純生 サッポロ   2008/5/23

もうかれこれ20年来のおつきあいをしております


■純生 サッポロ
@和歌山市畑屋敷端ノ丁36
【営業時間】
11:00~14:00
18:00~翌3:00
(金・土は翌4時まで)
【定休日】日曜日
【電話】073-433-2820
【駐車場】ナシ
<塩ラーメン>
●スープ
色々粉を調合した白色タイプの塩
●麺
やや太ややちぢれ麺
●具材
太モヤシ、キャベツ、人参、チャーシュー、ワカメ
■アクセス
中之島ロータリーからアロチ方面に進み南詰め門にあるお店。
黄色地に真っ黒な文字で書かれた『サッポロ』の文字がひときわ目を引きます。

和歌山では珍しく北海道は『サッポロ』を全面に押し出し、メニューも味噌を先頭にしています。
店内にはアイヌ語の説明をはじめ、味噌、塩、醤油のスープを解説した板が貼られてます。







■だが味噌ではなくまたもや塩を…
前回訪問時の塩を食べた印象でバランスがイマイチだと感じたので
この日はリベンジ『塩』をチョイスしました(笑)
厨房での調理シーンを見ていたんですが、元ダレを使わず
何やら色んな粉末調味料や液体調味料を合わせながら、そこへスープを注いでおります。
野菜は別鍋でサッと火を通し、素早くトッピングされました。


■塩ラーメン
さて出来上がった塩ラーメンですが白色タイプのスープにニンニクオイルが入ったもの。
前回と違いサッパリタイプに仕上がってます。

『塩~~~!!!』

という印象は薄いですがまとまった味わい。やや太ちぢれ麺が程よく絡みます。
自家製チャーシューはしっかりとした味付けでサッパリスープとのコントラストが顕著にでています。

具材のもやしは和歌山でも少ない極太タイプ。
基本的にはモヤシ、ワカメのトッピングはあまり好みませんがこちらのそれは許容範囲。
ただ欲を言うならサッと炒めただけのモヤシを
『もうちょいと火を通してもらいたいなぁ…』
というのが正直なところですかね(笑)

ふと前を見ると餃子のタレ用に置かれたお酢の容器が!
試しにそれを入れてみると、あ~ら不思議、思いのほかサッパリ感が増し
なかなか具合よくなりました♪(^O^)


■はじめて訪れたのはかれこれ20数年前

外の看板には「純生」と書かれてます!なんか昔のビールコピーみたいですが、
何が『純生』なのかよくわかりません(笑)

今から20年ほど前の若かりし頃、畑屋敷のバーでバイトしてたのですが
仕事がはけた夜中にしょっちゅう利用させていただいてました。
その頃から全然変わらないスタイルで営業されてます。

ここへ来ると飲み屋のお姉ちゃんと夜な夜な遊んでた思い出が蘇ってきます…((爆))


でも実はここサッポロ、ラーメンのみならず、色んなアイテムが揃ってます

が!!!

ラーメン以上に

『焼きそば』

がメッチャ旨かったりするんですよ。
昔はここの焼きそばにはまった経験がありますが
今もあの味わいは健在なのかなぁ:*:・( ̄∀ ̄)・:*:

今度は焼きめし&焼きそばで決まりやね~♪





※店入口横の月の輪熊がカワイイ~♪という方は賛同のポチをば!WW
↓↓↓
にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ(文字をクリック)


※『ランキングに参加しております!』
皆様の応援が非常に励みとなります♬ ひとポチお願いします。 m(_ _)m
  ↓↓↓

食べ歩き ブログランキングへ

※『ランキングに参加しております!』
皆様の応援が励みとなります♬  もひとつポチを是非お願いします。m(_ _)m
 ↓↓↓
にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ

★ブログランキングに参加しております★
皆様からいただきますご声援、応援が大変励みになっております♪
今回もポチッとな」をありがとうございます!m(_ _)m

テーマ : ラーメン
ジャンル : グルメ

Tag:和歌山市 

冷麺 炭火焼肉 ことぶき屋   2008/6/27







こりゃまた旨い焼き肉屋にて

■ことぶき屋
@東大阪市岸田堂西2-5-10
【営業時間】
11:30~14:00、17:00~22:00
【定休日】水曜日
【電話】06-6720-0086
【駐車場】アリ
■アクセス
地下鉄千日前北巽駅下車、勝山通りを東へ進むこと徒歩5分道沿いにあるのが
こちらの「ことぶき屋」です。


■線レベルMAXの肉質を!
こちらは半年に一回、必ず会合で利用するお店。
店舗は炭火テーブル(1F)ガス座敷(2F)で構成されており、
家族連れをはじめ大小宴会を開けるお店としていつも繁盛しております。
店主さん自身が肉にこだわりを持たれているのでいつも新鮮で旨いお肉を提供されております♪

この日もおまかせコースの展開ですが、とにかく「並」でも十分な肉質が味わえる良心的なお店。「並」でも霜が降っておりますが
それ以上になると赤身より霜の方が多くなるのがスゴいです(笑)

この日は本来の形(骨に巻いている肉をカットしていただく)のカルビをはじめ
ハラミ、ロース、バラをいただきました。なかでも特筆すべき種類は「上ミノ」
は本当に柔らかく子供でも苦にすることなく食べれますねん~(^_^)v
(※光の加減でカルビがちょっと色悪く写ってしまいました・・・汗)


最後は自家製の韓国冷麺とビビンバで〆
冷麺は注文してから作り出すので時間がちょいとかかりますが、待つ価値は十分あるかと思います。


いつ来ても満足させてくれるオススメ焼肉店さんですよ♪







住所: 大阪府東大阪市岸田堂西2丁目5-10
最寄り駅: 北巽

※2008年6月28日時点の情報です。


※自家製手打ち冷麺が是非とも食べたい!!! という方はポチっとな♪
↓↓↓
http://gourmet.blogmura.com/ramen/ にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ


※『食べ歩きランキングに参加しております!』
皆様の応援が非常に励みとなります♬ ひとポチお願いします。 m(_ _)m
  ↓↓↓

食べ歩き ブログランキングへ

※『ラーメン ランキングに参加しております!』
皆様の応援が励みとなります♬  もひとつポチを是非お願いします。m(_ _)m
 ↓↓↓
にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ

★ブログランキングに参加しております★
皆様からいただきますご声援、応援が大変励みになっております♪
今回もポチッとな」をありがとうございます!m(_ _)m

Tag:東大阪市 

中華そば 極み(キワミ) 2008/5/22

和歌山では珍しい炙りチャーシューが載るお店


■中華そば 極み(きわみ)
【営業時間】
11:00~14:00、18:00~翌3:00
(祝日は18:00~翌1:00)
【定休日】日曜日
【電話】073-471-9559
【駐車場】テナント駐車場アリ
<中華そば>
●スープ
豚骨しょうゆ
●麺
普通ストレート麺
●具材
炙りチャーシュー、メンマ

■アクセス
JR和歌山駅東口より徒歩5分、パルポート太田の裏筋、テナントの一角にお店はあります。
車で行くなら太田交差点を北へ、一つ目の信号を東へすぐの所です。




■酔っ払ってたので…
この日は泥酔とまではいかないのですがちょっと酔っぱらっての訪問。
というのも結構強く雨が降ってたのにもかかわらず
傘もささずに徒歩にて強行突破…
家に帰るまでビショビショに濡れた自分に気づかなかったほどですから(-o-汗) 
写真で見ても路面がメッチャ濡れてるしーーー!!!





■印象・・・
この日は約1年ぶりで2回目の訪問となりました!
デフォの中華そばをはじめ塩ラーメンに辛ラーメンなどがラインナップされております。
店内、厨房ともに広くゆったりしております。
チョイスしたのは中華そば。
初めて来た時の印象が割と良かったので期待してたのですが…







■中華そば(600円)
豚骨しょうゆとは言うものの、スープはかなりオイリー気味。
豚骨のコクが不十分なうえ塩分を強く感じてしまったので
だんだん食べるのがしんどくなってきちゃいました(汗)

麺の状態、味わい、茹で加減等は悪くないものの
スープの存在が勝っているためバランスが悪くなってました。

和歌山では珍しい炙られたチャーシューは問題なかったのに
結果的には後口も含め最初の印象が覆ることはありませんでした…



実はこの時、ベロベロに酔っぱらっての訪問でしたので
味わいに関する印象はその影響が十分考えられますねん。


次回はコンディションを整えて再訪問し、きちっとしたレポをするようにしますわ・・・(T_T)



※どしゃ降りの中を歩いて行くほどベロベロやったんかい!!! というツッコミポチはこちら(苦笑)
↓↓↓
にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ(文字をクリック)


※『食べ歩きランキングに参加しております!』
皆様の応援が非常に励みとなります♬ ひとポチお願いします。 m(_ _)m
  ↓↓↓

食べ歩き ブログランキングへ

※『ラーメン ランキングに参加しております!』
皆様の応援が励みとなります♬  もひとつポチを是非お願いします。m(_ _)m
 ↓↓↓
にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ

★ブログランキングに参加しております★
皆様からいただきますご声援、応援が大変励みになっております♪
今回もポチッとな」をありがとうございます!m(_ _)m

Tag:【閉店されたお店】 

ピーチ姫からの便り 2008/6/26




■新物です!
毎年恒例となった知り合いからのいただきものです♪

甘酸っぱい香りを部屋いっぱいに漂わせる今年の桃ちゃんであります!


早速、ムキムキしていただきますが、しばらく放置してたので
色がソッコー変わってしまいました…(^_^;)


しかし、お味は最高~~♪♪
糖度が高く、甘~い果汁を滴らせながら丸々ひとつを食べてしまいました(*^-^)b


ちなみに我が家では『桃ちゃん』は買うものではなく頂くものという認識…

ま、田舎の特権ですな(笑)


今年の出来栄えは良さそうですo(^▽^)o


※アップで撮ったら『おしりやん!(笑)』と思った方はひとポチをば~♪
 ↓ ↓ ↓
http://gourmet.blogmura.com/ramen/ にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ

Tag:【トピックス】 

かわせ 天王 2008/5/22




■かわせ 天王
@和歌山市中ノ島525
【営業時間】
17:00~23:59(OS23:00)
予約がなければ
22:00で終了の場合アリ
【定休日】木曜日(日曜日は営業します)
【電話】073-433-9215
【駐車場】ナシ
<中華そば>
●スープ
かわせオリジナル

●麺
極太かわせオリジナル

●具材
かわせオリジナル豚バラ

■特製中華そばW(特ダブ)850円
入店は21:30頃、『おにいさん、ひとり?オケッ!一回待ってよ~』
この日の接客のセリフだ。

カウンターには若者が5名。先に注文していたので5人前が出来上がるのを待つことに。

大将の若者達に対する注文は、

『何玉いる?』だ!

そしていつもの如く無造作にその極太麺がバサッと鍋に入れられる。出来上がってところで…

『これWやけどアバウトな~』

と大将の一言!(ダブルより多いという意味です)


隣で見ていた私は内心(\(゜□゜)/アバウトかよー!)とツッコんでました(笑) 


さて、中華そばですが…
麺が柔らかいワケではなく、スープも薄いワケではなく、いつもの通りでございました((笑))



■いろ色々変更してます!
4月25日から各50円の値上げをはじめ
営業時間や定休日などが変更が書かれた案内が壁に貼られてます。

・OSは23:00で終了が23:59
・予約がなければ22:00で終了する場合アリ

コレってメッチャ意味不明ですやん…(((゜д゜;)))


連絡ナシで行くなら22時までに入店しないとアカンという事でしょ???

ようするに『気分次第!』というワケですね(爆)


※我が道をばく進してるよな~(笑)という方はひとポチをば!
↓↓↓
http://gourmet.blogmura.com/ramen/ にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ

Tag:和歌山市 

○寅(まるとら)  2008/5/21

六甲おろしを歌いながら中華を食べよう!!!(^^)/


■○寅(まるとら)
@和歌山市北中島1-1-24
【営業時間】17:00~翌1:00
【定休日】日曜日
【電話】073-432-8338
【駐車場】ナシ
<中華そば>
●スープ
透明系鶏ガラベース醤油エッジ系
●麺
細ストレート麺
●具材
チャーシュー、メンマ

■アクセス
JRきのくに線宮前駅より徒歩3分。
高架下を西に真っ直ぐ進みヤマザキデイリーストアの前にあります。駐車場がないからといってヤマザキデイリーストアの駐車場には留めないようにして下さいね。
怒られますよ(笑)




■もしかして名前の由来?
店内に入ると驚くのが壁に貼られたカレンダーや写真の数々。それらはすべて阪神に関するものばかり!店主さんはかなりの虎キチか、と。
阪神一色になった壁を見ながら『ファンが高じて店名を寅にしたんかなぁ~♪』と思いを馳せるも確認はしておりません! が、その店の雰囲気を見る限りそれは間違いのないことですわな(爆)和歌山中華にかかせないおでん君もしっかりとラインナップされており、仕事帰りに一杯やりながらナイターを見るサラリーマンさんの姿もみられました。
しかも試合は終盤に入り藤川が登板すると、厨房中の奥さんは「もう勝ったな・・・」的なしてやったりな表情に(^_^)v




■醤油のエッジが立つとはまさにこの事
いつもの中華そば(550円)を注文!
基本的には中華そばのみですが他にチャーシュー麺とキムチラーメンがあります。運ばれたこちらの中華そばは鶏ガラメインの醤油ですがそのスープが秀逸。透明系ですが深みある醤油色で香りが素晴らしくイイんですね~♪
加えて醤油のコクが十分に味わえるうえバランスが抜群なんです!濃いめに感じる方もいると思われますが全然大丈夫!飲み干せますからww ただしメッチャ熱々なのでやけどには注意して下さい!!!
そのスープに絡むのが細ストレート麺。醤油色に染まるくらいに馴染んでおり、茹で具合もベスト!細めながらも麺の芯がキッチリと残ってます。チャーシューは脂の少ないもも肉バージョン。
醤油エッジ系のスープには脂が少ない肉の方が絶対に合いますね。






■試合も佳境に入り・・・(笑)
阪神vsオリックス交流戦の最終回でした!奥さんは中華そばを出した後はテレビに釘付けです。

結果は阪神の逆転逃げ切りで、奥さんもご満悦♪
六甲おろしが流れる中で阪神談義に花を咲かせつつ、ついでに値上げについて聞いたところ…

『常連さんが多いんで上げたなかったけどよ~』

とポツリ。その表情からは苦渋の選択だったことが伺えました。


ところで、ここの中華そばは私個人的に好きなお店なんですが、
今までは車でしか行ったことがなかったんですよね。
しかし、この日初めてJR宮前駅を利用したのですが想像以上に駅から近いことがわかりましたo(^▽^)o


これがいちばんの収穫です。
(今更ですがww)


http://img.map.yahoo.co.jp/ymap/mk_map?lat=34.12.38.386&lon=135.11.23.394&width=300&height=300&sc=3&size=p∝=gourmet


住所: 和歌山県和歌山市北中島1丁目1-24
最寄り駅: JRきのくに線 宮前駅

※2008年6月25日時点の情報です。


※阪神ファンはもちろん、他のファンもみーんな揃ってポチッとな(σ・∀・)σ
↓↓↓
にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ(文字をクリック)

※『ランキングに参加しております!』
皆様の応援が非常に励みとなります♬ ひとポチお願いします。 m(_ _)m
  ↓↓↓

食べ歩き ブログランキングへ

※『ランキングに参加しております!』
皆様の応援が励みとなります♬  もひとつポチを是非お願いします。m(_ _)m
 ↓↓↓
にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ

★ブログランキングに参加しております★
皆様からいただきますご声援、応援が大変励みになっております♪
今回もポチッとな」をありがとうございます!m(_ _)m

テーマ : ラーメン
ジャンル : グルメ

Tag:和歌山市 

山為食堂  2008/5/15

取引先様とプチ中華そばツアーへ♪ その2


■山為食堂
@和歌山市福町12
【営業時間】11:00~17:00
【定休日】日曜日、祝日
【電話】073-422-9113
【駐車場】店前2台、向い3台
<中華そば>
●スープ
濃厚豚骨醤油
●麺
太ストレート麺
●具材
トロトロチャーシュー、蒲鉾、千代巻
■2軒目にご案内
○高六十谷を後に訪れたのがこちら山為食堂!
取引先さんのリクエストが『和歌山を代表するお店』だったのでご案内しました。到着は14:00、待ち人はひとりのみだったのですぐに奥席に陣取ることが出来ました♪



■中華そば(800円)
○高とは全く違うビジュアルに皆驚きながらも箸をとります。さてこの日のスープですが、内心不安のあった温度も十分熱く、コクもシッカリと感じますo(^-^)o
茹で加減はいつもより若干柔らかいのですが客人には頃合のようでした(笑)
事前にアナウンスしていたのがトロトロチャーシュー。というのも、チャーシューは好みが分かれるところ…固めのモモ肉系がスキな人には山為のチャーシューは量、質共に厳しいからです。実は3人を案内したのですが、この内2人はアンチトロトロ派だったのですね!
案の定、支持をいただいたのはひとりだけでした…(^^汗)






■賞賛される和歌山中華
ただ、全体的な出来映えに対する反応はすこぶる良好で

『また食べたくなる味やんか~♪』と皆さん満足げ。

私個人としてもこの日のバランスには太鼓判を押しました。

いつもの骨粉チェックも問題な~しo(^▽^)o


さて、強制的に2軒をはしごした訳ですが、本来ならここから本格的にエンジンがかかるところ!

しかーし!!!

お相手様方は敢えなくギブアップ・・・・


これにてプチツアーはお開きとなりました。

個人的には不完全燃焼状態です(爆)



※おひおひ・・・ ホンマに「プチ」やんけ・・・ という方はひとポチお願いします! m(_ _)m
 ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ(文字をクリック)

テーマ : ラーメン
ジャンル : グルメ

Tag:和歌山市 

○高 六十谷店 2008/5/15

取引先様とプチ中華そばツアーへ♪


■○高 六十谷店
@和歌山市六十谷69-11
【営業時間】11:30~22:00
【定休日】水曜日
【電話】073-441-0081
【駐車場】店前に有
<中華そば>
●スープ
豚骨醤油
●麺
普通ストレート麺
●具材
モモ肉チャーシュー、メンマ
■和歌山オーバーアベレージ店
会社の取引先さんをご案内しました!『昼はやっぱりいちばんオススメの和歌山ラーメンを頼んまっせ~♪』と以前からお願いされておりました。どこへ行くか考えたのですが走行ルートの加減でチョイスしたのが○高六十谷店です。



■壁に貼られた値書き
こちらは昼休みのないお店なので訪問時間が決まらない時は非常に重宝するんですね~
入店は13:30頃、 『中華4つね~』といつもの注文を。皆さん値書きを見ながら『中華そばメッチャ安いや~ん(^ε^)♪』と口々に連発!かなり喜ばれました…(笑)※おことわり(この記事は2008/5/15に訪問した時のもので、情報によりますと現在は600円に値上げされているようです)






■中華そば(550円)
ここ六十谷店は○高系でもいちばん醤油のエッジが利いた味わい。たまにはブレをみせるものの想定内(笑)香りもイイのだがそれにもましてコクのあるスープが私のお気に入りです♪
さて、出された中華を一斉にすすりはじめます!食べ始めるやいなや、
『旨いわ、これ~(^O^)』と賞賛の声が飛ぶ!
(若干コクが弱いかっ・・・汗( ̄口 ̄))と思うも気になるレベルではない。チャーシューの味も良く、麺茹で加減もベスト!まわりを見ると皆さん満足げに箸をすすめてます♪


しかし、ここでラヲタ魂に火がついてしまった私…


『スープは飲み干したらあきまへんで!次の店がありますから~♪』


『(・_・)エッ....? つ、次…』


考えるヒマを与えず清算し、次のお店へ強制連行だす(笑)…

(つづく)




※『ランキングに参加しております!』
皆様の応援が非常に励みとなります♬ ひとポチお願いします。 m(_ _)m
  ↓↓↓

食べ歩き ブログランキングへ

※『ランキングに参加しております!』
皆様の応援が励みとなります♬  もひとつポチを是非お願いします。m(_ _)m
 ↓↓↓
にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ

★ブログランキングに参加しております★
皆様からいただきますご声援、応援が大変励みになっております♪
今回もポチッとな」をありがとうございます!m(_ _)m

テーマ : ラーメン
ジャンル : グルメ

Tag:和歌山市 

天王寺で「焼肉!!!」といえば   2008/6/20









■和牛専門店 焼肉味道(みどう)
@大阪府大阪市天王寺区堀越町14-6
【営業時間】18:00~24:00頃(不確定です)
【定休日】不明
【電話】06-6779-3613
【駐車場】ナシ


■ご贔屓の焼肉店
「天王寺界隈で焼肉を喰う!」となると有無を言わず訪れるのがこちら「味道」
和牛専門店の謳い文句通り新鮮で旨い肉を食わせてくれます。

2階建ての店内にはカウンター席(1F)とテーブル席(2F)があります。
そんなに広くないですがこじんまりとしてゆっくりと食べることができます♪

メニューは普通の焼肉店と同じですが良心的な価格のうえ
とにかくお肉が新鮮!!! これが一番のオススメポイントか、と。
(目の前の肉に目がくらみメニューを撮り忘れました・・・汗)

注文したのが・・・

・生きも
・ユッケ
・塩タン
・骨つきカルビ
・バラ
・ハラミ
・ナムル&キムチ盛り合わせ
・温麺

というラインナップで肉の平均価格が800円~1200くらいだったと記憶しております。

上・並 というグレードは設定されておりませんのでわかりやすく
特筆すべきは生肉系! とにかく甘い味わいがグッドです♪
(レバーの色が黒く写ってますが見た目はもっと赤い血の色をしてま~す)

個人的に焼肉を食べるときはできるだけ高いメニューから
チョイスするようにしてるんですよね。
というのも、高いお肉は旨いのは当然なんですが、
サシが多いので量を食べる前にその肉汁の旨味に満足したうえ
不必要な注文も避けることが出来ます。

単品として高くてもトータル費用は抑えられていたりするんです。

結果的に

「え、こんなに旨い肉でこの値段???」

なんていう嬉しい結果がともなうことになります(笑)


普段はあまり注文しないのですが、この日はメンバーが食べる冷麺に触発され
〆に韓国温麺を食べてみました。

椎茸や牛骨のダシが利いたスープに韓国特有のコシのある麺は美味しかったのですが
温かいメニューを選択したのが失敗・・・

やっぱ、さらッと冷麺をいっとけばよかったなぁ・・・と反省しきりです(^^;)


アクセスはJR天王寺駅北口を出て向かいのパチンコ店の隣、昔からある
商店街を入った所にあります。
まったく同じ店構えの焼肉「つるや」というお店が隣接してますので
お間違えのないようにして下さいね(笑)




※新鮮な焼肉が食いたひ~~~~♪ という方はひとポチお願いします! m(_ _)m
 ↓ ↓ ↓
http://gourmet.blogmura.com/ramen/ にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ

Tag:天王寺区 

紀州中華そば 紀乃国屋○中(きのくにやまるなか) 2008/5/14

大阪で味わえる全てが和歌山中華そばのお店



■紀州中華そば 紀乃国屋○中(まるなか)
@大阪市住吉区長居1-15-17
【営業時間】11:30 ~15:30 17:30~23:00
【定休日】金曜日
【電話】06-6606-6806
【駐車場】ナシ
<中華そば> 550円
●スープ
完全無化調豚骨しょうゆ
●麺
やや細ストレート麺
●具材
チャーシュー、メンマ
■○中とは
大阪で『和歌山ラーメン』や『和歌山中華そば』の幟を上げ食べさせてくれる店はたくさんある。私も『和歌山ラーメン』の幟や看板があるとすぐに入りたくなる衝動に駆られるのが習性となってしまっているがいざ食べてみるとその大いなる期待とは裏腹に愕然と店を後にすることは少なくない。本当のところ、いわゆる『本場の味』と呼べる中華そばのお店にお目にかかったことはなかったのです。このお店の存在を知るまでは…


■中華そばの赤提灯
今から4年ほど前、本格的にネット界に足を踏み入れた頃、はじめてラーメン仲間との『オフ会』に参加した思い出の場所がここ紀乃国屋○中(まるなか)です。
ただし、単なる思い出のお店だけでは済まないのが『本場の中華そばが食べられるお店』として自信をもってオススメできるだけの品がここで味わえるからです♪




店内はカウンターのみ。仕切りの低いテーブルからは店主さんの中華そばを作る姿が目の当たりにできます。それを見ればここの中華そばはいかに愛情を込められているか!またキッチリ作られている!かが手にとるようにわかりますね。まずは注文したのは中華そばと早寿司。しかーし、残念ながら早寿司は売り切れとなっていました…(//▽//)ま、気を取り直して中華そばをいただきます。









■中華そば(550円)
スープ色は黒っぽい胡椒デフォタイプの豚骨しょうゆでやや酸味と塩分を感じます。
これは良くも悪くも手づくり無化調天然ダシの影響が出ていたのかもしれません…

麺は普通ストレートですが茹でる前に店主さんが丁寧にかつ軽くもみほぐしてくれるので
やや麺がちぢれてました。これだとスープの中ではダマにならずスープに具合よく絡んでますね。


チャーシュー、メンマもしっかりと味付けされメリハリの効いた味わい。
本当に和歌山で食べているような錯覚にとらわれるほど!

麺量がやや少なく、続けて連食できそうな雰囲気まで醸し出してます(笑)
ただ、欲を言えば蒲鉾が千代巻だとビジュアル的に完璧でした…(苦笑)


店内には『おでん』も常設され和歌山色がより濃く打ち出されてます♪

来店していつも感じるのが接客の素晴らしさ。
こちらの店主さんは非常にシャイなタイプなんですが優しく愛想を振りまいてくれます。
価格も550円をキープされてたので思わず

『値上げしないのですか?』

と聞いてしまいましたが『大丈夫ですね』とはにかみながら答えてくれたのが印象的でした(笑)


パンチはないが丁寧かつ本場に沿ったもの。その優しい味わいが抜群です。
大阪で和歌山中華そばを食べるなら間違いなく紀乃国屋○中をオススメしますo(^▽^)o




http://img.map.yahoo.co.jp/ymap/mk_map?lat=34.36.37.605&lon=135.30.59.443&width=300&height=300&sc=3&size=p∝=gourmet


住所: 大阪府大阪市住吉区長居1丁目15-17
最寄り駅: 長居


※2008年6月21日時点の情報です。



※え、大阪で和歌山中華が?? という方はひとポチお願いします! m(_ _)m
 ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ(文字をクリック)

Tag:住吉区 

RAGUMANラーメン 田辺店  2008/6/15

白浜ラーメンではありませんでした・・・



■RAGUMAN(らぐまん)田辺店
@田辺市たきない町9-1
【営業時間】
平日 11:30~14:00、18:00~23:00
日曜日 11:30~14:00、18:00~21:30
【定休日】火曜日
【電話】0739-25-2373
【駐車場】4台
■最南端らぐまん
白良浜に向かう途中、高台の閑静な住宅地の中にあれこちららぐまんラーメン。完全に白浜町だと思ってました住所、実は田辺市だと今回気づきました…(-o-汗) ここを訪れた時の大半がデフォのらぐまんラーメンをチョイスしているのですが、らぐまんの豊富なメニューは皆さんの知るところだと思います。とんこつらぐまんも非常に気になったのですが、今回は今まで食べたことのない新味にトライしてみます。



■トムヤムクンラーメン(700円)
●スープ
ピリ辛のトムヤムクン風
●麺
やや細ストレート麺
●具材
白菜、パプリカ、豚肉、ネギ









■印象
基本ベースはラグマンラーメンでそこに色んな香辛料ととうがらしが入ります。
見た目は真っ赤な色をしていますが、食べてみるとピリリとするものの食べやすく仕上がってます。
食べるにつれ額に汗がにじみ身体が暖かくなってくる感じかなぁ。


名前はトムヤムクンですが本場のそれと比べるとあまりにくせがなく優しい味わいです。
おそらくラーメンに合わせた風味にしているかと思われますが
辛さを求めるならちょっと肩透かし・・・ パンチが弱いかもしれません。


よって「トムヤムクン風」と呼ばせていただきます(笑)

では次に「黄色いらぐまん」でございます!





■黄色いらぐまん(700円)
●スープ
これまたピリ辛のカレー風味
●麺
やや細ストレート麺
●具材
白菜、パプリカ、ネギ、厚切り豚肉









■印象
ラグマン色シリーズのひとメニューである黄色ラグマン!
ビジュアルは黄色ということでカレー味となってます。
基本のラグマンスープにカレー香辛料が入ったもので、これもピリリと辛さが効いております。

スープはとろみがないタイプなので、味わいもどちらかといえばカレーペーストベースというより
カレー風味スープです。香りは予想通りイイ感じで香辛料のアクセントが程良く効いてます。

全体的なバランスもよく、先のトムヤムクンラグマンに比べると完成度は高い気がします。
とろみのないスープですが麺との絡みも悪くありませんでした。


■らぐまん色シリーズ
色はこのほかにも、赤色らぐまん、黒色らぐまん、緑色らぐまん、白色らぐまん等があります。
この多種類風味の表現を受け止める基本スープの出来栄は特筆すべき点ではないでしょうか。
またこれだけの種類を揃えられる懐の深さがらぐまんの人気のひとつだと思いますね~

この日は日曜日、入店は13:00頃だったのですが
後から後からお客さんがやってくるので男性2人だけの人員では接客と作ることで手一杯・・・
キリキリ舞させられてました。

そのためウェイターのお兄さんは汗だくで頑張られてましたが、
このお店のキャパからすると2人ではしんどそうです。
せめて配膳専用の人間をもう1人くらい入れたほうが効率良く営業できると思います。
(大きなお世話ですか?笑)


こちらのらぐまんも他店と同様に店内はウッディなファニチャーで固められてました。
加えてデカい水槽が設置されその中には熱帯魚が泳いでおります。
手入れの行き届いた水槽は訪れる人を和ませることでしょうね♪




※「ラグマン」と「ラブマン」 ひと文字違いで大違い!!!(爆) と思う方はポチッとな♪
 ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ(文字をクリック)

Tag:田辺市 

湯崎温泉  2008/6/15

あいにく雨だったので・・・



■湯崎温泉~行幸温泉 湯崎館
あいにくの雨模様・・・ さすがにこの雨では浜にも行けず(でもビーチバレーの大会はやってましたけどw)温泉へシフトチェンジを。どこのお湯へ行こうかと道ばたに車を止め考えていたところ、目の前にある湯崎館の仲居さんから声を掛けられました。
「どこへ行かれます?」
「日帰り温泉を探してるんですが・・・」
「あ、それなら家に来られたらどうです~」
「普段はお泊まりのお客様だけですが今日なら入っていただけますよ~♪」
価格は1時間1500円だったが時間も時間だったので即決でした。





■源泉は行幸温泉
由 来:黒潮寄せる出で湯の町「南紀白浜」の湯崎温泉。この温泉は万葉の昔より「牟婁の湯」「紀の湯」の名で親しまれ、道後有馬と共に日本最古の三名湯の一つで斉明、天智、持統、文武の諸帝が来湯されています。即ち1300年の昔からこんこんとして湧き続けていることになります。近代に至って温泉客の急増に伴い、自然の湧出量だけでは賄い切れず、大正末期に温泉井戸を掘削し爾来自噴を続け、周到な管理の下に豊富な温泉を湯崎地区に配湯しています。






■なごみの湯
湯崎館の家族風呂「なごみの湯」に案内されました。2Fということから100%解放感とはいきませんでしたが風呂に登ると目の前はオーシャンビューが広がります。普段は宿泊客専用とのことでしたが雨の功名というかゆったりと周りを気にせず入ることが出来ます。






■泉質(行幸源泉)
近くに沸く行幸源泉から直接ひかれたお湯は100%かけ流し♪無色透明含重曹系の温泉で神経系疾患、ならびに消化器疾患に効果有り。また美容温泉としてきめ細かな色白の美肌をつくる卓効もあり、特に女性に喜ばれるそうです。塩分が多く含まれてるのでかなりショッパいですが、膝下を湯に浸けているだけで汗が噴き出てきます。檜の浴槽の端がちょこっと削られそこからドバドバとお湯が流れ落ちていく様は正にかけ流しの証明です。本来の割り当て時間は30~40分らしいのですがたっぷり1時間入らせてもらいました。お客様が少ないとはいえこんなサービスはほんとありがたいですね♪


自動車道が田辺まで開通し白浜までのアクセスが良くなったので
和歌山市内から車で1時間で到着できます。
子供の頃は車で3時間~3時間半かかっていたことを考えると驚くべき早さ!!!
白浜も泊まりではなく日帰りの時代になりましたね(笑)




※ラーメンレポまだ~~~??? という方は抗議のポチを!!!
 ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ(文字をクリック)

Tag:白浜町 

応援クリックお願いします
↓↓↓:m(_ _)m
検索フォーム
プロフィール

とこわかはる

Author:とこわかはる
■「デッドで!」とは?
「レンゲを使わず丼鉢に直接口をつけて飲む」つまりダイレクトでスープを飲むということを表しております。よって「デッドで!」とは「鉢に口をつけて直接スープを飲んでみた!」という意味になります。
友人が最初に使い始めたのがきっかけで、この飲み方を広く普及すべく「デッド飲み推進会」に入会しまして、日夜活動に勤しんでおります。
会長によると語源はゴルフ用語由来なのだそうですが… 私はゴルフをしないのであまりよーわかりません(笑)

■私の肩書き
・デッド飲み推進会副会長
    兼 和歌山支部長
・情熱和歌山ラーメン部々長
・情熱大阪ラーメン部所属
入会(部)者を募集中です♪

■私のひととなり
ラヲタではありません。
単純に「中華そば」が好きなだけでございます(笑)​
私にとって「麺」とはオアシス。そんなオアシスを求めて和歌山を中心に近畿圏を放浪中♪そして智弁和歌山野球部のファンでもあります。
将来に不安を抱えているので第二の職を視野に入れてます。実は中華そば屋を経営するのではなく歌手デビューを狙ってます​(爆)

カレンダー
05 | 2008/06 | 07
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
地域別カテゴリ
料理別/シーン別カテゴリ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カウンター