【高山で中華そばを喰らふ!(その3)】中華そば桔梗屋  2008/9/24

中華そばを求めて夜の市内を俳諧す!【高山中華そば行脚編】





中華そば桔梗屋
@岐阜県高山市本町3-58
【営業時間】11:00~23:30
【定休日】木曜日
【電話】0577-32-2130
【駐車場】ナシ
【地図はこちらをクリック】

■アクセス
JR高山駅から徒歩10分弱の距離で、飲み屋街の路地にひっそりとした佇ずまいを見せてます。
駅から比較的近いお店ですね。
夕食でたらふく呑んだ後〆という事でしたが訪問(笑)




■ウワァァァン(泣)



最初狙っていたのは近くにある「つづみそば」を。
しかーし・・・ 「スープ切れにて閉店・・・(^^汗)

振られたショックを引きずるも、もう一つの候補であったこちらに足を運んだところ
無事開いていたのでホッと胸をなで下ろします。




■しただい?それともぜつだい??



まずおしながきを見て驚かされたのすが『舌代』という文字!

もちろん『メニュー』の意味だと言うのは間違いないでしょうが
いったい何と読むんでしょう???

私が無知なだけなのか?、それとも和歌山では使わないのか?
いずれにしても初めて見た単語でした…


■中華そば(600円)



●スープ
煮干し+鶏+醤油+野菜

●麺
細ちぢれ麺

●具材料
チャーシュー、メンマ、ネギ

●印象
こちらもまたオーソドックスなビジュアル。スープは煮干しの風味を強く感じるも
色々な素材を使った味わいですが、食べるにつれわりとぼやけた印象が残ってしまうのが正直なところ。

細ちぢれ麺は他の店と同じなんですが茹で加減がかなり柔らかいのが残念
そのため全体的に締まりなく感じてしまうのは仕方ないか!?



スープも麺も物足りなかったので伝家の宝刀である『酢』をたっぷり投入してみた!





麺の硬さは変わらないものの、スープは締まりとキレが出てくるから不思議だ(笑)


この日のコンディションについて、個人的にはピリッとしなかったのですが…


食べている間にも、あとからあとからお客さんが入ってくる。
昭和26年創業という老舗のお店だけあって地元の人による支持の高さを垣間見た気がします。




※『桔梗屋』と聞くと、一休さんを思い出してしまう私に愛のポチを、ば(笑)
↓↓↓
にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ(文字をクリック)

Tag:【岐阜県】 

ついに六厘舎食べたどーーー!!!【実食編】  2008/9/28

六厘舎のおみやげつけ麺を実食!!!



首を長~くして待ってました六厘舎のつけ麺が到着したのが27日!
昨夜の帰宅後、ついに実食いたしました (^_^)v



【おさらい】前回の記事はこちらから~♪
↓↓↓
http://tokowakaharu.blog.fc2.com/blog-entry-1318.html

箱には冷凍された袋入り麺とレトルトパックされたスープ、それに魚粉に海苔が入ってます。


作り方も同封されており、それには

麺茹で時間の目安:約9分~12分
スープ湯煎時間の目安:15分

と書かれており、とりあえず指示書の通り作ってみました。





■麺、スープがほぼ同時に出来上がるタイミングを見計らって盛り付けしてみたんですが…






麺太ーーっ( ̄□ ̄滝汗)!!!!



袋の時は気にも留めなかったんですが、ほとんど『うどん』状態…(苦笑)

超極太とは聞いてましたがここまで太いとは思いませんでした。

色は褐色で食感はコシのあるしっかりとしたものです。




■濃厚なスープ





スープはかなりコッテリ系で魚粉の香りの強いWスープ。
すぐに膜がはる濃厚さで甘味がけっこう強く、これに超極太麺が絡んできます。

最初の見た目では

(ちょいとスープが少ないかなぁ…)

と思ったんですが、思いのほかバランスがとれてます。

具材は肉ブロックとメンマですが味わいはボチボチ…
レトルトなので仕方ないですな(*^_^*)


全体的には良くできたもので美味しくいただけましたが
いかんせん、リアル六厘舎を食べてないもんで比較が出来ません…

ただ、「是非とも本店で!!!」という衝動に駆られました。




ただ、全体的な風味に関して個人的意見を率直に言わせもらうなら
後付けの魚粉はあまり必要ないかなぁ・・・

魚粉を合わせると確かに香りは強烈になるのですが、
後口に魚粉の苦味が残っちゃうんですよね。ただそれがないと甘味がクドすぎる気もする…
(どっちやねんなー!)

ま、あと4食あるので魚粉抜きを試してみますわ(笑)


細かい好みを書きましたが、今まで食べた冷凍麺の中では
上位にランクされる完成度の高さであることは疑いの余地はありませんからね~o(^▽^)o






※『マジで全然買われへんねーんY(>_<、)Y!!』
と言う方
諦めずにこちらのポチと下記のURLから注文のポチをWで押しまくって下さいな!(笑)
↓↓↓
にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ(文字をクリック)



■注文はこちらから♪
↓↓↓
楽天のつけめん博 2008序章

Tag:【東京都】 

六厘舎きたーー!! o(^▽^)o 2008/9/27



今、東京で大ブレイクしている(ホンマか?ww)『六厘舎』のつけ麺。

本来なら現地にて食べてみたいところですが残念ながら東京へ行く機会はナシ…


となるとネットがあるじゃないか!

っつう訳で購入しようとトライしてみたのだが…
これまた、大人気の為滅多に手に入れることができない幻のアイテムだという。


先日、友人のしらっちょ氏から

『つけ麺の販売がスタートしまっせ~ 注文しまひょか~♪』

というホットな情報をゲット!!

ありがたくふたつ返事で代引き注文を依頼(6人前)させていただきましたのです…




そして今日、


『ピンポ~ン♪宅急便で~す』


六厘舎きたーー!!ヽ(゜▽、゜)ノ


注文品が先ほど無事到着しました!
冷凍された麺とスープ、鰹節粉に作り方が入ってます。


(今夜は濃厚つけ麺やね…グシシシ(^ε^))

楽しみですな♪



というわけで、『六厘舎・実食編』は後日UPしますね。




※『レポなしかよー!早くしてくれ~(#`ε´#)』

まぁまぁそうおっしゃらずにポチでも押して、しばしのご猶予をば…

お願いします(^人^)
↓↓↓
[http://gourmet.blogmura.com/ramen/ にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ(文字をクリック)]

Tag:【東京都】 

●指令● 高山の郷土料理を喰らへ!!! 【高山の中華そば行脚編】

高山の郷土料理を食わせてくれるお店はここだ!!!




高山郷土料理 京や
@岐阜県高山市大新町1-77
【営業時間】11:00~22:00
【定休日】火曜日
【電話】0577-34-7660
【駐車場】アリ(12台)
■アクセス
JR高山駅から徒歩20分程。本物の高山郷土料理を食わせてくれるというお店で、
昔ながらの建物を使った重厚感と店員さんの明るい雰囲気がマッチし、
他の追随を許さない雰囲気がありますね~♪
江名子川沿いを東に進み、日下部民芸館を越えるとその古民家が見えてきます。
地元の方のイチオシということでお邪魔しました。o(^-^)o  【地図はこちらをクリック】



■座敷 or 炉端を選択できます




まず聞かれるのが席のタイプですが、肉を焼きかったので炉端をチョイス。

真っ赤になった炭の上に鉄板が敷かれ、準備万端ですわ。




■あるわあるわ新鮮な食材が…



まずおしながきにザッと目を通します。
お店のオススメも含め牛、魚、飛騨野菜、
飛騨の地酒と片っ端から注文します(笑)



■飛騨牛の網焼き(特上)





『うちは飛騨牛しか扱ってないから肉にはウルサいよ~(笑)』

というお店の女将さん!
確かに仰る通り、サシ、柔らかさ、旨味 どれをとっても文句なし!

炭でサッと炙り、塩をパラパラ、そしてレアでいただきましたが…


『口の中でトロけますやんかー!』


それに付け合わされたのがネギ、椎茸、カボチャの飛騨野菜。
実は野菜ということで甘く見てたんですがこれがめちゃ旨!!!
特に飛騨ネギの旨さときたら…言葉に表せませんでした。
写真を撮らなかったのがすんげ~後悔してますねん ┐(´ー`)┌



■富山から直送された魚






肉のあとは新鮮な刺身と焼き物を!

・バイ貝の刺身
・甘えびの刺身
・酢サバ

新鮮なのはモチロンなんですが、
どれもこれもモチモチした食感と魚の自然な甘さがたまりまへ~ん♪

特に秀逸だったのが『甘えび刺身』
ひとりでバクバク食ってました…(苦笑)




■お店秘伝の味





今回初めて口にしたのがこちら。

・むかご
・唐辛子漬け

山芋のツルにある「むかご」ですが香ばしく焼かれ、つまみとして最高♪
ホクホクとした身はクセがなくいくらでも入ります。

『兄ちゃん、これうちで浸けたやっちゃ』とコーヒー瓶から出されたのが青唐辛子の味噌漬け

ピリッとした刺激で、これまたクセになる味わい!
この後、これの5倍辛く浸かったバージョンも出してこられたんですが…
ほんのひとつまみ舌に載せただけで刺すような痛みが走ったので自重します(笑)



■名水のあるところに銘酒あり

分水嶺を抱える飛騨地方は名水が流れまさに酒どころ!
勧められるまま旨い地酒をいただきます。

吟醸冷酒氷室、鬼ころし、久寿玉などいただきましたがいちばん旨かったのがこちら!!









見ての通り清酒に焼かれたいわなを入れたいわゆる『いわな骨酒』なんですが、
焼き目の香ばしさといわなの旨味が酒に染み出し、何とも言えないまろやかさが~

琥珀色の酒が全てを物語っていますわo(^-^)o



さて、こちら京やでの会食はこれにて終了でしたが、
この後さらに呑みに行ったお店にあった地元ならではのメニューにあった
『漬け物ステーキ』なるもの!





つけものを細かくカットし、とき玉子をかけフライパンで炒めるといった至極シンプルなもの。
漬け物の塩加減と玉子の相性が抜群の郷土料理です。
これなら家でも作れるよなぁ・・・

ということでちょっとご紹介まで♪


とにかく、美味しいものばかりで目移りして大変でした。
なにはともあれ高山のうまいもんを満喫した後は
またまた高山中華そばを食べに行くのでした・・・(爆)



※「おひおひ!!! この後、まだ中華そばを食うんかーーー!!!」
飽くなき食への挑戦を続けるとこわかはるにエールのポチを(笑)
↓↓↓
にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ(文字をクリック)

Tag:【岐阜県】 

【高山で中華そばを喰らふ!(その1)】 むさし  2008/9/24

いきなりコアなお店に突入!!! 【高山の中華そば行脚編】






むさし
@岐阜県高山市城山1-1
【営業時間】10:00~17:00
【定休日】不定休
【電話】0577-32-0634
【駐車場】アリ(20台)
■アクセス
仕事で高山へ。名古屋から特急ビューひだに揺られること2時間強。
高山へ来るのは3度目だがタイミングが合わず本場の支那そばは未食であった… 
JR高山駅へ到着したのが13時過ぎ。昼飯がまだだったので、
初っぱなから中華そば屋へ突入しました(笑)





■地元の取引先様に案内されたのは…




『お昼はまず中華そばでお願いします!』

と事前にお願いしていたところ最初に案内されたのが高山城跡公園。
ここは高台になっており市内が見渡せる絶好のロケーション♪♪

その公園内にある茶店がこちら『むさし』
ほとんど地元の人しか食べに来ないというお店ということです。
中華そばをはじめうどんに蕎麦など地元のメニューが豊富にラインナップされており、
席につくやいなや、早速中華そばを注文しました。




■中華そば(550円)




●スープ
牛ベースの醤油透明タイプ

●麺
細ちぢれ麺

●具材料
チャーシュー、山菜

●印象
運ばれたのは琥珀色したスープの中華そば。
ビジュアルは限りなくアッサリ系で麺は高山中華の特徴である細ちぢれタイプ

まずはスープをひと口。
いきなり見た目以上のコクとまろやかさに内心驚かされました。
間違いなくアッサリ系なんですが単純な味わいではなく深みを感じます。

このスープに絡むのが細ちぢれ麺。
かなり細いのですがコシがちゃんと残っており、スープとのマッチングは文句なし!
麺量も少な目で、和歌山中華を食べ慣れた私にはベストです。


トッピングのチャーシューも味付けはおとなしいですが旨味は十分でした♪(山菜は不要かな…苦笑)


店のおばさん曰わく、スープに牛テールを使ってるとのこと。

『あ~それであのコクか~』

と納得するも、地元ではこちらはコッテリスープ扱いにされるようです。





■卓上に置かれた酢



実は全く知らなかったのがこの『酢』の存在!
高山では中華そばに酢をかけて楽しむのがスタンダードらしいのです。

『半分を普通に食べて、残りに酢を好みで入れてみ~』

という教えにのっとって酢を入れてみると…
サッパリとしたクセのない酸味がアクセントとなり
全く別物の味わいになりました!

酢好きの私としてはクセになりそ~




■ほんまもんの五平餅を。


中華そばの後にオススメの五平餅をひとついただいた。
昔ながらの作りで中は柔らかく外はこんがり!
炙った表面には『えごま味噌』が塗られこれまたウマー!!o(^▽^)oでした。


いきなり最初から当たりのスタート!
幸先いいですな(笑)




※いきなりマイナーどころからのスタートかよ~(笑)
のツッコミはこちらのポチから!
↓↓↓
にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ(文字をクリック)

Tag:【岐阜県】 

高山で朝飯 ~宮川朝一~






高山の朝は朝市から始まる…


というわけでホテルの朝食をキャンセルして宮川の朝市へ足を運ぶ。
気温は10℃、肌寒い風が逆に心地よい。


早朝6時から始まってるが平日にもかかわらず多くの観光客、特に外国人で賑わってます。


朝市を眺めながら散策しているとコーヒーショップがあった。

通りにある手焼きせんべい(100円)とおわら玉天(100円)
それにえごま最中(100円)を買ってモーニングと洒落込もう。
残念ながらこの時間では中華そば無理…(苦笑)

しかしながら、高山らしい朝の風景を堪能できました!


※高山の中華そばはまだかーい!\(゜□゜)/
という苦情はとりあえずここをポチリとしてから。
帰ってからUPしますからそれまでお待ち下され…m(u_u)m
↓↓↓
http://gourmet.blogmura.com/ramen/ にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ

Tag:【岐阜県】 

井出商店姉妹店 たんぽぽラーメン  2008/8/27

念願の「たんぽぽラーメン」へ初訪問♪ 新宮~那智勝浦行脚編





■たんぽぽラーメン
@和歌山県東牟婁郡那智勝浦町朝日2-38
【営業時間】11:30~14:00、17:00~24:00
【定休日】月曜日
【電話】0735-52-5655
【駐車場】道向かいに2台アリ
<ラーメン>
●スープ
井出系豚骨しょうゆ
●麺
やや細ストレート麺
●具材
チャーシュー、蒲鉾
■アクセス
JR那智勝浦駅より徒歩5分。R42沿い新宮方向右側にあります。
国道沿いで交通量も多いので路上駐車は御法度!
専用駐車場が国道を隔てた店向かいにありますからそちらをご利用して下さい!




■看板には『井出商店』の姉妹店


こちらはずーっと昔からの宿題店。過去、何度となく前を通るも
何故かご縁がなかったんですよね…

暖簾はマグロの本場らしい柄があしらわれたもので、
看板がなければラーメン屋とはわかりません(笑)

ま、何はともあれこのたび晴れて初訪問の運びとなった事を素直に喜んでおきますか♪



■ラーメン(550円)




店内はあまり広くないですがカウンターとテーブル席がありまして
こちらは同じ井出系ということですが特有の獣臭はほどんどしません。
そして壁には数々のタレントさんが書いた色紙が貼られております。


メニューにはラーメンの文字…
個人的に井出商店の姉妹店と名乗るなら『中華そば』と書いてもらいたいですが
ま、それはそれで置いといてデフォのラーメンを注文します!


ビジュアルは井出とは若干違うイメージ…
スープも乳化はしているものの、豚骨がやや勝っているかの印象でした。
が、食べてみると醤油のコクも十分感じるもの。

ただ、奥の深さを感じるまでには至りませんでした。というのも
「クセが無さ過ぎるっていうか特徴がなく記憶に残りづらい印象なんですよね・・・
麺はアベレージ、茹で加減も和歌山風で柔らか目で風味もおとなしかったです。


とは言うものの完成度は高く、価格もそのまま♪美味しくいただきました!
色んな書き込みや口コミを見てると

「井出よりもこちらが好み♪」

というご意見も多く見受けられました。

紀南でも井出直系を味わえるお店ですから、近くに来たときには立ち寄らせてもらいます~o(^-^)o



※看板の文字、できれば和歌山ラーメンではなく『和歌山中華そば』がいいなぁ…
という思いに賛同いただけるならポチッとお願いします!m(u_u)m
↓↓↓
にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ(文字をクリック)



http://img.map.yahoo.co.jp/ymap/mk_map?lat=33.37.26.706&lon=135.56.32.329&width=300&height=300&sc=3&size=p∝=gourmet


住所: 和歌山県東牟婁郡那智勝浦町大字朝日2丁目38
最寄り駅: 紀伊勝浦

※2008年8月27日時点の情報です。

Tag:那智勝浦町 

謎の物体X・・・   2008/9/20

Is this a tya or nyou?



昨日、会社のトイレの扉を開けると目に飛び込んできた!!!



「ん??  なんかあんで・・・」










もっと、近づくと・・・



「んんん??  な、なんやこり・・・」














ペットの容器で、蓋には「ポカリスエット」のマークが入ってた。
大きさは普段あまり見慣れない120mlくらいの大きさのやつで
ラベルはすべて剥がされてるし・・・


普通なら「お茶」やけど
ペットの容量からするとかなり少量、しかもお茶にしてはあまりに少なすぎる・・・し



更に近づいてみた!









も、もしかしてに、尿???
(しかし健康診断の時期は完全に外れてるし・・・)




でも、オレには出来ない。
蓋を開けて確かめるなんてことは・・・ましてや



「その臭いを嗅いでみる事なんて・・・」(爆)







その容器を眺めながら色んな思いが交錯する中
とりあえず用を足し足早にその場を去ったが
席に戻った後もしばらくあの容器が頭から離れない・・・



(お茶にしてはあまりに少なすぎるが
尿にしてはあまりに多すぎる・・・う~む)



などとボーッと考えていると、









上司に怒られました・・・(泣)










※これって「お茶やろ!」という方は下のポチを!
 ちゃうわぃ、どこから見ても「尿やろ!!」という方も下のポチを!!!
『んなもん知るけ~~~』と思った方も下のポチを!!!
ただ、真相は闇の中です・・・よってみなさんのご意見をお待ちします(笑)
↓↓↓
にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ(文字をクリック)

Tag:【トピックス】 

中華そば 速水 2008/8/27

この匂いはまさに井出直系の証拠だ!!! 新宮~那智勝浦行脚編





中華そば速水(WEBに割引券がついてます)
@和歌山県新宮市緑ヶ丘1-10-47
【営業時間】11:30~14:00、17:30~23:30
【定休日】木曜日
【電話】0735-21-6007
【駐車場】ナシ

<中華そば>
●スープ
井出系豚骨しょうゆ
●麺
やや細ストレート麺
●具材
チャーシュー、メンマ、蒲鉾
■新宮で2軒目へ~♪
民福を後にし次に訪れたのがこちら『中華そば速水』 車で5分もかからない距離にありました。
数年前に一度訪れましたが非常に印象が良い記憶があり 今回、二度目の訪問とあいなりました。



■中華そば(600円)




店内に足を踏み入れると嗅ぎ慣れた獣臭がメチャメチャ漂っており
いやがうえにも豚骨醤油スープに期待が高まります。

早速、デフォの中華そばを注文!


香りの強いスープは予想通り。
色は若干薄いものの、程よく乳化し、コクもありまさしく井出系ですね~♪

やや細いストレート麺は茹で具合よし!!
スープとのマッチングもバランスがとれており安定感があります。

チャーシュー、メンマはアベレージで全体的にも美味しくいただけましたよ~o(^-^)o


■卓上には…


『中華そば秘伝のタレ』と書かれた元ダレが置かれてました!

個人的にはノーマルスープで充分でしたから使いませんが
好みで味わいを調整出来るのは嬉しいですね♪


11時30分に開店しましたがこちらのお店も『アッ!』と言うまに満席に…(*^_^*)


人気の高さが伺えますが、問題はこの獣臭。
匂いが気になる、あるいは苦手な方にとってはかなり厳しいかと思われます。


ただ、ここまでの井出系中華そばが味わえるのは
地元、新宮の方には心強い存在ですな~('-^*)/



※『新宮でも正統派井出系中華があるんや~♪』と思った方はこちらを押してみて下さい。

お店と同じ匂いがしま~す(ウソww)
↓↓↓
にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ(文字をクリック)







住所: 和歌山県新宮市緑ケ丘1丁目10-47
最寄り駅: 新宮


※2008年8月27日時点の情報です。

Tag:新宮市 

今日のうらしま 2008/9/18





■うらしま
@紀の川市花野
【営業時間】11:00~スープが切れるまで
【定休日】日曜日、祝日
【電話】0736-77-5473
【駐車場】アリ
<中華そば>
●スープ
豚骨醤油
●麺
やや細ストレート麺
●具材
チャーシュー、メンマ、ネギ


■今日のうらしま

入店が11時5分前、もろシャッターどす(笑) 

店の外には仕込み音とクーラー音が漏れており、れに促されるまま店内へと吸い込まれていきました…



■中華そば(500円)

今さら言うまでもありませんがホントいい香りが漂ってますな~(笑)

最近のラーメンは香りで勝負出来るモノが少なくなってきている事を実感します…


さて、この日の中華ですが
一番中華にもかかわらず濃厚さは十分で、麺にスープが絡みついてきます(・ω・)/


ただ、チャーシューは温かいものの脂身より赤身が多いバージョン。
できれば脂身の多いチャーシューがイイのですが欲深い希望ですな(笑)



ピンと張った麺をあっという間にすすり込み粉骨チェッ-ク!
ザラザラとした粉が張り付いた鉢底を見届けてお店を後にしました…



※『何だかんだ言ってもうらしまは旨いよな~:*:・( ̄∀ ̄)・:*:』
という方は清きひとポチ願います♪
↓↓↓
http://gourmet.blogmura.com/ramen/ にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ

Tag:紀の川市 

元車庫前 ○宮中華そば店  2008/8/20

野球と中華そばの組み合わせは最高やねぇ~ww


■元車庫前○宮中華そば
@和歌山県和歌山市毛見1130-3
【営業時間】11:00~15:00 17:00~24:00
(日曜日は11:00~24:00)
【定休日】月曜日(祝日は翌日)
【電話】073-445-4881
【駐車場】店裏にアリ
■紀三井寺球場にて
メジャーリーグが経営するbaseball academyと和歌山県高校選抜との試合があり紀三井寺球場へ!!試合が1時ということで腹ごしらえを。前回は中華そばセットをチョイスしたので今回は違うメニューにトライすることにします♪


■餃子



まずは生ビールに餃子で景気づけ(笑)
小ぶりの大きさだが手作り感があり、ニンニクとニラのバランスがとれた餡が旨いです♪

ひとつ欲を言うなら表面をもうちょいカリカリに焼いて欲しいかなぁ。
若干、焼き目が少なく感じました…



■チャンポン




●スープ
鶏ガラ+豚骨の醤油強めあん

●麺
普通ストレート麺

●具材
人参、白菜、玉ねぎ、もやし、木耳、メンマ、豚、さやえんどう

●個人的印象
麺を何にしようか?と悩んでたところへタイミングよくお隣さんが注文したのが『チャンポン』

横目で見ると、比較的浅い鉢からは溢れんばかりの野菜が…(´∀`)


(おっ、メッチャ旨そうやんけ~(^~^))


即決まりでした(笑)


スープは中華がベースになったトロみ餡。
しかしながら中華そば以上の醤油旨味を感じる味わいで、
明らかに中華そばとは一線を画した色合いとなってます。

具材料は野菜がふんだんに使われ、ボリュームもたっぷり♪
浅い鉢なので量は少なくかな~?と軽い気持ちでしたが、なんのなんの
麺が見えるまでしばらくかかりました(汗)

麺とスープ、それに野菜と三位一体となったバランスは一朝一夕で完成されたものではなく
(古くから人気のメニューやろなぁ…)
と思わせるには十分な完成度でした。


■中華そば



もちろん、中華そばも同時に食べたのですが、チャンポンのスープにパンチがあるので
より優しいスープの中華そばがどうしても貧弱に感じてしまうこともありました。


よって、こちらの中華そばを食べるのなら是非とも
単品(中華そばのみ)で食べることをオススメしますヽ(゜▽、゜)ノ



※『こちらのチャンポンはまだ食べたことないわしょ~』という方、
トライする前にこちらのポチをお忘れなく♪(笑)
↓↓↓
にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ(文字をクリック)



http://img.map.yahoo.co.jp/ymap/mk_map?lat=34.09.46.476&lon=135.11.25.411&width=300&height=300&sc=3&size=p∝=gourmet


住所: 和歌山県和歌山市毛見1130-3


※2008年8月20日時点の情報です。


※『ランキングに参加しております!』
皆様の応援が非常に励みとなります♬ ひとポチお願いします。 m(_ _)m
  ↓↓↓

食べ歩き ブログランキングへ

※『ランキングに参加しております!』
皆様の応援が励みとなります♬  もひとつポチを是非お願いします。m(_ _)m
 ↓↓↓
にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ

★ブログランキングに参加しております★
皆様からいただきますご声援、応援が大変励みになっております♪
今回もポチッとな」をありがとうございます!m(_ _)m

テーマ : ラーメン
ジャンル : グルメ

Tag:和歌山市 

こだわりのやぐらラーメン   2008/8/19

7段階もある麺固さのひとつを検証してみよう!


■こだわりのやぐらラーメン
@岩出市吉田309-4
【営業時間】11:00~24:00
【定休日】ナシ
【電話】0736-61-5755
【駐車場】専用あり
■やぐらナウ
入店は21:00過ぎ。わりと深夜遅くまで営業されてるので夜遅くに行く場合は重宝するお店です。前回の訪問では中華そばがいい具合に変化していたので間をあけずに訪問しました。店内は広く席数もあり、この日はファミリーが目立ちましたね。





■検証(麺茹で時間をかえてみる)




前回の訪問ではデフォ中華そばのあまりの変貌ぶりをレポートしたのは記憶に新しいところ。
加えてレポートでは茹で時間のチョイスが7段階もあることを紹介したのだが
その固さの加減が非常に気になっていたのも事実ww
よって今回はその麺茹で時間を極端に短くしたバージョンにトライしてみた!


さすがに『はりがね(茹で時間10秒)』は気が進まなかったので次に固い
『ばりかた(茹で時間30秒)』

をチョイス!!!


運ばれた中華そばを見る限り、何の変哲もありません。
いきなり麺に箸をのばしてみたのですが想像より全然固くなかったのが率直な印象でした。

ただ、固目なのは間違いないわけで、麺の味わいのみがストレートに伝わります(#^-^#)


バリバリの和歌山豚骨しょうゆスープなので個人的にはやはり

『普通の柔さがエエよなぁ…』

と思いました。


ちなみにこの日のスープも出来栄えがよく、気がつくと全汁しておりました(笑)

鉢底には骨粉がビッシリと張り付き、
全体のバランス&コンディションの良さを伺い知ることができました~o(^▽^)o



※「じゃ、次回は当然『はりがね』やろ?」って煽られると

「食ったろやないかー!」
とその誘いに簡単に乗ってしまう私に応援のポチをば(爆)
↓↓↓
にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ(文字をクリック)







住所: 和歌山県岩出市吉田309-4

※2008年8月19日時点の情報です。

Tag:岩出市 

応援クリックお願いします
↓↓↓:m(_ _)m
検索フォーム
プロフィール

とこわかはる

Author:とこわかはる
■「デッドで!」とは?
「レンゲを使わず丼鉢に直接口をつけて飲む」つまりダイレクトでスープを飲むということを表しております。よって「デッドで!」とは「鉢に口をつけて直接スープを飲んでみた!」という意味になります。
友人が最初に使い始めたのがきっかけで、この飲み方を広く普及すべく「デッド飲み推進会」に入会しまして、日夜活動に勤しんでおります。
会長によると語源はゴルフ用語由来なのだそうですが… 私はゴルフをしないのであまりよーわかりません(笑)

■私の肩書き
・デッド飲み推進会副会長
    兼 和歌山支部長
・情熱和歌山ラーメン部々長
・情熱大阪ラーメン部所属
入会(部)者を募集中です♪

■私のひととなり
ラヲタではありません。
単純に「中華そば」が好きなだけでございます(笑)​
私にとって「麺」とはオアシス。そんなオアシスを求めて和歌山を中心に近畿圏を放浪中♪そして智弁和歌山野球部のファンでもあります。
将来に不安を抱えているので第二の職を視野に入れてます。実は中華そば屋を経営するのではなく歌手デビューを狙ってます​(爆)

カレンダー
08 | 2008/09 | 10
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
地域別カテゴリ
料理別/シーン別カテゴリ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カウンター