天王寺北口だとコチラは外せない!(笑) 「やまちゃん」

ジロジロ見られても気にならないZ(ゼーット)!!!

■あべの たこ焼き やまちゃん 天王寺北口店
@@大阪市天王寺区堀越町14-12
【営業時間】11:00~22:00
【定休日】不定休
【電話】06-7850-7080
【駐車場】近くにCPあり
【地図】お店の場所はコチラ
P1180506.jpg
花野商店で飲んでいる間に辺りはすっかり暗くなっちゃいまいして
ほど近いコチラで2軒目チョイス。
ハイ、言わずと知れた「やまちゃん」でございます♬




■店前&お品書き
P1180508.jpg
店前のテーブル席に陣取りましてオーダーは超デフォのソースを、ば。
そして、ここでもまたビールをチョイスいたしました。

店前のテーブルは当然オープンなので通りを行き交う人と
常に目を合わせる格好になります。
その目がが気になる方にはオススメできませんが
個人的にはオシャレなオープンカフェと何ら変わりない感覚なので
口の周りにソースをつけながら喋っていても全く気になりません(笑)




■缶ビール(300円)
P1180502.jpg
たこ焼きが出来上がったタイミングで冷蔵庫より取り出しました
コチラ一番搾りの並缶(350ml)でございます♬




■ヤング8コ(400円)
P1180499.jpg
そしてたこ焼きですが超デフォの「ヤング」が出来上がり〜♬
ソース&マヨネーズの組み合わせでござい。




そんなたこ焼きですが…
P1180498.jpg

「おおっ、熱々や〜ん♬」

外はカリッと、中はトロ〜リ っていうタイプのたこ焼きなので
熱々だと少し冷まして食べるヘタレ野郎は私の事。
つーか、マジでトロトロの出来立ては熱いからよー冷まさんと
ヤケドしまっせ、ホンマに!


そんなこんなでしばらく経ってから食べ始めました。
P1180503.jpg
こうなるともうそれほど熱くはなくなってまして
イイ感じの温度になってますからビールと一緒にパクパクっと♬
ビール&たこ焼きを満喫です♡




■食べてみて…
P1180506.jpg
P1180500.jpg
いつ来ても少しの時間でチョイ呑みを楽しませてくれるやまちゃん。
ビール(300円)たこ焼き8コ(400円)合わせて700円の至福の時間を
堪能させてくれました。

また寄りまっさ〜〜♬

【地図】お店の場所はコチラ


※『外はカリッと、中はフワッと、は
たこ焼きの基本やね!』

と常々思っている方はコチラをポチッとな♪(ρ°∩°)
  ↓↓↓

食べ歩き ブログランキングへ

※『ビールがもうちょい安けりゃ
言う事なしやのにね〜(笑)』

そう感じたならこちらを一緒にポチッとな♪(ρ°∩°)
 ↓↓↓
にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ

★ブログランキングに参加しております★
皆様からいただきますご声援、応援が大変励みになっております♪
今回もポチッとな」をありがとうございます!m(_ _)m


【『あべの たこやき やまちゃん 天王寺北口店 』これまでの飲食跡♬】
その1:支店、5つもあったんっすね!(驚)

テーマ : 関西の美味しいお店
ジャンル : グルメ

Tag:天王寺区 

天王寺の吞助でここを知らない者はなし! 「花野商店」

外観と店内のギャップの激しさにも酔いしれます♬

■花野商店
@大阪市天王寺区堀越町12-6
【営業時間】<月〜金>9:00〜20:00 <土>9:00〜19:00
【定休日】日・祝
【電話】06-6771-7006
【駐車場】専用あり
【地図】お店の場所はコチラ

天王寺に勤務し20年以上だったのにこんな本格的な角打が知らなかったとは
なんともまぁお恥ずかしい限りでございます。
ということで訪れましたのがコチラ花野商店。

アベノ界隈はキューズモール、ハルカスがオープンし街全体が
装いも新たに変化していく中、まだまだ天王寺北口地区には
昔からのお店が残ってまして、雰囲気そのままに存在しております。

そんな天王寺北口を出て、天王寺商店街をしばらくてくてく歩いてコンビニを
右折したところにお店はありました。
P1180986.jpg
奥には料亭まつむらが控えており、閑静とは言いませんが
静かな佇まいでパッと見る限りは昔ながらの酒屋さん。
ひっそりとしながらもその存在感は際立っておりました。




■店内&お品書き
P1180992.jpg
店内は実に重厚なもの。黒塗りの看板やしっかりしたカウンター。
聞くと四代続く老舗だということがわかりました。

そして完璧なまでの角打ち。
お客さんの平均年齢は間違いなく70歳は越えてます(笑)
P1180991.jpg
そしてゆったりと流れる時間とお客さんと奥さんの会話を聞きながら
酒を楽しめます。


もちろん厨房は無く、かわきもの、缶詰の中からつまみをチョイスします。
P1180987.jpg
先ずは大瓶をオーダー、そしてナッツをチョイス。
私の大好物でございます♬




■大瓶(380円)&ミックスナッツ(120円)
P1180989.jpg
先ずはビールで喉の渇きを癒します♬
コップにはもちろん
天王寺で380円は初めて経験する価格ですね。



そしてナッツ。
P1180998_2015011106374403d.jpg


「う〜ん、角打満喫〜♬」


つまみは乾きものと雰囲気で十分♬
お店のペースに合わせてゆっくり、じっくり味わいながら
お酒を楽しむ事ができますね。

っていうか、自然とゆっくりペースになるから不思議(笑)

ナッツのお皿も
P1180999_2015011106374825a.jpg
フォアローゼスの粗品やもんね♬



そして…
P1180994.jpg
おあいそをしようと棚を見ると「天水」がありました!
四天王寺さんの湧水で作られている純米酒。
もっと早く気づいていれば飲めたのに… と思いましたが
「次回にとっておきなさい」という神様からのお告げでしょう。
次の訪問時にいただきましょう♬




■飲んでみて…
P1180984.jpg
とにかく完全なる角打ちで、ズーッと続いているお店だそう。
おかみさんのトークも軽快で、とにかく居心地がイイ空間でした。

周りのご常連さんしかり、ワイワイするお店じゃないので
時間の余裕がある時にじっくり楽しむことをオススメするお店です。

天王寺に来たときは必ず行こ〜♬

【地図】お店の場所はコチラ


※『こ、これは素晴らしいお店だ!!!』
と直感したならコチラをポチッとな♪(ρ°∩°)
  ↓↓↓

食べ歩き ブログランキングへ

※『和歌山にも花野商店ってあるけど関係あるのかな???』
そんな疑問を持った方はこちらを一緒にポチッとな♪(ρ°∩°)
 ↓↓↓
にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ

★ブログランキングに参加しております★
皆様からいただきますご声援、応援が大変励みになっております♪
今回もポチッとな」をありがとうございます!m(_ _)m

テーマ : 立ち吞み
ジャンル : グルメ

Tag:天王寺区 

古潭 阿倍野店

ココも数十年ぶりに再訪問…



■古潭 阿倍野店
@大阪市天王寺区堀越町 
アベノ地下街 3号
【営業時間】11:00~21:30
【定休日】第三火曜日
【電話】06-6772-9528
【駐車場】近くにCPあり
■こたんなう
天王寺シリーズも本日でラスト(笑)この日訪れたのがコチラあべちかにある古潭。大阪きっての老舗のラーメン屋さんで多店舗展開もされております。そして久しぶりのあべの地下街も数十年ぶりくらいか。以前よりかなり綺麗になりましたが「昔ながら」といった表現がぴったり当てはまる感じです。入店したのが14時過ぎ、それでも4名ほどの行列がありますがすぐに店内へ案内してもらえました。


■店内&お品書き





横に長いカウンターに案内されましてオーダーをば。
とにかくセットメニューやサイドメニューも豊富ですが、
やはりデフォの古潭ラーメンをチョイス。
トッピングも多いですがここには目もくれずとにかくデフォをストレートにいただく。
私のデフォリズムは体の芯まで浸透しておりブレません(笑)



■古潭らーめん
しょうゆ(600円)
●スープ
鳥ベース白濁オリジナルコラーゲン入
●麺
中太ストレート
●具材料
チャーシュー、ネギ、人参、もやし など
■この日の感想
カウンターの目の前は厨房内なのでラーメンを作る様子は丸見えでございます(笑)そしてテキパキとした動きは気持ちいいもの。そうこうしていると着丼いたしました。


■デッドで!
ニンジンが載っているタイプのラーメンは比較的珍しいもの。
しかしその色もパット赤い鮮やかさが食欲を掻立てる効果があります。
そして少し背脂が浮いている醤油ベースのスープをデッドで!

うんコラーゲンやな!!!
(↑:ホンマか?(笑))

お店の売りであるコラーゲン白濁スープですが
ひと言で表すとやはり「マイルド」となりますかね。
ギットギトというのは皆無です。




豚骨だけというものではなさそうで色んな味わいを感じる事ができます。
あっさりとしてそうで、こってりとしてそうで… 

なかなか複雑な味わいですが優しさもあります。

■麺は中太のストレート

しっかりとしたコシがありなかなかに存在感があります。
マッチングは歴史に比例して言わずもがな。
茹で加減もバッチリで地味深い味わいを受け止めて引き立たせてくれてます。



チャーシューは意外にも味わいがどっしりしていて旨す、旨す♪
先にも言いましたがニンジンが絶妙なアクセントを醸し出しており
もやしの存在がそっちのけになっているのがなんか面白いなぁ~って(笑)





■食べてみて…
ホント、久しぶりにアベちかのお店へ来ましたが元気に営業されていること、コストパフォーマンスに優れている事。老舗の味わいは脈々と受け継がれておりました。いろんな支店はあるけれどやはりこの地に産声を上げた本店の威風堂々とした存在が「あべちかに古潭あり!」を再認識させてくれました。また来たいですね~!!!



 私のおすすめ:
大阪ご当地ラーメン友翔(4食入り)

テーマ : ラーメン
ジャンル : グルメ

Tag:天王寺区 

旬菜と海鮮の店 森田屋

大阪本社応援4日目の夜はコチラ♪
天王寺では不動の定番店

■旬菜と海鮮の店 森田屋
@大阪市天王寺区堀越町12-11
【営業時間】17:00~23:00
【定休日】木曜日
【電話】06-6772-6256
【駐車場】近くにCPあり
■森田屋なう
大阪本社応援も4日目に突入しそろそろ本格的に飲みたくなってきたところ。
計画では天満へ行くつもりでしたが
仕事終わりが21時となるので天王寺界隈に場所を変更。
白羽の矢がコチラに立ちました♪ 
元々は西成区萩ノ茶屋にあったお店が天王寺のお店と一本になりました。
この日は取引先さんをご案内しての酒盛りでございます。


■店内&お品書き









一階はカウンターのみ。かなりの広さがありましてサラリーマンさん達で
賑わっておりますがこの日は二階のテーブル席へ案内されました。
お品書きは定番メニューにその日のオススメが別にあります。
お酒も大瓶ビールが460円、生中が390円。
天満価格とまではいきませんが十分及第点でございます。
この日は各々がフリーで片っ端からオーダーしました。先ずは生から♪


そしてオーダーした肴達です♪

■ホルモン…やったかな?w
■くじらベーコン(400円)

















■どて焼き(350円)           
■キンキ開き焼き(450円)















■にら玉                 
■イカ焼き















■かきあげ(350円)           
■焼きそば
















こんな感じでオーダーしたんですが
とにかくこちらも安い♪
ハイCPでございます~m(_ _)m 

そして本日の地酒一番はコチラ♪

■獺祭(だっさい) 600円
相変わらずこれは旨いね~♪
どちらかというと旨口に入りますが
決してトロんとしているこわけじゃなくス~ッと入ってきます。




その肴は不動の四番打者である…






「中トロすきみ」
ウマァ♪でございます!
決して見てくれはよくないですがそんなのイイんです。
これがあれば十分なんです!!! 

で、これで
350円なんです!!!(嬉)
こんな肴を食べ、酒を喰らい
楽しい仲間と楽しいお酒を飲んで夜が更けてまいります…



■飲んでみて…
この日ご案内させていただきました
仕事仲間である取引先メンバー様でしたがご満悦のご様子。
普段は天王寺界隈は来られないそうですが
リピート店に登録していただきました(笑)
仕事帰りに手軽に飲めるすわれるお店「森田屋」は
これからもヘビロテでごやっかいになるでしょう♪



 私のおすすめ:
獺祭(だっさい) 純米大吟醸 磨き50 1800ml

テーマ : 居酒屋
ジャンル : グルメ

Tag:天王寺区 

あべのたこ焼き やまちゃん

支店、5つもあったんっすね!(驚)

■あべのたこ焼き やまちゃん
天王寺北口店
@大阪市天王寺区堀越町14-12
【営業時間】11:00~22:00
【定休日】不定休
【電話】06-7850-7080
【駐車場】近くにCPあり
■やまちゃんなう
仕事が終わって帰る途中、電車待ちを利用してのやまちゃんなう!! 
本店はハルカス&HOOP側ですが、あちらはごった返しているのと
あまりに会社の近くなので顔をさすのを避けるべくコチラへおじゃましました。
位置は天王寺駅北口側のお店でございます。


■店内っていうか店外(爆)


店前の簡易テーブルには既に先客さんが2名ほどおられますが
幸いにもきコチラのお店は谷町筋に面しており基本的にはオープン席ですから
歩行者さんの視線が気にならなければ何でもありです(笑)



■お品書き


たこ焼きの種類の違いはソースの違いか、な。とりあえずデフォを10個オーダー。そして…






■ビール

スーパードライの350ml缶を自分で冷蔵庫から取り出します。これで300円はチト高い… 

せ、せめて500mlだったら… 

と思うのも飲んべえの性か(苦笑)
これだとチョイ飲みは
できまへんなぁ(泣)


■そして、お目当てのたこ焼き、ヤングでおま♪


「ヤング」をチョイス。
トッピングはソース&マヨネーズになりまして600円でございます。


名前にほだされて頼んだ一品♪ 熱々を一個口に放り込みます。


『旨いやないか~い♪』

さすがはやまちゃん。旨いわ~(笑)

鶏ガラと10種類以上の野菜とフルーツで3~4時間煮込んだスープと
かつおと昆布をブレンドした和風出汁を高温で焼き上げ、

外はカリッと中はとろ~りと…

これ好きやわぁ~(≧ε≦)


いくらでも飲みたくなるけどここはひとつ生ビールをおかわりで(爆)






ぷはぁ~♪
ビールと一緒に最高!




やまちゃんの素晴らしいところは何と行ってもこの秘伝スープがだす深みですね。
久しぶりに食べたけどやっぱり再認識しました。この生地の旨さを♪  

何もかけずに食べるのも旨いから是非ともトライしてもらいたいですよね。

季節によって入る野菜もかえるこだわりよう。


やっぱ旨い!!!



■そして、
本社応援2日目の夜は過ぎて…

応援2日目の夜はサクッと済ませときました。
明日は取引先よりお誘いの℡があったので
連夜の出撃になります(爆)

こんな通りに面した場所ですが
ホント気兼ねなく飲めるのがイイね♪

やまちゃんへまた来よ~っと♪



 私のおすすめ:
完全保存版 なにわグルメDVD たこ焼きでんねん 【DVD】

テーマ : ♪おすすめ♪
ジャンル : グルメ

Tag:天王寺区 

【ラスト】お立呑処 種よし

「終電まで呑みまくり勝負」のラスト
~天王寺ゲテモノを喰らふ編~

■お立呑処 種よし
@大阪市天王寺区堀越町15-13
【営業時間】
16:00~24:00
【定休日】1/1.2のみ
【電話】06-6779-2370
【駐車場】近くにCPあり
■たねよしなう
そろそろ帰る時間も近くなったので名残惜しいのですがラストを飾ったのが森田屋からはほど近いコチラ♫ ここ最近はもの凄いスピードで開発が進む阿倍野・天王寺地区。おしゃれな街へと変貌していく一方で昭和の香りがぷんぷん残る天王寺駅北側エリアは大切にして残って欲しい場所。そんな地域でポテンシャルの高さを余すところなく発揮しているコチラは呑みまくり勝負のトリを飾るには相応しすぎるお店でございます。

■ゲテモノ系(笑)にトライ♫
この日も超満員のカウンターですが何とか2名の体を滑り込ませます。
「ラストのお店なんでちょっと変わったもんを食べようか!」ということで










吊り下がっている通常短冊メニューからは
連続のじゃこ天とマグロバターをば。

















そして、前回訪問時から気になっていたこちらのお品書き。





















このゲテモノ系メニューをいただくことに(笑)
ここでチョイスしたのがワニ&ダチョウ♫
一応、おそるおそる食べてみます。

先ずはワニから…

ワニは白身っていうか透明っていうか…
脂身っぽくてプニプ二してます。
意外に甘みがありました。











そしてダチョウ…

身はどちらかと言えば
黒っぽい油の少な目のお肉で
若干クセがあるかな~?って感じ。









ワニ&ダチョウ、共通して言えるのが

名前ほど味わいに
インパクトがない件!

ってことですかね(笑)

珍しいもん食ったよ~♫
とネタでいくなら食べるのもアリかも。



■「電気ブラン」って何?
そんな珍しいカツを肴に生ビールを飲み干してメニューを見ると見慣れない名前にぶつかりました。その名は「電気ブラン」というもの。東京都台東区浅草にある神谷バーの創業者、神谷伝兵衛が作ったアルコール飲料だそうで、初めて聞く名前でしたので恐いもの見たさもありコチラをオーダーします。東京が発祥で数量も多くなかったそうですが最近では大阪でも飲めるお店が多くなってきているようです。さて飲み口ですが琥珀色の洋酒っぽいものですが、ウィスキーよりまったりとしてまして飲み口も甘い。想像してたより優しく柔らかい味わいで意外に飲みやすかったです。気づけば2杯目にも手が伸びてました(笑)

そんな電気ブランを片手にゲテモノ系のトリを飾るのが
子供の頃から憧れ(?)ていた「くさや!」
満を持して注文をしました♫ 

すると…

「これよかったらどうぞ~♫」
「全く手を付けてませんので~」

とお隣の2人組のお兄さん達からのお申し出。

「え?」
「い、いいんですか???」

と問い返すと、

「興味本位で頼んだけど…
 匂いがアキマヘンねん(苦笑)」
「絶対にダメですわ!!!」

とネガな単語が次々と… そう言う彼らの目はウルウルしておりまして
渡されたのがコチラです。初めて目の当たりにする「くさや」です。
























ジャジャーン♪
見た目はただの干物ですわ(笑)

でもね、確かにこの「くさや」に関し持ち合わせている知識としては
「魚(トビウオやアジ)をくさや液に漬け込んで発酵させたもの」
というくらいで、とにかく

強烈に臭い!」

というイメージしかない。

その臭さの表現も
・水が腐った匂い
・牛舎の匂い
なんていうのはかわいいもんで

・腐乱魚臭+動物園の獣臭が混ざったもの
・生ゴミを炎天下に1日放置したもの

というもはやこの世の物とは思えない例えも…
でも一番端的でわかりやすいのが




「う○こ!」かな(爆)

そんな「くさや」とは「お裾分け」という思わぬ形で出会ったのも何かのご縁なのだろう。
お兄さん達のお申し出をありがたくお受けし、
早速そのくさやをひとつまみ口に運びます。

ところが…


「いけるや~ん♡」

という至極拍子抜けしたリアクションをしてしまった私。

もっとこう

「くっさぁ~~、エゲつなぁ~~~!!!」














と岡の八ちゃんばりのリアクションを期待されてたのであろうが(笑)

冷静にとらえると確かに匂いはスゴい!スゴすぎる!!!
指先からは「うん○」をつまんだ時のような強烈な臭気が発せられている。
確かに強烈だが味わいは深みのある干物だということがわかった。

「食べ慣れてくると旨いわ~♫」

とパクつく私を見た兄ちゃん達は

 ヒィー(((゚Д゚)))ガタガタ

と、こんな表情で私を見ていましたが
おすそわけありがとうということで
瓶ビールをお返ししときました♫


さて、そんなこんなで合計6軒をはしごしまして
この日のツアーは無事終了。なかなか実り多いものでございました。

いやぁ
この千べろツアーは楽しいのでオフ会企画しよっかなぁ~♫



 私のおすすめ:
電気ブラン40° 720ml

Tag:天王寺区 

【5軒目】旬菜と海鮮 森田屋

「終電まで呑みまくり勝負」の5軒目
~天王寺編~


(酒の森田2号店)
@大阪市天王寺区堀越町12-11
【営業時間】17:00~23:00
【定休日】木曜日
【電話】06-6772-6256
【駐車場】近くにCPあり
■もりたなう
日本橋に向かいましたがお目当てのお店がなかったので難波をスルーして天王寺に到着。時間は21時を過ぎておりました。今まで散々飲み散らかしてきたのですが天王寺と言えばコチラ。実は二回目になる森田屋さん。西成は萩ノ茶屋商店街の人気店「酒のもり田」が天王寺に出店した旬菜・海鮮『森田屋』つまり2号店です。JR天王寺駅から谷町筋を北へ歩く事数分。大きな暖簾が見えてきます。店内は明るくて広いです。清潔感のあるカウンター席と奥と2階にテーブル席があります。この日もサラリーマンさんで賑わっておりました。ホワイトボードに書いてある中からオーダーします♪


■ポテサラ
これは定番♫(笑)












■白子ポン酢
これも自分の中での定番。
あれば絶対にオーダーしてしまう
一品ですわな。










■鰹たたき
新鮮で旨い!
「魚に自信あり♫」
というふれこみ通りです。










■じゃこ天
愛媛直送のじゃこ天。
骨の食感が残り歯ごたえは独特。











■おでん盛り合せ
濃くすぎない出汁がオススメ♫ 
小腹の空きを満たすには十分かな(笑)











■ホタルイカ
(やったかな?)
これも新鮮でピッカピカ♫
チュルンと入ってきますww











■総評
寒かったので熱燗1本と芋のお湯割りを1杯いただきました。やっぱり練り物が合いますが周りのお客さんは魚類のオーダーが多かったようですね、やっぱ。カウンター内のお姉さんはおあいそしようとした私に向かって
「本店よりちょっと高くなっちゃいました(笑)また西成へ来てくださいね~♫」
とわざわざ声をかけてくれたんですが…



あのぅ… 
私、本店へ行ったことないっす(爆)

ま、そんな野暮な事は口にせずお店を後にしました。
コチラはサクッと飲むにはもってこい。いい意味で使い勝手のいいお店です♫ 
次回は是非とも西成へ行かせてもらいまっさ。

まだ、あと1軒くらいは行けそうやから

じゃ次へ~ うぃ~白\(Θ_+ )



 私のおすすめ:
数の子松前漬

Tag:天王寺区 

【とこの酒場放浪記】お立呑処 種よし

灯台下暗しとは正にこの事...か


■お立呑処 種よし
@大阪市天王寺区堀越町15-13
【営業時間】
16:00~24:00
【定休日】1/1.2のみ
【電話】06-6779-2370
【駐車場】近くにCPあり
■たねよしなう
飲み会の帰り道、電車待ちの時間を利用して案内されたのがコチラでした。20年以上も天王寺で仕事してきたのに全く知らなかったコチラのお店。近くの焼肉店にはしょっちゅう出入りしてるのに自分自身でも「何で気づけへんのやろ?」不思議でなりません。正に「正に灯台下暗し」でございます...orz

■垂れたお品書き(笑)


店内はサラリーマンさんの熱気でムンムン。
この雑多な雰囲気がまさに立ち飲みの醍醐味といえるでしょう♪




そしてカウンターに立つといやがうえにも目立つ
店内につり下げられたお品書きの短冊!!!

これだけあるとさすがに目移りしちゃいますね。
約20分ほどの電車の待ち時間なのでサクッと好みの品をオーダーします♪



■やっぱこれでしょ!(笑)







ホッピーですがコチラも残念ながら氷が入ってました...(泣)
やっぱキンキンに冷えたジョッキにこれまたキンキンに冷えたホッピー&焼酎を
だして欲しい。あくまでも個人的意見ですが(苦笑)





本当ならお店の名物っていうか、珍味っていうか

「くさや、さばへしこ、鮭とば 等」

そそられるような肴がわんさかあるんですが、
これらは次回へのお楽しみってことで(笑)


■立ち飲みラブ♡
店前の看板には「おひとりさまからどうぞ」の誘い文句♪「低価格、安価、晩酌価格」は看板に偽りなしでございます。天王寺北口界隈はなかなかにディープで淫猥な雰囲気のある場所。そんな中に佇むコチラは飲んべえでなくともいちどは立ち寄って欲しいスポットです。仲間で来るのもよし、ひとりでぶらっと来るのもよし、ホッとする空間が天王寺にありました... 遅咲きの飲んべえに乾杯♪(笑)ごちそうさまっすm(_ _)m

Tag:天王寺区 

醤油ラーメン専門 金久右衛門四天王寺店  2010/9/8

会社からもめっちゃ近くなりました♪


■醤油ラーメン専門 金久右衛門
四天王寺店
@大阪市天王寺区四天王寺1-12-4
【営業時間】
11:00~14:30(土曜日は16時まで)
17:30~22:00
【定休日】月曜日
【電話】06-6772-5590
【駐車場】ナシ
■金久右衛門なう
『2号店が出来た!』その情報を耳にしたのはもう随分前でしたがやっと訪問できました。天王寺から歩くこと約10分、谷町筋を北に真っ直ぐ進みますと右側の道沿いにお店が見えてきます。


■お品書き
『醤油ラーメン専門店』のふれ込み通り
つけ麺は無く汁麺のみ。『大阪』『なに
わ』の各ブラックが控えてたんですが初
訪問なのでデフォをチョイス。同行した
取引先さんは躊躇なく『なにわ』をチョ
イスしました。


■金醤油ラーメン
●スープ
クリアでより塩チックな醤油
●麺
やや細ストレート
●具材料
チャーシュー、メンマ
■この日の感想
まだまだ新しい店内は気持ちのいい空間。カウンター席のみの構成ですが席間がゆったりとしているので落ち着い食べれる雰囲気は『◎』です。オーダーしてわりと直ぐに配膳されました♪


■金醤油ラーメン(650円)



ビジュアルは『し、塩…!?(?_?)』と間違えるほどクリアなスープ。
言うなれば『琥珀色を薄くした感じ』というもので、まずはデッドでいただきま~す(^◇^)┛
薄口醤油をベースにしているだけあって見た目以上にパンチがあります。
そして飲むにつれ感じるのが幾重にも織りなすスープの旨味です♪



■麺は…
やや細く堅い茹で上がりですが
脂分とスープが麺にピッチリ絡
みつきます♪
それに加えてスープを先に飲ん
でしまうくらいの勢いでしたので
気がつけばバランス悪く麺が残
ってしまってました…(^。^汗)
かなり厚くスライスされた太い
チャーシューは脂身が少なく
『ん?ちょいと味付け薄いかな?』
という第一印象ですが、スープ
と麺を一緒にいただいた時のマ
ッチングはグッド♪
相性を十二分に考えられて作ら
れたんでしょう。
ただしメンマだけは例外…
風味は無く、固すぎだったのが
残念でございました…(ToT)



■看板
道沿いにありますが黒を基調としたシックな外観なうえ明らかに判るお店の看板が無いのでスルーしてしまうかもしれませんからご注意あれ。よく見ると店の上にご覧のようにマークがありますからね♪ さてこの日は天王寺から歩いて行きましたが最寄り駅は谷町線の『四天王寺夕陽丘』になります。深江の金久右衛門はなかなか行きづらい場所にあったのでこの場所は個人的には非常に行きやすいですね♪滋味深い汁麺を食べたい方は是非どうぞ~♪~(0)v

Tag:天王寺区 

麺屋7.5hz 四天王寺店   2010/5/16

「おまえ何する? 私、塩 俺、中華」


■麺屋7.5hz 天王寺店
@大阪市天王寺区大道1-7-11
【営業時間】18:00~翌4:00
【定休日】日曜日
【電話】06-6772-8475
【駐車場】ナシ
■祝・初訪問
だんだんその勢力を拡大しつつある麺屋系!!一部閉店されたお店もありますが安定感のある高井田系中華を食べさせてくれるのは嬉しい限り。そんな麺屋系がついに会社の近くにも開店しました。開店してしばらく経っちゃいましたが初訪問の運びとなりました♪


■四天王寺さん手前
阿倍野交差点から谷町筋をちょいと北進して右側車線沿い、天王寺駅から徒歩で5分かからずといったところです。店内はカウンター席がメインでテーブル席がひとつ。まずはド派手な黄色のカウンターに目を奪われます(笑) 




■中華そば(550円)
●スープ
醤油エッジの効いた高井田系
●麺
丸太黄色麺
●具材料
赤身チャーシュー、メンマ、ぶつ切りネギ
■この日の感想
呑んだ帰りだったので入店は22時30分過ぎ。でも店内はほぼ満席状態でありました。『待ち』を覚悟した瞬間、カウンター席の2名さんが丁度席を立たれたのでホッと胸をなでおろしつつ中華そばをオーダーしたのでした(笑)

■中華そば(550円)



カウンター席からは丁寧に中華を作る店主さんの姿が見えます。
そして、周りから醤油の香りが立ち込めるなか運ばれたのがスープの色が真っ黒な中華そば!

でも、それが高井田系の証だと言うもの。

醤油エッジフックと濃い口ストレートのコンビネーションにKO寸前です…(笑)





『久しぶりに太っ!!!』

思わず声が漏れちゃいました(笑)
モチモチと弾力のある中太麺は健在で、その醤油スープをガッチリ受け止めます。

赤身チャーシューも然り。
がっしりした味わいと食感はまさに『漢』で質実剛健な印象は変わりありませんでしたm(_ _)m



■おしながき
壁に掛けられたお品書き。麺屋系お馴染み『醤油』『塩』のツートップがメインとなります。しかしこのデフォ中華そばの550円という価格は安いし嬉しいですね~♪ 近くにあるなら毎日でも食べたい高井田系ですわ~(笑)

Tag:天王寺区 

「動物性タンパク質摂取ライブ」焼肉 味道(みどう) 2009/10/05

昨夜の動物性タンパク質摂取ライブ会場が急遽変更になりました!!!


■ 焼肉 味道(みどう)
@大阪市天王寺区堀越町14-7
【営業時間】
17:00~23:00
【定休日】
基本は日曜日
(日、月が連休の場合は月曜日も休み)
【電話】0736-63-1601
【駐車場】近くにPCあり
■味道(みどう)ナウ
当初は東成の今里駅前でのライブを予定してたのですがその会場がお休みだということが判明しこちらに変更となりました。ボーナス&給料カットの憂き目に遭遇している薄給のサラリーマンにとってこの動物性タンパク質摂取ライブは命の綱・・・ 年に一度あるかないかの貴重な時間なので精一杯のライブパフォーマンスを発揮しなくてはなりません!!!(強い決意)


■ライブ開演前



さて、昨日のライブ開演予定は18:45ということで
真っ先に登場してメンバーの到着を待ちますが
メールにて「少し遅れる」とのメッセージが・・・
ひとりでポツンと待つのも寂しいのでリハーサルを敢行(笑)





ハートランド(480円)と特製キムチ(300円)で
喉に潤いを持たせておきましょう。スグに発声できるように(笑)

待つこと約20分、19時過ぎにメンバーが揃いまして
いざ本番!!! 「動物性タンパク質摂取ライブ」がスタートしました♪


これからはライブの模様をご紹介します。

■塩タン(1,800円)



こちらの塩タンは生で食べれるくらいの新鮮さ!!!
サッと炙ってレモン汁でいただきます。





■骨付きカルビ(1,200円)バラ(950円)ハラミ(900円)上ミノ(850円)



カルビは厚みがありメチャ柔らかいです。







バラ、ハラミは定番で、上ミノもコリコリとした食感が秀逸♪







とにかく新鮮さがウリなので超レアでいただけるのが嬉しいかぎり!!!
この写真で各種二人前の量になってます。






■冷麺(800円)
●スープ
お酢を使ったピリ辛
●麺
韓国麺
●具材料
チャーシュー、キムチ、錦糸玉子、梨(豊水)
■この日の感想
当初の計画ではライブが終わった後に新しくできた麺屋7.5Hzの天王寺店に赴こうと思ってたのですが、ライブが盛り上がってしまいましてアンコールの連発に!!!(笑)



■梨が旨いね~♪



日によって変わる冷麺のフルーツトッピングですが本日は梨でした。
水分ののった甘さにピリ辛と酸味がベストマッチ!!!
最後まで堪能させていただきました <(_ _)>

結局、アンコールが終わったのが23時を回った頃
久しぶりのライブはガンガンに盛り上がって終演となりました。
メンバーの皆様ありがとうございました!!! 


※『確かに薄給者にはこのライブは頻繁に行えませんなぁ・・・(泣)
と感じた方は哀れみのポチをこちらまで~(¬з¬)
↓↓↓
にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ(文字をクリック)

テーマ : 焼肉
ジャンル : グルメ

Tag:天王寺区 

煮干しラーメン 四代目 玉五郎 2009/08/24

1玉=150gの公式は覚えとかなあかんど!!


■煮干しらーめん玉五郎
■四代目 玉五郎
@大阪市天王寺区舟橋町19-10
【営業時間】11:30~23:00
(切れ次第終了)
【電話番号】06-6761-3457
【定休日】無休
【最寄り駅】
千日前線・JR環状線・近鉄「鶴橋駅」
【駐車場】近くにCPアリ
■迷った挙げ句に…
成きんかコチラでかなり迷ってしまいますが、気分でこちらのお店に白羽の矢が(笑) なぜこちらに白羽の矢がたったのか?答えは『気分』です…(^O^)




■お品書き前で
この日は会社の仲間と一緒に訪問day。
つけ麺初トライのメンバーもいたので
しばらくは店前にあるお品書き看板の前で
あーだ、こーだと(笑)
でも何だかんだ言ってもみんなの心は
『つけ』で固まっていたようですわ(笑)



■どーだ(≧ε≦)



と言わんばかりのダシの素ですね(^O^)

近づくとプ~ンと魚のイイ香りが漂ってきます♪





■つけ麺3玉(830円)
●つけ汁
豚骨魚介のやや酸味
●麺
やや太ちぢれ麺
●具材料
チャーシュー、メンマ、海苔、ナルト2枚
●この日の感想
お隣の駅で下車するお店と直前まで迷ってたんですがこの日の参加した私以外のメンバーで、まだ食べたことないお店を訪ねたところコチラということでしたので決定しました♪

オーダーしたのがノーマルつけ麺の3玉。朝から腹ぺこマンでしたので

『3玉くらい食えるやろ~(笑)』

と勢いでいっちゃいましたが、
目の前で湯がかれている麺量をみるとかなりヤバいです…(-o-汗)


■麺量…



『ドン!!!』

目の前に置かれた丼鉢はマジでど迫力!
鉢の底にはもうしわけ程度の水切りが敷かれてますがその殆どが麺で
溢れんばかりになってます。

加水率の高いちぢれ麺はその太さも相まってかなり固い仕上がり!
麺を1本とって食べてみますが予想通りな食感でした。


■つけ汁



唐辛子の粉が浮いたスープは魚粉の利いたやや甘いタイプ。
濃度はそんなに高くないので3玉の麺と汁との絡みが心なしか心配になりました…(汗)






てんこ盛りになった麺をガシッと鷲掴みにしスープにぶち込み、
一気に啜り上げます♪

ピリッとした唐辛子はやや甘スープのアクセントとなりますね~o(`▽´)o
最初のスープとの味わいやマッチングは申し分ないのですが食べるにつれ予想が現実味を帯びてきました…

というのも2玉を超えたあたりからスープがかなり薄くなるうえ味わいもだんだん飽きてくるんです。


で、結局は麺を胃袋にねじ込みましたが最後は腹がパンパンで涙目に(T_T)
厨房内のスタッフに1玉の麺量を聞いてみると『150g』だと。

つーことは3玉で

『450gかよーーー!!!(」゜□゜)」』

みなさん、美味しく麺をいただくために麺量はセーブしましょうね…



※『でも3玉食われへんって情けないよな…(-o-汗)』
そんな厳しいツッコミはコチラをポチっとな~(ρ°∩°)
↓↓↓
にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ(文字をクリック)

Tag:天王寺区 

煮干しラーメン 四代目 玉五郎  2009/4/13 

4店舗目となりましたね( ̄∀ ̄)



■四代目 玉五郎
@大阪市天王寺区舟橋町19-10
【営業時間】11:30~23:00
(切れ次第終了)
【電話番号】06-6761-3457
【定休日】無休
【最寄り駅】
千日前線・JR環状線・近鉄「鶴橋駅」
【駐車場】近くにCPアリ
■初訪問♪
本店(天六)、二代目(日本橋)、三代目(難波)、それに加えて『四代目が出来た!』と聞きつけやってきたのは鶴橋。JR環状線鶴橋駅を下車し高架をくぐってスグのところにある好立地です!
車で来ても近くにCPがあるので問題ナシ。私のような電車族にとってありがたさこの上ない絶好のロケーションでおますなぁ~(*^o^*)






■店前に…
控えるのは券売機。普通、店内に入ったところに設置されているお店が多いですがこちらは思いっきり店外にありました…(苦笑)数量限定の黒味噌つけ麺にもかなり惹かれますが、ここはおとなしくノーマルつけ麺をいただくことにしましょう!






■つけ麺(2玉) 830円
●つけ汁
豚骨+煮干しのWスープ
●麺
やや太ちぢれ麺
●具材料
チャーシュー、ナルト、メンマ
●この日の感想
券売機には店スタッフが張り付き笑顔での接客を実践中でございます。店内は黒を基調とした内装で座席はカウンターのみの構成。入口付近もそうなのですが煮干しの入ったパッキンが所狭しと並べられております。




■麺
しばらく待って目の前に運ばれてきたのがコチラの麺!

(ハテ?こんなに太かったっけ??)

第一印象です。






やや太いちぢれタイプで、コシもしっかり残ってます!!
加水率が高そうで個人的にかなり好きな部類に入ります♪




■つけ汁



玉五郎らしい煮干しがガツンと効いたもので、
一味唐辛子のピリピリ感とやや甘スープが見事なハーモニーを奏でています♪

プリプリちぢれ麺とスープの相性も素晴らしく、絡み具合もイイっすね(*^o^*)

こちらの甘ったるいつけ汁は個人的には思いっきりストライクなんですが
麺と一緒に食べるとどうしても麺が勝ってしまうんですよね。
「もうちょいと濃いコクがあればなぁ~」
っていつも感じます!






■美味しい食べ方…



を読むと書かれていたのがオリジナル薬味である

『ゆず三ツ葉』

別皿で50円ですが、かなり気になったので試してみました!





ま、見たまんまですわ(笑)

そして、台下冷蔵庫からこの小皿を出してこられたんですが
もうちょい綺麗に盛りつけしてくださいよぉ・・・(苦笑)

これだとせっかくの薬味があまりにも美味しくなさげです。


気を取り直してつけ汁に落としてみると…





こんな感じです♪
三ツ葉とゆずの香りは思いのほか強烈でインパクトも十分。

ただし、三ツ葉がかなり多い・・・(汗)

多いっていうか、もうちょい細く刻んでくれた方が
より三ツ葉の良さを表現できると思いますね…







■で、最後は〆でコレ!!!



白濁したスープを足してのスープ割りですが
持つのを気を付けて下さい・・・

『メチャ熱いですから!!!(」゜□゜)」』




ふと思ったのですが、このところ玉五郎系に行った時にはいつもつけ麺を食べてますね…

しばらく煮干しガツンラーメンをいただいてないので
次回は忘れないようにしなくては!!!と
気合いを入れ直しておきますわ(笑)




※『そこまで気合いを入れんでもエエやろ!?(苦笑)』
というツッコミポチはこちらまで~(`∇´ゞ
↓↓↓
にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ(文字をクリック)

Tag:天王寺区 

らーめん熊五郎 天王寺ステーションプラザ店 2009/2/6

最初はここに来る予定ではありませんでした…(苦笑)



■らーめん熊五郎
天王寺ステーションプラザ店
@大阪市天王寺区悲田院町10-48
ステーションプラザ4F
【営業時間】11:00~21:00
【定休日】ナシ
【電話】06-6775-4139
【駐車場】ナシ
■実は…
最初は市大病院前にある『極』へ行ったのですが… 『臨時休業』でしてん(-.-汗) 時間がなかったので近くで思いついたこちらのお店に急遽変更いたしました。




■狙いは…



熊五郎に決定した時点で狙ったメニューは『つけ麺』でした!
壁に貼られたおしながきにはデフォの和風あっさりつけ麺があり、隣には

『近日発売』

と書かれた紙!
その下側を覗くと『豚骨スープ』とありました。

これは次回へのお楽しみということで(笑)、デフォをチョイスしす!




■あっさりつけ麺大盛り(850円)
●スープ
和風ダシの効いたつけ汁
●麺
弾力があるやや太麺
●具材料
チャーシュー、味玉子、ほうれん草
メンマ
●印象
大盛りを注文するも並と同じ850円の料金システム。麺茹でに時間がかかるということでしばらく待つことに…




■スープ



見た目も香りもかなり和風な印象が強いもの。
酸味も効いていますが、それ以上に魚ダシチックな味わいが強く、より和風感を醸し出してます!



■麺



見た目は透明感のあるやや太麺。
箸で掴むと分かりますがかなり弾力があり、引っ張るの伸びそうな感じ(笑)
麺自体の味わいはアベレージです。

つけ汁との相性は悪くないんでしょうが、
つけ汁の味わいがパンチに欠けるものなので全体的な絡みも少ないと言わざるをえません…
更に、スープの温度が低いのもマイナスポイント。
早い段階で冷めてしまったのが残念です( ̄○ ̄汗)


おそらくこの麺にはあっさり系より濃厚系つけ汁の方が向いている気がするので
近日発売予定の豚骨スープに期待をしましょうか…


とは言うものの天王寺ステーションの上というロケーションのため
お客さんはメチャクチャ多かったでっせ~!





※『駅にある麺屋はどこでも結構流行ってるよねぇ~!』
と感じる方はポチッと願いますわ~♪(^O^)
↓↓↓
にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ(文字をクリック)

Tag:天王寺区 

他称「ティラノサウルス」とは私の事です!  白雲(パゴダ)  2008/10/27

大阪の焼肉といえばやっぱここは外せません!!!





白雲(パゴダ) 
@大阪市天王寺区小橋町12-15 107号
【営業時間】12:00?22:00
【定休日】火曜日
【電話】06-6764-7647
■アクセス
近鉄上本町とJR鶴橋駅の丁度中間くらいにあり、どちらからも徒歩5分くらい
の距離があるんですが、どーでもエエ事ですがいつもどちらから行くか
悩むんです・・・(笑)



■久しぶりの肉~~~~~♪



この日は以前より計画していた「焼肉を食べよう会」の開催日。
チョイスした場所は大阪で焼肉を語るには絶対外せないお店のうちのひとつである白雲(パゴダ)

「じゃ、今回はパゴダにしょっか~♪」

という提案には誰もが異論のないところです。




■肉・肉・肉

仕事の都合で10分ばかり遅れて到着したのですが、ありがたいことに
メンバーはちゃんと待っていてくれてました♪

席には特上ハラミ、特上ロースそれに特上タンがお皿一杯にドン!!! と置かれております (^_^)v





しかし、いつ来ても思いますがここのお肉はうまいよね~♪

店主さんのこだわりで毎日新鮮でイイお肉が仕入れられているとのことですが
その味わいは太鼓判を押せますわ!!!


写真ではわかりづらいですが、分厚いうえ大きさも100円ライターの1.5倍はありますから
食べ応え十分ですねん。しかもその肉質は柔らかく箸でちぎれる程。
中でも「特上ハラミ」は適度なサシも入り、旨味も申し分ナシ!

普段、家族で行く時は
まず生レバー・ユッケ → ちぢみ → タン → ハラミ という順番で
炙ってゆっくりレア食べるのですが、この日はとにかく肉のボリュームが「大」
しかも「焼肉奉行」なる御方がいらっしゃったので



ガンガン焼きまくり(笑)



次から次へと鉄板にお肉が置かれるので
「食べる」そして「焼く」という作業をこなすのに必死のパッチでした・・・

挙げ句の果てに


このタンを先にやっつけましょか~♪






とこんな感じでタンのみが焼かれてしまいました(苦笑)

(オヒオヒ、モウチョイトバランスッテモンガ・・・汗)




お肉も旨いのですがここのキムチも最高で
アッと言う間にお皿は空っぽに・・・(画像を撮る前になくなりましたww)
生系を注文するのを忘れるほどでした。




さて、気になるお値段の方ですが
ご馳走していただきましてわかりません!!!(爆)


いやぁ~ ホント焼肉は最高ですな。
機会があれば是非とも訪れてもらいたいお店のひとつです。

「ティラノサウルス」の私にとって至福の時間でありました♪♪♪

ところで、こちらのお店の読み方って
「パコダ」「パゴダ」どっちなんでしょうか???
看板には「パコダ」ってなってるし
HPは「パゴダ」って・・・(謎)




http://img.map.yahoo.co.jp/ymap/mk_map?lat=34.39.46.861&lon=135.31.39.741&width=300&height=300&sc=3&size=p∝=gourmet


住所: 大阪府大阪市天王寺区小橋町12-15
最寄り駅: 上本町(大阪府)


※2008年10月27日時点の情報です。



※『うおぉー! 「パコダ」と「パゴダ」どっちやねんな~~~!!!』
と思った方、こちらは迷うことなくポチっとな~~~(笑)
↓↓↓
にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ(文字をクリック)

Tag:天王寺区 

天王寺で「焼肉!!!」といえば   2008/6/20









■和牛専門店 焼肉味道(みどう)
@大阪府大阪市天王寺区堀越町14-6
【営業時間】18:00~24:00頃(不確定です)
【定休日】不明
【電話】06-6779-3613
【駐車場】ナシ


■ご贔屓の焼肉店
「天王寺界隈で焼肉を喰う!」となると有無を言わず訪れるのがこちら「味道」
和牛専門店の謳い文句通り新鮮で旨い肉を食わせてくれます。

2階建ての店内にはカウンター席(1F)とテーブル席(2F)があります。
そんなに広くないですがこじんまりとしてゆっくりと食べることができます♪

メニューは普通の焼肉店と同じですが良心的な価格のうえ
とにかくお肉が新鮮!!! これが一番のオススメポイントか、と。
(目の前の肉に目がくらみメニューを撮り忘れました・・・汗)

注文したのが・・・

・生きも
・ユッケ
・塩タン
・骨つきカルビ
・バラ
・ハラミ
・ナムル&キムチ盛り合わせ
・温麺

というラインナップで肉の平均価格が800円~1200くらいだったと記憶しております。

上・並 というグレードは設定されておりませんのでわかりやすく
特筆すべきは生肉系! とにかく甘い味わいがグッドです♪
(レバーの色が黒く写ってますが見た目はもっと赤い血の色をしてま~す)

個人的に焼肉を食べるときはできるだけ高いメニューから
チョイスするようにしてるんですよね。
というのも、高いお肉は旨いのは当然なんですが、
サシが多いので量を食べる前にその肉汁の旨味に満足したうえ
不必要な注文も避けることが出来ます。

単品として高くてもトータル費用は抑えられていたりするんです。

結果的に

「え、こんなに旨い肉でこの値段???」

なんていう嬉しい結果がともなうことになります(笑)


普段はあまり注文しないのですが、この日はメンバーが食べる冷麺に触発され
〆に韓国温麺を食べてみました。

椎茸や牛骨のダシが利いたスープに韓国特有のコシのある麺は美味しかったのですが
温かいメニューを選択したのが失敗・・・

やっぱ、さらッと冷麺をいっとけばよかったなぁ・・・と反省しきりです(^^;)


アクセスはJR天王寺駅北口を出て向かいのパチンコ店の隣、昔からある
商店街を入った所にあります。
まったく同じ店構えの焼肉「つるや」というお店が隣接してますので
お間違えのないようにして下さいね(笑)




※新鮮な焼肉が食いたひ~~~~♪ という方はひとポチお願いします! m(_ _)m
 ↓ ↓ ↓
http://gourmet.blogmura.com/ramen/ にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ

Tag:天王寺区 

力餅 2007/12/15




力餅(ちからもち)
@大阪市天王寺区上本町石ケ辻7-22
【営業時間】11:00~19:00
【定休日】日曜日、祝日
【駐車場】なし
【電話】06-6772ー2358
(写真)中華そば 550円

●スープ
オーソドックス醤油

●麺
普通ストレート麺

●具材
チャーシュー、ニンジン、太もやし、メンマ

●全体的印象
『たまにはうどんもエエよ~!』
と誘われ訪れたのがここ上六にある『力餅』

『ここのカレーうどんがオススメ♪』

と促されるまま店内に入りメニューに目をやると
『中華そば 550円』の文字が!

(中華そばあるやーん!\(^_^)/)
という事で迷いなく注目する。

配膳された中華そばの香りはいたって普通。
ニンジンのトッピングには違和感を感じるものの、
スープはしっかりと出汁が取られた醤油ベースの味わい。
普通ストレート麺は見た目は柔らかそうだがなんのなんの。
しっかりと最後まで腰がのこる麺の出来栄えには正直驚かされました!

しかも、やや化調さんが多いスープと麺のマッチングが
すこぶる良好なんですね!
シャッキリと歯ごたえの残るニンジンと太もやしとの相性も良く、
もも肉チャーシューも風味は十分。イイ意味で裏切られました(笑)
これで550円だとホントお値打ち価格だと思います。

子供の頃に和歌山市内にある『力餅』に連れられて
うどんと赤飯をしょっちゅう食べさされた記憶はありますが
中華そばがメニューにあったかどうかは覚えてません。
ただ、『いちど検証してみる価値はある!』と認識を新たにしました。

うどん屋の中華そばと言えども侮るなかれ。
満足の一杯でした!o(^-^)o

Tag:天王寺区 

応援クリックお願いします
↓↓↓:m(_ _)m
検索フォーム
プロフィール

とこわかはる

Author:とこわかはる
■「デッドで!」とは?
「レンゲを使わず丼鉢に直接口をつけて飲む」つまりダイレクトでスープを飲むということを表しております。よって「デッドで!」とは「鉢に口をつけて直接スープを飲んでみた!」という意味になります。
友人が最初に使い始めたのがきっかけで、この飲み方を広く普及すべく「デッド飲み推進会」に入会しまして、日夜活動に勤しんでおります。
会長によると語源はゴルフ用語由来なのだそうですが… 私はゴルフをしないのであまりよーわかりません(笑)

■私の肩書き
・デッド飲み推進会副会長
    兼 和歌山支部長
・情熱和歌山ラーメン部々長
・情熱大阪ラーメン部所属
入会(部)者を募集中です♪

■私のひととなり
ラヲタではありません。
単純に「中華そば」が好きなだけでございます(笑)​
私にとって「麺」とはオアシス。そんなオアシスを求めて和歌山を中心に近畿圏を放浪中♪そして智弁和歌山野球部のファンでもあります。
将来に不安を抱えているので第二の職を視野に入れてます。実は中華そば屋を経営するのではなく歌手デビューを狙ってます​(爆)

カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
地域別カテゴリ
料理別/シーン別カテゴリ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カウンター