和歌山県の至宝菓子ですね! 「香梅堂」

「ドラえもんの『鈴』とちゃうど!」(笑)



『ん?』


テーブルの上を見ると何気にあった・・・

P1040905.jpg

ウヒョ━ヽ(゚Д゚)ノ 「スズヤキ」ヤガナァ━!!


P1040907.jpg
新宮にある和菓子屋さんで名前は香梅堂といいます。
創業は明治元年、100年以上続く老舗であります♬



そんなお店の超名物がコチラ!!!
P1040911.jpg P1040909.jpg

『鈴焼(すずやき)』

でござい〜♬

過去何度も紹介しておりますがこれを食べると
レビューを書かずにはいられない(笑)

・しっとりとしたスポンジの食感とバランス
・和三盆を使用した絶妙な甘さ加減

相も変らず旨すぎでしょ♪

P1040915.jpg

ひと口サイズなので口にポンポン放り込んでると… ひと袋ぐらい


「秒殺」です(爆)


熊野速玉大社の『速玉鈴』を模して焼かれてまして
一度食べると忘れられない味わい。

P1040920.jpg

和歌山が誇る至宝の和菓子なんですが、
直売されてるのは新宮市の本店のみというハードルの高さが
ネックでございます。

フリーダイヤルにて受注してくれるそうなんですが
(私は経験がないので未確認ですが…)
賞味期限が短いので「焼きたて」を現地で食べてもらうのが
いちばんのオススメだと思います。

ハァ〜 もっと近くで買えたらなぁ… 
しょっちゅう買うのになぁ…(タメイキ)



<店舗データ>
■香梅堂(こうばいどう)
@和歌山県新宮市大橋通り3-3-4
【営業時間】[月~土] 8:00~21:00 [日・祝] 8:30~17:30
【電話】0735-22-3132
【フリーダイヤル】0120-212-825
【地図】お店の場所はコチラ
blog_import_522385233655a_201310130907125cd.jpeg



※「『鈴焼』ってマジで旨いよね〜♬」
と食べた事あるならポチッとな♪(ρ°∩°)
  ↓↓↓

食べ歩き ブログランキングへ


※『是非とも新宮市以外でも
購入できるように切望します!!!』

概食、未食どなた様も嘆願書の代わりにこちらを一緒にポチッとな♪(ρ°∩°)
 ↓↓↓
にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ

テーマ : お菓子
ジャンル : グルメ

Tag:新宮市 

新宮亭【麺編】

 高速割引路線駆け込み行脚 ~ラスト~
横浜中華街の味が新宮で花開く時

■新宮亭【麺編】
@和歌山県新宮市浮島7-23
【営業時間】18:00~翌3:00
【定休日】不定休
【電話】0735-23-0354
【駐車場】なし
■炒飯後なう
完全に炒飯を食べ終わってからおもむろに運ばれて来た麺達。いずれも店主さんのオススメの品ということでオーダーしましたが、その店主さんの笑顔と一緒に運ばれた麺からはそれはそれは旨そうな匂いが漂ってきているんですよね...



■生馬麺【サンマーメン】
(800円)
●スープ
鶏ガラベース+豚+醤油
●麺
やや細ストレート
●具材料
もやし、人参、青菜、白菜、豚肉 など
■この日の感想
ほぼ同時に運ばれた麺ですがこの日はナビゲーターが同行していたので一人前を半分ずつ器に取り分けての実食となります。まずは生馬麺(サンマーメン)をいただきました。





「生の野菜をしゃきっと炒め、片栗粉でといたあんで絡めて
スープの上に載せたもの」
という麺料理で中華街から知れ渡った麺料理だそう。

もっとわかりやすく言うと
「ラーメンに八宝菜を載せたもの」
となります。わかりやすいっていうか「乱暴」な言い方かも(笑)

基本的には広東の料理のようで上に載る「あん」甘口に仕上がってました。
パッと見た目は全体がドロッとしていそうなんですが、実は完全にスープとあんが
セパレートになっており今まで食べた事無い感覚です。

先にも書いたように味わいは思いのほか甘口で
個人的にはかなり好きな部類
になります♪ 麺茹で具合は「普通より気持ち柔らかめ」でしたがマッチングは良かったですね。



■ネギ麺【ネギソバ】800円
●スープ
鶏ガラベースのごま油風味
●麺
普通ストレート
●具材料
白髪ネギ、チャーシュー細切れ
■この日の感想
サンマーメンをひと通りいただいて次にこちらのネギソバをいただきました。





まず特徴的なのはその香り。ごま油の香ばしい匂いが辺りに立ちこめます。麺の上に白髪ネギがカットされ、細切れチャーシューが山のように盛りつけられています。このネギ山を壊しながら麺とスープを混ぜ合わせるのがまず最初の醍醐味かもしれません(笑)


スープは基本的にどちらも一緒「上に載るトッピングが違う」というのが店主さん談。とは言いますが基本同じスープなのにこの二つを食べ比べてみると
「全く別ものやん!!!」
と即答できるほと別の風味が味わえます。サンマー麺の甘口さとは対照的にごま油とラー油(かな?)のパンチがビリッと効き、さらにネギのシャキシャキ感と独特の風味が麺全体の旨さに花を添えてます。とにかく「ネギと一緒にバリバリ貪り食う」という表現が適切かな(笑) あっという間にこの二品を完食してしまいました。


■食べ比べた結果...
どちらも個性的で店主さんがオススメの事だけはある麺でした。甲乙つけがたい出来映えなんですが個人的な好みで選ぶなら「生馬麺【サンマーメン】」に軍配を挙げましょう(笑)その理由ですが全体的な旨味のバランスと甘みある味わいが最後のスープを飲み干すまで自身の中でず~っと残った余韻が印象的だったからです。今回は敢えて人気メニューをいただいたわけですがメニューを見る限りノーマルラーメンをはじめ色んな麺がありました。次回の課題としてキープしておきたいと思いますがいかんせん「新宮」という片道200kmオーバーという距離が訪問のハードルを上げているのは言う間でもありません。でもまた必ず機会を作って訪問したいっていうか店主さんの笑顔を見たいですね♪ ごちそうさまでした~!!!


※『ランキングに参加しております!』
皆様の応援が非常に励みとなります♬ ひとポチお願いします。 m(_ _)m
  ↓↓↓

食べ歩き ブログランキングへ

※『ランキングに参加しております!』
皆様の応援が励みとなります♬  もひとつポチを是非お願いします。m(_ _)m
 ↓↓↓
にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ

テーマ : ♪おすすめ♪
ジャンル : グルメ

Tag:新宮市 

新宮亭【飯編】

高速割引路線駆け込み行脚 ~新宮編~

■新宮亭
@和歌山県新宮市浮島7-23
【営業時間】18:00~翌3:00
【定休日】不定休
【電話】0735-23-0354
【駐車場】なし
img_1815495_64796255_0.jpeg
img_1815495_64796255_4.jpeg
ツレが新宮に出張した際に得た情報で
『ものすごいコアで、知る人ぞ知る麺屋がある』
という話を聞きつけ居ても立ってもいられず(笑)
高速道路の割引サービスが終了するギリギリのタイミングで紀南行脚を敢行!! 
しかしながら「2軒連続してお店にフラれる」という大失態を犯してしまう... 
結局のところランチタイムにはNOヌードルという状況で
白浜で所用を済ませたのが22時過ぎ。
それからほぼやけくそ状態で新宮へ決死の突入を敢行!!! 
初めて訪れるお店でしかも随分遅い時間になったので当然の事ながら
新宮市内とはいえ辺りは全く判らないし街灯もままならず、
お店へ事前に伺っていた住所を入力したナビだけが頼り... 
しかし導かれるまま車を進めると「暗闇の中にボオ~ッと光る灯りを発見!!!」
なんとか日が変わる前になんとか営業中のお店へ(笑)到着することができました。


■店内
img_1815495_64796255_5.jpeg
img_1815495_64796255_2.jpeg
発見した時から思ってたのですがマジで入口が狭い!
ガラガラ引き戸のスペースしかありません。
中に入ってもご覧の通りで小さいテーブルが2脚あるだけで
3名×2の合計6名で満席になってしまうという凄まじさで
思わず

「Σ(゚д゚lll)狭ッ!!!」


と呟いてしまいました(苦笑)しばらく唖然と眺めていると
奥から品のある学者チックで優しい雰囲気を醸し出しているご主人が登場されました。


■おしながき
img_1815495_64796255_1.jpeg
img_1815495_64796255_6.jpeg
廊下側の壁に貼られたお品書きがコチラ。
麺メニューがメインで、その他は丼、飯と単品が数種類。
しかも外国人用と思われるお品書きも(笑)
他にお客さんはおられなかったのでその壁を見ながら
しばし店主さんと談笑を、ば。

店主さん曰く、
15才の頃に横浜へ行きお店で修行され新宮へ戻ってこられたが、
途中諸事情でブランクがあった後、お店を立ち上げ、かれこれ30年以上になるそう。
お見受けしたところでは御歳は60才を軽~く越えられている印象
(間違ってたらゴメンナサイ)でしたがとてもハキハキとお元気で、
色々な今までの歩みを語ってくれました。

そんな店主さんのオススメはネギソバとサンマーメンで、
ここに書かれている以外でも時間と場所があればいろんな種類を作れるそうです。
ノーマルラーメンについて訪ねたところ
「基本スープはネギソバと同じなのでネギの方がいいだろう。」
との事でしたのでおすすめ麺の2品とヤキメシの合わせて3品をオーダーしました。



■炒飯【ヤキメシ】(700円)
img_1815495_64796255_7.jpeg

しばらくして最初に配膳されたのがコチラの炒飯。
ビジュアルは「◎」で旨そうな匂いが漂ってます。
ボリュームはいたって普通の量目なのでガッツり食べたい方は少ないかもしれません。
脂の絡み具合は思っていたほど多くないので
必要以上の脂っぽさ、ベト付き感はありませんでした。
味わいはシンプルで「いかにも中華屋のチャーハン」のようなクセもなく
最後まで美味しくいただけます。

ただ一つ言わせてもらうなら若干しょっぱかった事... 
塩分が多かったのか、あるいは具のチャーシューの味が濃かったのか、
どちらかが理由かな。
でも空腹だったのであれよあれよと言う間に「完食!!!」でございます。
img_1815495_64796255_3.jpeg
img_1815495_64796255_8.jpeg
いつも麺&飯のセットをいただく時は麺と飯がほぼ同時に配膳されることが多く、
私の場合は「飯が後回しになる」ことがほとんどなんですが、
この日に限って炒飯が食べ終わるまでに麺は配膳されず調理中でございました。
よって熱々の炒飯を最後まで食べれた事は喜ばしく思います(んな たいそうな...w)

そしてこの後にお待ちかねの「麺」が登場します。

づづく...

※『ランキングに参加しております!』
皆様の応援が非常に励みとなります♬ ひとポチお願いします。 m(_ _)m
  ↓↓↓

食べ歩き ブログランキングへ

※『ランキングに参加しております!』
皆様の応援が励みとなります♬  もひとつポチを是非お願いします。m(_ _)m
 ↓↓↓
にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ

テーマ : 美味しくて、オススメ!
ジャンル : グルメ

Tag:新宮市 

心に響く味わい

お!!!  もらいもん???











おぉぉぉぉ!!!  新宮のお土産やん♪















鈴焼があると家族皆の顔がほころびます。




















↑:のある時!

ヾ(鈴^▽^焼)ノ ワーイ

ない時

(● ̄  ̄●)ボォ----













↑:のある時

ヾ(鈴^▽^焼)ノ ワーイ
 ヾ(鈴^▽^焼)ノ ワーイ


ない時

(´Д`) =3 ハゥー


香梅堂の~鈴~焼~き♪♪♪(笑)

(思いっきり某CMのパクリやーん!!!)ヾ( ̄o ̄;)オイオイ


テーマ : スイーツ
ジャンル : グルメ

Tag:新宮市 

【思いつき新宮行脚】~おみやげ編~ 本家の味を初体験♪ 2010/8/30

おみやげ、おみやげ(笑)


■総本家めはりや
@新宮市緑ヶ丘1-1-39
【営業時間】11:00~翌2:00
【定休日】第二、四水曜日
(祝日の場合は翌日)
月~土曜日:9:30~翌2:00
日曜日:9:30~21:00
【電話】0735-21-1238
【駐車場】店向かいに専用アリ
■新宮なう
那智勝浦でゆっくりしたかったのですが、こころを後にスグ帰らなくてはなりませんでした。しかーし、ちょいと新宮へ立ちよりました。もちろん「鈴焼」もゲットしましたがいちばんのお目当てはコチラの『めはり寿司』でした。過去に食べてた事がなかったので「ズ~ット食べたいなぁ~」と思ってたんですね~♪ 本来ならお店で握りたてを頂きたかったのですが帰る時間がもうタイムリミット!!! 泣く泣く諦めました…(┳◇┳)



■さぁ
途中、車で食べたろか!!とも思いましたがタイミングが合わず自宅まで持って帰ってしまいました。 初めて見るパッケージですが『いかにも』的緑の箱はかなりインパクト大です♪


■めはり4個入り(520円)



蓋を開けるとこんな感じ♪
箱はそんなに大きく感じませんでしたが
ひとつひとつを手にとってみると結構大きいものだとわかります!





そして一気にかぶります!!!

『うわっ、メチャ旨いやんか!!!(`∇´ゞ』

今回、初めて『総本家めはりや』のすしを食べましたが
今まで食べた数あるめはりの中で一番好きですね!!

そのポイントは
・高菜のパリッとした食感が残っているのに葉は厚くない。
・味付けがマイルドなのにしっかりとご飯に混ざり合っている。
・食べてわかるが大き過ぎず、小さ過ぎず適当な大きさ。

今までは正直、めはりすしってあまり好きじゃなかったんですが
こちらを食べて認識をあらためさせていただきますm(_ _)m

でも、新宮までまたふらっと買いに行ったろか~(笑)

Tag:新宮市 

【とこの夏休み】~その3~お土産を先に買うって? 2009/08/27





熊野川から更に五新線を南下し新宮市内へ入ります。

ここで目指すは香梅堂!(笑)

『来たばかりなのにもう土産かよ!!』

とツッコミが入りそうですがここでしか手に入らないのでこれもやむなし…(°□°汗)


早速、店内に入り廉価版袋入りを自家用に16袋購入♪

さらに知り合いのお土産やら
自家用のどら焼きやらなんやらで2袋がパンパン。
で、購入金額は…

『9,850円…(°□°汗)』

ちと買い過ぎたかな?
でも帰り際に一袋オマケしてくれました~!!(*^o^*)


※『しかし、自家用メチャメチャ買いますなぁ…(゜∇゜)』
呆れた方はポチっとな…
↓↓↓
http://gourmet.blogmura.com/ramen/ にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ

Tag:新宮市 

【とこの夏休み】~その2~熊野川 2009/08/27





更に五新線を南下しますが道から見える熊野川があまりに美しい!!

エメラルドグリーンの水面に触れたくなり
チョイと寄り道(笑)♪


で、川まで降りたらこんな感じ。

透明度の高さはもちろんなんですが
ゴミひとつ落ちてない河原に感激~\(☆o☆)/


※『水の色ってマジでエメラルドグリーンやん~♪』
綺麗やな~(^O^)と思った方はポチっとな
↓↓↓
http://gourmet.blogmura.com/ramen/ にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ

Tag:新宮市 

中華そば 速水 2008/8/27

この匂いはまさに井出直系の証拠だ!!! 新宮~那智勝浦行脚編





中華そば速水(WEBに割引券がついてます)
@和歌山県新宮市緑ヶ丘1-10-47
【営業時間】11:30~14:00、17:30~23:30
【定休日】木曜日
【電話】0735-21-6007
【駐車場】ナシ

<中華そば>
●スープ
井出系豚骨しょうゆ
●麺
やや細ストレート麺
●具材
チャーシュー、メンマ、蒲鉾
■新宮で2軒目へ~♪
民福を後にし次に訪れたのがこちら『中華そば速水』 車で5分もかからない距離にありました。
数年前に一度訪れましたが非常に印象が良い記憶があり 今回、二度目の訪問とあいなりました。



■中華そば(600円)




店内に足を踏み入れると嗅ぎ慣れた獣臭がメチャメチャ漂っており
いやがうえにも豚骨醤油スープに期待が高まります。

早速、デフォの中華そばを注文!


香りの強いスープは予想通り。
色は若干薄いものの、程よく乳化し、コクもありまさしく井出系ですね~♪

やや細いストレート麺は茹で具合よし!!
スープとのマッチングもバランスがとれており安定感があります。

チャーシュー、メンマはアベレージで全体的にも美味しくいただけましたよ~o(^-^)o


■卓上には…


『中華そば秘伝のタレ』と書かれた元ダレが置かれてました!

個人的にはノーマルスープで充分でしたから使いませんが
好みで味わいを調整出来るのは嬉しいですね♪


11時30分に開店しましたがこちらのお店も『アッ!』と言うまに満席に…(*^_^*)


人気の高さが伺えますが、問題はこの獣臭。
匂いが気になる、あるいは苦手な方にとってはかなり厳しいかと思われます。


ただ、ここまでの井出系中華そばが味わえるのは
地元、新宮の方には心強い存在ですな~('-^*)/



※『新宮でも正統派井出系中華があるんや~♪』と思った方はこちらを押してみて下さい。

お店と同じ匂いがしま~す(ウソww)
↓↓↓
にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ(文字をクリック)







住所: 和歌山県新宮市緑ケ丘1丁目10-47
最寄り駅: 新宮


※2008年8月27日時点の情報です。

Tag:新宮市 

陽香屋(はるかや)  2008/5/3

新宮の餃子・ラーメン専門店だ!!!



■陽香屋(はるかや)
@和歌山県新宮市千穂2-4-17
【営業時間】
11:30~13:30
17:30~24:00
【定休日】月曜日
【電話】調査中(NTTには登録無し)
【駐車場】店横に3台
■たまたま見つけたお店
GWに南下した時に立ち寄ったお店。ラーメンんが食べられずイライラしていたところ、たまたま通りかかった所で発見!!!R42沿いにあり『専門店』の看板を掲げてましたので迷うことなく入店!!! 店内はお客さんでお店の方はてんやわんや。








■やる気満々のこだわり

メニューにはデフォの醤油ラーメン以外にも塩、味噌をはじめ創作ラーメンが
豊富にラインナップされており、なかなかそそるこだわり文言がならんでおりました!
しかし初めての訪問ということで、とりあえず濃口醤油ラーメンとつけ麺を注文します。

お店の方があまりに急がしそうにしてたので
営業時間をはじめ定休日を聞きそびれてしまった・・・(^^汗) 



そのためお店情報があまりに少ないことに対し


お詫び申し上げます m(_ _)m











■濃口醤油ラーメン(680円)

●スープ
とんこつベース+特製濃口醤油ダレ+背脂

●麺
やや細ストレート麺

●具材
チャーシュー、メンマ、細もやし

●印象
まずは濃口醤油ラーメンから。
醤油ダレは地元勝浦にある藤野醤油醸造元しょうゆを使用!
こちらは和歌山を代表するこだわり醤油を製造している醸造元で、これを使用しているところから
かなりのこだわりを感じます。

『濃口』とつくだけあってスープは深みのある味わいでコクもあります。
背脂が入っている影響でほのかな甘味とコッテリ感も十分です。

麺はやや細ストレート。
無難な麺でしたが茹で具合は良く、スープとのマッチングは見た目以上にイイですね~♪
また、チャーシューも香り良くかなり旨い出来栄えでしたが細もやしの存在は個人的には不要です。

いつもの如くもやしの効果は得られていないと実感しました…








■つけ麺(鹿児島玄米黒酢使用)醤油味 680円

●つけ汁
黒酢メイン+濃口醤油つけ汁

●麺
やや細ストレート麺(醤油ラーメンと同様)

●具材
チャーシュー、メンマ、もやし、きざみ海苔

●印象
次につけ麺ですが、いきなりのマイナスポイントをば…
ラーメンと同じ麺が使われてるのと、きざみ海苔がふりかけられている…(-.-汗) 
個人的には『つけ麺』は麺の味わいと歯ごたえが命だと思ってるので
同様の麺を出されると悲しくなってしまいます。

加えてきざみ海苔の存在。
蕎麦にしてもうどんにしてもきざみ海苔をふりかけているお店が少なくありません。
その効果があれば納得もしますが、ほとんどの場合麺の風味を楽しむ邪魔をしている気がするのです。
今回もそう、海苔の存在は必要ナ~シと思いました(泣)


一方つけ汁の方は醤油風味がけっこう強いのですが、それ以上に強かったのが黒酢の酸味なんですね。
私は酢は好きなのでこれはこれでアリかな!?と気にはならなかったのですが
一般的には酢が強すぎるような気もします。
さらにこの麺だとその酸味の強いスープを受け止めるには脆弱すぎるのではないかと感じました。


濃口醤油ラーメンはなかなか素晴らしかったので他の種類も試したくなりましたが
つけ麺はまだまだ研究の余地はあるでしょう。

それくらい差がありました…









■ついでと言ってはなんですが・・・

ラーメンを注文した後に内心気になっていた看板にあった『専門店』の文字!
それにつられ餃子も追い注文してしまいました(笑)

パリっと仕上がった皮にニンニクをおさえた餡。バランスもよく美味しくいただきましたが

いかんせん値段が…(汗)

小ぶりのうえ5個で300円。このボリュームだとやはり6個は欲しいですね~
物足りなさそうに感じません?ww



お店はカウンターメインでテーブル席は2つ。
カウンターからは隔たりなく目の前が厨房になっています。

ただ厨房内がやや乱雑にされているのが気になりました。
丸見えなのでもう少し気を配っていただけたらよかったと思います。
こだわりのあるメニューが多いのでそのあたりにもガツン!とこだわりを見せてもらいたいです(笑)


若い男性がドンドン入店するところを見るとかなり支持は高そうなお店ですから
「新宮でも人気のあるお店なんだなぁ~」と実感したのは言うまでもありません。



※陽香屋の情報を求む!!! ご存じの方もそうでない方もご一緒にポチっとな♪
 ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ(文字をクリック)

Tag:新宮市 

【南下政策をとれ!・その5】 ~お約束のお土産編~








【お約束のお土産編】
ひとっ風呂浴び帰る時間を大幅オーバーに・・・17:00になってしまいました。
このままもと来た道を帰ると途中渋滞が怖いので168号線を通る山道ルートを選択しました。
最近勝浦~新宮間の自動車道が開通したという情報を得ていたのでそこを通ってみようということに。

勝浦から山間部を通り新宮に抜けるのですが海岸線ではなく真っ直ぐな道はやはり早い!
そのままR168へ入れたのですが、せっかく新宮に来たからには
やはり買わなくてはいけないでしょう。

そうです目指すは以前にもこちらに書いた「鈴焼」です(笑)



新宮市内では鬼のように渋滞しておりましたので裏道→迂回→裏道を通りまして
「香梅堂」に到着しました! しかし、店前は長蛇の列・・・


待ち人20名、えらいことになってました (((゜д゜;)))


到着が18:00 店内外に鈴焼きを求める人々が溢れており
結局、買うまでに30分を要してしまいました。
並んでいる途中で品切れとなり店の入口を閉めはじめる店員さん。
ギリギリセーフ!!! 危ういところでした!


その苦労を無駄には出来ず、1袋(19粒入り)300円の単品を15袋も・・・

しめて4500円分の鈴焼を購入してしまいました (^^;)
が、まイイでしょう。 これでしばらくは楽しめますからね~♪

と思ったのもつかの間




2日間で残りが2袋となってしましました
やはり銘菓ですね・・・(っていうか食べ過ぎやろ(T_T))


●店舗情報
香梅堂
@和歌山県新宮市
【TEL】0735-22-3132
【営業時間】[月?土] 8:00?21:00 [日・祝] 8:30?17:30
【定休日】不定休
【駐車場】店横に有
URL:http://r.tabelog.com/wakayama/rstdtl/30000289/



【南下政策をとれ!・最終章】へつづく・・・

Tag:新宮市 

和歌山が誇る銘菓 2008/3/3



『こんなんありますけど』

と、夕べ届いた友人からの写メール

そこにあったのは大好きなおかしだった。



『すぐいただきにまいりまーす!!!\(^_^)/』

即答でした(笑)



鈴の形をした一口カステラ
そう、香梅堂@新宮市謹製の『鈴焼』です!
御存知の方も多いでしょう♪


どこにでもあるような一口カステラですが、この味わいはただ者ではナイ!
元来カステラはあまり好きではナイ私ですが、これだけは別物。
すぐさまひとつを口に放り込んだ。


しっとりとしたスポンジに和三盆糖が溶け込み、
優しい甘さが広がると同時に、きめ細かいその舌触りが五感をくすぐります。


『うまいなぁ~』


思わず笑顔がこぼれ、至福の境地が訪れます。


熊野速玉大社の御神前にある古来から伝わる『速玉鈴』を模して焼かれたこの『鈴焼』


一度食べると忘れられない味で、まさに和歌山の至宝と言えるでしょう。

熊野詣の際には是非、お土産としていかがでしょうか!


ただし直売されてるのは新宮市の本店のみ。
フリーダイヤルで注文も受け付けてくれると思いますが賞味期限も短いので、
やはり焼きたてを現地で食べてもらうのがいちばんのオススメです♪


店舗データ
●香梅堂
@和歌山県新宮市大橋通り3ー3ー4
【電話】0735ー22ー3132
【フリーダイヤル】0120ー212ー825

Tag:新宮市 

中華そば 速水(ハヤミ) 訪問日:2005/06



中華そば 速水
@和歌山県新宮市緑ヶ丘1-10-47
営業時間:
11:30~14:00
17:30~23:00
定休日:木曜日
TEL:0735-21-6007

新宮には約20年ぶりに来ました.
橋があり、その向こうは三重県です.
以前この場所は「小玉商店」として
営業されてましたが西宮市に移転され、
この速水がついでるそうです.
2004年にオープンしました

スープ;
一目見て、それと判ります.基本的井出系中華!
味わいもコクの中にも甘さ有り、おいしそうな
においが漂ってます.

麺:
やや細ストレート.やわらかいところが多い中
しっかりと腰も残りくせのない味わいです

具材:
程よい甘みと歯ごたえのチャーシュー3枚にカマボコ
シナチク.オーソドックスですね.

全体的印象:
入店したのは午後2:00! にも関わらずお店
はお客さんで一杯.地元で繁盛している店と
言う感じです.卓上にはオリジナル醤油タレがあり
ます.魚系タマリ醤油のような味わいで、少し
落としたらグッっとパンチが効きました.
名物さんま寿司(4切入)もあります.
近くにあれば通うお店ですねぇ 美味しかったです.

Tag:新宮市 

応援クリックお願いします
↓↓↓:m(_ _)m
検索フォーム
プロフィール

とこわかはる

Author:とこわかはる
■「デッドで!」とは?
「レンゲを使わず丼鉢に直接口をつけて飲む」つまりダイレクトでスープを飲むということを表しております。よって「デッドで!」とは「鉢に口をつけて直接スープを飲んでみた!」という意味になります。
友人が最初に使い始めたのがきっかけで、この飲み方を広く普及すべく「デッド飲み推進会」に入会しまして、日夜活動に勤しんでおります。
会長によると語源はゴルフ用語由来なのだそうですが… 私はゴルフをしないのであまりよーわかりません(笑)

■私の肩書き
・デッド飲み推進会副会長
    兼 和歌山支部長
・情熱和歌山ラーメン部々長
・情熱大阪ラーメン部所属
入会(部)者を募集中です♪

■私のひととなり
ラヲタではありません。
単純に「中華そば」が好きなだけでございます(笑)​
私にとって「麺」とはオアシス。そんなオアシスを求めて和歌山を中心に近畿圏を放浪中♪そして智弁和歌山野球部のファンでもあります。
将来に不安を抱えているので第二の職を視野に入れてます。実は中華そば屋を経営するのではなく歌手デビューを狙ってます​(爆)

カレンダー
07 | 2017/03 | 08
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
地域別カテゴリ
料理別/シーン別カテゴリ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カウンター