徳島ラーメン ひろ家  2009/04/23

リベンジを果たしました\(☆o☆)/



■徳島ラーメン ひろ家
@大阪府柏原市大正3-4-8
【営業時間】
11:00~15:00
17:00~23:00
【定休日】
第2、4水曜日
(祝日の場合は翌日)
【電話】0729-71-3929
【駐車場】5台
■初訪問♪
以前より絶対に訪問したいリストの上位にランクされていたこちらのお店はJR大和路線柏原駅を下車し徒歩10分弱の距離にあり「徳島ラーメン」を提供してくれるお店です。つい1ヶ月程前、仕事が休みの日に満を持して訪問するも臨時休業という憂き目にあったのは記憶に新しいところ。このまま放置しておくと一生行けそうにない気がしたので再度こちらから縁を結びに訪問してみました!(モチ、事前TELにて営業確認は済みですww)





■肉入りラーメン(650円)
●スープ
豚骨+やや甘辛しょうゆ
●麺
普通ストレート
●具材料
煮肉、メンマ、ネギ、細もやし
●この日の感想
入店したのは13時過ぎ、ウッディな内装でテーブル席が2つにカウンター席という構成。
お店中央にレジが置かれそれを囲むように客席が配置されてます。お客さんは8分の入りで私が食べ終わるまでの間もひっきりなしでお客さんが出入りするという繁盛ぶり(笑) そんな中オーダーしたのが肉入りラーメンでした。


しばらくして運ばれたラーメンを前にし


(ん… なんか足りひんな…)


と一瞬考えるも


『あ!生卵忘れてるやん!!(°□°汗)』


と急いで別売りの生卵(50円)を注文しラーメンに落としてみました!










イヤ~危ない危ない

『徳島ラーメン』と言えばやっぱり『生卵』でしょ?
危うく大事なアイテムを忘れるところでしたわ…(汗)

ということでやっとの事でいただきます!!!



スープは甘系ですが想像より若干弱いですかね!?
ただしトッピングの肉は甘辛く煮込まれており想像通りの出来栄えでした。

しかし、麺は茹で加減が柔らか過ぎておりチト残念でしたよ…(ノ><;)


とはいっても全体的なバランスは良く、

『近いうちに、本場の徳島ラーメン食いにいかなあかんやん!』

と思わせてくれるもの!!!
個人的には、過去に物産展で「(確か)東大」の中華そばを食べた記憶はあるのですが
数十年前のこと。ほとんど記憶には残っておりません。

ですからぜひ今年重に「徳島中華そば行脚」を決行したいと思います。
和歌山からだと、南海フェリーに乗ってチャリで行くのもええかもしれませんなぁ♪
その時にまたツアーメンバーを募集しましょうかね(笑)


しかしひっきりなしに入店してくるお客さんの多いこと多いこと。
かなりの支持率の高さを感じます。メチャ人気ありますね~o(`▽´)o



徳島らーめんひろ家 [ ラーメン ] - Yahoo!グルメ





住所: 大阪府柏原市大正3丁目4-8
最寄り駅: 柏原(大阪府)





※『徳島ラーメンツアーに参加したいな~(≧ε≦)~♪』
という勇気のある方(爆)はポチッとお願いします!(^з^)
↓↓↓
にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ(文字をクリック)

Tag:柏原市 

応援クリックお願いします
↓↓↓:m(_ _)m
検索フォーム
プロフィール

とこわかはる

Author:とこわかはる
■「デッドで!」とは?
「レンゲを使わず丼鉢に直接口をつけて飲む」つまりダイレクトでスープを飲むということを表しております。よって「デッドで!」とは「鉢に口をつけて直接スープを飲んでみた!」という意味になります。
友人が最初に使い始めたのがきっかけで、この飲み方を広く普及すべく「デッド飲み推進会」に入会しまして、日夜活動に勤しんでおります。
会長によると語源はゴルフ用語由来なのだそうですが… 私はゴルフをしないのであまりよーわかりません(笑)

■私の肩書き
・デッド飲み推進会副会長
    兼 和歌山支部長
・情熱和歌山ラーメン部々長
・情熱大阪ラーメン部所属
入会(部)者を募集中です♪

■私のひととなり
ラヲタではありません。
単純に「中華そば」が好きなだけでございます(笑)​
私にとって「麺」とはオアシス。そんなオアシスを求めて和歌山を中心に近畿圏を放浪中♪そして智弁和歌山野球部のファンでもあります。
将来に不安を抱えているので第二の職を視野に入れてます。実は中華そば屋を経営するのではなく歌手デビューを狙ってます​(爆)

カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
地域別カテゴリ
料理別/シーン別カテゴリ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カウンター