【番外編】季節の懐石を楽しむ♪@坐坊庵

【番外編】旅館での夕食をご紹介♪

積翠寺温泉古湯坊 坐坊庵
@山梨県甲府市上積翠寺町1614
【電話】055-252-3211



■第十八代館主でもある料理長の懐石
宿の楽しみは何と行っても「温泉」と「お料理」

とはいうもののお料理はそれなりの宿泊料を支払わないと
満足のいくものが食べれないのが現実のところ・・・
家族旅行となるとどうしても宿を安く収めなくてはならず、
今回もお盆料金の中でも出来るだけ安いところをチョイスしたのですが
イイ意味で裏切られました♪

「彩(sai)の和風懐石」というコースだったのですが


きっちりとお品書きが置かれてます。
◆【先附け】  長茄子飛翠煮
◆【向附け】  魚味放香
◆【煮物椀】  冷製 魚素麺
◆【台のもの】 富士桜ポークの湯葉しゃぶ
◆【焼き物】  青朴葉包み焼き 旬魚甘唐辛子 
◆【蒸し物】  そば米の玉締め
◆【酢の物】  夏トマト寄せ
◆【炊合せ】  鶏のやわらか煮
◆【進肴】   稚鮎の香り揚げ
◆【食事】   うぐいす御飯(山梨県産武川米使用 )
◆【止椀】   なめこ汁
◆【香の物】  自家製浅漬け
◆【水もの】  杏仁豆腐


それらの料理の画像がコチラ!!!










一品づつ出されるお料理ですが、これがまた手の込んだ品々が出されます。
「懐石」というのは名ばかりで一度に冷たいお料理を出されることが少なくないのですが
ちゃんと、温かいものは温かく、冷たいものは冷たく 程良いタイミングで
配膳されていきます。

当たり前の事ですが、嬉しい限りでした。





こちらに加えてオプション追加注文したのがこの3品



■富士桜ポークのしゃぶしゃぶ(3,200円)




山梨県の畜産試験場が長い年月をかけて研究開発して誕生した能力の高い、肉質の良い系統豚で、
この由緒正しい血統を受け継いだ豚を、山梨県内の選び抜かれたエリート養豚農家が、
品質のよい専用の特別なエサを与え、丹精込めて衛生的に健康第一で育てたお肉だそうです。

とにかく豚の味がそのまま伝わるもので、オリジナル豆乳も絶品です♪




■甲州牛のサーロインステーキ(3,200円)


こちらもまた自慢のお肉!!!
柔らかいうえ、肉の旨味が凝縮されておりました。

「これが『肉の味』やねぇ~」

正に納得の一品




■勝沼産 蔵出しワイン(1,360円)


呑みきりサイズになった勝沼産のボトルワインの紅白セット。
赤はまだ若々しいものの、白は甘みと酸味が同居した味わいです。
赤は常温で、白は冷やされて出されたところもホント嬉しい限り♪♪♪


ということで満足のいく懐石を堪能させていただきました(^_^)v


ちなみに、懐石の写真がお品書き通りにないのは、何を隠そう
ワインを呑んだことで酔っぱらって撃沈しておりました・・・

面目ない(苦笑)



「この程度のワイン量でつぶれるなよなーー!!!」
というお叱りがあれば こちらのポチを・・・<(_ _)>
↓↓↓
にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ(文字をクリック)

Tag:【山梨県】 

【とこ in 富士五湖(その5)】家路につく前に




■ファミリーレストランことぶき
@富士河口湖町精進1049707
【営業時間】9:00~19:00
【定休日】火曜日
【電話】0555-87-2303
【駐車場】アリ



■〆にほうとうを!

『家路につく前に腹ごしらえをしとこら~』

との意見があったので立ち寄ったのがこちら。

ファミリーレストランなので和食、洋食と幅広いメニューがある中
目に留まったのがまたしても『ほうとう』です(笑)


■ほうとう(1,280円)
●麺
オリジナルほうとう
●スープ
味噌
●具材
白菜、カボチャ、蒟蒻、油揚げ、いんげん、牛蒡、人参、ネギ、玉ねぎ、鶏肉など
●印象
精進湖畔にあり店前のテラスでいただきました。
スープは麹の香りが漂うオリジナル味噌を使用されたもの。
鉄鍋を直に火にかけるため、やはりデッドはムリ!(笑)

いろんな野菜が入っており健康重視タイプですかね~。
別に添えられた薬味味噌はオリジナルで、適度な辛さと旨味があり
ほうとうに落とすと味噌スープが更に味わい深くなりました。

ランチで食べた不動ほうとうと比べると、スープは前者のほうがまったりとしてますが
麺(ほうとう)はもちもち感、弾力、味わいともにこちらに軍配が上がりますね♪


ただし、こちらのお値段が1,280円とかなり高め…
この設定は観光客を意識したものだと思いますが中身を考えると
ちょいと高い気がします。

ま、言いかえれば『味噌野菜煮込みうどん』です。
麺のみを購入したので家でオリジナルほうとうを作ってみることにします♪


※『1,280円はちょいと高いよな~』と思った方はこちらのポチを~(☆o☆)
↓↓↓
http://gourmet.blogmura.com/ramen/ にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ

Tag:【山梨県】 

【とこ in 富士五湖(その4)】名物のほうとうを食す(ランチ)




■名物ほうとう不動
@山梨県富士河口湖町河口707
【営業時間】10:30~19:【定休日】無休
【電話】0555-76-7011
【駐車場】アリ



■郷土料理に舌づつみを!

地元のラーメン!と行きたかったのですがやはり却下…(;_;)

家族のリクエストもあり入りやすかったこちらの不動をチョイスしました。

(うどんメニューなら絶対にあるやろなぁ…)


と思いつつ、事前チェッナシで飛び込んだところ

『ほうとうしかないやんけー\(゜□゜)/』


ほうとうの他にはいなり寿司と白めし、すじ煮込みくらいしかなく
いわゆる専門店でした(苦笑)


■名物ほうとう(1050円)
運ばれたのはアツアツの釜ごと煮込まれたもの。デッドでいくと完全に火傷しますわ(爆)

仕方なくレンゲでスープをいただくと、

『お!いけますやんか~♪』


スープは味噌ベース、ここにカボチャがしっかりと煮込まれ、
さらにそれが溶け込むことで色はカレーを彷彿とするくらい黄色になって
さらには甘味が増してます。

麺(って言っていいのか?w)はかなり太く、コシと言うよりゴリゴリと固い食感。

これに人参、ネギ、玉ねぎ、白菜、小いも、いんげん、ナメコが煮込まれ
いかにも郷土料理らしい雰囲気を醸し出しますね♪

とにかく、ボリュームが大ですが食べ始めると意外にもツルツルと入って行くんです。
しかも、食べるにつれ味噌の風味が増してオリジナル麺とも絶妙なマッチングを奏でます。


結局、あれよあれよと言うまに完食しました(笑)

窓を開けてたんですが寒いくらいだったのでアツアツがベストマッチで
美味しかったですわ~o(^▽^)o♪



※これ(ほうとう)って食べてみたい~~♪ と思った方は
こっちも宜しく!(*^-^)b
↓↓↓
http://gourmet.blogmura.com/ramen/ にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ

Tag:【山梨県】 

【とこ in 富士五湖(その3)】樹海の神秘に触れよう





■青木ヶ原樹海
西湖の東、鬱蒼とした森が広がる青木ヶ原樹海。
いちどその森の中に入ってみたいと思ってたところ、
ガイドの案内で散策できるツアーがある事を知り、早速参加しました!



ネイチャーナビゲーターは渡辺さんという初老の紳士。
わかりやすい説明を聞きながら約1時間樹海内を歩きます。

鬱蒼と木々が繁ってますが、木漏れ日が差し込み野鳥の声に耳を傾けながら歩くと
身も心も完全にリフレッシュされ、毒物が抜けきる様(笑)

マイナスイオンを浴びまくりですねo(゜∇゜*o)(o*゜∇゜)o~♪


1人につき500円で所要時間が約1時間。
申し込みは下記にて受付してくれますよ~♪

■コウモリ穴管理事務所
@富士河口湖町西湖2068
【営業時間】9:00~17:00
【定休日】期間中は無休(3月~11月)
【電話】0555-82-3111
【駐車場】アリ



※『マイナスイオンをたくさん浴びた~い』と思った方、結構ストレス溜まっまへん?ww
そういう時には是非、ポチリをばo(^▽^)o
↓↓↓
http://gourmet.blogmura.com/ramen/ にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ

Tag:【山梨県】 

【とこ in 富士五湖(その2)】富士は日本一の山~♪





■富士山

あいにくのお天気で下界からは全く富士山は見えません…(ノ_・。)


それどころか、ガスって視界も悪い。
そんな悪条件の中を押して富士スバルラインから5合目を目指しました!


しかし、途中まで全く見えなかった道が4合目を過ぎたあたりから雲が切れてきた。
そうこうしてるうちに山肌が見えました♪♪♪


5合目に着く頃には完全に雲がなくなって雄大な頂を見せてくれてます。


でも、下界だと富士山は見えないんだよなぁ…(ρ_-)o


※まさに『あ~たまをく~も~の~ う~えに出ぁし~♪』やん!
と思った方はポチ~o(^-^)o
↓↓↓
http://gourmet.blogmura.com/ramen/ にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ

Tag:【山梨県】 

【とこ in 富士五湖(その1)】甲府市から山抜けすると


■精進湖(しょうじこ)
@富士河口湖町精進



甲府市からR358を抜けると目の前には精進湖が広がります!


標高は800mくらいかなぁ。
思った以上に涼しく過ごしやすいのでありがたや、ありがたや(笑)


カヌーや釣りをする人で賑わってますな('-^*)/


※『精進湖(しょうじこ)』なのに『しょうじんこ』って読んでしまうねんなぁ…
そんな方は必ずポチを!!(笑)
↓↓↓
http://gourmet.blogmura.com/ramen/ にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ

Tag:【山梨県】 

【とこ in 山梨(その5)】坐忘という名の隠れ宿






■積翠寺温泉古湯坊 坐忘庵
@山梨県甲府市上積翠寺町1614
【電話】055-252-3211



本日の宿だす!

甲府市街から山の手に向かうこと15分。市外を見渡す要害山の山裾にある温泉宿。

古くから『いで湯の湧くところ』として知られており、武田信玄の産湯にも使われたとのこと


湯は翡翠色をした珍しい鉱泉で体の芯から温まります!

内湯からは甲府市街が一望でき、源泉の露天も堪能しましたよo(^▽^)o

このあとは宿自慢の懐石御膳夕食ですが画像が多いので帰ってからUPします~



※鄙びた隠れ家的雰囲気を感じていただけたならひとポチ願いま~すm(u_u)m
↓↓↓
[http://gourmet.blogmura.com/ramen/ にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ

Tag:【山梨県】 

【とこ in 山梨(その4)】辺り一面に咲き乱れる雄大なその姿



■明野のひまわり
@山梨県北杜市明野町浅尾5259-950
【電話】0551-42-1351(明野農業振興公社)
【見頃】7月下旬~8月下旬


ドラマで見て以来、いちど行って見たかったのがこちら明野のひまわり畑でした。
日本一の日照量と言われる茅ケ岳山麓の西、茅ケ岳広域農道沿いに広がります。



さすがに約35万本のひまわりは圧巻ですな~♪o(^▽^)o


見事な咲っぷりに暑さを忘れしばしうっとり。

時が経つのを忘れそうです(笑)

Tag:【山梨県】 

【とこ in 山梨(その3)】清里のシンボルを訪ねて






■清泉寮
@山梨県北杜市高根町清里3545
【駐車場】アリ
■アクセス
JR清里駅から山梨交通清里ピクニックバス北回りで清泉寮下車(10分)


清里開拓の父、アメリカ人宣教師ポール・ ラッシュ博士によって設立されたのがこちら。
ホテルをはじめ、レストラン、売店が入り目の前には牧草地が広がります。

その一角にあるのがおみやげショップ『ジャージーハット』
ここで名物ソフトクリーム(350円)をいただきます♪
30人程の列が出来てますが回転は早くすぐに買い求めることが出来ました。

だって、ソフトを巻くお兄ちゃん、4つも一気に巻いてますから(笑)

■ジャージーハット
【営業時間】9:00~17:00(土日、祝日は18:00)
【定休日】無休


牧草地を見下ろすテラスで食べるソフト。シュチュエーションは最高ですが、
価格は350円…


ちょいと高いかなぁ(苦笑)

ジャージー牛乳から作られてるそうですが意外にもアッサリとしており
後口も良かったですね~♪


※ お兄ちゃんの4個を作る技はすげーよ!(*゜▽゜ノノ゛☆
このテクニックにポチっとお願いします!
↓↓↓
http://gourmet.blogmura.com/ramen/ にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ

Tag:【山梨県】 

【とこ in 山梨(その2)】決め手は地元の素材と名水






■そば処さと
@山梨県北杜市高根町清里3545
【営業時間】11:30~15:30、17:00~20:00
【定休日】木曜日(8月は無休、12~3月は水・木曜日)
【電話】0551-48-4188
【駐車場】アリ
■アクセス
JR清里駅から徒歩5分



■ログハウス風のそば屋
次に狙ったのが萌木の村にある『メリーゴーランドカフェ』を狙ったのですが
こちらも満員パンパン状態…

車を走らせていると木々に囲まれた場所に建っていたそば屋が目に留まる!
そのウッディな外観に惹かれランチは決定しました。


店内は明るく開放的。屋外テラスに出ると木立の中でもそばを楽しむことができます。

仕込みは地元の湧水である『弘法水』を使用されてます。
良質の水がそばの風味を引き立たせてるとのことでした。
さてそこで、チョイスしたのが以下の2品です。


■田舎せいろ(2枚)1,500円【数量限定】
●そばの割合
ニ八
●つけ汁
カツオ風味
●薬味
白葱、わさび
●印象
蕎麦殻も一緒に挽いたニ八そば。平打ちでそばの風味、香共に強烈で旨い。
意外だったのがそばツユ。
関東圏なので醤油エッジの効いたものかと思いきや意外や意外かなりマイルド!
カツオのコクに加え、甘味もあり関西でも受けるタイプのツユですね♪


■さと味せいろ 850円
●そば
ニ八
●そばツユ
くるみとゴマをすり合わせた濃厚タイプ
●薬味
白葱
●印象
こちらの名物というくるみゴマだれが見た目以上のインパクト!
ゴマの風味、香も強烈ですがくるみのマイルドさも加わり味わい深くなってます。
ただ、白い細打ちそばは繊細なのでこのタレを使うと
そば自体の風味が消されてしまうのがマイナスかな…

個人的には田舎せいろが断然好きですね♪


あと、ありがちなんですが配膳係が地元の高校生。
何を質問しても
『わかりませ~ん、聞いてきま~す』
を連発…


せめて割合くらいは即答してくれよぉ~(ρ_-)o


※『やっぱり蕎麦かっ!(笑)』
予想の当たった方はモチロン、ハズレた方もご一緒にポチ~♪
↓↓↓
http://gourmet.blogmura.com/ramen/ にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ

Tag:【山梨県】 

【とこ in 山梨(その1)】 牧場のランチを狙うが…




連休を利用し本日より山梨に来ております。
そのためしばらくの間はリアルタイムで山梨のスポットをレポをしてまいります♪

個人的には山梨のラーメンを食いあさりたいのですが
家族連れのためなかなか厳しいのが現状…( ̄○ ̄;)
(実はラーメン禁止令が敷かれてますねん…涙)
という事でご寛容を賜れればこれ幸いかと存じます。

是非お付き合いの程
宜しくお願いいたしますm(u_u)m


と言うわけで、早速、第一段レポをいってみましょうか~!(早っwww)


■まきば公園・まきばレストラン
@山梨県北杜市大泉町西井出8240-1
【営業時間】9:00~17:00
【定休日】月曜日(祝日の場合は翌日)
【駐車場】アリ



■ランチのつもりだったんですが…

中央道小淵沢ICを降り、向かった先は清里方面。
八ヶ岳を望みながらのドライブを楽しみ車を走らせます。

さて、高原リゾートとしてその昔一世を風靡した清里ですが
『暑いのはかなわん』という家族の思いと『実は高原好き』という
私との利害がめでたく一致しまして(笑) 初訪問となりました。


最初に目指したのがここ『まきば公園』
山麓にひろがる緑の牧草地は正にアルプスを彷彿とさせますね!
黒沢牧場とはひと味違います(笑)

羊や馬などが放牧されている牧歌的な景色を堪能しつつ到着したのが11:30過ぎ。
公園内にあるまきばレストランの名物
『清里ジャンボバーガー』(看板参照)
を狙ってたんですが…


『待ち数12組( ̄□ ̄;)!!』


スケジュールの関係上さすがに待てない。

別店をあたることにします…(;_;)


※『お~ ジャンボバーガー見たかったなぁ…』
と一緒に悔しがっていただける方は同情ポチをお願いします (ノ_・。)
↓↓↓
http://gourmet.blogmura.com/ramen/ にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ

Tag:【山梨県】 

応援クリックお願いします
↓↓↓:m(_ _)m
検索フォーム
プロフィール

とこわかはる

Author:とこわかはる
■「デッドで!」とは?
「レンゲを使わず丼鉢に直接口をつけて飲む」つまりダイレクトでスープを飲むということを表しております。よって「デッドで!」とは「鉢に口をつけて直接スープを飲んでみた!」という意味になります。
友人が最初に使い始めたのがきっかけで、この飲み方を広く普及すべく「デッド飲み推進会」に入会しまして、日夜活動に勤しんでおります。
会長によると語源はゴルフ用語由来なのだそうですが… 私はゴルフをしないのであまりよーわかりません(笑)

■私の肩書き
・デッド飲み推進会副会長
    兼 和歌山支部長
・情熱和歌山ラーメン部々長
・情熱大阪ラーメン部所属
入会(部)者を募集中です♪

■私のひととなり
ラヲタではありません。
単純に「中華そば」が好きなだけでございます(笑)​
私にとって「麺」とはオアシス。そんなオアシスを求めて和歌山を中心に近畿圏を放浪中♪そして智弁和歌山野球部のファンでもあります。
将来に不安を抱えているので第二の職を視野に入れてます。実は中華そば屋を経営するのではなく歌手デビューを狙ってます​(爆)

カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
地域別カテゴリ
料理別/シーン別カテゴリ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カウンター