居酒屋&中華そば 亜細亜(アジア)   2008/6/23


本格的タイ料理を堪能した後に中華そばを♪


■居酒屋&中華そば 亜細亜
@岩出市森103-1
【営業時間】17:00~翌3:30
【定休日】基本月曜日
【電話】不明
【駐車場】アリ
<中華そば>600円
●スープ
とんこつ+醤油
●麺
普通ストレート麺
●具材
チャーシュー、メンマ
■アクセス
旧の泉佐野岩出線沿い、まつりやラーメンの入った建物(森夢空間ビル)の道を隔てた向かい側奥のスナック街の入口にあります。(メチャややこしいやんww)




■タイ料理の居酒屋
こちらのお店は元来タイ人の奥さんが作るタイ料理メニューが売りなんですが、『中華そば』の赤提灯に誘われて初めて入店したのがかれこれ3年以上前…今回で3回目の訪問となりました! 







■中華そば(600円)
マスターの作る中華そばはいたってシンプルな豚骨醤油。マイルドなスープは胡椒が若干多めですがクセはなく和歌山アベレージの出来栄え。麺はチョッピリ個性的ですが問題ナシ。それより自家製の厚いチャーシューがかなりイイ感じに仕上がっており、中華そば専門店のそれと比べても全く遜色ありません。聞くと、他のラーメン屋で修行をされてそうですからこの中華そばの出来栄えには納得ですねo(^-^)o

■立地が立地なので…
この場所はメインロードから外れた場所にあるうえ、その道から更に私有地に入っていくため、
なかなかスンナリと入店出来ないのが難点か、と…(^-^汗)

かなり怪しげですが店内は笑いに溢れ、本場のタイ料理が楽しめます。
価格もリーズナブルなのでいちど訪れれば次回からクセになるのは間違いナシでしょう♪



※えっ、本場のタイ料理と中華そばの接点って…と思う方はとりあえずポチッとな~
↓↓↓
にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ(文字をクリック)

Tag:岩出市 

粉河祭【県指定無形民族文化財】  2008/7/26




紀州三大祭の粉河祭です!!!



宵祭 平成20年 7月26日(土)
本祭 平成20年 7月27日(日)


■しかも県指定無形民族文化財なんです・・・
紀州三大祭のひとつに数えられる粉河祭に足を運びました。

こちらは粉河寺鎮守「粉河産土神社」の祭礼で、
だんじりが粉河駅前~粉河寺大門橋までの「とんまか通り」を駆けめぐります。
今年は7台の「だんじり」が登場!!!
宵祭にはそれぞれの「だんじり」の提燈に火が灯り、きらびやかに施された装飾が花を添えますね♪ そしてその歴史ある勇壮な姿を見せてくれました。


ちなみに26日(土曜日)は宵祭りで、本日27日(日曜日)の本祭には大伴孔子古の子、
船主が奥州征伐に向かい賊徒を退治して凱旋した時の姿を伝えると言われる「渡御式」があり
馬に跨った武者姿の稚児や裃をつけた行列が粉河産土神社を出発し、とんまか通りをねり歩きます。


ビール片手に「そーりゃー、そーりゃー」のかけ声とともに巡行されるだんじりの迫力を感じます。
だんじりの横ではご年輩のおじいちゃんが軽快な祭囃子を奏でており
その鮮やかなバチさばきに見入ってしまいました・・・


今年も猛烈な暑さですが、やはり夏の祭は汗だくになりながら見るのが醍醐味か、と。(笑)
本日は本祭がありますので、お時間があればいちど足を運んでみてはいかがでしょうか♪



※紀州三大祭とな!!!(実は全く知らなかったんだよねぇ・・・)という方はコッソリポチっと(汗)
↓↓↓
にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ(文字をクリック)

Tag:紀の川市 

【家でラーメン】てんかけラーメン  2008/7/24




言わずと知れた「和歌山のソウルフード」を我が家で!!!


■てんかけラーメン
昨夜の夕食メニューがこり!

和歌山@玉林園の『てんかけラーメン』でした。
某店にて 275円購入したらしいが…

店を代えるともうちょい安く手に入れることが出来ると思うが、

まっエエか(笑)



■マイナーチェンジ?
写真をご覧いただくとわかりますが
プラ容器がやや平らになり、大きくなってました!
(中身は変わっておりませんww)



しかし毎度思うことですが、お店の味をそのままに家庭で再現できるパックっていうのは
値打ちがありますよね~♪


『今日の夕飯、何にしよ~??』

と、悩んだ時には
コレを作ればイイわけで(笑)



夕べは会社からダッシュで戻ったのが22:10頃…

テレビ和歌山の高校野球ハイライトを見るためでした!
昨日もしまったゲームで、『さすがは決勝戦やねぇ~』と唸るほど。
試合は終始智弁和歌山のペースでしたが日高中津も頑張ったよね。
甲子園でも和歌山代表として深紅の大優勝旗を久しぶりに持って帰ってきて欲しいものです!

ガンバレ~♪ 智弁和歌山!!!o(゜∇゜*o)(o*゜∇゜)o~♪



あ!
話がチョイとそれましたが今日は天かけラーメンのお話でした…


『今日もどこかで玉林園~♪ 今日もどこかで、玉林~園~♪♪』
(デビルマンのエンディングテーマの曲でww)





※我が家でもちょくちょく食べてまーす!という方はポチッ♪(b^-゜)
↓↓↓
http://gourmet.blogmura.com/ramen/ にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ

テーマ : +おうちでごはん+
ジャンル : グルメ

Tag:和歌山市 

死闘! 紀三井寺球場





予告通り、行ってきました紀三井寺球場!


昨日は準々決勝の二試合が行われました。


■第一試合
市立和歌山商 VS 日高中津市

●戦評
一回の攻防が試合を決める!
連続与四死球で浮き足立った市和商は自滅…

対する日高中津は18本のヒットを重ねて大勝しました。


■第二試合
智弁和歌山 VS 串本

●戦評
40年ぶりに準決勝に勝ち上がった串本の戦いに注目するも
初回から智弁の芝田を攻略し1点先制!

智弁も2回表に同点に追いつくがその後は串本・岡本君の丁寧なピッチに手こずり
6回表まで無得点が続く…

6回裏
串本に出合い頭のホームランを打たれ2-1と…
嫌ぁ~な空気が流れるも7回表にすぐさま智弁が反撃!

ランナーを2人置いてここまで無安打の4番坂口が起死回生の逆転3ランを
左中間の一番深いところへ持っていく!!


串本の健闘もここまで、
その後は自力に勝る智弁が3点を追加し、蓋を開ければ4試合連続の二桁安打!


よって、本日の決勝戦は
日高中津分校 VS 智弁和歌山

となりました!



しかし、紀三井寺は暑かったぁ…(|||_|||)
でも昨日は風があったので少しはマシでした♪


そして、今年から観客用にナイロン座布団がレンタルされるようになってました!

コンクリート剥き出しのスタンドはメッチャ熱いのでホント助かるサービスですね~o(^▽^)o



ハァ…
今日の試合も生で見たいなぁ…



※紀三井寺と言えば昼飯はやはり『○宮』やろー! と仰る方はポチッとな♪
↓↓↓
http://gourmet.blogmura.com/ramen/ にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ

Tag:和歌山市 

かわせ中華そば 田尻店  2008/6/20

かわせ田尻のスープについての考察


■ かわせ田尻店
@和歌山市田尻129-11
【営業時間】11:30~22:00
【定休日】水曜日
【電話】073-472-9620
【駐車場】向かいにアリ
<中華そば>
●スープ
かわせオリジナル
●麺
超極太アルデンテ
●具材
かわせオリジナル豚バラ



■スープ色が…
前回の訪問でかわせ天王より田尻のほうが基本スープがアッサリしている気がするという内容で書いたと思いますが、この日の中華そばは写真のスープ色を見てもわかるように明らかに醤油メインの味わいでした。







■中華そば(650円)
あくまで『ブレ』の範囲だと思いますが、かわせに通い始めてかなり経つ中で
これほど醤油の立ったスープは初めての経験かもです…

というのも、この日の中華そばはいつものコクが弱く、物足りなく感じたのが正直なところです。
あのアルデンテ太麺を受け止めるには今日のコンディションだとかなり厳しいです。


ちなみに化調さんの量は変わらなかったので、基本スープが問題だったのか!?( ̄□ ̄汗)!!



とは言うものの、こんな事はどのお店でも起こりうることなので次に期待しましょう(笑)


※ブレがあっても、かわせはかわせでええや~ん!!と思った方はポチっとな~♪
↓↓↓
にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ(文字をクリック)


※『ランキングに参加しております!』
皆様の応援が非常に励みとなります♬ ひとポチお願いします。 m(_ _)m
  ↓↓↓

食べ歩き ブログランキングへ

※『ランキングに参加しております!』
皆様の応援が励みとなります♬  もひとつポチを是非お願いします。m(_ _)m
 ↓↓↓
にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ

★ブログランキングに参加しております★
皆様からいただきますご声援、応援が大変励みになっております♪
今回もポチッとな」をありがとうございます!m(_ _)m

テーマ : ラーメン
ジャンル : グルメ

Tag:和歌山市 

やぐらラーメン 岩出店  2008/6/19

しばらく見ぬうちに旨くなりやがって・・・(笑)


■やぐらラーメン 岩出店
@岩出市吉田309-4
【営業時間】11:00~24:00
【定休日】ナシ
【電話】0736-61-5755
【駐車場】専用あり
<中華そば>550円
あぶりチャーシュー170円
●スープ
紀州岩清水を豚を使った濃厚豚骨醤油
●麺
やや細ストレート麺
●具材
紀州岩清水豚チャーシュー、丸濱の千代巻き
■アクセス
R24を西向に中黒の交差点を過ぎ中島交差点の南詰め。和歌山市内向きの左側にあります。やぐらラーメンと書かれた黄色看板が目印です!この日はお昼時に訪問しましたが席はほぼ満員状態!!! 大きな幹線道路沿いで駐車場もそこそこ広いです。






■様々なこだわり素材

熊野の天然水と紀州岩清水豚の豚骨を使ったスープに自家製岩清水豚チャーシュー、
また丸濱の千代巻きという材料をふんだをに使って出来た中華そば。

これらのウンチクがたっぷりと書かれたプライスカードはかなり読み応えアリ。

作り手のこだわりが

「これでもかよ~~~!」

という風に押し出されてます(笑)

実は和歌山に住みながら『紀州岩清水豚』という種類はこちらのお店で初めて知った次第であります。 でもよく見りゃ三重県産との表示でした…(-o-汗)









■茹で加減のバリエーション

別に茹で加減の希望を聞いてくれる表示がありましたが、
なんとその茹で加減が7段階表示となっております(驚)

麺の茹で時間を基本としたものですが30秒ピッチとなってました。
ちなみに「普通」を選択すると茹で時間は2分30秒で、これが6番目の固さ。
1~5までは固めの設定となっております。


興味深いのが「はりがね」(茹で時間30秒)

これはもう「生」としか言えない! おそらく口の中に刺さるか、と。(爆)

 勇気のある方は一度トライしてみてね~♪







■あぶりチャーシュー(170円)

様々なウンチクが並べられると(や、ヤッパこだわりチャーシューは食べんとアカンかっ!)っていうプレッシャーを感じ炙りチャーシューを別皿にてチョイスしときました。

炙った豚は適度な歯ごたえと旨味があります。
しかし、予想してた物より薄くスライスされてたのがチョッピリ残念…

ただ、このボリュームで170円だとコストパフォーマンスはありますね♪







■中華そば(550円)
実は過去3回訪れたことがありますが『中華そば』というメニューは初めてなんですね。以前は長浜ラーメンを彷彿とさせる白色っぽい豚骨スープだったのですが、運ばれた中華そばは完全な和歌山の豚骨醤油タイプのもの。 香りがイイスープはすぐにコラーゲン膜が張るコンディションでその完成度の高さに内心メッチャ驚かされました…(^_^汗) 最初のひとくちはそうでもなかったのですが、食べ進むにつれそのコクが口の中に広がってきます。具材はノーマルチャーシューですが、別注文した炙りチャーシューより数段出来栄えが良かったです(笑) 麺とスープのバランスも向上しており以前のラーメンに比べ全然違いました。o(^-^)o しばらくはこちらのお店に通いたくなるくらいの好印象ですね~♪






ちなみに和歌山市西ノ庄にも系列店がありますが
こちらは未訪問店であります。




※久しぶりに会った同級生、しばらく見ない間に
(メチャ綺麗になってるし…ヽ(゜▽、゜)ノ)
みたいな~(笑)

Tag:岩出市 

和歌山の中華そば 味  2008/6/18

ぶらくり丁界隈の衰退に涙しながらの中華そばは・・・


■和歌山の中華そば 味 
@和歌山市元寺町1丁目63
【営業時間】11:00~翌500まで
【定休日】無休
【電話】073-423-2646
【駐車場】なし
<中華そば>550円
●スープ
豚骨ベース+醤油
●麺
細麺ストレート
●具材
チャーシュー、ナルト、メンマ
■ぶらくり丁は見る影もなく…
しばらく訪れてないお店をターゲットにしていたところ、たまたま目に留まったのがこちら『味』 ホントこちらは久しぶり。

かれこれ4年以上訪れてないと思います。




■中華そば(550円)
入店は14:00前。店内にはおばさんが二人、共にお喋りをしながら中華そばをすすってます。 注文したのはデフォの中華そば。豚骨ベースのスープはやや白みがかったビジュアルで、醤油っていうか油風味がやや勝っている印象です。細いストレートの麺は加水率の低さが際立つ歯ごたえで、ごくごく普通の出来栄え。麺とスープのバランスは悪くないのですが特徴が無さすぎて記憶に残らないかも…(笑)  ただ、チャーシューは味わいも良く、完成度の高さが伺えますね!







■店内には
店内の壁には大昔の二丁目界隈の写真が貼り付けられ
いにしえの和歌山市内を懐かしむことができます。
さらに、モノクロの写真が雰囲気をアップさせてます!


立地はぶらくり丁の中間点という好条件! ただし、『20年以上前なら』という条件つき…(^_^汗)

訪れたこの日は土曜日なのに人影はまばら。ちょいとぶらくり丁を歩いてみましたが
店舗は軒並みシャッターが下ろされ、まさにゴーストタウン化状態…


私が子供の頃のぶらくり丁は人で人で歩けないくらい賑わってたのですが、
今はその面影は全くありません。

悲しい現実を目の当たりにし寂しさでいっぱいになってしまいました…(T_T)



※『昔の賑わいは凄かったよなぁ…』懐かしさと寂しさが同居するぶらくり丁にひとポチを~(ρ_-)o
↓↓↓
にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ(文字をクリック)

Tag:和歌山市 

新中島 まるやま中華そば  2008/6/17


醤油エッジ系を堪能するには「まるやま直系」で~♪


■新中島 まるやま
@和歌山市新中島610-6
【営業時間】11:00~24:00
【定休日】水曜日、第4火曜日(18:00より出前あり)
【電話】073-474-1568
【駐車場】3台
<中華そば>
●スープ
醤油メイン系まるやまバージョン
●麺
細麺ストレート
●具材
もも肉チャーシュー、メンマ、蒲鉾
■まるやま直系のお店
こちらも久々の訪問となりました。
醤油メインのまるやま直系のお店です。

入店は13:30過ぎでしたがお店はサラリーマンで賑わってます。






■中華そば(550円)
醤油のエッジが立ったスープは他のまるやまに比べやや黒さが濃いビジュアル。
しかし味わいは全然キツくなく、食べ始めてから段々旨味が染み渡って来る感じ!

豚骨とのバランスはすこぶる具合がイイですねん♪
細ストレート麺ですが柔らか過ぎずちゃんとそのスープを受け止めてくれる懐の深さを感じます。

チャーシューはもも肉系。脂身の少ないタイプですがしっかりとした味付けが施され、
醤油スープとの絶妙なマッチングが素晴らしいです!




■通しの営業時間ですが…
さて、中華そばを食べ終わる頃には私ひとりに、厨房内の店主さんに『まるやま系のお店は微妙に味わいが違いますよね~?』と聞いたところ、『基本はいっしょやけど作る人間が違うからなぁ(笑)』と笑ってました。いずれにせよ、和歌山中華そばで醤油エッジを楽しむならまるやま系は外せないなぁ…と改めて思います。あと、店内の営業時間の案内には『通し営業』と書かれてます。しかし、この日14:00以降に前を通ったら『準備中』の紙が貼られてましたので昼間は休んでるかもしれません。訪問される方はご注意下さいね!



http://img.map.yahoo.co.jp/ymap/mk_map?lat=34.12.43.362&lon=135.12.08.500&width=300&height=300&sc=3&size=p∝=gourmet


住所: 和歌山県和歌山市新中島610-6
最寄り駅: 神前(和歌山県)

※2008年7月16日時点の情報です。



※スープ色は黒いけどマイルドなんだなぁ~という方はひとポチ願います!o(^-^)o
↓↓↓
にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ(文字をクリック)


※『ランキングに参加しております!』
皆様の応援が非常に励みとなります♬ ひとポチお願いします。 m(_ _)m
  ↓↓↓

食べ歩き ブログランキングへ

★ブログランキングに参加しております
皆様からいただきますご声援、応援が大変励みになっております♪
今回もポチッとな」をありがとうございます!m(_ _)m

テーマ : ラーメン
ジャンル : グルメ

Tag:和歌山市 

【限定ラーメン】満福花子(マンプクハナコ) 2008/6/16



丸々一匹入った鮎が圧巻!!!


■満福花子
@大阪市東住吉区杭全6-5-1
【営業時間】11:30~14:00、18:00~翌2:00
(日曜日、祝日は~翌1:00)
【定休日】水曜日
【電話】06-6713-7751
【駐車場】ナシ
■アクセス(地図はこちら) JR大和路線東部市場前駅から徒歩4分。R25の大阪市内向き左側杭全交差点のすぐ近く、支那そばと書かれた赤い暖簾が目印です!前回訪れた時のつけ麺の出来栄えがよかったのでこの日は塩つけ麺を食べるつもりで入店した。ですが、目の前に限定メニューの案内がぶら下がってました… 
大将の気合いの入ったオススメもありこれをいただく事にしました。




■6月の限定(10食) 鮎の塩そば 900円
●スープ
鶏骨スープ+鮎の出汁
●麺
普通ちぢれ22番たまご麺
●具材
焼き鮎、メンマ、ネギ、ナルト
●印象
鮎が丸ごと入っておりかなりダイナミックなビジュアル。どないして鮎を食べようかと考えていると、サッとその鮎を取り分けるための小皿が前に出されました♪ スープは鶏骨をベースにした塩なんですが思いのほかしっかりとした味わいなんですよね~(^-^汗)  そのため私にとって鮎のダシが微妙で、『おっ!鮎のダシが利いてるねぇ~♪』という風にいかなかったのが残念でした… 麺は程よく茹であげられたうえ、塩スープと上手く絡んでなかなかの存在感を見せておりました。

大将曰わく

「1000円にすると食べてもらえないかもしれない」

という事で900円に設定しているそうです。


こちらの大将はなかなか研究熱心で好奇心旺盛なので
また新たなる限定メニューを提供してくれることでしょうo(^▽^)o



『満福』を『満腹』って変換しちゃうよなぁ~という方はポチッとな!
↓↓↓
にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ(文字をクリック)

Tag:東住吉区 

自己流ラーメン 綿麺(わためん)  2008/6/14



限定20食となったつけ麺を久しぶりにいただく♪


■自己流ラーメン綿麺(わためん)
@松原市松ヶ丘3-6-15
【営業時間】11:30~14:00、18:00~22:30
【定休日】月曜日
【電話】072-331-1777
【駐車場】2台
<つけ麺2玉>
●スープ
豚骨濃厚
●麺
全粒粉平打ち麺
●具材
ブロックチャーシュー、スライスチャーシュー、白ネギ、煮玉子、かいわれ
■限定20食
最近テレビや雑誌で紹介されお客さんが増えているそうですね~  そのため昼夜各20食限定のつけ麺がすぐ売り切れになるという情報をキャッチしておりました。この日は久しぶりに訪問でしかも「昼麺(笑)」 取引先さん3名を昼営業中にご案内~♪ 心配されたつけ麺も売り切れることなくいただきました。


■つけ麺
特徴はなんと言っても全粒粉の平打ち麺でしょう。滑らかな舌触りで茶色がかった色の麺からはなんとも言えないイイ香りが漂っております! まずは麺だけでいただきまして次につけ汁です。濃厚な豚骨スープに白ネギとかいわれを入れることでその香りが引き立ちます。コッテリ汁がバランス良く平打ちちぢれ麺に絡み、見事なハーモニーを奏でます♪ 個人的に好きなのが2種類のチャーシューを楽しめる点! とろけるチャーシューとタタキ風のスライスチャーシューは『ひとしなで2度美味しい』グリコ戦法にいつもやられちゃいます(笑)


この日はつけ麺を堪能しましたが、
実はこちらの塩(年に1回あるかないかの限定メニュー)がめっちゃ旨い!


『早くレギュラーに昇格しないかなぁ~』


首を長~~くして待っておりま~すヽ(゜▽、゜)ノ



※二人三脚で頑張る綿麺夫妻にエールのポチを♪
↓↓↓
にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ(文字をクリック)


※『ランキングに参加しております!』
皆様の応援が非常に励みとなります♬ ひとポチお願いします。 m(_ _)m
  ↓↓↓

食べ歩き ブログランキングへ

★ブログランキングに参加しております★
皆様からいただきますご声援、応援が大変励みになっております♪
今回もポチッとな」をありがとうございます!m(_ _)m

テーマ : ラーメン
ジャンル : グルメ

Tag:松原市 

中華そば 花京(ハナキョウ) 2008/6/13



花紀京とは全く関係ありません・・・(笑)


■中華そば 花京(はなきょう)
@大阪市都島区東野田町3-10-4
【営業時間】11:30~翌1:00
【定休日】日曜日
【電話】06-6353-6620
【駐車場】ナシ
<つけ麺(大盛)1,5玉270g>800円
●つけ汁
豚骨ベースの甘系
●麺
やや太黄色ちぢれ麺
●具材
チャーシュー、煮玉子、、メンマ
■アクセス
JR環状線京橋駅を下車し、そのまま左手へ真っ直ぐ進んだ商店街の中ほどにあります。屋台風のカウンターのみのお店になります。
(中華そば花京の場所はこちらをクリック)




■京橋は~♪ええとこだっせ~♪
『花~京~がおまっせ~(笑)』というわけで久しぶりに京橋へまいりましたo(^-^)o 中1年以上あいての訪問ですが、京橋に来ると間違いなく100%訪問するのがこちらの「花京」去年まではちょくちょく訪問していたんですが今年に入ってお初。
京橋の駅からお店に到着する間、必ず口ずさんでしまう「グランシャトーのCMソング」
相変わらず猥雑な雰囲気が漂う京橋ですがそこがまたええとこだっせ~~~(爆)







■つけ麺(大盛1,5玉)270g 800円
前々から『つけ麺がある!』という情報をキャッチしておりましたが全然訪問出来ずヤキモキしておりました…(*^ー^) 席に着くやいなや『つけ麺』を注文します。『チャーシューはつけスープの中にあります!』との案内と共に出されたスープを見た瞬間思ったのが、(器ちっちぇーー!(((゜д゜汗)))) という事。 麺のボリュームと比較するとあまりに小さい… かなり不安のスタートとなりました。てんこ盛りにされた麺はかなりちぢれたやや太麺。麺自体の風味はいたって普通なんですが、その長さがこれまた珍しくかなり短いんです。
『なんでこんなに短いねん…』
意図的に短くしてるようですがその真意を量りかねておりました。
が、食べ始めてその意味がわかりました!

先に述べた小ぶりの器にその短い麺が不思議とマッチするんです。
とにかく食べやすいのが印象的ですね~♪

気になる味わいですが、豚骨メインに背脂が加わった濃厚風味で甘味を強く感じます。
柔らかいチャーシューも相性がよくシッカリとした味付けが旨いですな!(笑)

ひとつ苦言を呈するなら麺にトッピングされてる『海苔』の存在とあまりに多すぎるメンマの量…
(なんとかしてください(^_^汗))


この日は仕事で赤白とりまとめワイン約50本を試飲させられた後だったので
かなりへべれけになってたかと思います。
それでも足を運ばせるここ花京は魅力いっぱいのお店だと言うことが言えるでしょう~ヽ(゜▽、゜)ノ



花紀京とよく間違えるねーん!っていう方は岡八郎になったつもりでポチッと(爆)
↓↓↓
にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ(文字をクリック)

Tag:都島区 

中華そば 保井 2008.7月

■中華そば保井
@和歌山市六十谷148-3
【営業時間】19:00~22:00
【定休日】日曜日、祝日
【電話】不明
【駐車場】店横に辛うじて1台
img_1819597_43454340_0.jpeg

<中華そば>500円
●スープ
豚骨+しょうゆダレ
●麺
細ストレート麺
●具材
チャーシュー、メンマ、モヤシ、千代巻き
■アクセス
六十谷橋を渡り、堤防へ進む信号をスルーし
次の信号(セブンイレブン角)を右折するとスグ右側に見えます。
○高六十谷前の道を東に進み、交差点を越えてスグの右側と言った方が
わかりやすいかな? ww


■『1日限定10食』幻中華そば
って言えばちょいと大げさか?(笑)
img_1819597_43454340_1.jpeg
ひっそりと佇むこちらのお店を訪れたのは今回で3回目。
個人的には非常にハードルの高い位置付けのお店なんですね。
というのも営業時間が19:00~22:00(3時間)と非常に短い。
会社帰りに立ち寄るには厳しく、休みに立ち寄るには
開店が19:00という微妙な時間帯のうえ、
過去には19:05に入店しながら品切れという
憂き目に遭遇した経験があるからなんです…(苦笑)

その時思わずおばちゃんに尋ねた(怒り口調で)のが

『開店5分で品切れってなんでなん??? いったい何杯作れるの?』

という質問だった。

おばちゃん曰わく

『すまんなぁ兄ちゃん、10杯くらいやなぁ…』

という返答。

その時から私の中で
『保井は1日限定10杯のみ』
という決まりが出来たのでした(笑)

この日はたまたま近くに所用があり、
ドンピシャのタイミングで19:10分頃入店♪
和歌山では珍しい緑色の暖簾の掛かったにをくぐると
そこには保井ワールドが広がりますo(^-^)o


■中華そば(500円)
img_1819597_43454340_3.jpeg

店内はカウンターのみ。
カウンターにはテレビとビデオが設置されてますが
『お客さんに見てもらうために』というものではなく、
あくまでおばちゃん自身の見やすさが優先された
ポジショニングというところが心憎いです!(爆)

店内メニューには『中華そば(500円)』
『お酒はありません』の2種類のみ!
限りなくシンプルかつ簡素な営業形態で、
何の迷いも、ためらいも、媚びもありません~♪

とは言うものの一応、
『中華そばひとつ~』と声を大にして発声しときます。

唯一のメニューである『中華そば』は見た目にもスグわかる
コラーゲン膜のボリュームが持ち味!
コッテリ系ではありませんが、適度な脂分があるため
冷めにくいという特典にも思わずニンマリしてしまいます。
醤油メインのスープはややとろみがかったタイプで
イイ香りが立ちこめ否応なしに食欲がそそられます。
やや塩分を強く感じますが程よいバランスでコクも十分です!


img_1819597_43454340_2.jpeg

麺は細いながらもシャキッとしており、
具合よくスープに絡みつきます。
思わず『旨ぁ~♪』と呟いてしまいましたね~ 

メンマは若干甘目ですが問題ナシ。
モヤシは微量のため、これまた気になる程ではありませんでした。

特筆すべきはチャーシュー!
手作り感が溢れ、程よい厚さと大きさに加え、
5枚入りというそのボリュームに満足させられました!o(^▽^)o


カウンター内で中華そばを作り上げた後、
定位置に腰をかけテレビを見ているおばちゃんと
食べながら世間話に花を咲かせました(笑)

話をしながら感じたのがおばちゃんのスゴさ!

中華そば屋を『趣味』と言い切り、
そのこだわりのない自然体の姿に感銘を受けました。
中華そばの味わいについても
『その日によって全然違うもんになるし~』と言い切り、
営業についても

『一応、日、祝休みやけど都合でちょいちょい休むで~』と(笑) 

作る杯数について再度聞くも

『ほとんど売れへんで~、せいぜい1日3杯くらいや~♪』

と屈託のナイ笑顔で言い放ちます!
和歌山の中華そば屋の中でも異彩を放つ『保井』ですが、
私が一目置く存在のお店であるのは間違いありません。


できればもっともっと通いたいのですがね…

※『ランキングに参加しております!』
皆様の応援が非常に励みとなります♬ ひとポチお願いします。 m(_ _)m
  ↓↓↓

食べ歩き ブログランキングへ


※『ランキングに参加しております!』
皆様の応援が励みとなります♬  もひとつポチを是非お願いします。m(_ _)m
 ↓↓↓
にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ

テーマ : ラーメン
ジャンル : グルメ

Tag:【名残惜しい名店】 

応援クリックお願いします
↓↓↓:m(_ _)m
検索フォーム
プロフィール

とこわかはる

Author:とこわかはる
■「デッドで!」とは?
「レンゲを使わず丼鉢に直接口をつけて飲む」つまりダイレクトでスープを飲むということを表しております。よって「デッドで!」とは「鉢に口をつけて直接スープを飲んでみた!」という意味になります。
友人が最初に使い始めたのがきっかけで、この飲み方を広く普及すべく「デッド飲み推進会」に入会しまして、日夜活動に勤しんでおります。
会長によると語源はゴルフ用語由来なのだそうですが… 私はゴルフをしないのであまりよーわかりません(笑)

■私の肩書き
・デッド飲み推進会副会長
    兼 和歌山支部長
・情熱和歌山ラーメン部々長
・情熱大阪ラーメン部所属
入会(部)者を募集中です♪

■私のひととなり
ラヲタではありません。
単純に「中華そば」が好きなだけでございます(笑)​
私にとって「麺」とはオアシス。そんなオアシスを求めて和歌山を中心に近畿圏を放浪中♪そして智弁和歌山野球部のファンでもあります。
将来に不安を抱えているので第二の職を視野に入れてます。実は中華そば屋を経営するのではなく歌手デビューを狙ってます​(爆)

カレンダー
06 | 2008/07 | 08
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
地域別カテゴリ
料理別/シーン別カテゴリ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カウンター