さながら大阪は日本のスリランカと言っても過言ではないかも! 「スリランカ料理RASAHALA」

スリランカ混ぜ混ぜ探訪シリーズも…

■スリランカ料理ラサハラ(RASAHALA)
@大阪市淀川区東三国4-17-6
【営業時間】11:30~15:00 / 18:00~23:00
【TEL】06-6392-0213
【定休日】水曜日
【地図】お店の場所はコチラ
P1140307.jpg
スリランカカレーに魅せられてはや数ヶ月。
これまで関西圏のスリランカカレーを食わせてくれるお店を
片っ端から訪問してきた「スリランカ混ぜ混ぜ探訪シリーズ」も
ラストに近づいてきましたこの日。
東三国にあるコチラにお邪魔いたしました♪

場所は御堂筋線の東三国駅から徒歩で数分のところ。
商業施設と住宅が密集した場所にひっそりとした佇まいをみせておりまして
ブラックボードに書かれた本日のカレーをすぐさまチェック!(笑)
P1140304.jpgP1140305.jpg
しかし心の中では既にオーダーは決まっているので
いそいそと店内へ足を運びます。




■店内&お品書
P1140303.jpgP1140302.jpg
ランチタイムが15時まであるので
比較的ゆっくりと訪問できるのが嬉しいですね〜(笑)

して入店したのが14時30分前。店内には数名のお客さんがグループで
ゆったりとランチを楽しまれておられます。
そんな中、私めはカウンター席へ陣取りまして
先ずはお品書きを、ば。
P1140263.jpg

P1140264.jpg
当然の事ながら狙いは「混ぜ混ぜ」なのでセイロンプレート♪

カウンター内のマスターからはご飯の量を尋ねられましたので
デフォの量をお願いし、ひと言付け加えます

トッピングは一番辛くないヤツでおまかせで〜♪(苦笑)





■セイロンプレート(1,000円)
しばらくして運ばれたセイロンプレートですが…
P1140267.jpg

「ウヒョ〜旨そう!!! ヽ(゚Д゚)ノ」

やはりこのビジュアルを見ると血湧き肉踊ってくるのがわかります(笑)

配膳してくれたのがスリランカ人のシェフさん♪
「ラサハラ」は「おいしい場所」とのことでした。

そしておまかせだったメインのカレーはチキン!
P1140270.jpg


それに加えて、えんど豆カレー、ゴーヤ、大豆、ポルサンボル、タマネギ…
P1140280.jpg

P1140273.jpgP1140281.jpg
P1140272.jpgP1140283.jpg
もうワクワク感が止まりません♪

食べ方としては少しづつ混ぜ混ぜしてもいいですし、一気にいっちゃうのもよし。
私は当然の事ながら最初から気合いで混ぜ込むタイプですけど(笑)



そして…
P1140290.jpg

ジャジャーン!!!

綺麗に混ざりましたよ〜〜♪

辛み、ほのかな甘味、酸味が渾然一体となって押し寄せてくるスリランカカレー!
ひとつひとつの味わいが日本風になっていてなんともまぁ食べ易い♪
パンチというより全体のバランスを重視されているのが
伝わってきて旨いっす!!!


ただ、気づいたのがお米。ジャポニカ米を使っていると思ってたのに
P1140288.jpg
見ると今日はバスマティライスじゃないっすか!

マスター曰く、その日に用意出来る材料を調理するそうで
毎日、毎日が日替わりとなっているから飽きが来なくていいですね♪
そしてこの日のバスマティライス!
それに関してマスターがポロっとこぼした
「今週は特別な週だったので…」の言葉。
その理由を尋ねてみるとお誕生日週だったそうで

「おめでとうございます〜♪(○´∀`)ノ゙」

の言葉をかけさせていただきました。
P1140294.jpg

P1140295.jpg
そして…

とこ:「私、ラッキーだったんですね、このお米を食べれて」

マスター:「はい、メチャメチャそう思います(笑)」

そんな会話をしながらお料理を堪能させていただきました♪


■食べてみて
P1140309.jpg
今回の訪問で関西のスリランカ料理店は4軒目。
いよいよ訪問記も佳境に入ってまいりました♪
この混ぜ混ぜスタイルが「ザ・スリランカカレー」として
どんどん人気を博し、認知されてきているのがわかります。

とにかくライスにカレーがかかっているだけじゃなく、
その時々の野菜やお肉を混ぜ合わせることで色んな味わいを楽しむ事ができるうえ
味わいの深さ、バリエーションなど日本人の好み、嗜好にジャストフィットしているのが
この理由だと思います。


「いやぁ、スリランカカレーは
やっぱ食べていてホント楽しいねぇ〜♪」
また来よーっと〜♡♡♡(๑´ڡ`๑)


【地図】お店の場所はコチラ


※『どのお店も混ぜ混ぜするカレーやのに名前が各々違うのは何でやろか???』
同じ疑問を持っているならコチラを力強くポチッとな♪(ρ°∩°)
  ↓↓↓

食べ歩き ブログランキングへ

※『バスマティライスとはなんてラッキーなんや〜!』
そう思ったらこちらを一緒にポチッとな♪(ρ°∩°)
 ↓↓↓
にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ

★ブログランキングに参加しております★
皆様からいただきますご声援、応援が大変励みになっております♪
今回もポチッとな」をありがとうございます!m(_ _)m

テーマ : カレー
ジャンル : グルメ

Tag:淀川区 

手打ち麺 やす田

この寸止め麺は圧巻のひと言
(天晴れ(⌒~⌒)v)


■手打ち麺 やす田
大阪市東淀川区東中島1-21-2
【営業時間】
11:00~15:00
18:00~22:00
【定休日】月曜日
【電話】06-6323-6628
【駐車場】近くにCPあり
■やす田なう
西中島南方から徒歩にて訪問。時間にして約15分くらいやったかな。デカい看板はかなり目立つ存在ですね。入店はランチタイムを外れた14時30分過ぎ、お客さんは誰もいませんでした。





■店内&お品書き
入口には手打ちスペースがあまして(ちゃんと手打ちしてまっせー!!)的なアピールがプンプン(笑)そこを横目に進むと向かって左側にカウンターが、そして右にはテーブル席があり腰を下ろします。さてオーダーですが基本的には『塩&醤油』の2つ。先ずは塩をチョイスしました。



■塩そば(700円)
●スープ
いりこ塩ベース
●麺
平打ち太ややちぢれ
●具材料
チャーシュー、メンマ、ネギ
■この日の感想
先ずは塩。これでもう一杯食べたくなったら醤油をいただくという計画をたててのトライです(笑)



■デッドで!! 
























滋味深い味わいで塩がピリッと利いている印象。
華やかさや派手さはありませんが実に落ち着いたどっしりした雰囲気に感動します。

デッドで飲んでもその奥深さがじっくり味わえると言うもの。
ただ、食べ進むにつれいりこベースですがもうちょい前にでてもエエかな?
という気がしてきますがあくまで個人的好みの範囲です♪
















そして期待の麺ですが、とにかく噂に違わぬ素晴らしさで秀逸。
限りなく饂飩っぽいですが、中華麺らしさは失われてないのに驚いちゃいます。
(無鹹水だとうどんになっちゃうよなぁ~)
と思ったので店主さんに聞いてみると、鹹水は若干量が加えられていることでした。

陳腐な表現ですが『うどんの手前の中華麺』というギリギリの味わいを
引き出しされてまして本当に素晴らしい麺だと思います。
そんな旨さに感動したので醤油を連食いたします(爆)




■醤油そば(700円)
●スープ
醤油ベース(かつお)
●麺
平打ち太ややちぢれ
●具材料
チャーシュー、メンマ、ネギ
■ボニート、ボニート、ボニート!
ビジュアルですが澄んだスープに鰹が載ってます。そのため先ずは鰹の香りの洗礼を受けることになります。




■デッドで!






















醤油ベースで鰹の味わいが全面に出てまして風味が非常にわかりやすいもの。
心なしか塩より早く麺と馴染んだ気がするので
マッチングはこっちの方がエエかな!? って感じがします。

















そして先に触れなかった具材料についてですが… 
チャーシュー、太メンマ、白ネギといたってシンプル。
見た感じはさっぱりと、そしてアッサリとしてそうなんですが
意外にもシッカリとした味付けに満足♪ 
ラーメン全体の完成度もめちゃめちゃ高いものですので最後までおいしくいただけました。

現在はつけ麺はお休み中とのことでしたが
是非ともいちど食べてみたいと思いました。また来るぜい!o(^-^)o

【お店の場所はコチラをクリック♫】


 私のおすすめ:
ラーメン 白河手打中華そば一番いちばん 特製手打ち中華そば

Tag:淀川区 

人類みな麺類

目印は小川会計事務所1F
『白いのれん』でごわす♪


■人類みな麺類
@大阪市淀川区西中島1-12-15
【営業時間】
11:30~14:00
18:00~22:00
(チャーシューなくなり次第終了)
【定休日】日曜日、第2・4土曜日
【電話】06-6309-9910
【駐車場】近くにCPあり
■人類麺なう
家族の所用のお供で西中島南方へ。それが終わるまでの間は放置プレイのため一番近い麺屋のコチラへ訪問。ラーナビで場所を確認したものの、どうしてもお店がわからない。何回も阪急西中島南方駅周辺をグルグル回ってると… あっ!!!(」゜□゜)」 白い暖簾が掛かった入口を発見。しかしなんですなぁ、屋号書いた看板とかなかったら全くわかりまへんがな…(^。^;)




■店内&お品書き
まさか会計事務所ビルの1Fがラーメン屋とは思ってもみませんでした。店内に入ると先ずはカウンターがありまして、奧にテーブル席が広がってます。入口に一番近いカウンターに腰を下ろしお品書きをチェック。醤油と塩がありますが初訪なのでデフォの原点をいただくことにします。



■らーめん原点(750円)
●スープ
醤油やや甘系
●麺
やや太全粒粉高加水
●具材料
チャーシューね塊、太メンマ、ネギ
■この日の感想
店内は若いお客さん、特に女性のお客さんが多く目立ちます。大きなTVからはミスチルのPVが流れ、ラーメン屋というよりcafeっぽい雰囲気。そんな中、ラーメンが配膳されました♪


■デッドで!! 
目の前に置かれた鉢を見るや否や…
























『肉、デカすぎやろー!!
;`皿´)』

(コレはアカン、絶対にアカン!!!)

チャーシュー不要派の私としては味わい以前に
絶対許し難いビジュアルに食べる気も萎えてしまう… 

チャーシューっていうどころか
ただの肉塊... 
まるでCP9が操る「鉄塊(テッカイ)」をも凌駕する破壊力

見た目だけで引いたのは久しぶりでございます…orz

しかもデカいだけでパサパサ。この状態で、この量いただくのは試練あるいは行…
こんな衝撃はヒガシマルタカ以来でございます

そんなとんでもないスタートでしたがなんとか気を取り直していただいてみます。
















醤油ベースですが全体的に甘口なのが意外です。
麺は加水率が高いであろうやや太ストレートで食感はイイですね~♪ 
ただ、スープとのマッチングを考えるとベストではないような気が… 
まだまだ伸びしろはあるように感じました。

厨房をはじめ店内は清潔で素晴らしかったので
なおさら『お化けケチャーシュー』が不要でございました!!!


食べ終わる頃にお品書きを見ると『人類みな1コ』というチャーシューをスライスしたタイプのお品書きを発見!もしデカいチャーシューがダメな方は絶対コチラをお勧めしてましたね!!! 私も断然スライス版をいただきたかったっす…くぅ後悔(ToT)



 私のおすすめ:
わけあり 訳あり 端っこ 焼豚 業務用 チャーシュー 切り落とし( 規格外 不揃い

Tag:淀川区 

ラーメン 時屋(ときや) 2009/06/16

『健康とおいしさ』をテーマに日々頑張っておられます!



■ラーメン 時屋(ときや)
@大阪市淀川区西中島5-1-4 1F
【営業時間】
11:30?15:00
18:00~21:00
(売り切れ次第終了)
【定休日】日曜日、第2、4月曜日
【電話】06-6829-7676
【駐車場】近くにCPあり
■初訪問♪
会長より指令(メール)が入った夕方16時前。見ると『いつものところで18:45』となっている。コレだけ見ればカップルの待ち合わせメールと何ら変わらないので誤解を招かぬように即削除(笑) 新進気鋭のニューカマーが多い中、向かった先は『時屋(ときや)』@淀川区。大阪市内でまだ訪れたことがナイ地域なので早速、書庫を作らせていただきました。



■券売機システム
最近気になるのがCPのお値段で、近くや隣接する駐車場だと同じだと思ってたんですが調べてみると意外にも隣同士で『100円/10分あたり』も違ってたりするから侮れません(^。^汗) 周辺をウロウロしつつ安いCPに駐車しお店に入店したのが20時前、券売機の写真を撮るのに手間取ってしまったので会長は先に券を購入して店内へ~!! 汁麺も魅力的ですが今日は最初から『つけ』しかも連食なので『並』と決めてたので躊躇なくボタンを押しました♪


■後から見たお品書き…(^。^汗)
食券購入後、席についてからあらためて見たお品書き(笑) 見るとつけ麺には『ごはん』が付いてるじゃないかっ!!! (ムムムム、連食するのにメシはイランけどな…)と内心思いつつもつけ麺を待ちます。


■ラスつけ
配膳を待ってる我々にスタッフがニヤリとして言ったのが『お客さんでつけラストでした』というセリフ。すかさず会長が『え!俺がつけ麺頼んでたらとこさんアウトやってんや!!』と叫びます(笑) その時初めて会長が醤油ラーメンをチョイスしてたことに気がついたわけですが、それから配膳されるまでの間にかなりのお客さんが訪問しましたが皆さんが『つけ麺』狙いというかなりの人気ぶりに(つけをチョイスしてラッキーV(^-^)V)と素直に喜んでました(笑)



■店の雰囲気がまたエエねん
我々はテーブル席に腰を下ろしたのですが右側に並んだ10席ほどのカウンター席の雰囲気はまさに『BAR』ですね♪後ろからの画像ですがラーメン屋とは思えません(笑)






■つけ麺(並盛・200g)
小さなだしごはん付(800円)
●スープ
濃厚魚介Wスープ
●麺
腰の強い太麺
●具材料
チャーシュー、メンマ
●この日の感想
しばらくして配膳されたのは会長のラーメンと私のつけスープでほぼ同時に。そこから一呼吸おいて麺が出てきました。先ずはつけスープを飲んで見たのですが『オオッ!!(」゜□゜)」』思わず声が出ちゃう程の濃厚さ! すぐさま会長にも味見をお願いし、私も会長の汁麺スープをいただきました。




■会長がチョイスした醤油ラーメン



『うほほほ… なかなか旨いなぁ』

醤油ラーメンスープもキッチリ魚介が利いたコク淡麗系の趣深い味わいです。

『つけ、ラーメン共に甲乙つけがたいねぇ~♪』

という意見で一致しました!


さて、ちょいと横道に逸れましたがあらためて『つけ麺』に戻りましょう~(笑)






■つけスープ



『ドロドロ』という表現がピッタリな粘度は(ここまで濃いのは珍しいよなぁ)と思わせるほど。
この点はコチラのオリジナルでしょうか!?強い個性を感じます。
豚骨の獣的力強さを感じながら魚介風味もシッカリと主張されてました。

しかしながら『目新しさ』というエッセンスは無く、最近の主流である
『魚介豚骨W(ダブル)』の範疇に収まったものですね…






■次に麺…



見た目にそれと分かる極太麺はツヤツヤ感のある風貌です。
盛られた器の色合いと麺とが絶妙なコントラストを奏でておりビジュアルは◎ですね♪







口に含んで驚いたのがその食感…
良く言うなら『コシが強い』となるんですが、悪く言うなら『ゴリゴリ』でしょうか(苦笑)

食べ始めはこの硬さも『あぁ、このコシの強さがウリやねんなぁ~♪』と思えたんですが
見た目より弾力感がないので食べ進むにつれ噛むのがしんどくなってきました(>_<;)

各々を食べた印象はこんな感じでしたが、
一緒に食べるとつけスープは甘味が強めで、かつ粘度があるので麺とのマッチングはオッケイ。
麺にスープが絡みまくり、甘味の後に感じる酸味がアクセントとなりgoodでした♪







■さぁ〆ですよ~
麺を食べ終わった後は普通だと『スープ割り』が定番ですがコチラのお店は『ダシの張られたごはん』が付いてきます。


■ダシごはん(ノーマル)



小ぶりの丼鉢にご飯が盛られ、お茶漬けのようにダシが張られてます。
このダシは単純な魚風味で意外とアッサリしたもの。トッピングには梅肉が添えられてます。
すでにこれでも充分旨そうなんですが、こちらに残った濃厚つけ汁をかけていただきます。



■ダシごはん(スープかけ後)



で、これがつけ汁をかけたもの。

ダシ、つけ汁の甘味、梅肉の酸味が渾然一体となって押し寄せてきますが
中でも梅肉の効果がいちばん強く感じます。

「まずは甘く感じて、そして魚介の香りが鼻を抜けて~その途中で梅肉の酸味が~♪」

ってな感じ(笑)
サッパリとし過ぎない後口は〆という点ではかなり好印象でしたし
「このつけスープをかけなくても十分旨いんとちゃうの(笑)」
と思ったくらいですわ~o(`▽´)o


この日は連食する予定だったのと『ダシごはん』が付いてくるという事で
普通盛りをオーダーしました。最初は『麺量が少ないかな?』と思ったのですが
コシがあり噛みごたえがあるので普通でも十分満腹感がありました。

大盛・特盛だと最後はめちゃめちゃキツいかもしれませんので
チョイスする時はお気をつけてね~(^з^)-☆




※『あ~また豚骨魚介ですか…(^。^汗)』
と感じた方はポチっとな~!!
↓↓↓
にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ(文字をクリック)

Tag:淀川区 

麺や よかにせ 2009/1/15

立派なモノがそそり立ってました(爆)



■麺や よかにせ
@大阪市淀川区十三本町2-8-4
【営業時間】17:00~翌3:00
【定休日】無休
【電話】06-6305-4123
【駐車場】近くにCP有
■アクセス
『ばっこ志』を後に、2軒目に訪れたのがこちら!ちょうど阪急十三駅を挟んで反対側の通りになります。ちなみにこちらも駅より徒歩3分くらいの距離ですね~






■気合いが入ってます(笑)
店前にあるのがこの看板。『熱血麺キチの入魂つけ麺販売中』という文面に気合いを感じます。こちらとしても(よーし、食ったろやないか!!)と意味もなく受けて立ったろ気分に(笑)




■立派なモノがっ!!!


店内に入っていきなり目にしたものがコチラ!

(いきり立ってるやーん!!!!!)

そうです。壁に掛かっていたのが立派な天狗なんです。
場所が十三なだけにピンク系のお店と間違ったのか、と。(爆) 

お店との関わりは定かでないですがその横には…






これまた意味深な
『滋養豊富』
と書かれた看板!
スープに高麗人参か蝮でも入ってるんでしょうか!?  ま、それはそれでは置いといてっと、体に良さげという軽~い認識で注文に移りましょう(笑)







■おしながき
最初から『つけ麺』狙いで訪問したのですが、おしながきを見ると他に『塩』『醤油』もラインナップされており、それらもまたそそられますね~ しかし初志貫徹と言うことで『つけ麺』を注文します。





■つけ麺(800円)
●スープ
豚骨+魚介の濃厚Wつけ汁
●麺
黄色やや太麺
●具材料
チャーシューブロック、メンマ
●印象
余談なんですが、個人的にもっと若い店主さんを想像してたのですが、(意外と年配の方やーん)と感じてるうちにつけ麺が運ばれてきました。




■まずは麺から…



ビジュアルは黄色の強いやや太麺。普通盛りを注文したのですが結構なボリューム!

プリプリとした食感は強力粉を使ったパスタのような印象で、
適度な弾力性がありなかなかいい具合です♪



■次につけ汁をば



麺量に比べやや小ぶりな器ですが並々入ってます。
鼻をくすぐる香りからも明らかですが豚骨、魚介共にしっかりと表現されており、
連食にも関わらず胃袋が『早く、早くぅ』と欲してます(笑)

ひとくち飲んでみると…

『お!強烈っちゃなぁ(゜∇゜)』

最初から豚骨と魚介のWパンチが飛んできました!
『まさにWスープ』とはこの事で東京の六厘舎を彷彿とさせる印象でした。

プリプリ麺との絡みも十分で相性はバッチリでチャーシューも旨いのです。
ただ、アンチ海苔派の私としてはやはり麺にふりかけられたきざみ海苔は余計でした…(苦笑)


■最後の〆にスープ割りをば。



スープ割りをお願いするとでてきたのがこちらのダシ!!!
濃厚なつけ汁に注ぐと、思いの外まろやかな味わいに変身し旨味も更に増すことに。
アッと言う間に飲み干すほどの出来栄えに満足です。



「全体に甘くかつ濃厚でしっかりと作られうまくまとめられてるな~♪」

という印象も強かったので完成度は高いと思います。
また、塩・醤油ラーメンもラインナップされてるのでつけ麺もさることながら
ラーメンも是非実食してみたい衝動に駆られました。


阪急十三駅界隈はホント、ラーメン屋さんの激戦区なんですが
レベルの高いお店も多く

「男の不夜城」ならぬ「ラーメン不夜城」

なのかもしれません。

十三恐るべし・・・(笑)



※『でも、よかにせってどんな意味なんやろ?(`∇´ゞ』
という素朴な疑問が生じた方はコチラをポチッとなぁ~~~♪(笑)
↓↓↓
にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ(文字をクリック)

Tag:淀川区 

ばっこ志(ばっこし) 2009/1/17

十三界隈を攻める!(-^〇^-)



■ばっこ志(ばっこし)
@大阪市淀川区十三東2-12-41
【営業時間】
11:30~14:30
18:00~翌1:00
【定休日】水曜日
【電話】06-6886-5180
【駐車場】ナシ
■アクセス
豊中にある「ラーメン志」の二号店がこちらなんですが、実は一号店にも行けてないのです。とりあえず出し抜いた形になってしまいました・・・(苦笑)場所は阪急十三駅を下車し徒歩3分。賑やかな商店街の中にお店はあります。店内はカウンターが約8席程のこぢんまりした雰囲気で、客層は呑んだ後のサラリーマンか学生がメインっぽいですね。この日もお店の前で呑んだ後のサラリーマン二人組がお店に入ろうかどうか話をしてたっぽかったところに遭遇したのですが(そんな話してる間に入らんと待たなあかんで…)と思いつつ横をサクッとすり抜け入店したところ、案の定店内は私で7人目。結局、そのサラリーマンらは寒い中店外で待つ羽目になっとりました~ このへんの判断は永年のラー食経験からくるものでしょうか!(爆)





■お品書きをみると…
こちらは『本格豚骨』を看板にされているお店で、言うまでもなくメニューは基本的に豚骨だけ。ただ『黒油ら~めん』という真っ黒スープの変わり種もあります。初訪問ということでデフォにしようと思ったのですが目に留まったのが『特濃』の文字!!! 元々からメニューにはなかったようでしたのでデフォを差し置いてこちらをチョイスしてしまいました…(笑)






■特濃ら~めん(900円)
●スープ
本格とんこつ
●麺
九州産細麺
●具材料
チャーシュー、太もやし、海苔
●印象
待つこと5分。目の前に運ばれたのは正に細麺が入った博多長浜タイプのビジュアル。灰色に近いスープは豚骨臭がほとんどなくメニュー通りかなり濃厚そうな雰囲気を醸し出してます!







ひとくち飲んでみると想像したより上品な味わい。
もっとこうドロドロなものをイメージしてたんですがどちらかと言うと

『クリーミー』

が適切な表現か、と。

このスープに絡むのが九州より直送される細い麺。
スープとの絡みは悪くないのですが麺の主張は控え目で、
あまり記憶に残らなさそうな印象を受けました。


全体的には確かにコクもあり十分旨い!
旨いのですが

『特濃』

と言うにはかなり優しい味わいでした。
というのも
隣では友人のS氏がデフォのとんこつら~めん(700円)を食べており、
そのスープを味見させてもらったところ…

(とんこつら~めんの方がええかも~(」゜□゜)」)

と感じたのも事実(苦笑)
しかも値段が

・とんこつら~めん:700円
・特濃ら~めん:900円

個人的に最後までこの200円のアドバンテージがわかりませんでした…(号泣)


先ほども書いたように旨いのは旨いので
次回の訪問ではデフォのとんこつら~めんをいただくようにしますわ!!



※『やっぱ、200円の差は感じたいよな…f^_^汗』
この想いに賛同いただけるならこちらをポチッとな!
↓↓↓
にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ(文字をクリック)

Tag:淀川区 

ラーメン屋 上方段七  2008/4/14

ラーメン屋 上方段七 2008/4/14


■ラーメン屋 上方段七
@大阪市淀川区西中島5-16-1
JR新大阪駅1F味の小路内
【営業時間】11:00~21:30
【定休日】ナシ
【電話】06-6304-6623
<太平つけ麺>
●つけスープ
名古屋コーチン+老鶏スープ
●麺
自家製平打ち太麺
●具材
チャーシュー、九条ネギ、メンマ




■全体的印象(個人的意見)
仕事の帰りに立ち寄ったのがこちら。新大阪駅の1F、食い物屋ゾーンの一角にあり、かなりお客さんの回転はイイですね。女性客も多く、しかも単独でラーメンに向かう姿は逞しくもあり勇ましくもあります(笑)


先ずは喉をうるおさねば!ということでビールを注文。つくね焼き、エビワンタンそれにおかわり自由のキムチを肴にプハァ~と景気付けをしましょう(笑)
しかし、ラーメンを食べる前にこんな旨いビールのあてを食べてもええんかねぇ・・・ それだけで腹一杯になりそうですが容赦なく「コリコリつくね」「プリプリワンタン」で一気に生中を3杯もいっちゃいました(^^汗)


■太平つけ麺(730円)
小腹も落ち着いてきた頃、狙っていたつけ麺を注文します!!!先ずは麺のみをいただく。プライムハードとモンゴル産かんすいを使った麺はプリプリで歯ごたえも抜群!予想通りの味わいにワクワク♪ たらふくビールを飲んだ後でしたが『麺2玉』を頼んで正解でした(笑)


次に塩ベースのつけスープをすすってみるも、薄そうだがしっかりと味はのっている。九条ネギがサッパリとしたアクセントを与え、麺を包み込んできます!
麺とスープとのバランスは申し分ないのですが、欲を言えばスープがもうちょいと熱ければ言うことナシでした。 しかし疲れた身体にプリプリ麺と旨味あるスープは染み渡ると同時にストレスをぶっ飛ばしてくれるには十分ですね~~~(^_^)v


※やっぱ、車だん吉より上方屋段七やね!!! という方はひとポチお願いします! m(_ _)m
 ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ(文字をクリック)

Tag:淀川区 

担担(タンタン) 2006/04



担担(タンタン)
@大阪市淀川区十三本町1-2-26
【営業時間】18:00~24:00
【定休日】日曜日
【駐車場】ナシ(十三駅西改札降りてスグ)
【電話】ナシ
(写真)ラーメン 700円

●スープ
豚骨ベース+鶏ガラ 醤油

●麺
普通ストレート麺

●具
チャーシュー・もやし・メンマ

●全体的印象
阪急十三の駅を降りてスグの所にあります。
十三の歓楽街の入り口に位置しており、店は呑み帰りの
サラリーマンで賑わってますね。
大きな寸胴に並々とスープを煮だし活気に溢れてるお店です。

メニューはラーメン・700円のみ。
列が二名できてましたが、メニューがラーメンのみであるのと
大将が手際よくラーメンを仕上げていくので、
お客さんの開店はすこぶるよいですね。

豚骨・鶏ガラをベースにした醤油スープはコラーゲンの膜が
張ってるにもかかわらず、あっさりとしていてコクもある。
タレの色はタンタン麺っぽい色の物を入れるのですが
スープをたしたとたん、マイルドな色合いに変わるのですね。

見た目以上に繊細な味わいでしたね。
ここは二軒目だったんで、最初の一軒目として選択する方が
よかったんです・・・・

麺は普通ストレート麺ですが、ちょっと柔らかい印象でしたが
後になって考えてみると、ご飯とのマッチングもあり
このくらいがベストだと思われます。

卓上には、
「おろしニンニク」「キムチ」「ニラキムチ」が山盛りで
置かれており、ご飯二杯までは無料というサービス♪

回りのお客さんを見ていると、みなさんほとんどご飯に
キムチをどっさりのせて食べている・・・
そのサービスが浸透している証拠ですね(笑)
どうしてもラーメンの味わいが消される印象強いので、
箸は伸びませんでしたが、
某店・店主さんがおっしゃるように

「担担の先にラーメンなし・その後にもラーメンなし」

お腹が減ったときに訪れて、
二杯のごはんとラーメンを平らげるのが本筋なようです!
かなりジャンキーな食べ方ですが、これがラーメンの基本
だといえるのです。

こんどは、この食べ方を実践してまいります(笑)

Tag:淀川区 

応援クリックお願いします
↓↓↓:m(_ _)m
検索フォーム
プロフィール

とこわかはる

Author:とこわかはる
■「デッドで!」とは?
「レンゲを使わず丼鉢に直接口をつけて飲む」つまりダイレクトでスープを飲むということを表しております。よって「デッドで!」とは「鉢に口をつけて直接スープを飲んでみた!」という意味になります。
友人が最初に使い始めたのがきっかけで、この飲み方を広く普及すべく「デッド飲み推進会」に入会しまして、日夜活動に勤しんでおります。
会長によると語源はゴルフ用語由来なのだそうですが… 私はゴルフをしないのであまりよーわかりません(笑)

■私の肩書き
・デッド飲み推進会副会長
    兼 和歌山支部長
・情熱和歌山ラーメン部々長
・情熱大阪ラーメン部所属
入会(部)者を募集中です♪

■私のひととなり
ラヲタではありません。
単純に「中華そば」が好きなだけでございます(笑)​
私にとって「麺」とはオアシス。そんなオアシスを求めて和歌山を中心に近畿圏を放浪中♪そして智弁和歌山野球部のファンでもあります。
将来に不安を抱えているので第二の職を視野に入れてます。実は中華そば屋を経営するのではなく歌手デビューを狙ってます​(爆)

カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
地域別カテゴリ
料理別/シーン別カテゴリ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カウンター