「まぁエライタイミングで来てしもたぁ…」唯我独尊 岸和田店

なんでこんなお人さん多いの???(泣)

■唯我独尊
@大阪府岸和田市宮本町41-1
【営業時間】11:00~オーダーストップ21:00
【定休日】第2・第3月曜日
【電話】072-432-4784
【駐車場】近くにCPあり
【地図】お店の場所はコチラ
所用で岸和田へ来たんですが… 思いっきりだんじりやっとんがな!(汗)
正直、今日がだんじりやってるとは全く知らんかった… 
(あ、それで電車で来いって言ってたんや…)
などとまぁ内輪の事なんでしゃーないねんけど

到着したのが14時過ぎ。コチラとしてはだんじりを見にきたわけじゃないので
さっさと所用を終わらせるために腹ごしらえを、ば。
「とりあえずラーメン」と言える程お店が充実していなかったので
食べログでヒットしたカレーを食べようと駅前のコチラへ。
P1150746.jpg
とは言え、駅前からだんじりの見物客がわんさかと
壁になっているじゃないっすか!!!

そんな人波をかき分けなんとかたどり着いたのが
北海道、富良野にある唯我独尊の姉妹店でございます。
P1150748.jpgP1150747.jpg
目の前では何台もだんじりが通り過ぎていっております(笑)





■店内&お品書き
P1150717.jpgP1150718.jpg
店内は昔の純喫茶の雰囲気が残るそれ。
奥にはカウンターがありまして、中央にはテーブル席と
壁際のカップル席が3箇所あります。

そしてテーブルのお品書きを、ば。
P1150722.jpg
富良野の唯我独尊には入ろうと思ったけど休みだった記憶がある。
そんな関わりのあるお店だったので当然デフォをチョイス♪
しかもこの日は電車だったので限定のサッポロビールもオーダー(笑)

待つ間は…
P1150720.jpg
お店に富良野のポスターなんか貼ってあったり、ガイド本があったりと
プチ北海道気分を味わいながら(笑)カレー&ビールを待っていると
二つ同時に到着です♪



■サッポロクラシック(500円)
P1150734.jpg

くぅ〜っ、旨いねぇ〜(*>ロ)◇ゞプハァ~

と言っても缶ビール… いくら限定とは言えCPがぁ…

キンキンに冷えていたのがよかったくらいかな(苦笑)




■自家製ソーセージカレー(1,090円)
P1150723.jpg

「おっ!!!ビジュアルええやん(゚Д゚ノ)ノ」

見た目に黒っぽいルーがインパクト「大」なんですよ〜♪
加えて雰囲気は旨そうで旨そうで(笑)



付け合わせも…
P1150729.jpgP1150730.jpg
特徴ある漬物とスイートコーンがカラフルに彩っております!
これらを横目に先ずは



■ルーをデッドで♪
P1150733.jpg
聞くと、30種類くらいのスパイスを使っているそうですが
それほどスパイススパイスしていないです。それ以上に
富良野のタマネギをたっぷり使っているそうで、
その甘さがカレーに反映されてます。

色はとにかく黒っぽいカレーですがゴマが入っているのが珍しいタイプ。
デッドでいただきましても最初は甘さを感じました。
(お、意外と甘いな…)
と思ったンですが…   食べ進むと次第にスパイシーさが顔を出しまして
その深い味わいとコク、それに香りがどんどん襲ってきます〜♪


黄色いご飯はサフランライスか、な!?
P1150738.jpg
ネットリとご飯に絡むカレーを食べたのって久しぶり(笑)
でも、最初からどっしりとした味わいで旨いです♪



ひと通りカレーを食べてからメインへ♪
P1150726.jpg

「何か、角度と見方によっては

ヤバいシルエットロマンス(爆)」


「あぁ〜♪あなたに〜恋心盗まれて〜♪」と大橋純子の歌がリフレイン。
そんなソーセージは自家製の雰囲気がプンプン。


ただし…
P1150743.jpg
その断面からわかるように若干サラミチックな仕上がりで
旨い脂がジュワ〜ッとする雰囲気ではなくチト残念なもの。

よってカレーとの相性はどうか?となるとこの薫製強い風味と香りは
個人的にはワインやビールと一緒に単品でいただくのがベストかな!? という結論です♪

でもね、見た目以上にボリューミーなので
大盛りなんかだと十分お腹いっぱいになるでしょう。



■食べてみて…

しかしこの日の収穫はなんといってもつけあわせのポテト♪
P1150731.jpg
これが熱々ホクホクで、表面はカリッと、中身はジンワリホクホク♪
という素晴らしい旨いポテトだった。
これも単品でいただけたら旨いやろなぁ〜♪ と思いました。

全体的にはすこぶる満足度の高い味わいだったのですが
チトCPが気になる方はソーセージなしのカレーをチョイスすることを
オススメしま〜す(๑´ڡ`๑)♡



■勇壮なだんじり♪
とにかく街のいたるところに人・人・人…
そしてだんじり、だんじり、だんじり…

せっかくなので写真を撮ってみたよ=3
P1150753.jpg
P1150752.jpgP1150754.jpg

P1150755.jpg

やっぱ大工方、カッコええわぁ〜♪

【地図】お店の場所はコチラ

※『なんでこの日に岸和田へ行く?(爆)』
と感じたならコチラをポチッとな♪(ρ°∩°)
  ↓↓↓

食べ歩き ブログランキングへ

※『ソーセージに負けた…orz(号泣)』
そんな私を慰めてくれるならコチラをポチッとな♪(ρ°∩°)
 ↓↓↓
にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ

★ブログランキングに参加しております★
皆様からいただきますご声援、応援が大変励みになっております♪
今回もポチッとな」をありがとうございます!m(_ _)m

テーマ : カレー
ジャンル : グルメ

Tag:岸和田市 

これよ!これこれ〜∑ヾ(*○´∀`○*) 「山田家乃ごん太 岸和田店」

旧26号線沿いの立地ってどうなん?

■山田家乃ごん太 岸和田店
@岸和田市上野東3-1
【営業時間】11:30〜15:00/17:30〜24:00
【定休日】年中無休
【電話】072-433-0818
【駐車場】店向かいにあり
【地図】お店の場所はコチラ
P1120438.jpgP1120439.jpg
一蘭の味わいに納得ができなかった私。そのモヤモヤを払拭するには

豚骨連食しかないやろ!(キッパリ!)

つーわけで、
『大阪で豚骨ならヤッパリここは外せんやろ!!』って思っていたこちら。
羽曳野のお店で食べた時には想像以上のインパクトだったことを思い出します。
あれから数年、急遽の訪問と相成りました。




■店内&お品書き
場所は旧の26号線沿い。
P1120441.jpg
南海本線の和泉大宮駅からだと徒歩6〜10分くらいの距離になりますか。


駐車場も完備された箱店になっておりまして遠くからでも目立ちます♪
P1120467.jpg
店内は箱店のため広々、ゆったりとしております。
テーブル席がメインなんですが、カウンター席もありましたので
そちらに腰を下ろします。

そしてメニューを、ば。
P1120442.jpg
P1120444.jpgP1120445.jpg
基本はデフォの「博多長浜ラーメン」のひとアイテムのみで、
そこにトッピングのバリエーションでカスタマイズするスタイル。

トッピングにはまったく興味がないのでデフォをオーダー。
P1120449.jpg
あとは卓上にあるフリーの高菜&生姜で味変トッピングでもしましょうか(笑)♪



■博多長浜ラーメン(735円)
●スープ:豚骨+背脂
●麺:細ストレート
●具材料:チャーシュー、ネギ
P1120450.jpg
箱店なので学生バイト君が元気で気持ちイイ接客をしてくれます。
念のために羽曳野のお店との関係を聞いてみると「同じです!」との答え。
ただ、ちょっと自信なさげだったことを付け加えてっと(笑)
そんな話をしていると着丼いたしました。




■デッドで!

P1120453.jpg
羽曳野のお店ほどのインパクトはなぃなぁ…

という第一印象。
ただ、「これぞゴン太!」という味わいはありました。
豚骨ベースに若干の醤油が程よく利いておりますので
自分の中のイメージ通りの味わいであります。
背脂でほどよいオイリーさを表現しつつマイルディ&クリーミーな
仕上がりでこれは納得でございます。


麺は細ストレート!
P1120461_2014062710010155b.jpg
加水率の低めな麺ですが粉の味わいも適度で、かつ
スープとのマッチングがイイ感じ。何よりそのバランスが保てているので
最初から気持ちよくいただくことができました♪



そして…
P1120454.jpg
小ぶりのチャーシューですが存在感も味わいもアベレージ。
このくらいの存在感が個人的には好きですね(笑)



約1/2くらいいただいたところで…
P1120464.jpg
高菜を載せて「アジー・ヘンドリックス!!!」を、ば。
これまた高菜が美味しくて期待以上の味変を楽しめ
最後まで美味しくいただくことができました♪




■食べてみて…
P1120466.jpg
一蘭のリベンジで訪問しましたがそのチョイスは成功♪
なぜあれほど醤油が利いていたのかがわからなかったですが
ごん太の豚骨を食べて溜まっていたフラストレーションは無事除去できましたよ(笑)

ひとつだけ言わせていただくなら…
お品書きの値段の書き方。パット見た目は680円なんですが、
111.jpg
その横に括弧書きで税込735円とありましたので
逆にしていただけたらありがたいなぁ〜という個人的希望です。

しかし、納得のいく豚骨を食べれて満足でした♪
また訪問させていただきますね〜(๑´ڡ`๑)♡♡♡

【地図】お店の場所はコチラ


※『値段表示、ぱっと見た目は680円に見えるよなぁ…』
この意見に同意していただけるならポチっとな〜♪ m(_ _)m
  ↓↓↓

食べ歩き ブログランキングへ

※『羽曳野のお店には無い「山田家乃」って部分が
何故必要なんやろか』

そんな素朴な疑問を持った方はもひとつポチっとな〜♪ m(_ _)m
 ↓↓↓
にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ

★ブログランキングに参加しております★
皆様からいただきますご声援、応援が大変励みになっております♪
今回もポチッとな」をありがとうございます!m(_ _)m

テーマ : ラーメン
ジャンル : グルメ

Tag:岸和田市 

その噂は友人の中ではかねがね…(笑) 「山岡家 岸和田店」

南州軒がぁ…(号泣)


のリカバリーで来てみました…


■山岡家 岸和田店【地図】
@大阪府岸和田市三田町623-1
【営業時間】24時間営業
【定休日】年中無休
【電話】072-493-2200
【駐車場】店前あり
P1020865.jpg
P1020863.jpg
最初は和泉市にある南州軒を目指したのですが
あいにくの閉店という憂き目に…orz

近くでリカバリー店を探したところコチラに白刃の矢が立ちました。

というのも…

私の友人で死ぬほどこちらを愛している男がおりまして、彼が

『このお店の味はネ申なので一度は食べてみろ!』

と。 つまりその挑発に乗ってみたと言うわけで…(爆)

このお店は北海道に本社がある『山岡家』の大阪では初のお店です。

■店内&お品書き
P1020868.jpgP1020869.jpg
入口ではタッチパネルになったオーダーマシーンが出迎えてくれました。
そんなマシーンの使い方が解らぬまま見よう見まねで押してみまして…
デフォの醤油ラーメンと自慢の餃子をチョイスしました♪


■ラーメン(590円)
●スープ:豚骨+醤油系
●麺:中太ストレート
●具材:チャーシュー、メンマ、ほうれん草
P1020871.jpgP1020872.jpg
P1020873.jpg
店内はテーブル席とカウンター席で構成されてます。
そしてマンガがたくさん設置されてるのが印象的ですね〜♪
そして既にオーダーした後に卓上にうんちくがどっさり書かれたPOPが…
これは最初から欲しいアイテムでしたね。
 
赤のカウンターに腰を下ろして待ちますが、すぐに着丼いたしました。
P1020874.jpg




■デッドで!
P1020875.jpg
ビジュアルは豚骨メインだがかなりオイリーなもの。
ハッキリとした味わいはわかりやすく、見たまんまのイメージですね〜(笑)

肝心のラーメンですが、そのビジュアルは家系豚骨。味噌、塩をはじめ
いろんな味わいがチョイスできますが、最初はデフォで醤油で!
それがコチラのお店を楽しむ第一歩か、と。


具材は、チャーシュー・ネギ・海苔・ほうれん草と、家系の基本をおさえています。
P1020879.jpgP1020888.jpg



麺は中太ストレート!
麺は標準量でも結構多いです。太く短いのが特徴ですね。
P1020882.jpg
食べ応えはありますが、全体的バランスからすると
ちょいと麺が浮いてる印象は否めず。

麺がスープを弾いてるんですよね…orz

マッチングは個人的に残念な結果でございます。



■自慢の餃子(230円)
羽のついた皮はパリッとしており旨そうな雰囲気を漂わせております!
P1020893.jpg
その価格も至ってアベレージですし、味わいもそう。



P1020892.jpg
P1020897.jpg
特徴や特筆点はないのですが、誰でも普通に美味しく
食べていただける安定感のある味わいだと思います。
価格とCPは某専門店には及びませんが、
麺も餃子も、とにかく共に


「アベレミクス」


↑:※アベレージなメニューがmixされてるという意味ね(笑)

でございました!



■食べてみて…
P1020867.jpg
夜のリカバリーというシチュエーションでお邪魔しましたが
ファミリーや、学生さんでかなりの賑わいを見せています。
たくさんの「セットメニュー」がありまして「とにかくバリエーションが!」
というお客さんには充分満足なラインナップだと思いました。

ただ、豚骨臭のダメな方は避けた方がいいかもしれません。
私は全然平気でしたが…(爆)

最後に…
コチラのHPを見て思ったんですが、やはり本社は北海道。
全国でも関東以北の店舗展開がメインなんですね〜♬


※『へぇ〜 大阪初出店やったんや〜♬』
と思ったならポチッとな♪(ρ°∩°)
  ↓↓↓

食べ歩き ブログランキングへ

※『さすがに「神」は言い過ぎやろ!!!』
力強く断言できるならこちらを一緒にポチッとな♪(ρ°∩°)
 ↓↓↓
にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ

テーマ : ラーメン
ジャンル : グルメ

Tag:岸和田市 

かに道楽 岸和田店

と~れとれ♪ ぴぃ~ちぴち♪ 
カニ料理~♪♪ by キダ・タロー(ベタw)

■かに道楽 岸和田店
@岸和田市小松里町2570
【営業時間】11:00~23:00
【定休日】無し
【電話】0120088622
【駐車場】専用アリ
■かに道楽なう
堺からの法事の帰り道。「飯食おか~!」と堺市内で行こうと決めて訪れたのが老舗ビフテキの南海グリル。「さぁ~肉食うど!!!」と気合いを入れていったのだがあいにく「14時でLOです...」との素っ気ない返事(泣)仕方なく堺からの帰り道を物色することに。途中、カニ道楽があったので「ここへ行こう!!!」と同乗者達が言うも店前の道が渋滞しておりお店への道を曲がる事が出来ず、敢えなくそのまま直進するハメに... そして久しぶりのR26。ぐんぐん南進しながらお店を探すも左側より反対車線の方が食べ物屋が多い事に気づく。「どうしよか~」と思ってたところ見慣れたカニの看板が現れた!!! どうしてもカニを食べたいようだった同乗者達は即座に「今度はちゃんと道曲がれよ!!!」と後部座席から恫喝する(苦笑)結局、お店へ到着したのは15時前でした...



■かに特別会席
カニ道楽では珍しいロードサイドのお店ですが店内はゆったりとかなり広く作られてます。靴を脱ぎ中央の堀座敷へ案内されますがさすがにこの時間は他にお客さんがおられず貸し切り状態でございました。(苦笑)そしてこの時間だとランチメニューは既に終了してましたので16時までの会席をオーダー。それに単品を追加し「とりあえずビール」です(笑)会席はいいのですが、「万が一量が足りない!」場合を想定するともう何品かをオーダーし、その不安を消しちゃいます!!!


■カニ刺と茹でかに














■かに天麩羅                           ■焼きガニ














■茶碗蒸し            ■かに押し寿司         ■お吸い物















■〆のデザート
シャーベットとソフトクリームのちょうど間くらいの柔らかさ♪ なかなかさっぱりしてて食後のデザートとしては品質に興味がわきました♪ この抹茶のソースなんかはリアルな抹茶を使用されてます。最後の〆としてはメチャうまでした!!!  さて、かに料理ですが旬の時期を外していますが、やはりカニはカニ。たま~にはカニ道楽で腹一杯食事したいですね♪






Tag:岸和田市 

南州軒(ナンシュウケン)2005/09




南州軒(ナンシュウケン)
@岸和田市磯上町

旧26号線を大阪方面左側の道路沿い
岸和田競輪を過ぎてすぐの交差点手前の
赤い提灯が目印の軽トラックで青いトタン屋根
の下で、ベンチを5ぐらい置いて営業してます

営業時間:19:00~翌3:00
(写真)ラーメン 500円

●スープ
鶏ガラスープメイン 野菜系の味わい
アッサリ系

●麺
何の変哲もない普通ストレート麺

●具
ゆで卵 もやし チャーシュー(クセ有り)

●全体的印象
他のラーメン屋を探している途中で、赤い中華そばの提灯を
発見しその方向へ行ってみると路上駐車する車が何台もあった。

お! えらい人気があるやんかぁ。。。

と覗くと、お客さんが待っている!!
しかも軽トラで営業しており、ベンチのみ!!
これは期待できそうや!! と思うも
あまりの混雑ぶりに後にまわることに。。。

30分後、誰もいなくなったお店に突撃しました。

メニューを見れば、ラーメンのほかに、
塩ラーメンとチャーシュー麺の二つのみ!

トタン屋根の下には傾いた低いテーブルが1つ。
その上には無象さにコショーといっぱいのゆで卵が
置かれており、自由にお食べ下さい状態です。

ラーメンは鉢の下にプラスチックの受け皿が付いてくる。
どうやら、ラーメンを載せるテーブルが無いので、
それを持って食べろ!と無言のプレッシャーがあります(笑

さて、当のラーメンなんですが残念ながら期待したわりに
あまりに普通のよなきそば。

麺茹でも柔らかく、特に味わいもないもの
スープもアッサリ系でいわゆる懐かしい系の味わい。

この味であの行列??

と思ったので、いきなりマスターへ聞いてみると
いっときにお客さんが重なってなぁ。。。w

というオチで訪れてました。。。汗汗

大きな期待はうらはらな結果となる事が多く、
残念ながごくごく普通のような物でしたね!!

味わいは普通で、麺伸びしてるしなぁ。。。

あとは、雰囲気で食べてください!
屋号も看板もあがってないので、お店の名前は
マスターに聞くしかありませんでして! 笑

お店は「南州軒」というそうです! 

Tag:岸和田市 

応援クリックお願いします
↓↓↓:m(_ _)m
検索フォーム
プロフィール

とこわかはる

Author:とこわかはる
■「デッドで!」とは?
「レンゲを使わず丼鉢に直接口をつけて飲む」つまりダイレクトでスープを飲むということを表しております。よって「デッドで!」とは「鉢に口をつけて直接スープを飲んでみた!」という意味になります。
友人が最初に使い始めたのがきっかけで、この飲み方を広く普及すべく「デッド飲み推進会」に入会しまして、日夜活動に勤しんでおります。
会長によると語源はゴルフ用語由来なのだそうですが… 私はゴルフをしないのであまりよーわかりません(笑)

■私の肩書き
・デッド飲み推進会副会長
    兼 和歌山支部長
・情熱和歌山ラーメン部々長
・情熱大阪ラーメン部所属
入会(部)者を募集中です♪

■私のひととなり
ラヲタではありません。
単純に「中華そば」が好きなだけでございます(笑)​
私にとって「麺」とはオアシス。そんなオアシスを求めて和歌山を中心に近畿圏を放浪中♪そして智弁和歌山野球部のファンでもあります。
将来に不安を抱えているので第二の職を視野に入れてます。実は中華そば屋を経営するのではなく歌手デビューを狙ってます​(爆)

カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
地域別カテゴリ
料理別/シーン別カテゴリ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カウンター