突撃手抜きの晩御飯!!!    2008/11/29

■麺紀行 和歌山 豚骨醤油味



という名の怪しげな商品であります(≧▽≦)ゞ


家に帰ると冷蔵庫の中に私用として確保してくれてましたが…

スペックはと言いますと

【購入場所】近所の某スーパー
【価格】200円~300円の間(らしい…)
【製造元】不明(泉佐野市にある会社だったかと…)

という事でいかにも


『晩飯の手を抜きました』




みたいな雰囲気アリアリ(笑)


しかしメゲずに一応作ってみましょう。





見た目はそれなりに旨そうにみえるのが不思議なくらい。

濃厚な色合いのスープはとってつけたような香りですがそれなりの香りがしますね(苦笑)







で、食べてみた。


豚骨醤油の味わいは醤油辛さが強調され調味脂のバランスもイマイチ。
半生チックな細ストレートめんは茹で上がりは悪くないものの、舌触りが悪い粉っぽさがあります。

全体的には



『それなり…(爆)』




ま、そう言うことですな。

ただし、一番期待薄だったチャーシューが意外にも風味よく、これにはマジ驚かされました!

野球に例えるなら、5回を終わって7対0で負けており敗戦処理のつもりで送り出した
ルーキーのピッチャーが残り4回をノーヒットで抑えた、みたいな~(笑)
(どんなたとえやねん!)


たまにはこんな中華そばも経験を積む意味で必要ですね…(^_^汗)

(お断り:これは11月上旬に食べた記事ですww)




※『これも修行の内でっせ!!』
とおっしゃる方はこちらをポチィ~~となヾ( ´ー`)
↓↓↓
にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ(文字をクリック)

Tag:【トピックス】 

かわせ中華そば 天王店   2008/10/11

「超固め」っていったいどれだけマニアやねん!!!





■かわせ天王店
@和歌山市中之島525
【営業時間】17:00~23:30(早く閉まることアリ)
【定休日】水曜日
【電話】073-472-9620
【駐車場】別駐車場アリ
<中華そば>
●スープ
かわせオリジナル
●麺
超極太アルデンテ
●具材
かわせオリジナル豚バラ
■かわせナウ
入店は19時頃、休日出勤の帰りだったので珍しい時間帯に訪れる事と相なりました!

先客は1名さんのみ。
ゆったりと座ったカウンターだったが
あれよあれよと言うまに満席に(((゜д゜汗)))

しかも、私の隣に座った夫婦が例のアレを注文したんです、「アレを…」



■特トリ(950円)



とにかく腹が減ってたので勢いで特製トリプルを注文した。
いつもよりデカいラー鉢が出されオヤジの調理が始まる。



「相変わらず作り方はアバウト(笑)」

豚をひと握り、鍋に入れられる。







出来上がった麺はてんこ盛り!
豚バラが若干厚くなったような気がするが、それ以上に量が間違いなく少ない…

麺は間違いなく3玉使われた特製だが豚バラは特製の量とは言いがたい┐(´ー`)┌

ま、それが『アバウト』だと諦め、3玉に挑み始めた矢先にその夫婦が入店してきた。



一見、普通の夫婦で、旦那が注文したのが、

『普通の1,5と特製の1』
とノーマルだったが…



『超固めでええか?(ニヤリッ)』


とその後アブノーマルに言い放ったのはかわせのオヤジだった!!


『家では上手に固くなれへな~』


と、旦那は切り返す。その会話を横で聞いてたオレは、


(出た!バリ固マニア( ̄□ ̄汗)!!)


と内心叫びながら、平静を装いつつ自分の麺と格闘する(笑)


オヤジはそのまま他のお客さんの中華を作り始め、
配膳が終わるとまた夫婦の前に仁王立ち。
そしておもむろに


『アンタら近くから来てるんか?』


とぶっきらぼうに質問した!


(えぇぇー! オヤジ、その夫婦は知り合いとちゃうんか よー\(゜□゜)/!!)


これまた内心でツッコんだ訳だが…

特別知り合いじゃなくても『固め』をチョイス出来るんや~♪♪♪

というのがこの日イチバンの収穫ですわ~o(^▽^)o



という訳で、次回は『超固め』に挑戦してみようかな!!(爆)



※ 『確かに写真を見る限り豚バラボリュームが少ないやん…(汗)』
と感じた方

『同情よりもポチをくれ(古っ)』
↓↓↓
にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ(文字をクリック)


【お店の場所はコチラ】
http://img.map.yahoo.co.jp/ymap/mk_map?lat=34.14.22.260&lon=135.11.21.579&width=300&height=300&sc=3&size=p∝=gourmet


住所: 和歌山県和歌山市中之島525
最寄り駅: 紀伊中ノ島

※2008年10月11日時点の情報です。


※『ランキングに参加しております!』
皆様の応援が非常に励みとなります♬ ひとポチお願いします。 m(_ _)m
  ↓↓↓

食べ歩き ブログランキングへ

※『ランキングに参加しております!』
皆様の応援が励みとなります♬  もひとつポチを是非お願いします。m(_ _)m
 ↓↓↓
にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ

★ブログランキングに参加しております★
皆様からいただきますご声援、応援が大変励みになっております♪
今回もポチッとな」をありがとうございます!m(_ _)m

テーマ : ラーメン
ジャンル : グルメ

Tag:和歌山市 

中華料理 笑福亭   2008/10/9

中華料理屋さんで本格中華そばをいただけます!!!





■中華料理 笑福亭
@伊都郡かつらぎ町
【営業時間】11:00~15:00、17:00~23:00
【定休日】月曜日
【電話】
【駐車場】アリ
<中華そば>550円
●スープ
和歌山豚骨しょうゆ
●麺
やや細ストレート麺
●具材料
チャーシュー、メンマ、蒲鉾

■アクセス&暖簾




かつらぎ町に入ってもR24をず~っと東に進み、笠田駅を越え右手に二軒目飯店を眺めながら
もうちょいと進むと道沿い左手に『笑福亭』の看板が見えてきます。

暖簾には思いっきり『和歌山ラーメン』という文字…(笑)

ただ、ネオンサインには思いっきり中華料理と輝いてるのです。


『いったいどっちやねんなーー!!\(゜□゜)/』

とりあえずツッコミ入れときますわ(爆)






■和歌山ラーメンとあるが実は…






中華料理屋ながら昔からちゃんとした豚骨しょうゆの中華そばを食べさせてくれるので
ちょくちょく利用しているのがこちらです。

というのも、写真を見てもらってもわかるように運ばれて直ぐにもかかわらず
コラーゲン膜の張るほどの豚骨しょうゆコンディションがたまりません(*^ー^)ノ



すぐさまデッドでスープをすすってみる。


『ん…?まてよ…』


ちょっとした違和感を感じたのがこの日のスープ。

いつもより強めの甘味を感じまする…

なんかこう『意図的な甘さ』っていうかいつものコクが弱い感じなんですよね~(・_・汗)


麺はいつも通りの出来栄えで問題な~し!
チャーシューも赤身と脂のバランスがよく、イイ感じ♪
さらには、ネギコンディションは抜群でした!!o(^▽^)o


ま、スープの違和感はあるものの、総合的には結果オーライで良かった、良かった~(^3^)



ひょっとして連食の2杯目だったのが影響したのかなぁ…(苦笑)


※『中華そばはもちろん、他のメニューも気になるぜい\(゜□゜)/』

Tag:かつらぎ町 

中華そば ふく龍   2008/10/9

市町村合併で高野口町から橋本市に変わりました!





■中華そば ふく龍
@橋本市高野口町名古曽281-2
【営業時間】17:00~翌1:00
【定休日】不定休
【電話】0736-42-0422
【駐車場】店前に4台分

■アクセス
元の住所は伊都郡高野口町でしたが市町村合併があり、今は橋本市高野口町に変わってます。

R24を橋本方面に進みJR和歌山線の高野口駅を過ぎて間もなく、
右手に応其小学校が見える歩道橋を左折するとすぐの所。
お店の裏手は伊都高校があります!



■味のある暖簾



久しぶり2度目の訪問となったコチラふく龍。
入口の暖簾は年季の入った白タイプで使い込まれた味わいがイイです♪
倉庫を利用しているため、店の天井はめちゃ高いですがそれも特徴のひとつです。



■ラーメン(しょうゆ)500円


●スープ
鶏ガラメイン+豚骨透明系

●麺
普通ストレート麺

●具材料
厚切りチャーシュー、太もやし、ネギ

●印象
壁に貼られたメニューには塩、味噌、カレー、バター等、10種類くらいの麺が載ってます。

かなり目移りしますがワンコインデフォのしょうゆラーメンをいきます!

いわゆる和歌山タイプではない中華そば。
色合いの薄いスープは若干だがゴマ油風味を感じるも、コショウもたっぷりかかっており
なかなかジャンキーさ溢れる味わいに仕上がってます(笑)

『特筆すべきはチャーシュー!!!』

厚みがありながらも表面は焼かれた焦げが香ばしさを醸し出し、
噛めばジューシーな旨味が口いっぱいに広がります♪

そこに太もやしとネギが加わるんですがこちらもコンディションが素晴らしい~o(^-^)o



■ワンコインの妙味




めちゃ旨チャーシューが3枚入りこれで500円とは恐れ入ります。
今のご時世にこの水準を維持している努力に乾杯で~す(笑)


ラーメンはどちらかと言えばあっさり系になるんでしょうが、
別メニューにあった『とん骨豆乳ラーメン』


かなり気になったので次回の宿題として残しておきましょうか(笑)


【地図】




住所: 和歌山県橋本市高野口町名古曽281-2
最寄り駅: 高野口
Yahoo!グルメでこの店舗のクチコミを見る

※2008年10月9日時点の情報です。



※ 『ここはまだ行ったけとないねんなぁ、うまうまチャーシュー気になるわ…(^_^汗)』

という方はポチリングゥゥゥ(´・ω・`)
↓↓↓
にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ(文字をクリック)

Tag:橋本市 

てんぐ 2008/10/7

岩出市では根強い人気を誇る老舗の名店であります!!!




■てんぐ
@和歌山県岩出市吉田257-6
【電話】0736-62-9723
【営業時間】11:00~15:00、17:00~20:30
【定休日】木曜日
【電話】0736-62-9723
【駐車場】店横2台分



■塩ラーメン(750円)



●スープ
鶏ガラベースの塩

●麺
登別直送普通ちぢれ麺

●具材料
玉ねぎ、白菜、人参、木耳、ゆで卵、モヤシ、蒲鉾、豚バラ等


『無性に食べたくなったので訪問決定でした~(^o^)』

こちらのラーメンは炒め野菜の載ったシリーズがラインナップされており、

・極楽ラーメン(醤油+野菜)
・地獄ラーメン(味噌+野菜+キムチ)
・味噌ラーメン(味噌+野菜)
・塩ラーメン(塩+野菜)

この4パターンがあります。





悩んだ挙げ句、前回訪問では『味噌ラーメン』を食べたので今回は塩ラーメンをチョイスしました。

炒められた野菜がてんこ盛りのスープは和歌山では珍しい塩味で課長さんも適度に効いており
野菜から出る甘味とのバランスを楽しむ事ができます。


登別から取り寄せられた麺は和歌山では珍しいちぢれ麺!
野菜のボリュームがあるので麺まで到達するのがひと苦労です(笑)


パンチはそれなりにありますが、それ以上にバランス重視タイプ。
たっぷりの脂がスープの中でアツアツになってますから、

『なかなか冷めない』

のがセールスポイントか、と♪
ただし、夏場は汗だくになるのは覚悟して下さい(笑)


逆にこれからの季節には体を温めるにはピッタリのラーメンですよ~o(^▽^)o


■お願い


岩出市では老舗の中に入るお店で昔から繁盛しているのですが
ただ、アクセスは悪く車でないと行くことができない立地というのが残念…
そのうえ車でしか行けないのに駐車場が2台分しかないというのはかなり辛いっす。

よって車が溢れてる事もしばしばありますが
絶対に路駐はおやめください<(_ _)>



http://img.map.yahoo.co.jp/ymap/mk_map?lat=34.15.49.098&lon=135.17.07.982&width=300&height=300&sc=3&size=p∝=gourmet


住所: 和歌山県岩出市吉田257-6
最寄り駅: 紀伊


※2008年10月7日時点の情報です。


※『いつ行っても駐車場がいっぱいで車が置かれへんねん…(ノ_・。)』

こんな経験のある方はポチっとな!
↓↓↓
にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ(文字をクリック)


※『ランキングに参加しております!』
皆様の応援が非常に励みとなります♬ ひとポチお願いします。 m(_ _)m
  ↓↓↓

食べ歩き ブログランキングへ
★ブログランキングに参加しております★
皆様からいただきますご声援、応援が大変励みになっております♪
今回もポチッとな」をありがとうございます!m(_ _)m

テーマ : ラーメン
ジャンル : グルメ

Tag:岩出市 

和歌山の中華そばのおともに、ザ・リアルあせ巻きはこれじゃ!!!

本物のあせで巻かれてます!!!



『○○さんからサバ寿司貰ってきたで~~♪』

とテーブルに置かれたのがこちら。






おぉッ!ヽ(゜▽、゜)ノ


パックに入っている寿司を見ると本物のあせで巻かれてるではないですか!!

最近、中華そば専門店でもとんと見かけなくなったあせ巻き。
こんな形でお目にかかるとは思ってもみませんでした。




個人的には大好きなこの『サバ寿司』
本来なら中華そばを食べる時、一緒に食べたい衝動に駆られるのですが、
スープの味が変わるのがイヤで食べないようにしているんですよねぇ…
だから中華そばレポには全くっていう程記事がないんです(苦笑)

ただ実はこれ、いただいてから2日間なれさせたんです。
というのもいただいてすぐに食べたオカンが


『ちょっと塩分と酢がキツいわして~~(//▽//)』


と叫んでいたのを聞いていたからなんですわ…


(オッ、ちょっと馴染むまでほっといた方がエエよな(^~^))


といういきさつがありましたがそんな事はおいといて早速いただいてみました(^O^)






十字にくるまれた2枚の葉をほどくと艶のあるサバが姿を見せます。


完全手づくりなので座布団みたいな形ですがひとくちほおばってみると…

『はぅぅ、エエ塩梅や~ん:*:・( ̄∀ ̄)・:*:』


塩も酢も程よくなれて締まった味わいに♪
バランスも良く旨いですがなぁ~~~(笑)

素人が作ると調味料のバランスが難しいのですがこれは十分合格ライン!まるで


『売り物みたい!(爆)』


予想外の旨さにその手が伸びまくり。




気がつくとこんなになってました~♪
(ナンボ程食べてるねーん!WWW)


いやぁ、なかなか素晴らしいサバ寿司をいただく事ができ嬉しかったですわ。

オカン曰わく、あせ自体はそのへんの土手に生えてるので手に入れるのはそうですが
商売ベースに乗せるとなると手間がかかるのはわかりますね。


食べた後、

『また貰えるようにお願いしといてよ~』


お礼を言う前に催促したふとどき者の私でありました…(^_^汗)



※『最近はナイロン巻きが多いけどやっぱりサバ寿司はあせ巻きがエエね~♪』
と言う方はこちらポチをお願いします。(σ・∀・)σ
↓↓↓
にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ(文字をクリック)

Tag:【トピックス】 

【閉店情報】中華そば 竹下

消えゆく中華そば個人専門店・・・


img_0_20140420170612465.jpeg



【閉店されてます】
■中華そば 竹下
@和歌山市手平6-4-6

実は過去一度しか訪問したことの無かったこちら「竹下」

所用のため近くまで来たので以前りりさんからの「閉店したようだ」という情報を
確認すべく立ち寄りました。

場所は国体道路から新堀に向かう途中、三菱工場の裏手の道を右折し進んだところ
ですが、看板は外され建物も空っぽになっておりました・・・

img_1_20140420170610274.jpeg

女性だけで切り盛りされていたお店で、
オーソドックスな中華そばを食わせてくれた記憶があります。

主要道路から路地を入った立地ということで、


『お店の場所が分かりづらい・・・(T_T)』


という点がウィークポイントだったか、と。


しかしここ一年でも閉店されたお店が増えてきておりますね。
特にこちらのお店のような個人営業専門店が閉店に追い込まれているという点が目立ちます。

『時代の流れ』

と言ってしまえばそれまでですが、ここに至るまでには様々な原因があったのだろうと推測します。


我々地元の中華そばファンにとってはなんとも寂しい限りです・・・
しょっちゅうしょっちゅう訪問は出来ませんが
これからもできるだけ色んなお店を回って少しでも貢献していきたいですね。

※『ランキングに参加しております!』
皆様の応援が非常に励みとなります♬ ひとポチお願いします。 m(_ _)m
  ↓↓↓

食べ歩き ブログランキングへ

※『ランキングに参加しております!』
皆様の応援が励みとなります♬  もひとつポチを是非お願いします。m(_ _)m
 ↓↓↓
にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ

★ブログランキングに参加しております★
皆様からいただきますご声援、応援が大変励みになっております♪
今回もポチッとな」をありがとうございます!m(_ _)m

テーマ : ラーメン
ジャンル : グルメ

Tag:【閉店されたお店】 

カメラは捉えた!!! やぐらが音を立てて崩れ落ちる瞬間・・・  2008/11/18

「はりがね」にトライしたにもかかわらず・・・




■こだわりのやぐらラーメン
@岩出市吉田309-4
【営業時間】11:00~24:00
【定休日】ナシ
【電話】0736-61-5755
【駐車場】専用あり
■やぐらナウ
入店したのが閉店前の23時30分頃。この時間にもかかわらず駐車スペースの空きは1台のみ!
ここ一年内の訪問でその完成度が劇的にアップしている影響か、前を通るたびに

「けっこう流行ってんなぁ・・・」

と思っておりました。

外は激寒だったのですが店内は熱気ムンムンで団体さんで賑わいをみせております。
それを横目に、

「閉店前の濃厚とんこつ醤油スープがどんな表情を見せるのか?」

という以前より気になっていた点を解消するべく敢えてこの時間帯を敢えて選択した次第です(笑)






■検証(麺茹で時間10秒のはりがね)



「7段階でチョイスできる麺の固さを検証してみようシリーズ」のラストである今回
前回、前々回と2回の訪問で麺の固さをを徐々に上げるように注文しておりまして

今回はmost hardである

『はりがね(茹で時間10秒)』

に挑戦!!!

茹で時間10秒というとほとんど「生」に近い状態だと思うのですが
それも折り込み済みで中華そばの到着を待つことにします。


■「はりがね」どころではなかった・・・

『ち、ちょっと待たんかーーーい!!!(汗)』


目の前に配膳された中華そばを見るやいなや口から出た言葉だ。






ビジュアルはいつもの中華そばだが明らかに違うのがそのスープ。
香りも少ないうえ色がいつもにも増して濃いのだ!!! 
口を付けるまでもなくそのあまりの違いに目が点に・・・

この表現はあまり使いたくないのだが分かり易く表現するために言わせてもらうと


「井出系」を注文したのに出たのはまるで「車庫前系」


という代物だった。
参考までに前々回の画像を比べてみる(下記画像)






ご覧いただくとその違いは誰の目にも明らか!!!

これまでは配膳された時には既にコラーゲンの膜が張られるくらいの濃厚さで
豚骨メインのスープは十分乳化しており、色合いも黄土色っぽくコクも十分であった。

この日は豚骨は使われているものの醤油が全面に主張され、絡み具合など皆無に等しいもの・・・


『どないしたらここまで変えれるねん・・・(号泣)』


それはまるで小室哲哉の凋落ぶりとシンクロしてしまうほど。
その時点で「茹で加減のはりがね検証」という当初の課題は頭から吹っ飛び
逆に自分の体が「はりがね」の如くフリーズし思考停止状態であることに気づく(笑)

とはいうもののせっかく撮ったので「はりがね」を見ていただくと




ま、こんな感じでした・・・


ちなみに前回のスープは鉢底にもびっしりと骨粉がへばり付く程の
コンディションだったと記憶していたので念のために全汁して一応確認を、ば。






予想通り、

『骨粉の「こ」の字もありまへんわ・・・(T_T)』


これを『ブレ』と呼ぶにはあまりにも違いすぎるその変貌ぶり。
ちょっと間をあけて再訪してみようとは思うが、元に戻るかどうかはまったくの未知数・・・

どなたか訪問した際にはレポートをいただければ と思いつつ緊急レポを終了します。<(_ _)>




※作る人間が代わった?あるいは店の味自体が変化した?

その理由は定かではないですが、
間違いなく言えるのはとりあえずこちらのポチはお忘れなくということです!!!(笑)
↓↓↓
にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ(文字をクリック)



http://img.map.yahoo.co.jp/ymap/mk_map?lat=34.15.38.141&lon=135.17.04.480&width=300&height=300&sc=3&size=p∝=gourmet


住所: 和歌山県岩出市吉田309-4

※2008年11月19日時点の情報です。

Tag:岩出市 

九龍(クーロン)  2008/10/7

麺類の変わった名前シリーズに初トライ!!!





■九龍(クーロン)
@和歌山市田中町5-3-18
【営業時間】11:00~14:00、17:00~22:00
【定休日】月曜日
【電話】073-426-0644
【駐車場】店裏に2台

■クーロンナウ
半年ぶりの訪問となったここ九龍!!!お昼時を外し13時過ぎに入店。半年ぶりの訪問となった
平日と言うことで店内にはサラリーマンさんが2名いらっしゃいました。
運ばれたばかりの『日替わり酢豚、唐揚ランチ』に箸をつけようとした
その瞬間を横目で見たのですがご飯がてんこ盛りで
かなりのボリュームだったのには驚かされました!



■パラパラ焼き飯



ランチもイイのですがコチラではやはりこの定番は外せません(笑)
渋いマスターが丹念にまんべんなく作る姿はまるで、

『米をひと粒ひと粒を焼き上げる』


というイメージ!!



作ってる途中、中華鍋の中で米粒がピョンピョン飛び跳ねる様は
正にそのカリッと感を証明してますね~
いつ食べても

『焼飯の真髄』

を味わうことができます♪o(^▽^)o





■タンクラーメン(700円)



●スープ
基本の鶏ガラ系透明醤油

●麺
細ストレート麺

●具材料
豚バラ、細もやし

●印象
さてこの日は前回より気になっていた『タンクラーメン』をいただきました!


デフォのラーメンとの違いは1点のみ。

『チャーシュあるいは豚バラどちらが載るか?』

の違いだけであります。


炒めた豚バラが載ったスープはその炒め汁と混ざり合うため脂分のせいか
やや甘口となりマイルドな味わいとなってます。
個人的には断然こちらの方が好みで、デフォラーメンとは全く別物になった印象でした。
そのためモヤシが絶妙なアクセントとなり、その存在が引き立つほどでした♪

価格は700円と微妙なラインですが、個人的にはアリと言うことで…(笑)

この日も焼き飯&タンクラーメンで満足させていただきましたのですが
密かにこちらの日替わりメニューも目を離せないことがわかりました!!!p(^-^)q



九龍 [ 中華 ] - Yahoo!グルメ

http://img.map.yahoo.co.jp/ymap/mk_map?lat=34.13.31.102&lon=135.11.36.000&width=300&height=300&sc=3&size=p∝=gourmet


住所: 和歌山県和歌山市田中町5丁目3-18
最寄り駅: 田中口


※2008年10月7日時点の情報です。




※『タンクラーメン』の『タンク』って何の意味やろ?

と思った方はポチっとな!☆彡
↓↓↓
にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ(文字をクリック)

Tag:和歌山市 

今日のうらしま 2008/11/15

ベストではなかったがベターだ!





■今日のうらしま
@紀の川市花野20-7
【営業時間】11:00~13:00頃(売り切れ次第終了)
【定休日】日曜日、祝日
【電話】0736-77-5473
【駐車場】店前アリ
■うらしまナウ
久しぶりに土曜日の訪問となったこの日。
ヤッパ土曜となると平日より子供連れの家族、それに年輩のお客さんも
圧倒的に多くなるのは間違いなさそう。

テーブルも座敷も満員状態で外には待ち人の姿も。
時計に目をやると12:00を回っておりドンズバ昼飯時だった…(^_^汗)


■中華そば(500円)

普通を注文したものの、平日ならすぐ出されるのが約10分くらい待たされます…






しばらくして運ばれた中華を早速チェーック!!

鉢からはイイ香りが漂っておりま~~~す♪

スープビジュアルはこれまたいつもにも増して濃厚さがアリアリ(*^-^)b
中華そばを持つ手にもそのネットリが付いてしまいましたわ。

スープは熱くて濃厚で、またコクもあり、麺への絡み具合がそれを象徴してるかのようですな!!!

ですが…
ほんの少し、ほんの少しだけだけ甘さが足らなかった気がしました。
それにメンマがちょっと辛目でしたね・・・

100点満点とするなら95点くらいかなぁ~(^^汗)

(ホンマそれやったら合格やないか!!!)

とツッコまれるくらい微妙なところですねん…(苦笑)







骨粉量も2mm程度あり全く問題ナシなんですがやはりフランチャイズなので
ベターよりベストを望んじゃいますね~!!!
お客さんの注文を聞いていると2/3は「W(ダブル)」を注文されてましたから

『今日もソッコー売り切れそうや・・・』


と思いつつお店を後にしました。





■路駐禁止じゃ~~(#`ε´#)



この日も駐車場から車が溢れておりました(泣)
ここは直線コースで見通しがいい分、
脇見運転でもされると追突される危険性がホンマ高いですから
路駐は絶対におやめくださいよォォォォ


事故が起こっては遅いですからね…(ρ_-)o




※『路駐は危険やからやめようぜぃ~~~ヽ(゜▽、゜)ノ』

というシュプレヒコールはこちらをプッシュプッシュ!!!
↓↓↓
にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ(文字をクリック)

Tag:紀の川市 

【家でラーメン】新福菜館 本店  2008/11/12

京都老舗中華そば=京都ブラックぢゃ~!!!






家でラーメン 京都の中華そばセット・新福菜館
新福菜館 本店
@京都府京都市下京区東塩小路向畑町569 
【営業時間】7:30~23:00
【定休日】水曜日
【電話】075-371-7648
【駐車場】有り




家庭用中華そばセットのもうひとつは京都の老舗である新福菜館であります。
京都駅近くに本店があるものの実はこちらも訪れたことがありましぇん…(T_T)

ただ、
随分昔にR26沿いにあったFCに数回と和歌山近鉄の物産イートインで1回食べた事がありました。
その記憶をたどりながら作ってみましたよ~!




■パック内容



こちらもスープはセパレートとなっており、元ダレの色はより黒いものでした。
スープを温め元ダレに注ぐとそれはそれは黒っぽいビジュアルで、醤油の香りを強く感じます。

麺は普通ストレート麺で和歌山デフォより気持ち太いでしょうか!?

チャーシューも大きめの薄切りタイプでシッカリとした味付けされたところなんかは
忠実にリアル中華そばを表現してますね♪









スープを飲んでみて率直に感じたのはそのコク…
リアル中華と比較するとやはりパンチの物足りなさは否めないものの
家庭用としてなら十分合格ラインを越えているのは間違いないでしょう。








麺とのバランスは申し分なく、特筆すべきはチャーシューの旨さ♪
味わいといい、ボリュームといい、パック品とは思えないほど充実しておりましたo(^-^)o


先に食べた天天有、今回の新福菜館共に完成度は高いので、
個人的には毎日食べてもイイかも~!(ホンマかよ、オイwww)




2種類を食べた後にソッコー社長さんへ次のように伝えさせていただきました。


『家庭用でここまでの味を出すのは大変だったでしょう??? 』

『どちらも美味しかったですが私の好みは新福菜館です~~♪』


『ただ、我が家の好みは五分五分でした・・・(笑)』


てな具合にね:*:・( ̄∀ ̄)・:*:


社長さん曰わく、この詰め合わせを企画し完成に至るまでにはかなり苦労されたとのことでした。
とりわけ毎日が試食の連続で、店主さんと試行錯誤を繰り返しこの味に辿り着いたそうです。



いずれにせよ、麺好きにはたまらないいただき物でたまりませんでした。
ご馳走さまでしたぁ~~(´∀`)






住所: 京都府京都市下京区東塩小路向畑町569 
営業時間、定休日: 7:30~23:00<BR>水休
最寄り駅: 京都

※2008年11月16日時点の情報です。



※『このセットを是非とも食べてみたいぞ~!\(゜□゜)/』
という方はこちらをプッシュで~♪♪♪
↓↓↓
にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ(文字をクリック)

Tag:南区 

【論争勃発】ラーメンに蓮華は必要か? ~デッド飲みVS蓮華使用派~

あなたは デッド飲み派?それとも 蓮華使用派?


■「蓮華(れんげ)」について
中国、東南アジアで一般的に広く使われている陶製スプーンの事で日本の呼び名がそれ。
元々は「散蓮華(ちりれんげ)」という名称だそうで、その形が

「散った蓮華の花に似ている」

というのが由来だそう。
中華料理をはじめラーメン店では見ないところはなく、陶器製あるいは木製のオーソドックスタイプや
プラスチックタイプなど、形・色・材質など多種多様に渡る。


そんなポピュラーな蓮華なのだが実は私・・・

レンゲは絶対に使わない!!!


派なのである!



■なぜ蓮華は不要なのか? ~とこわかはるアンチ蓮華のルーツを探る~

それは今より遡ること数十年前・・・

子供の頃からラーメンを食べる時に常に感じていた違和感がそう「蓮華の存在」でした。
というのも死んだじいさんが無類の麺好きであったことに起因するんです。

「戦争中に中国(だったと思う)で食べた中華そばが死ぬほど旨かったんや~~!!!」

という言葉を何度聞いたことか。戦後もその味が忘れられず常に旨い中華そばを求めていたじいさん。
近所にあったバスの中華そば屋に行く時は常に私がお供させられてたんですよ。
麺を「ズズズ~~~」と啜り込み、それと一緒にスープで流し込むのがじいさんの中では王道で、

「ラーメンは下品に食べやんと旨いかどうかわからへなしょ~~~!!!」

と呪文のように唱えていたのを今も鮮明に覚えてますねぇ。

そのじいさんが死んで間もなく15年が経つ。
じいさんの遺志が働いているわけではないが、今私が実践している中華そばの食べ歩きは
よくよく考えれば「旨い中華そばが食べたい」という思いと合致していることに気づきます。



■なぜ蓮華が不要なのか? ~ラーメンは五感で食べるべし!!!~

ひと言でいうなら「とにかく食べるのに邪魔」だという事実。
元々使うことが無いので蓮華を外せばイイのだがそれをするのが面倒くさい・・・

そのため過去には蓮華がささったままの鉢でスープを飲もうとして目に刺さりかけた事も(爆)
よって今は必ず外してからいだだくのが習慣となってます。

人間誰しも物を食す際には五感が働くのだが、
ことラーメンを食べる場合には更にこの五感(触覚・視覚・嗅覚・聴覚・味覚)
をさらに研ぎ澄ましてダイレクトで食べる事が重要であるうえ、

『スープを飲む』

というラー食最初の行為が最重要ポイントと考えます。

・鉢を両手で持つことでその鉢の熱さを感じ、鉢に直接口をつける事で
 スープの熱さを感じることができる(触覚を刺激)

・直接鉢に口をつける事でスープの色、麺の状態を目の当たりにする事ができる(視覚を刺激)

・直接鉢に口をつける事でスープ・麺の香りを強く感じることが出来る(嗅覚を刺激)

・直接鉢に口をつけスープを「ズズズ~ゥ」と啜る事でその音が鉢に反射し増幅される(聴覚を刺激)

・上記一連の動作でスープを飲むとよりその味わいをより深く感じ取ることができる(味覚を刺激)

どうです?

非常に理にかなっていると思いませんか?(笑)




■「デッド飲み推進委員会(アンチ蓮華派)」VS「一蓮華託生の会(蓮華使用派)」

さて私のアンチ蓮華に対する思いを書いてきたわけですが、ここ最近我々の仲間内で
「蓮華」に対する考え方の違いを持つ麺々が会派を立ち上げ「蓮華論争」を活発化させてきてます。

「デッド飲み推進委員会」の会長兼大阪支部長で
「デッド飲み」(デッド=ゴルフからとった用語でダイレクトでスープを飲むの意)の
生みの親であるしらっちょ氏【素人関西ラーメン紀行KSRK(デッド飲み推進委員会】
「一蓮華託生の会」(ちなみに名付け親は私、とこわかはるですww)を主宰する
孤高のヘアメイクアーチストであるハシダ・メン氏【ハシダ・メン プチ日記】
共に私の友人であります。

あ、もちろん私はアンチ蓮華派なので「デッド飲み推進委員会」に所属中!
そしてデッド飲み推進委員会副会長と和歌山支部長を兼任してます・・・(笑)


そう言いながらも私の義理の弟は伊賀の焼きもの職人で





こういった蓮華(長い方です)を作って販売しております!!!(宣伝w)




ま、皆さんそれぞれに考えがあろうかと思いますが、日々各々のブログで

「蓮華を使うのは辛気くさい~~!!!」だの「デッドは下品や~~!!!」だの

『子供のケンカ』

を繰り広げておりますのでお気軽に論争に参加くださって結構ですよ~♪



また、【投票コーナー】
では「デッド派」「蓮華派」のアンケートも行っておりますので
ふるってご参加していだだきまして屈託のないご意見を頂戴できれば
これ幸いか、と存じます <(_ _)>


最後になりましたが言い忘れた事がひとつ。実は私、デッド飲み派のくせに・・・








『猫舌なんです・・・(爆)』




※『よーし!! その蓮華論争を見たろやないか~~!!!』

と言う方はこちらをポチ~~~ぃとな(^_^)v
↓↓↓
にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ(文字をクリック)

Tag:【トピックス】 

応援クリックお願いします
↓↓↓:m(_ _)m
検索フォーム
プロフィール

とこわかはる

Author:とこわかはる
■「デッドで!」とは?
「レンゲを使わず丼鉢に直接口をつけて飲む」つまりダイレクトでスープを飲むということを表しております。よって「デッドで!」とは「鉢に口をつけて直接スープを飲んでみた!」という意味になります。
友人が最初に使い始めたのがきっかけで、この飲み方を広く普及すべく「デッド飲み推進会」に入会しまして、日夜活動に勤しんでおります。
会長によると語源はゴルフ用語由来なのだそうですが… 私はゴルフをしないのであまりよーわかりません(笑)

■私の肩書き
・デッド飲み推進会副会長
    兼 和歌山支部長
・情熱和歌山ラーメン部々長
・情熱大阪ラーメン部所属
入会(部)者を募集中です♪

■私のひととなり
ラヲタではありません。
単純に「中華そば」が好きなだけでございます(笑)​
私にとって「麺」とはオアシス。そんなオアシスを求めて和歌山を中心に近畿圏を放浪中♪そして智弁和歌山野球部のファンでもあります。
将来に不安を抱えているので第二の職を視野に入れてます。実は中華そば屋を経営するのではなく歌手デビューを狙ってます​(爆)

カレンダー
10 | 2008/11 | 12
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
地域別カテゴリ
料理別/シーン別カテゴリ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カウンター