そんなスープに絡むのが京都・テイガク謹製の低加水細麺!!
粉の味わいをしっかり感じる麺とWスープの相性はバッチリですね。
ガツンというパンチはナイですがあっさりと言うにはもったいないくらい旨味たっぷりでした(^з^)!!




■やかんの水滴がイイ
カウンターの水さし(ピッチャー)には古式に則り『やかん』が採用されてました♪この水滴は『メッチャ冷えてるで~!!』の合図に他ならないですよね(笑)できるなら注ぎ口からデッドでいきたかったですがさすがに出来ませんわなぁ(笑)


あと聞いてたのが『こちらの女将さんがかわいい♪』という噂でしたが
残念ながらお会いすることができませんでした…


それが一番グャジィです!(>Σ<)



【地図】




住所: 兵庫県伊丹市行基町3丁目16-9
最寄り駅: 伊丹(阪急線)


※『頼むから「やかんデッド」はやめてくれ… 標語で言うなら「やかんアカン」やね( ̄∀ ̄)』』
でも、少し見てみたいゾ!という方はポチっとな(ρ°∩°)!!
↓↓↓
にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ(文字をクリック)

Tag:伊丹市 

ラーメン 時屋(ときや) 2009/06/16

『健康とおいしさ』をテーマに日々頑張っておられます!



■ラーメン 時屋(ときや)
@大阪市淀川区西中島5-1-4 1F
【営業時間】
11:30?15:00
18:00~21:00
(売り切れ次第終了)
【定休日】日曜日、第2、4月曜日
【電話】06-6829-7676
【駐車場】近くにCPあり
■初訪問♪
会長より指令(メール)が入った夕方16時前。見ると『いつものところで18:45』となっている。コレだけ見ればカップルの待ち合わせメールと何ら変わらないので誤解を招かぬように即削除(笑) 新進気鋭のニューカマーが多い中、向かった先は『時屋(ときや)』@淀川区。大阪市内でまだ訪れたことがナイ地域なので早速、書庫を作らせていただきました。



■券売機システム
最近気になるのがCPのお値段で、近くや隣接する駐車場だと同じだと思ってたんですが調べてみると意外にも隣同士で『100円/10分あたり』も違ってたりするから侮れません(^。^汗) 周辺をウロウロしつつ安いCPに駐車しお店に入店したのが20時前、券売機の写真を撮るのに手間取ってしまったので会長は先に券を購入して店内へ~!! 汁麺も魅力的ですが今日は最初から『つけ』しかも連食なので『並』と決めてたので躊躇なくボタンを押しました♪


■後から見たお品書き…(^。^汗)
食券購入後、席についてからあらためて見たお品書き(笑) 見るとつけ麺には『ごはん』が付いてるじゃないかっ!!! (ムムムム、連食するのにメシはイランけどな…)と内心思いつつもつけ麺を待ちます。


■ラスつけ
配膳を待ってる我々にスタッフがニヤリとして言ったのが『お客さんでつけラストでした』というセリフ。すかさず会長が『え!俺がつけ麺頼んでたらとこさんアウトやってんや!!』と叫びます(笑) その時初めて会長が醤油ラーメンをチョイスしてたことに気がついたわけですが、それから配膳されるまでの間にかなりのお客さんが訪問しましたが皆さんが『つけ麺』狙いというかなりの人気ぶりに(つけをチョイスしてラッキーV(^-^)V)と素直に喜んでました(笑)



■店の雰囲気がまたエエねん
我々はテーブル席に腰を下ろしたのですが右側に並んだ10席ほどのカウンター席の雰囲気はまさに『BAR』ですね♪後ろからの画像ですがラーメン屋とは思えません(笑)






■つけ麺(並盛・200g)
小さなだしごはん付(800円)
●スープ
濃厚魚介Wスープ
●麺
腰の強い太麺
●具材料
チャーシュー、メンマ
●この日の感想
しばらくして配膳されたのは会長のラーメンと私のつけスープでほぼ同時に。そこから一呼吸おいて麺が出てきました。先ずはつけスープを飲んで見たのですが『オオッ!!(」゜□゜)」』思わず声が出ちゃう程の濃厚さ! すぐさま会長にも味見をお願いし、私も会長の汁麺スープをいただきました。




■会長がチョイスした醤油ラーメン



『うほほほ… なかなか旨いなぁ』

醤油ラーメンスープもキッチリ魚介が利いたコク淡麗系の趣深い味わいです。

『つけ、ラーメン共に甲乙つけがたいねぇ~♪』

という意見で一致しました!


さて、ちょいと横道に逸れましたがあらためて『つけ麺』に戻りましょう~(笑)






■つけスープ



『ドロドロ』という表現がピッタリな粘度は(ここまで濃いのは珍しいよなぁ)と思わせるほど。
この点はコチラのオリジナルでしょうか!?強い個性を感じます。
豚骨の獣的力強さを感じながら魚介風味もシッカリと主張されてました。

しかしながら『目新しさ』というエッセンスは無く、最近の主流である
『魚介豚骨W(ダブル)』の範疇に収まったものですね…






■次に麺…



見た目にそれと分かる極太麺はツヤツヤ感のある風貌です。
盛られた器の色合いと麺とが絶妙なコントラストを奏でておりビジュアルは◎ですね♪







口に含んで驚いたのがその食感…
良く言うなら『コシが強い』となるんですが、悪く言うなら『ゴリゴリ』でしょうか(苦笑)

食べ始めはこの硬さも『あぁ、このコシの強さがウリやねんなぁ~♪』と思えたんですが
見た目より弾力感がないので食べ進むにつれ噛むのがしんどくなってきました(>_<;)

各々を食べた印象はこんな感じでしたが、
一緒に食べるとつけスープは甘味が強めで、かつ粘度があるので麺とのマッチングはオッケイ。
麺にスープが絡みまくり、甘味の後に感じる酸味がアクセントとなりgoodでした♪







■さぁ〆ですよ~
麺を食べ終わった後は普通だと『スープ割り』が定番ですがコチラのお店は『ダシの張られたごはん』が付いてきます。


■ダシごはん(ノーマル)



小ぶりの丼鉢にご飯が盛られ、お茶漬けのようにダシが張られてます。
このダシは単純な魚風味で意外とアッサリしたもの。トッピングには梅肉が添えられてます。
すでにこれでも充分旨そうなんですが、こちらに残った濃厚つけ汁をかけていただきます。



■ダシごはん(スープかけ後)



で、これがつけ汁をかけたもの。

ダシ、つけ汁の甘味、梅肉の酸味が渾然一体となって押し寄せてきますが
中でも梅肉の効果がいちばん強く感じます。

「まずは甘く感じて、そして魚介の香りが鼻を抜けて~その途中で梅肉の酸味が~♪」

ってな感じ(笑)
サッパリとし過ぎない後口は〆という点ではかなり好印象でしたし
「このつけスープをかけなくても十分旨いんとちゃうの(笑)」
と思ったくらいですわ~o(`▽´)o


この日は連食する予定だったのと『ダシごはん』が付いてくるという事で
普通盛りをオーダーしました。最初は『麺量が少ないかな?』と思ったのですが
コシがあり噛みごたえがあるので普通でも十分満腹感がありました。

大盛・特盛だと最後はめちゃめちゃキツいかもしれませんので
チョイスする時はお気をつけてね~(^з^)-☆




※『あ~また豚骨魚介ですか…(^。^汗)』
と感じた方はポチっとな~!!
↓↓↓
にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ(文字をクリック)

Tag:淀川区 

麺乃家(めんのや) 2009/06/13

大阪が誇る『家系』はココでんな~(笑)



■麺乃家(めんのや)
@大阪市中央区上本町西5-1-6
寛永ビル 1F
【営業時間】
11:00~14:00
18:00~22:00
【定休日】月曜
【電話】06-6761-9117
【駐車場】近くにCPあり
【地図はこちらをクリック】
■改装後初訪問です。
職場からは比較的近いのでいつでも行けそうに思いますがなかなか行けない現実に涙します。前回の訪問がいつだったか覚えてないくらい久しぶりの訪問となりましたこちら麺乃家。同じ部署の女性陣が先日こちらを訪れ『メチャ美味しかったわ~♪』という感想を漏らしているのを聞いていてもたっても居られなくなった私です(笑)



■すんなり入れなかった…(泣)
出張先から会社へ戻る途中に立ち寄ることにしてお店に向かいました。(結構行列が出来ている)という噂わ聞いてたのでもし店前に列があればやめようと思いながらお店まで来たところ人影はありません。ラッキー(゜∇゜)~♪ということで店内に入るとなんと中に4名の待人がいるではないか… (ま、4人やったらスグやろな)と限定の『つけ麺 濃味』をオーダーします。






■醤油つけ麺 濃味(850円)
●つけ汁
獣系+魚系ガツン醤油
●麺
やや細やや平角ストレート
●具材料
チャーシュー、サンマ、青菜、白ゴマ
●この日の感想
『たった4人』と思って待ったことが予想外に時間を潰してしまう結果に…(泣) 最終的に店に入ってから座席につくまで25分要してしまいました。ただし事前にオーダーは済んでましたので配膳はスムーズでした♪





■濃味つけ汁



先ずはスープをいただきますがこれが確かに『濃味』でもう少し上品な味わいを想像してたのに
イイ意味で裏切られたのと同時に驚かされました~o(^-^)o



■魚介のパンチ
魚系の強さと旨味が溢れるつけスープ。
その底からはご覧のようなサンマブロックがゴロゴロと!!! 
なるほどこれなら魚介パンチの味わいにも納得ですし、
特筆すべきは臭みが全く感じないことですね~♪






■自家製麺



若干黄色がかった麺は粉の味わいを堪能できる出来映え。
その麺の香りが証明してますね!!


■濃度とバランス…
麺の加水率が絶妙で、固すぎず、
柔らかすぎず『丁度よし!!』とはまさにこの事。
スープだけを飲んだ時はわからなかったが
麺をスープにつけると鮮明に感じる。
その甘味と酸味のバランスは抜群で、
それらを合わせることで互いの良さを
引き出してました♪ 
ただしカットされたチャーシューはちょいと物足りない… 
もっとその存在を主張して欲しいのが
個人的な感想ですね~。



しかし全体的には非常に満足感の高い一杯で、最後の割り用スープの出されるタイミングも
素晴らしいものですね~♪
久しぶりの麺乃家を堪能させていただきました!

ご馳走様で~す(`∇´ゞ



※『確かに割り用スープはええタイミングやわなぁ~( ~っ~)/』
と思った方はポチっとな♪ (ρ°∩°)
↓↓↓
にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ(文字をクリック)

Tag:中央区 

自己流ラーメン 綿麺  2009/06/08

【お知らせ】営業日・営業時間が変わりました!



■自己流ラーメン 綿麺
@松原市松ヶ丘3-6-15
【営業時間】
11:30~14:00
18:00~21:30
(スープが切れ次第終了)
【定休日】日曜、水曜の夜
【電話】072-331-1777
【駐車場】1台
■半年ぶりです!
ここ2年間くらいは職場を移動する関係上、夏と冬の一定期間に訪問が集中するパターンにはまってます。さて今年も6月に入り綿麺の季節がやってまいりましたね~♪





■とんこつ(700円)
●スープ
綿麺特製とんこつ
●麺
自家製細麺
●具材料
チャーシュー、一味唐辛子、木耳、白葱
●この日の感想
この日は栄えある今シーズンの初日。会社の上司、取引先様の総勢5名でお邪魔しました。お店に到着したのが13時過ぎ、14時から会議があったので途中の車中で『もし2人以上の行列があったら諦めまひょか~』と話しておりまして、個人的には5名でスンナリ入るのって絶対にムリやろ~と諦めモード90%以上で全く期待してませんでした。ところが…
いざ店に到着してみると第一関門である駐車スペースがすっぽりと開いてるじゃありませんか!? 『オー!開いてるし-!!( ~っ~)/』と社内は意味なく大盛り上がりあがり(笑)ソッコー車を止めて店内をを覗くと女将がニッコリして『とこさんラッキー♪丁度開いてますよ~o(^-^)o』と出迎えてくれました。さすがに店内では騒いで喜ぶわけにはいきませんからおとなしくしてましたが、同行した初綿以外のメンバーも内心嬉しさのあまり大騒ぎしていたハズです(笑)というわけで5名無事着席完了したのが13時15分頃でございます。


■とんこつラーメン
さすがにこの時間帯『つけ麺』は売り切れでした。残念ですが仕方ない…
となるとW(ダブル)デフォのひとつである『とんこつ』をチョイスします♪





いつもの綿麺特製とんこつは優しさ溢れる一杯。
この日の濃度は決して『濃いな~ぁ(`∇´ゞ』という状態ではなかったですが
深みがあり懐の深さを感じさせてくれますねぇ~♪

麺はこのスープにベストマッチな『自家製細麺』で、何が素晴らしいかというと
その麺の状態が常にベストコンディションだというもの。
プリプリともちもちの中間くらいの食感は個人的には大好きなんですよ!!!





そして、ちょっとした心遣いでお店で使用している唐辛子をいただきまして
これをラーメンに落としてみたところ見事にスープと絡み合って
更なる旨さを引き出してくれました~(^o^)



いつもながらに丁寧な仕事は寡黙な店主さんの態度からも感じ取れるというもの。
木訥で寡黙なタイプですが『美味しいわ~♪』と声をかけさせてもらうと

『ありがとうございます』

と照れくさそうに応えてくれます。でもラーメンには

『これが俺の作った渾身の一杯だ!!!』

そんな思いが込められ、またそんな思いがヒシヒシと伝わってきました。
そして唐辛子をサービスしていただきました




■営業時間と定休日が変わってました!




店内の案内板を見るとご覧のように変更されてました。
夜営業時間もだんだん短くなり敷居が高くなってきますが
頑張って訪問しようと思います♪



※『河内松原駅からもう少し近ければ嬉しいのになっ!!』
という気持ちをわかってもらえるならポチっとな(ρ°∩°)
↓↓↓
にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ(文字をクリック)


※『ランキングに参加しております!』
皆様の応援が非常に励みとなります♬ ひとポチお願いします。 m(_ _)m
  ↓↓↓

食べ歩き ブログランキングへ

★ブログランキングに参加しております★
皆様からいただきますご声援、応援が大変励みになっております♪
今回もポチッとな」をありがとうございます!m(_ _)m

テーマ : ラーメン
ジャンル : グルメ

Tag:松原市 

ラーメン售(しゅう) 2009/06/04

1日10個限定の幻の魚ハンバーグがラーメンに(」゜□゜)」



■ラーメン售(しゅう)
@和歌山市北新5-30
トーラス3 Bビル1F
【営業時間】17:00~翌3:00
【定休日】基本は水曜日
【電話】未確認
【駐車場】近くにCPあり
■新店舗情報が…
会社より帰宅途中におかさんから突然のメール着信。『五割安の近くに新しいラーメン看板を発見!!』との新情報に自身の中でアドレナリンが噴き出した!!! 久しぶりの感覚に興奮を覚えつつ自宅をスルーし直接現場に向かいます(`∇´ゞ



■ここってラーメン屋??
現場には確かに看板がありそこには『ラーメン』と書かれていた。しかしそれ以外に『うまい!!』『紀州一番!!』という単語が踊り、極めつけは『加太の漁師の息子の魚屋さんが魚で造ったヘルシーハンバーグも!!』というセールストーク。屋号の『售 (しゅう)』と書かれた看板の隣の青壁のそのまた隣の扉がどうやら入口っぽい。暖簾のも無い扉に近づき光の洩れる窓から恐る恐る中を覗くと視界にはカウンター席が飛び込んできます。(どうやらちゃんと営業してるようやなぁ)という事で店内に入ります。(疑ってたんかい!!(爆))






■店内は…
テーブル席とカウンター席があるこぢんまりとした店内。厨房には(大将の奥さんらしき)女性がおられました。先ずはカウンターに腰を下ろし辺りを見回すと壁には船に乗った老人の写真が掛かってます。 聞くと大将の親父さんで加太で漁師をしているという。そしてカウンターの上部には黒板タイプのお品書きがあり、そこにはデフォのラーメンに加え『豚足・ホタテ・ハンバーグ』の各ラーメンがラインナップされている。そして、『1日限定10個』と書かれた表看板にもあったハンバーグも。『このハンバーグって単品でいくらですか?』と尋ねたところ『500円やね~』と言う答え。『えっ!!それやったらハンバーグラーメンの800円ってメチャクチャ安いですやん!(」゜□゜)」』と素で叫んでしまった私(苦笑)『そうなんよ~ ハンバーグラーメンって儲け度外視やん』と切り返す女性店員さん。本来ならデフォラーメンをセレクトするがお店の自信作である魚ハンバーグが激安で食べられるなら選択の余地ナ~シ♪というわけでハンバーグラーメンをチョイスしました♪





■ハンバーグラーメン(800円)
●スープ
豚骨メイン+醤油
●麺
低加水やや太麺
●具材料
自家製魚ハンバーグ、メンマ
●この日の感想
カウンター席に陣取ったために目の前は厨房っていうか調理スペース。おもむろにハンバーグを取り出し調理に入りますがコレが結構デカいんですわ(笑)





■自家製魚ハンバーグの出来映えは??



そうこうしてるうちに出来上がったハンバーグラーメン。先ずは魚ハンバーグにかぶりつきます!

歯ごたえは思いのほかしっかりとしたもので、
いわゆる『魚臭さ』は全くと言ってイイほど感じませんしそんなに『脂っぽく』もないんです♪

一般的に『魚臭さ』はあまり歓迎されないと思いますし
『脂っぽい』という点では好みは分かれるかもしれません。
フライパンで炒めるなら脂っぽくても大丈夫そうですがラーメンに合わせるなら
あまりに脂っぽいとスープがダメっぽくなりそうですし…  

うーん、微妙なところですね(-.-汗)



奥さん曰わく
今回のハンバーグは『身』『つなぎ』共に加太の魚を使い、味わいと食感にこだわってるらしいです。
なかでも苦労したのがその臭み抜きだとか。(フムフム、ナルホドナルホド)
食べて『上手く魚の良さを引き出してるなぁ~』と思いました。
まさに自家製マジックです(笑)


そしてスープと麺についても奥さんは言及されましたが先ずは私の感想をば…(≧ε≦)

スープは甘味の残るものでどちらかと言えばアッサリ醤油の味わい。
ハンバーグの影響もあると思いますがあとくちにイイ感じで魚介風味が残ります。




■そして麺…



和歌山では見慣れない太い麺で加水率が低いタイプ。
よってプリプリ・ツルツル感はないですがもちっとした噛み心地が印象的でした。
茹で加減は普通で麺の旨味がクローズアップされるほどではなかったです。
ただ和歌山の中では好きな麺に入るかなぁ♪







全てを食べてみて私が思う一番のセールスポイントは三位一体のバランスです。
とにかく『麺、スープ、具』がマッチしているので
「かなり苦労されて作られたやろなぁ」と思います。

さらに奥さんに伺うとこちらのスープは豚足の骨を使いコクを出し、
ご主人の『太い麺が好き』という思いを別注太麺に託したそうです。

今回は画像に収めませんでしたが何を隠そういちばんのオススメは
新鮮な加太の幸を使った魚メニューだと思います。
その日によって変わるのが楽しみですしそんな肴で一杯呑んだ後にいただくには
もってこいのラーメンでした♪



※『和歌山ではお目にかかりヅラい太麺が気になるゼ~( ~っ~)』
と思った方はポチっとな♪
↓↓↓
にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ(文字をクリック)

テーマ : ラーメン
ジャンル : グルメ

Tag:【閉店されたお店】 

東○高(ヒガシマルタカ)ラーメン 2009/06/19

帰ってきたマルタカラーメン!!



■東○高ラーメン
@和歌山市栗栖824
【営業時間】
11:30より開店
(途中休憩、閉店時間は未確認)
【定休日】未確認
【電話】073-472-8816
【駐車場】専用あり
■祝開店!!!
新しくオープンされるという情報を聞きつけたのが約1週間前。今回訪問のチェックポイントは2点。元々のマルタカラーメンのマスターが復活しているか否かという点と個人的に好きなメニューである「チャンポン」がいかなるものか?という点でした。しかし内心は(仕事の都合でしばらくは行かれへんやろなぁ…)と思ってたのですがタイミング良く早く仕事が終わることができたのでダッシュで職場からとんぼ返りしオープン初日の『東マルタカ』へ向かいましたε=ε=┏( ・_・)┛



■入口の看板も…
入口看板はおとなしめのデザインですがかなりデカいので遠くからでもスグにわかります。 お店の閉店時間がわからなかったのでせっかく来たのに「もう閉店かよっ!!!」というパターンを避けるべく急いで会社から帰ってきまして入店したのは21時を完全に回った頃。開店初日ということもあってかお客さんはまだまだたくさん居られました。





■ラーメン(650円)
●スープ
醤油ベースマルタカオリジナル
●麺
太ストレート麺
●具材料
お化けチャーシュー、メンマ、蒲鉾、胡椒
●この日の感想
店内は道に面したカウンター席と内側に配置されたテーブル席という構成。昔はこちらのお店は回転寿司屋だったので店舗としてはそこそこの大きさがありますがテーブル席の隣には更にスペースがあり、ちょっと店の広さを持て余している印象を受けました。入口から見ると一番奥が厨房で、そこから見え隠れする人物はまさしく前花山マルタカのマスターでした。お元気そうで何よりでした♪



■お品書きは不完全…
オーダーしたのがデフォのラーメン。実は先日オープンの確認をするため訪れたときに見た
表の看板に書かれていた「チャンポン」がかなり気になってました。
実はこの日、それを注文するつもりで来たのですが
壁に貼られたお品書きには「チャンポン」も「鶏飯」も見当たらない… 

(よし、聞いてみよう!!!)

と思った時、厨房近くに座っていたお客さんとマスターが世間話を初めまして、

『まだ違うメニューは出せやんのよ~(`∇´ゞ』

というような話をされてたのを聞きまして・・・ 質問は止めました(^_^汗)
そして、しばらくして運ばれたラーメンはコチラ!!







『ウワッ、相変わらずやなぁ…』

というのが率直な感想(笑)

分厚いチャーシューがスープから顔を出してます・・・
がそれは氷山の一角と言うもの。そんなチャーシューはおいといて
先ずはスープからいただきます。


(ん? なんかスープが更にまろやかさが増してないかい…!?)

個人的に『酸味が強く比較的澄んだスープ』というイメージが昔はあったのですが、
訪問を重ねる毎にそのスープが少しずつ優しく感じ、またイイ意味で濁った状態に♪

そしてこの日のスープはこれまた更にマイルドでGOOD!!!
いつもより若干柔らかめに茹でられた太麺との相性はすこぶる良好でした~(^з^)








さて、麺を食べるにつれさらにその姿を露わにし始めるチャーシュー達。
いや、敢えて言わせていただこう。

『チャーシュー軍団と!!!(笑)』

全盛期の石原軍団を彷彿とさせるその質実剛健さは正に「漢」の集団!
頑張ってひと切れ食べましたがスープの中からゴロゴロと現れる…






ちなみに、コレって二つ折りしてます…(汗)








コレは厚さ4cmくらいありますわ…( ̄○ ̄汗)


と、相変わらずのおばけチャーシューは健在でこんな状態でした!!!

でも私には多すぎで、この日もたくさん残してしまいました…(号泣)
これが凄くもったいなく思うので苦手なんですね。
次回の訪問時は必ず「チャーシューひと切れ」という
ことを肝に銘じておこうとあらためて思います <(_ _)>


しかしこれを楽しみにされていた方も多いでしょうし、チャーシュー好きの方には
そのコスパも含めこのお店はたまらなく重要な存在だと思います♪
しかしなにより元マルタカラーメンの復活(マスターやおばちゃんを含めて)は
和歌山を含め他府県のファンの方には嬉しいビッグニュースになったことでしょう~(^o^)




■開店より三日間のサービス&粗品
精算時に小銭を渡そうとすると、マスターが「今日はこれでええわ~」と500円玉しか受け取られませんでした。そして「三が日(オープンより3日間のみ)だけやけどなぁ」とタオル粗品をいただきました。このタオルなかなか使い心地良さそうです♪♪♪




※『しかし、看板の屋号は「○高」でタオルの屋号は「○東」・・・どっちが正しいん?』
と素朴な疑問を感じた方はポチっとな~!!( ~っ~)/
↓↓↓
にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ(文字をクリック)

Tag:和歌山市 

寿食堂 2009/06/02

幻の『天塩』と『ねこ』を求めて~!!


■寿食堂
@御坊市塩屋町北塩屋751-3
【営業時間】6:00~23:00
【定休日】無休
【電話】0738-22-2280
【駐車場】専用アリ
■御坊・日高行脚にて
こちらは数年前に中華そばを食べるために一度訪問したことのある懐かしのお店。30数年も前からその中華はあるのですが『今回、御坊・日高方面に来たついでに立ち寄った』というわけではなくちゃんと別目的を持って訪れたという事を先ずは声高に宣言しといて~っと(笑)



■寿食堂のお隣もヤッパリ寿(笑)
隣接するのは同じく寿系列(と書けばたいそうですが(笑))一緒に経営されてる旅館(民宿)です。こうして看板に『寿』と上がっているのを見るとナゼか縁起のイイ気分になった気がしるのは私だけ…?(笑)






■店内は…
『これぞ大衆食堂』というお手本のような店内を包む和気あいあいとした雰囲気に自然と気分も和みます♪ さて、最初に申し上げましたように今回の狙い目は2点。壁に貼られたお品書きの中にこの日の宿題が課せられておりました…





■1点目の宿題は…
『季節によって味が変わる野菜たっぷり』『天塩100%』『地元野菜』などそそられる単語が並んだ『天塩ラーメン』のお品書き!! ここまで煽られるといやがうえにも気分は盛り上がり、テーブルにつくやいなや「天塩ラーメン一丁~!!」と元気よくオーダーを入れてみた(`∇´ゞ すると、メガネをかけた明るいハキハキとした店員さんから(ここの娘さんぽい方でした)ややトーンダウンした声で「スイマセ~ン、塩スープは夕方くらいにならないと出せないんですよぉ…」とのおことわりが入ります。 聞くと午後からスープを仕込むのでどうしても出来上がりが夕方以降になっていまうからだそう。 残念だが仕方ない。ここはスパッと諦め『四十年代の味』の異名をとる「中華そば」にシフトしよう…(⌒~⌒)

■2点目の宿題は…
実はネタ元は「丸栄さん」の日記。
過日書かれた「寿食堂訪問記」の中に紹介されてたのがコチラの『にゃんこめし』でした。
私自身、過去に色んな食堂やめし屋で食事をいたしましたがここまでストレートなメニューに
お目にかかったことがなかったので麺食らう前に面食らい、直接この目で確かめて飯食らう事に
したということです…(笑) 





■中華そば(450円)
●スープ
鶏ガラベースの醤油
●麺
普通やや黄色麺
●具材料
豚肉、メンマ、モヤシ、蒲鉾
●この日の感想
しばらくすると中華そばが運ばれます。ビジュアルはホント、シンプルで飾り気はないが素朴さ溢れるものですね~!


鶏ガラをベースにした醤油スープはやや甘い味わい。
チャーシューではなくそのままを煮た豚肉が入っているのが特徴です。





麺はやや黄色麺で食堂系中華そばではよく見るタイプ。やや柔い茹で加減が
不思議とこの甘い醤油スープに合うんです~(^з^) そして…

約1/3くらい食べたところでおもむろに投入するのがコチラ!!!




何の変哲もない玉ねぎをみじん切りにした薬味です。

先ずはコチラのみを食べてますが予想に反してメチャクチャ辛いです…
ま、『薬味』なので辛いのは不思議じゃないのですがねぇ~(汗)
そして、コレを中華そばに落としてみると…
あ~ら不思議、スープがまろやかになりましたよ~(☆o☆)

なかなか楽しませてくれる中華そばはダテに30年のキャリアを重ねてませんね~(笑)


次は気になる『にゃんこめし』
気になるとはいえ、いわゆる『かつお節とご飯』で何のサプライズもありません。

平べったい器のフタを開けると…





こんな感じでした~♪
三枚貼られた味付け海苔は『川』の字に。
ご飯とご飯の間にかつお節醤油が挟まれてます。

ただ、それだけです(笑)

でも、それがイイのです!!!(キッパリ)





そして特筆すべきなのがコレでした!!!




『うわっ、スッぱ~~~(+×+)』

久しぶりに食べたお婆ちゃんの「こんこ」でホンマ酸っぱいっす(泣)
ただならぬその酸味と匂いに歴史を感じざるをえませんでした(号泣)



でもご飯はうまかったですし、器の深さはないですが割と大きいのでボリュームもありましたね。





残念ながら『天塩ラーメン』にはありつけませんでしたが『中華そば&にゃんこめし』は
かなり魅力ある組み合わせだと思います!(b^ー°)


すべてを平らげ満足感いっぱいでレジで精算します。

『中華とにゃんこめしで800円ですね~♪』

とレシートを渡されました。
そのレシートを見ると間違いなく印刷されてました…











しっかりと『ネコ』って!!! (≧ε≦)(爆)



【地図はコチラ】




住所: 和歌山県御坊市塩屋町 北塩屋751-3
最寄り駅: 西御坊



※『ギャハハハ、ネコ食ってへんし~(爆)』
とバカウケしたならポチっとな(≧ε≦)!!
↓↓↓
にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ(文字をクリック)

※『ランキングに参加しております!』
皆様の応援が非常に励みとなります♬ ひとポチお願いします。 m(_ _)m
  ↓↓↓

食べ歩き ブログランキングへ

テーマ : 美味しくて、オススメ!
ジャンル : グルメ

Tag:御坊市 

らーめん 幕末  2009/06/02

「らーめんの幕末は御坊じゃけん!!!」 by 坂本龍馬



■らーめん幕末(ばくまつ)
@御坊市湯川町財部811-2
【営業時間】
11:00~23:30
【定休日】年中無休
【電話】0738-22-2222
【駐車場】共同アリ
■初訪問!!
前回御坊・日高方面に行脚したのはいつだったか!? その頃にはまだこちらのお店はオープンしてなかったと思います。家系新店を訪問すべく久しぶりにこちら方面に参りましたので課題店も一緒に攻めることにしました~♪



■暖簾チェック
御坊ICを降り右折して真っ直ぐR42へ向かって走る途中の右側に黒塗りの壁に大きく『幕末』と書かれた店舗が目に入るでしょう。テナントが並ぶ一角にお店はありまして真っ白の暖簾が眩しいです♪
訪れたのはちょうどお昼時。テナント共同駐車場は車でいっぱい。かろうじて1台置けるスペースを確保して入店するも今度はお店がいっぱいに…(苦笑)



■お出迎えは…
幕末だけあってやはり『竜馬君』でした(笑) カウンター席に座りまして横を向くと店内の壁にデカいパネルが掛けられてます。かなりデカいのでいやがうえにも目立ちますな~♪





■豚骨ラーメン(630円)
●スープ
ライト豚骨
●麺
白色細ストレート
●具材料
チャーシュー、モヤシ、ネギ
●この日の感想
豚骨が基本のお店なのでメニューに書かれた『おすすめ』はやはりデフォ豚骨に付いてましたのでチョイスしました!






運ばれた豚骨ラーメンのビジュアルは白濁系。漂ってくる香りはいいですね♪
見た目以上にスープはライト豚骨。濃度もコクも『light(ライト)』ですね。
ただしこの『ライト』は私の物差し。場所柄(日高地方)を考えるとそうでもないかもしれません。


麺は細ストレート。もうちょいスープと麺のバランス、絡みは問題なくアベレージ。
粉の味わいをもうちょい感じれれば嬉しいのと全体的にパンチが弱いなぁ~と…


そこで!!




目の前にあった辛子高菜をひとくちつまんでみたのですが、
これがピリッとめちゃめちゃ辛く具合よかったんですよ。
これはラーメンに入れない手はないですがな~(≧ε≦)







この辛子高菜効果により、ラーメンにパンチとアクセントが加わりまして
個性的な味わいに見事に変身しました! ドン小西も脱帽ですわ(意味不明)

加えて、3枚入った厚切りチャーシューはシッカリした味付けで、しかもボリューム大!!
あまりの迫力に驚かされました(」゜□゜)」

このチャーシューはアドバンテージなってるでしょうね♪




さて、賑わいを見せるこの日の店内はサラリーマンの男性はもちろん、
女性グループのお客さんも多く見受けられました。その中に60歳くらいのご夫婦もおられ、

(幅広い年齢層に支持されてるんやろなぁ~♪)


と感じさせられたお店でした。(^з^)-!!



■お知らせ告知
入口に貼られてたお知らせ告知の案内ですが、お店は「年中無休」になったようです。これからは定休日を気にせず訪問できますよ♪


【地図はこちら】
http://img.map.yahoo.co.jp/ymap/mk_map?lat=33.53.49.757&lon=135.9.43.713&width=300&height=300&sc=3&size=p∝=gourmet


住所: 和歌山県御坊市湯川町 財部811-2
最寄り駅: 学門


※『豚骨と辛子高菜って相性イイ組合せやね~♪(`∇´ゞ』
と感じた方はポチッとな!!
↓↓↓
にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ(文字をクリック)

Tag:御坊市 

こだわりのやぐらラーメン 岩出店  2009/06/01

う~ん、今日はさすがに…



■こだわりのやぐらラーメン
@岩出市吉田309-14
【営業時間】11:00~24:00
【定休日】無し
【電話】736-61-5755
【駐車場】専用有り
■やぐらナウ
仕事の帰りに立ち寄りました!入店は21時すぎ。駐車場には車は2台で店内にはいつもの豚骨臭と『今日も店終わりやなぁ』的なバイトのおばちゃんが醸し出す雰囲気のみ漂っておりまして一抹の不安も…





■さて今日の固さは?
デフォ中華をオーダーしますがそれと同時に麺茹での固さをチョイスしなくてはなりません。メニューをしばらく見まして今回は全部で7段階ある硬さのうち真ん中の『1分半かため』と決めました。表現も唯一「時間表示」されているのですが、いまいち中途半端な具体的表現っていうか「微妙な硬さ」と感じるのは私だけなんでしょうか?(笑)





■中華そば(550円)
●スープ
オリジナルやぐら豚骨醤油
●麺
かなり硬ストレート
●具材料
チャーシュー、メンマ、蒲鉾
●この日の感想
さすが茹で時間1.5分は配膳が早いですね! その茹で時間は素麺並みですから。
思わずバイトのお姉ちゃんに『早っ』て言っちゃいましたよ…(笑)



さて、この日の中華そばですが、見た瞬間にアウト。
いつものビジュアルではありません。シャバイ感じがアリアリと出ております…


気をとりなおしてひと口スープを啜ってみますが、

『香りは不十分やし、コクもないし~(ToT)』

という至極残念なものでした(泣)





しかもタイミング悪いのは重なりまして、
硬めの麺をチョイスしてるうえスープもシャバイのと絡みが悪いのとで
スープ量がなかなか減りません。

ま、こんな日もありますわな・・・




■念のため骨粉量を見てみよう減らないスープを完汁!! これはかなりがんばりましたよ… そして底に残ったのが画像の通り。 コレをご覧いただいたらおわかりでしょうね。また次に期待しときます…m(_ _)m






住所: 和歌山県岩出市吉田309-4



※『うわっ、骨粉少なっ!!(」゜□゜)」』
と思った瞬間にポチ連打でお願いします!(ToT)
↓↓↓
にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ(文字をクリック)

Tag:岩出市 

【家で中華そば】井出商店 2009/06/17

食べた翌日まで家から臭いが消えないのは本当です(苦笑)




【家で中華そば】
■井出商店
@和歌山市田中町


会社より帰宅し我が家の玄関扉を開けた瞬間にスグわかった・・・

『中華そばかっ!!(」゜□゜)」』

って言うか

『井出商店かっ!!( ̄○ ̄臭)』




嗅ぎ覚えのある香りは豚骨醤油系。聞くと知り合いから3人前をいただいたらしい。
この知り合いの方は私が大の中華そば好きだという事を知っているので
ちょくちょくこうして「自宅用の井出」を持って来てくれる(ありがとう♪)


そして残っていたのが2人前で
その内ひとつを早速作りはじめたところ・・・

『ギャー!!止めてー!!(≧ヘ≦)』

2階から悲鳴が聞こえてくる。

実はわが家では井出商店をはじめとする豚骨醤油中華そば特有の匂いは市民権を得ていない。
これを好んで食すのは私と他に1名で、その他メンバーはその存在すら認めてくれないのだ。
よってこれを食べる時には必ず揉め事になってしまう…(苦笑)


(揉め事が怖くて家で井出が食えるかよー!!)







罵声を浴び、顰蹙を買いながらも最後まで完食した。

そんな苦労をして食べても味わいはいつもと変わらない…

たまには目が飛び出てビックリするほど旨かったらエエのに(笑)

ほんでそのビックリした顔を見た他の人間から

『キー坊かよ~!!!』

ってツッこまれてみたい・・・(爆)



※『確かに自宅用もメチャクチャ臭いキツいよな!!』
という経験のある方、食べたことないけど想像はつくぞ!という方もポチっとな…(泣)
↓↓↓
にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ(文字をクリック)

テーマ : 今日の夕ご飯
ジャンル : グルメ

Tag:和歌山市 

応援クリックお願いします
↓↓↓:m(_ _)m
検索フォーム
プロフィール

とこわかはる

Author:とこわかはる
■「デッドで!」とは?
「レンゲを使わず丼鉢に直接口をつけて飲む」つまりダイレクトでスープを飲むということを表しております。よって「デッドで!」とは「鉢に口をつけて直接スープを飲んでみた!」という意味になります。
友人が最初に使い始めたのがきっかけで、この飲み方を広く普及すべく「デッド飲み推進会」に入会しまして、日夜活動に勤しんでおります。
会長によると語源はゴルフ用語由来なのだそうですが… 私はゴルフをしないのであまりよーわかりません(笑)

■私の肩書き
・デッド飲み推進会副会長
    兼 和歌山支部長
・情熱和歌山ラーメン部々長
・情熱大阪ラーメン部所属
入会(部)者を募集中です♪

■私のひととなり
ラヲタではありません。
単純に「中華そば」が好きなだけでございます(笑)​
私にとって「麺」とはオアシス。そんなオアシスを求めて和歌山を中心に近畿圏を放浪中♪そして智弁和歌山野球部のファンでもあります。
将来に不安を抱えているので第二の職を視野に入れてます。実は中華そば屋を経営するのではなく歌手デビューを狙ってます​(爆)

カレンダー
05 | 2009/06 | 07
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
地域別カテゴリ
料理別/シーン別カテゴリ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カウンター