残念!!!

嗚呼、夢の甲子園...

心配された雨も朝方には上がり
大阪は此花区にある舞洲スタジアムへ行ってきました。


対戦相手は滋賀県第二位の水口高校。
共に公立勢で似たチームカラー、ユニフォームまで似てました(笑)






先攻の那賀は4回まで毎回3塁へランナーを進め
押し気味に試合を運びますが決定打がでず...

逆に4回裏、それまでチャンスがなかった水口に
タイムリーヒットと2点三塁打で3点を奪われてしまいます。

その後も互いに決め手を欠き、9回へ。
那賀の大黒柱、先頭打者の4番・福井君がライトオーバーの三塁打を放ち
内野ゴロの間に1点を返すもこれでゲームセット...


「那賀敗れる...」

センバツへの夢がほぼ断たれてしまいました...
同レベルの公立高校同士の対戦だっただけに悔しさ倍増です。

試合は共にノーエラー(パスボールは互いにひとつずつ)の締まったもの。
ヒットは打たれるものの要所は締め、ピンチは4回くらいでした。
那賀の敗因としては押し気味だった前半で先取点が奪えなかった事。
特に3回表の攻撃、先頭打者が3塁打で出塁したチャンスも
得点に繋げられなかったのがホント痛かったですね...

チャンスが多かったのに1本がでなかった那賀に対して
唯一のチャンスをものにした水口、野球ってこんなもんですよね。

和歌山1位の那賀が敗れた今、残る海南高校に期待を込めて応援します。
これで海南が敗れると... 
センバツには和歌山県勢の出場はナシという可能性が非常に高い。

なんとか食らいついて1勝を挙げてください。頑張れ海南!!!

※試合後はまっすぐに帰らず、気を取り直してラーメン行脚を3軒こなしてきたということは言うまでもありません(爆)

テーマ : 高校野球
ジャンル : スポーツ

Tag:此花区 

応援クリックお願いします
↓↓↓:m(_ _)m
検索フォーム
プロフィール

とこわかはる

Author:とこわかはる
■「デッドで!」とは?
「レンゲを使わず丼鉢に直接口をつけて飲む」つまりダイレクトでスープを飲むということを表しております。よって「デッドで!」とは「鉢に口をつけて直接スープを飲んでみた!」という意味になります。
友人が最初に使い始めたのがきっかけで、この飲み方を広く普及すべく「デッド飲み推進会」に入会しまして、日夜活動に勤しんでおります。
会長によると語源はゴルフ用語由来なのだそうですが… 私はゴルフをしないのであまりよーわかりません(笑)

■私の肩書き
・デッド飲み推進会副会長
    兼 和歌山支部長
・情熱和歌山ラーメン部々長
・情熱大阪ラーメン部所属
入会(部)者を募集中です♪

■私のひととなり
ラヲタではありません。
単純に「中華そば」が好きなだけでございます(笑)​
私にとって「麺」とはオアシス。そんなオアシスを求めて和歌山を中心に近畿圏を放浪中♪そして智弁和歌山野球部のファンでもあります。
将来に不安を抱えているので第二の職を視野に入れてます。実は中華そば屋を経営するのではなく歌手デビューを狙ってます​(爆)

カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
地域別カテゴリ
料理別/シーン別カテゴリ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カウンター