中華そば ○み(まるみ) 2008/3/4





中華そば ○み(まるみ) 2008/3/4
@和歌山市中ノ島
(写真)中華そば 550円


JR紀伊中ノ島駅を下車し前の道を和歌山市内方面に真っ直ぐ進むと
3分程で到着しました。

かわせ天王の並びにあるお店がここ、『中華そばまるみ』です。


さて中華そばですが、和歌山オーソドックスなそのビジュアル。
やや細麺にとんこつ醤油スープが絡みます。

後口にやや特有の癖が残りますが、麺の茹で加減はなかなかのもの。
ただ、全体的に
(もう少しマイルドならいいのになぁ…)
と思いますが麺コンディションの良さでチャラにしときましょうか(笑)


中華そばをはじめ、ミソラーメンやネギラーメンなど
色々ラインナップされてます♪


おでんも品数豊富で呑みたくなりました(笑)



【地図】お店の場所はコチラ


※『食べ歩きランキングに参加しております!』
皆様の応援が非常に励みとなります♬ ひとポチお願いします。 m(_ _)m
  ↓↓↓

食べ歩き ブログランキングへ

※『ラーメン ランキングに参加しております!』
皆様の応援が励みとなります♬  もひとつポチを是非お願いします。m(_ _)m
 ↓↓↓
にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ

★ブログランキングに参加しております★
皆様からいただきますご声援、応援が大変励みになっております♪
今回もポチッとな」をありがとうございます!m(_ _)m

Tag:和歌山市 

知る人ぞ知るソフトアイス




すずらん
@JR打田駅前


中華そばの後に食べるグリーンソフトは定番中の定番なんですが、
私の楽しみデザートのひとつをご紹介します。



場所はJR和歌山線打田駅前にある『すずらん』というお店。

昔からお菓子やジュースを売っているどこにでもあるお店ですが、
昔から地元民を中心に人気のソフトアイスがあります。


なぜ『ソフトアイス』と表現するのかていいますと
コーンにソフトを巻くビジュアルは見たまんまなんですが、
乳脂肪の入らない、いわゆる『シャーベット』タイプのアイスなんですね。

高知の名物であるアイスクリンみたいなイメージでしょうか。


食感はシャリシャリしてますがシャーベットほどではありません。
甘すぎず優しい味わいであとくちがとにかく素晴らしくサラッとしてます♪
中華そばの後にこれを食べると口に残った脂分を流してくれる感覚です!

昔はもっともっと安かったらしのですが私は120円の頃に初めて食べたと記憶しています。


持ち帰りも可能で、コーンカップを被せてくれますが
とにかく乳脂肪が無いのでスグに溶けてしまいますからご注意下さい!!!


機会があれば是非ともお試しあれo(^▽^)o

Tag:紀の川市 

今日のうらしま 2008/3/29




今日のうらしま
@紀の川市花野
(写真)中華そばW(ダブル)650円


ここ最近、早々とスープ切れになる事が多いといとう状況で
暫く訪問できずヤキモキしてましたとこわかはるでございます。


さすがにフランチャイズ店を1ヶ月未訪問するわけにはいかないので
土曜日を狙って本日行ってきました!


時間は11:50頃
待つことなく駐車もでき、満を持して入店です。
注文はW(ダブル)

スープのイイ香りに鼻をくすぐられいただきます。

コクのあるスープは問題ナーシ!
ダブルにもかかわらず、麺状態もすこぶる良好。
チャーシュー、メンマはチト味付けが濃いかな?
スープを全汁し骨粉をチェックすると…
底にはビッシリと(笑)


この日もおいしくいただきました!
最近はコンディションが安定してますね♪

Tag:紀の川市 

ブロガー仲間の隠れ家

















スタンドアサヒ
@大阪市東住吉区山坂2-10-10
【営業時間】17:00~22:30頃
【定休日】日曜日、祝日
【電話】06-6622-1168
【駐車場】なし
【予算】1人2000円~3000円


先日、関西を代表する(笑)ブロガー仲間と一緒に会合を開いたのですが、
ここの居酒屋は大阪を代表する隠れ家的存在のお店!!!

雰囲気・価格・味・鮮度 どれをとっても満足度が非常にたかいスタンドなんですよね♪

魚なんかは地元の魚屋さんが食べに来る程の新鮮さで、
いもたこなんきんの煮物とかも味付けが微妙かつ繊細
でもしっかりと味わえたりすんです。

うなぎの蒲焼(800円)は締まった身が抜群で
ここの小鉢(なんきん、ふき、トコブシ、ホタルイカ)も品種も豊富で味付けがすばらしい♪

でも、私が一番好きなんは鯖のきずし!(350円)

他には
・あさりの酒むし(350円)
・茄子の田楽(250円)
・ぬた(250円)
・なまこ(450円)
・げそバタ焼(300円)
・とんかつ(600円)
他にも春のエンドウ豆やアサリの酒蒸し、とりから、めざし 
などなど

男性3人でたらふく飲んで、食べてね1人4000円
普通なら2000~3000円で充分でしょう
ね、良心的な値段でしょ(笑)


店内はいつも地元の人の熱気で溢れてるんですよ~
カウンターなんか肘宛ついてまして、初めて見たときは感動もんでしたよ!
全然疲れないんですよね♪

場所はJR阪和線南田辺の駅前にあるからスグにわかりますが
和歌山からはちと遠いです(苦笑)

地元のこんな店があれば毎日でも行きたいくらいになるお店であることは
間違いありません (^o^)

Tag:東住吉区 

○金 貴志川店 2008/3/3




【○金 貴志川店】2008/3/3
@紀の川市(旧:貴志川町)



・中華そば 600円
貴志川から海南へ抜ける道沿いにある○金。

こちらは海南市の海映前○金の息子さんが営業しているお店です♪


メニューは『中華そば』のみ。
昔ながらの味わいで飾り気ない素朴さは
本店のおばちゃんが作るその流れを受け継いだものですね~

ただし、化調の効いたスープにはクセのある香りが残るのと、
ネギの匂いが気になるので好みの差がでるかもしれませんが…(^-^;)


中華そばのみのお店ですが厨房は広く、また整頓されてますから
その点は好感度が高く親父さんの柔和な接客は気持ちいいものですね♪

※『食べ歩きランキングに参加しております!』
皆様の応援が非常に励みとなります♬ ひとポチお願いします。 m(_ _)m
  ↓↓↓

食べ歩き ブログランキングへ

※『ラーメン ランキングに参加しております!』
皆様の応援が励みとなります♬  もひとつポチを是非お願いします。m(_ _)m
 ↓↓↓
にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ

★ブログランキングに参加しております★
皆様からいただきますご声援、応援が大変励みになっております♪
今回もポチッとな」をありがとうございます!m(_ _)m

テーマ : ラーメン
ジャンル : グルメ

Tag:紀の川市 

【閉店されました】中華そば ○和商店  2008.3.28

img_290970_35698043_0.jpeg

中華そば ○和商店

友人より閉店情報が寄せられ確認してきました!

こぢんまりしたお店で頑張っておられてました
○和商店が閉店されておりました。

ゴマの載った中華そばが懐かしいです・・・


※『ランキングに参加しております!』
皆様の応援が非常に励みとなります♬ ひとポチお願いします。 m(_ _)m
  ↓↓↓

食べ歩き ブログランキングへ


※『ランキングに参加しております!』
皆様の応援が励みとなります♬  もひとつポチを是非お願いします。m(_ _)m
 ↓↓↓
にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ

テーマ : ラーメン
ジャンル : グルメ

Tag:【閉店されたお店】 

一蘭(いちらん)2008/3/3









一蘭(いちらん)2008/3/3
@大阪市中央区宗右衛門町7-18ー1F
【営業時間】11:00~翌6:00
【定休日】無休
【TEL】06ー6212ー1805
【駐車場】なし
(写真)ラーメン 750円
●スープ
長浜とんこつ

●麺
自家製極細麺

●具材
チャーシュー

●全体的印象(個人的意見)
初めての訪問です♪
道頓堀川沿いに建つ博多ラーメン箱店でエラいところに入口がありました…(苦笑)


お店に入ると先ずは券売機で券を購入させられまして、それから奥に長いカウンターに通されます。

噂には聞いてましたがこちらのお店、
ラーメンを集中して食べられるように席が全て仕切られてるんですね~
(写真参照)


席に座ると目の前に注文書が置いてあり、麺の硬さやスープの濃さ、辛味の強さなど
全てはその人の好みに作ってくれるシステムになってます。


しかしこれはまさに選挙投票所状態だす…(^_^;)

初訪問なので全てを『基本』に○をつけまして窓口のお姉さんに渡しますが、
これまた声だけでお姉さんの顔は見えません。
接客はマニュアル通りきっちり出来てるんですが

(なんか感じ悪いです…)


しかし、ラーメンが出てくるのはメッチャメチャ早い!
注文書を出してから1分くらいでした(爆)



さて肝心のラーメンですが、
いわゆる博多の長浜ラーメンで極細麺ととんこつスープです。思いのほかスープがマイルドで
自家製麺とのマッチングも悪くないしチャーシューもそこそこ。

普通に旨いんですがあくまで『普通に~』なんです

好みを選択する際、全て『基本』に○を付けたのでこうなったのでしょうか…σ(^-^;)


もうちょいと変化を持たせた方が良かったかな?
ただ、注文書のひと項目だけ指示に従わなかった事があります。
それは『秘伝のタレ(唐辛子調味料の量)』


『初めての方は普通の量の1/2がオススメです。』

とありましたが、これも基本に○を付けたんですが
しかし、後悔…

これは間違いなく従わないと辛いですね。


お店の説明には
『味に集中出来るようにこのようなスタイルを導入した』
とありますが、私は逆に落ち着きませんでしたわ。

食べてる顔の横にスグ板があるんですよ…

Tag:中央区 

【家でラーメン】銀波露 2008/2/26





【家でラーメン】銀波露(ぎんぱろ)2008/2/26
@北海道江別市

江別市辞典

http://www.ebetsu.city-brand.jp/brand_detail.php?brand_id=425&bunrui1=omise


北海道土産でいただいた!

北海道は江別市にあるこのお店は列のできる有名店らしいです。

北海道といえばやはり『味噌』ですが、ここの醤油も旨いとの事。
早速家で作ってみました。


かなりニンニクの効いたパンチあるスープで濃厚な味わいですが
好き嫌いが分かれそうなところですかね。

麺はよくあるタイプでした。


この手の委託商品のレベルにしては

『よく出来てるなぁ~』
というのが率直なところ。


でも、現地で食べるものとは比較になりませんけどね…(苦笑)

Tag:【北海道】 

【プレイバック】 リニューアル甲子園 & 智弁和歌山vs丸子修学館(長野) 2008/3/25






【私と高校野球】
実は私、三度のラーメンと同じくらい好きなものがある。
高校野球がそうだ。

6才の時に野球を覚え、春のセンバツ、夏の高校野球選手権、
時間が合えば甲子園に足を運び続け、かれこれ三十数年、
ホントに長いつきあいだ。

和歌山の中華そばと高校野球は
「全国的にも高いレベルを誇る」「県民に愛される」という点では
どちらも同じ性質を持ち合わせていると常々思わされる。



【NEW甲子園】
さて、本日は我が和歌山県代表の智弁学園和歌山高校が今大会の初戦を迎え
また、甲子園が数十年ぶりにリニューアル改装されたということで
観戦に行ってきた。

蔦で有名な甲子園だが、現在はその蔦が全て取り除かれ球場周りはポスターの蔦が貼られている。
第一次工事が終了した甲子園の内野スタンドは約3000席の減少となったが
今まであまりに狭く快適に観戦できなかったシートが前後のスペースが設けられ、それと同時に
カップホルダーが新たに装着されたニューシートとして我々一般人の前にお披露目されたのだ。

このニューシートは思いの外快適でいままでだと足も組めず体を折り畳むようにして
座っていたのが足を楽々組むことができ、しかも今までその置き場所が無く苦労していた
ペットボトル飲料やビールがホルダーが設置されることでストレスが完全に無くなったと言える。
老朽化が激しかった球場内部の売店やトイレをはじめとする施設は明るく清潔に生まれ変わり
見違える程著しく変化しており我々野球ファンにとって安心かつ快適に観戦を楽しめる球場へと
激変しつつあり、来年の完全改装を首を長くして待つことにする。


【緊張感】
試合の始まる前から気になっていたのが「緊張感のなさ」
とりわけセンバツ高校野球は夏の大会と違い、力試し要素が多いと思うのだが
両チームのノックや試合前の球場の雰囲気がユルユルになっていた感が否めなかった。

内心、(丸子なんかに負けるはずがない!)という思い(油断)が智弁になかったか?
少なからずとも私の中はその思いが大部分を占めていたのだ・・・


試合は序盤から智弁ペースで進んでいた。(ように見えるが)
というより丸子側が緊張からくるミスで自ら墓穴を掘り窮地に追い込んでいるという事実と
智弁高島監督の消極的なバンド戦法の拙攻もあいまって序盤は見るに耐えないペースで試合が進む。
その昔は塁に出たランナーを送りバントで進塁させ、ワンチャンスをものにしたうえで
ピッチャーが相手の攻撃を抑え込む という典型的なパターンであったのが
今や常葉菊川や駒大苫小牧をはじめとする犠牲バントを多用しない戦法が主流となっている。
というのも、1点、1点をコツコツと積み重ねても金属バットやウェイトトレーニングを積んだ
パワー攻撃によってビッグイニングを作ることが容易だということが周知の事実となってきている。

6回まで智弁がコツコツと稼いだ3点をリードし相手の攻撃も危なげなく抑えていたのだが
全然落ち着いて(安心して)見ていられなかったのが本音で、そのリードがあるにもかかわらず
不安に襲われている自分に違和感を感じていたのだった・・・


【逆転】
その不安が的中したのが7回裏の丸子の攻撃
4番のソロホームランから一挙4点を挙げられ一気に逆転を許してしまった。
本来なら押せ押せムードで畳みかけるのが智弁の真骨頂なのだが今日のベンチはいつになくおかしい。
打撃を全面に打ち出してきた高島監督がらしからぬバント戦法を多用していたことが
その「逆転」という結果をまねいてしまった。
幸いピンチが続く中1点の勝ち越しで踏ん張ったことは結果的には大きかったと言わざるを得ない。
球場全体を取り巻く「智弁が間違いなく勝つであろう」という根拠のない自信が
そのチームの歯車を狂わせ、相手方を勢いづかせるに充分な高島監督の采配に臍をかむ思いで
眺めていたのは私だけではなかったハズだ。


【流れとミス】
野球のみならず勝負事というものに必ずついてまわるのが「流れ」であり
その流れを自分たちに引っ張ってこないとどんな強豪でも足下をすくわれる結果となる。
現に智弁側も「流れ」を掴めていなかった結果、逆転を許すハメになり、球場での雰囲気は
「智弁、負けたな・・・」という空気がアッという間に充満してしまったのだ。
丸子もこの展開では間違いなく勝ちを意識したであろうし、それが結果的には
大量点を伴う再逆転を許す結果になってしまった・・・

一旦傾いた流れを自分側に引き戻すのは至難の業だと思うし、
高校生にその流れを意識しろ!と言っても無理な話なのだろう・・・


【終盤の再逆転】
結果的には丸子側が3人の負傷退場者を出し、それが元で試合終盤に再逆転したのが智弁であった。
また大量得点にてが勝利を収めたことに対しては素直に嬉しく思うが、
残念ながら試合自体が大味になってしまったこともまた事実であり残念であった。
この経験を元に次の対戦相手の安房(21世紀枠)を撃破すべく頑張ってもらいたいものだ。


しかし、甲子園ってホントいいところだとしみじみ思う。

テーマ : 高校野球
ジャンル : スポーツ

Tag:西宮市 

かわせ天王  2008/2/27




かわせ 天王 2008/2/27
@和歌山市中之島
(写真)中華そばダブル700円


お店に入るなり

『い~らっしゃ~~、何人~ひとり?』

『オッケ!何しょ?』



これ、いつものパターンで、席につくまでがせわしい(笑)

この日は和歌山駅より徒歩にて訪問したため時間が結構かかりました…


早速注文したのは『中華そばダブル』

田尻に比べやや粉の量とタレが多いのかな?
味わいは濃かったように思いました。


食べている間にも、お客さんが次々と入って来ますが、
お店で食べて更に持ち帰りを注文するお客さんが多いこと、多いこと(笑)
『持ち帰り』は人気がありますね~


帰りは試しにJR紀伊中之島まで歩いてみたのですが、
和歌山駅より、こっちの方がはるかに近かったです…(^_^;)
(当たり前かww)


これからはJR紀伊中之島も利用しましょー♪

Tag:和歌山市 

和歌山のソウルアイス



と言えば、誰もが知っているグリーンソフト!


ですが…


今、本町の玉林園やグリーンコーナーで

『バナッチョパフェ』

なるものが販売されている。


夏場になると『茶々カップ』というグリーンソフトと抹茶とかき氷
それに小倉餡が載ったパフェチックなアイテムが季節限定で巷に登場するのだが…


先日、たまたま玉林園に抹茶を買いに行ったところ
このバナッチョパフェなるポスターを偶然見かけ、内心かなり気になっていた。


たまたまこの日、グリーンソフトをゲットすべく
岩出市にあるグリーンコーナーへ行った時にそれをお店で訪ねてみると…

『あ、出来るよ~』

との答え。
で、即注文しました(笑)

ま、冬期限定パフェということで氷はありませんでしたが
代わりにバナナが入ってるんですね♪ちなみにその中身はと言うと…

まずはカップにグリーンソフトを入れるそして

バナナ→コーンフレーク→チョコ→バナナ→クリーム→グリーンソフト+クリーム

の順番に重ね、最後にまたチョコをトッピングするという組み合わせ。

言っちゃえばまんまバナナパフェ…

ですがぁ

グリーンソフトを使っているとなると話は別(笑)
バナナとグリーンソフトのコラボレーションを満喫しましたo(^▽^)o


ちなみにこのバナッチョパフェ。
420円という値段に違和感を覚えたのでお店の方に尋ねてみたところ
やはり原料高騰の影響で値上げしたとのこと。
茶々カップが300円台だったのに400円になってました…
┐(´ー`)┌


とはいうものの、
ひとりで食べるには充分な量がありますので満足できますよ♪

Tag:紀の川市 

丸田屋 次郎丸店 2008/2/26




丸田屋 次郎丸店 2008/2/26
@和歌山市次郎丸76ー3
【営業時間】
11:30~14:30
17:00~23:00
【定休日】
火曜日
【駐車場】6台
【TEL】073ー480ー1245
(写真)中華そば 600円

●スープ
とんこつ醤油

●麺
細麺ストレート

●具材
チャーシュー、メンマ、かまぼこ

●全体的印象(個人的意見)
岩出市にある丸田屋の2号店になりまして、開店したのは随分前なのですが
やっとこさ初訪問いたしました!


店内には嗅ぎ覚えある匂いがします。
スープは言わずと知れたとんこつ醤油で丸みのある味わいです。
コク、香り、化調さんすべて頃合ですね(笑)
テーブルの上にはもとダレが置かれており自分の好みで調節できまして
これは丸田屋のシステムです。

試しにこの日もスープに落としてみましたが
最初のスープの出来栄えがよかったので必要なしでした・・・(汗)


麺は細麺ながら丸田屋系3店舗の中でもいちばん茹で加減は良かったですね。
やや加水率が低い印象もありますが柔らかすぎずいい頃合でした。

ただ、スープにもうちょい絡めばもっといいのに~と思ったのと、
チャーシューの風味があと一歩だったのが
課題でしょうか…(^_^;)



しかし、井出の遺伝子を継承するお店の中でも安定した営業を続けられてます。
この日も昼時を過ぎても幅広い年齢層のお客さんが入店されており
明るく元気な接客もポイントが高いですね。


今後も川向こう地域の牽引店として頑張ってもらいたいです♪



※『ランキングに参加しております!』
皆様の応援が非常に励みとなります♬ ひとポチお願いします。 m(_ _)m
  ↓↓↓

食べ歩き ブログランキングへ

※『ランキングに参加しております!』
皆様の応援が励みとなります♬  もひとつポチを是非お願いします。m(_ _)m
 ↓↓↓
にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ

テーマ : ラーメン
ジャンル : グルメ

Tag:和歌山市 

応援クリックお願いします
↓↓↓:m(_ _)m
検索フォーム
プロフィール

とこわかはる

Author:とこわかはる
■「デッドで!」とは?
「レンゲを使わず丼鉢に直接口をつけて飲む」つまりダイレクトでスープを飲むということを表しております。よって「デッドで!」とは「鉢に口をつけて直接スープを飲んでみた!」という意味になります。
友人が最初に使い始めたのがきっかけで、この飲み方を広く普及すべく「デッド飲み推進会」に入会しまして、日夜活動に勤しんでおります。
会長によると語源はゴルフ用語由来なのだそうですが… 私はゴルフをしないのであまりよーわかりません(笑)

■私の肩書き
・デッド飲み推進会副会長
    兼 和歌山支部長
・情熱和歌山ラーメン部々長
・情熱大阪ラーメン部所属
入会(部)者を募集中です♪

■私のひととなり
ラヲタではありません。
単純に「中華そば」が好きなだけでございます(笑)​
私にとって「麺」とはオアシス。そんなオアシスを求めて和歌山を中心に近畿圏を放浪中♪そして智弁和歌山野球部のファンでもあります。
将来に不安を抱えているので第二の職を視野に入れてます。実は中華そば屋を経営するのではなく歌手デビューを狙ってます​(爆)

カレンダー
02 | 2008/03 | 04
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
地域別カテゴリ
料理別/シーン別カテゴリ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カウンター