「そろそろ落ち着いた頃かな〜」幕末海南店

検証! ミニミニ丼(笑)

■とんこつら〜めん幕末 海南店
@海南市藤白187-1
【営業時間】11:00〜23:30
【定休日】無休
【電話】073-460-3835
【駐車場】専用あり
【地図】お店の場所はコチラ
P1000148.jpg
P1000150.jpg
御坊発祥の幕末の3号店が昨年末にできてまもなく1年。
初訪問は開店間もない頃でまだまだバタバタしてましたが
もう落ち着いた頃だろうと訪問。

今回気づいた入口にあった自家製麺の文字。
田辺店で打たれているものですがギンギラギンではないですが
さりげなく宣伝されておりました。



■店内&お品書き
P1000152.jpg
入店したのが中途半端な時間だったのでこの日もノーゲス。
そしてオーダーがデフォのラーメンに
今回は前回いただいたミニ丼よりさらに小さいであろう
「ミニミニ丼」をいただくことにします♬





■豚骨ら〜めん(670円)
●スープ:豚骨+鶏+野菜
●麺:やや細ストレート
●具材料:チャーシュー、太もやし、ネギ
P1000156.jpg
背中にはお店のシンボルである坂本龍馬のポスターがあり
お約束の無料卓上高菜をお皿に盛りつけまして準備万端のところへ
配膳されました。




■デッドで!!
P1000158.jpg


『安定したお味〜♬』

幕末オリジナルスープですが鶏、豚、野菜が使われ
全体的に甘い系ですが最後までスッキリとした味わい。
前回にも増して安定感が出でますね♬


ビジュアル的にはもっとこってりしている印象もありますが
なかなかバランスがとれてましてGOODです。
P1000163.jpg



そして麺!
P1000169.jpg
100%自家製の幕末麺はスープとの相性が考えられたもの。
「保存料を一切使わず、スープとの相性を極めた」とHPにもあるように
スープが馴染みましてスルスルといただけます。
結構、加水率もやや低いしね〜♬



麺を半分くらいいただいたところで投入したのがコチラ!
P1000175.jpg
準備していた辛子高菜でござい。
個人的にはかなり辛い部類に入るのですが辛いものへっちゃらな方は
どんどん入れても大丈夫かな〜(笑)



トロトロチャーシューも旨いし…
P1000172.jpg

しかも太い!!!(マジで!)

そして次はそんなチャーシューがのったチャーシュー丼をいただきましょう。




■ミニミニチャーシュー丼(230円)
P1000181.jpg
前回そこそこ量のあった「ミニ丼」だったので
その教訓を活かしての「ミニミニ」をチョイスしました。

全体の味わい自体はチャーシューが美味しいのでいいですが
P1000192.jpg
やっぱ海苔多い…(苦笑)
海苔の味に占領されそうな勢いが笑っちゃいました。


そして…
P1000180.jpg
「ミニ」と比較したのがコチラの画像。
ミニが300円、ミニミニが230円となります。
しっかり食べたい方は絶対に「ミニ」これで300円も
十分なCPですからイイですね。

そして「ミニミニ」は230円なのが嬉しい。
「少し食べてみたいな〜」と思った方にはコチラをオススメですね。




■食べてみて…
P1000146.jpg
十分落ち着いたオペレーションが良かったですね。
限定品も色々と出されてまして積極的な姿勢が好感度大でした♬

そして何と言ってもコチラのアドバンテージはデカい駐車場ですね。
営業車を簡単に留めれるのはノンストレスでありがたいなぁ。

【地図】お店の場所はコチラ


※『HPにあった国体限定の和歌山ラーメンが気になる♬』
と思ったならポチッとな♪(ρ°∩°)
  ↓↓↓

食べ歩き ブログランキングへ
※『ミニミニ丼ってCP高いっす♬』
そう感じた方もこちらを一緒にポチッとな♪(ρ°∩°)
 ↓↓↓
にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ


【『とんこつら〜めん幕末 海南店 』これまでの飲食跡♬】
その1:御坊市が発祥で3軒目になります♪

テーマ : ラーメン
ジャンル : グルメ

Tag:海南市 

【祝・新店オープン♬】「とんこつら〜めん幕末 海南店」

御坊市が発祥で3軒目になります♪

■とんこつら〜めん幕末 海南店
@海南市藤白187-1
【営業時間】11:00〜22:00(しばらくの間)
【定休日】無休
【電話】073-460-3835
【駐車場】専用あり
【地図】お店の場所はコチラ
P1190158.jpg
P1190159.jpg
御坊発祥の幕末の3号店が出来た〜♬という情報をGETし
早速の訪問をさせていただきました。

場所は海南市藤白、R42沿いにありまして駐車場を完備した
大きな箱店となっております。



■店内&お品書き
P1190162.jpg
入店したのが17時過ぎ。ちょうどノーゲスのタイミングでした。
店内はあっさりとした造りで、カウンターの他にテーブル席も豊富で
空間も広くゆったりと食べれます。
本店同様、黒を基調にしたお店なのでシックな印象ですね♬


そして卓上のお品書きを、ば。
P1190201.jpgP1190202.jpg
まだオープン仕立てだったのでメニューの種類はこれからか。
とりあえずデフォをチョイスいたしました!



■豚骨ら〜めん(670円)
●スープ:豚骨+鶏+野菜
●麺:やや細ストレート
●具材料:チャーシュー、太もやし、ネギ
P1190169.jpg
オーダー後、卓上の辛子高菜をつまもうと小皿へ取り分けてると
「へい!お待まちどう〜♬」
と速攻配膳(驚)(豚骨なんで麺線が細く茹でるのが早いんかな…)というとこか。




■デッドで!!
P1190173.jpg

『よし!香りはイイゾ〜♬』

というファーストインプレ。
嫌じゃない豚骨のマイルドな香りが立ちこめてイイ感じ。

そしてスープ…
甘んま〜ぃ、そしてマイルディな豚骨メインの味わい。
ただし、豚骨オンリーじゃなくソレ以外の風味も感じるので
色々な材料を駆使し、手を加えて作っているのがわかるもの。

その甘さの元は背脂&野菜かな?
とにかく角の取れた「まるみある味わい」が旨いっすね〜!
スープをグビグビ飲んでしまいます(笑)

個人的には濃厚とあっさりの中間のような印象。
でも一朝一夕では作る事のできない味わいの重なりを
感じる事ができるスープですね。


そして麺!
スープとのマッチングが考えられているであろう自家製麺。
お店のHPによると「田辺店でその製造シーン」が見れるとのこと。
P1190189.jpg
さらにHPでは細さは20番手のストレート麺。加水率も28%と書かれます。
このスープに合うように作られた自家製麺ですが、
麺食いの私としては麺の存在感はそれほど感じず、
それよかスープの方が印象深かったんですね。

自家製麺 < スープ

というパワーバランス。
麺自体はクセが無く、麺延びもしないのですが
とにかく印象に残らない「控えめ」といった存在。
よってマッチングというよりスープが目立ってるかな〜(笑)


そして1/3を食べたあたりで投入したのがコチラ!
P1190200.jpg
辛子高菜なんですが、卓上にもありましたように確かに辛いんです、単品では。
ラーメンに入れるとかなりピリっとしますので
辛い方が好きな方はガンガンいれちゃってもいいでしょう。


最後にチャーシューをいただいたのですが…
P1190188.jpg


「これ旨っ!!!」


ボディはかなり分厚かったのですが、食感はトロトロ♬
何と言っても味付けが良く脂も甘いんです。
ほんの少し臭いがありましたがそれは置いといて〜(笑)

(マジでこのチャーシュー旨いなぁ・・・)

素直に感じたのでおもわずミニチャーシュー丼をオーダーしちゃいました!



■ミニチャーシュー丼(300円)
P1190205.jpg
ラーメンを食べ終えた頃に到着したのがコチラの追加丼。
しかーし…

(の、のりばっかしやな…(汗))

ご覧の通り、チャーシューが見えません(苦笑)


これじゃあまりにビジュアルが良くないのでとりあえず海苔をどかしてみると…
P1190208.jpg

(ホッ、チャーシュー入ってたわ…(爆))

胸を撫で下ろしました。
まぁ「ミニ」ということでしたがそこそこ量はありました。


そんなチャーシューとご飯を合わせていただきます!
P1190223.jpg
ネギがシャキシャキっとしていて好感度大。
それにチャーシューも予想通りの味わいでご飯と一緒に食べると
これまた旨い。旨いのですが…

この海苔が曲者…
実はこれ味付け海苔なんですよね。しかも量が多いから
海苔の味に支配されてしまってるんです、ホント。
せっかくのチャーシュー丼なのにもったいないなぁ〜っていうのが
正直な気持ちでした。

この味付け海苔を焼き海苔に変えて量を少なくする方が「丼」としての
存在感が増すと思いますし、自慢のチャーシューの味わいを堪能できると思います。

あるいは、チャーシューラーメンを頼んで白飯にトッピングして
食べるのもアリかもしれませんね〜♬




■トレードマークの…
P1190164.jpg
本店にもあった坂本龍馬のポスター。
龍馬が豚骨らーめんを好んで食べたと言う話は聞いた事無いですが(笑)
これからもお店を見守っていってくれるのでしょうね〜♬
あと印象的だったのが精算時。普通のレジスターじゃなく
PC画面を仕様したタッチレジ(オリジナル製品)が斬新でした。


あと、年末年始の営業情報がコチラ!
P1190226.jpg
2日から営業されてますので藤白神社の初詣の後にでも
立ち寄られたらいかがでしょう〜♬

【地図】お店の場所はコチラ


※『豚骨のお店、海南に二軒目や〜♬』
と思ったならポチッとな♪(ρ°∩°)
  ↓↓↓

食べ歩き ブログランキングへ
※『「ミニミニ丼」がもっと気になるぅ♬』
そう感じた方もこちらを一緒にポチッとな♪(ρ°∩°)
 ↓↓↓
にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ

テーマ : ラーメン
ジャンル : グルメ

Tag:海南市 

「地元で愛されている雰囲気をひしひしと感じます♬」 中華料理みな

海南のSoulを体感した日

■中華料理みな
@海南市船尾185-21
【営業時間】11:00〜15:00/17:00〜21:00
【定休日】日曜日
【電話】073-482-2804
【駐車場】なし
【地図】お店の場所はコチラ
ひっそりとしたたたずまいを見せているコチラ。
かなり昔には風情と淫靡さを兼ねていたであろう地域だと実感。
P1160409_20141210082302a60.jpg
P1160413_201412100823024d5.jpg
日方川沿いにある「日方川通り」という長屋の一番奥にお店はありました。
吉田類さんならすかさ飛び込みそうな飲み屋さんが並んでまして
酒飲みにはタマラナイシチュエーションでございます(笑)

お店の店構えは黄色い看板がひとつのみ
P1160347_201412100822598a2.jpg
「ラーメン」の文字だけが明朝体ではなく昭和40年代の「妖怪人間ベム」に
でてきそうな文字っていうのはご愛嬌。
何か意味があるのか? そんな野暮な質問はいたしませんよ(笑)


そんなお店の扉をギギーッと押して店内へ。
P1160342_201412100823277f6.jpgP1160341_201412100823267b8.jpg
数席しかない小さなカウンターに先客の家族連れさんが一組。
厨房内ではおばさまが2名で切り盛りされております。

奥の壁には手書きのお品書きがズラリと。
P1160383_20141210082331a08.jpgP1160384_20141210082332ccf.jpg
先ずはご挨拶代わりに水ぎょうざ(300円)をひと皿と焼飯をオーダーしてみました。



■水ぎょうざ(300円)+焼めし(500円)
お二人が見事なコンビネーションを見せながら料理を仕上げていきます。
焼めしのフライパンが軽快に振られる中、水ぎょうざが先ずは到着。
P1160354_201412100824302b9.jpg

「Oh~ボリューミ~♪」

(普通よりデカいかも・・・) と思うくらいのぎょうざが6個も入っておりまして
マジで食べ応えありの水ぎょうざでございます。

もちろんスープをデッドで!
P1160357_20141210082429df4.jpg
しっかりした味わいっていうか塩が強めのスープはかなりのインパクト。
おそらく呑んだ後に食べるコトを想定してそうな濃い味付けでありました。


そしてぎょうざをひとすくい♪
P1160360_20141210082431ccf.jpgP1160364_20141211065945db7.jpg

個人的には「厚い」部類に入る皮に包まれたぎょうざは齧るやいなや

「うぉっ、何じゃこの強烈なインパクトは!!!」

と唸ってしまうくらいのパンチ力。
「ニンニクニクニク~♪ ニンニクニクニク~♪」な餃子が好きな方には
おそらくたまらないひとしなというもの。


口一杯に広がるニンニクをほおばりながら途中で到着していた焼めしをパクッと。
P1160399_20141210082443772.jpg
パラパラとした仕上がりがグッドな焼めしでしたが
全体画像を削除してしまったのは痛恨の極み・・・
水ぎょうざとの相性は抜群だったのに画像で伝えられず残念でございます。

そんな焼めしを食べている途中に忘れちゃならない中華そばをオーダーしました♪



■中華そば(500円)
●スープ:懐かしい中華そば系
●麺:中太ストレート
●具材料:チャーシュー、メンマ、ネギ
P1180820.jpg
こちらもおばちゃんツープラトン攻撃で仕上げられた中華そば。
私が「中華そばひとつ~♪」とオーダーした時

「は~い、ラーメンひとつ~♪」

と言われた事は内緒です(爆)
そしてメニューには無いラーメンが配膳されました。



■デッドで!
P1160368_20141210082425f23.jpg

「ややショッパいかぁ~(゚Д゚ノ)ノ」

こちらのスープも水ぎょうざ同様に飲んだ後〆仕様。
最初はハッキリとしたしょっぱさを感じましたが
食べ進むにつれそれに慣れてきたというか、それじゃないとアカンというか
徐々に懐かしさを感じるようになってきます。

そしてデフォで載っている胡椒も無くてはならない存在となり
ラーメン全体をピリリと引き締めてくれております。


そして麺。
P1160382_20141210082407edb.jpg
久しぶりに「やや柔らかい」という和歌山アベレージな麺を堪能♪
スープを存分に吸いまして、それからは絶妙な食感になってまいります。
最初のしょっぱさはこの時点で完全に忘れさせてくれてました。


小ぶりでやや身厚なチャーシューですが
P1180821.jpg
ガシッとした食感に豚の旨みが凝縮されてまして
脂と身のバランスがちょうどイイ具合よさ。
個人的にはすごく好きなチャーシューでしたよ〜ヾ(*○´∀`○*)

そしてメニューにはなかったラーメンの価格は500円!
この500円は非常にお値打ちな一杯だと思いますよ♬



■食べてみて…
P1160407_201412100823021cb.jpg
お店の反対側からはこんな感じ。
立ち退きされた土地もあり、昔の遊郭っぽい跡も・・・
古の良き時代の面影を色濃く残す場所に今も元気に営業されている中華料理&飲み屋さん。

もし時間があるならこの辺りの飲み屋さんを回ってみたいと思いました。
これからも地元の皆さんに愛され続けるお店であって欲しいですね~♪

【地図】お店の場所はコチラ


※『「みな」ってどっちかのおばちゃんの
名前に由来するのか、な?』

というプチ疑問を持ったならコチラをポチッとな♪(ρ°∩°)
  ↓↓↓

食べ歩き ブログランキングへ

※『「デッド飲み!」と言いながら
ラーメン以外なら使いまくっとるがな(笑)!!!』

そんなツッコミに、
「ホンマ、ホンマ♪」という相槌はこちらを一緒にポチッとな♪(ρ°∩°)

 ↓↓↓
にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ

★ブログランキングに参加しております★
皆様からいただきますご声援、応援が大変励みになっております♪
今回もポチッとな」をありがとうございます!m(_ _)m

テーマ : 中華料理
ジャンル : グルメ

Tag:海南市 

「長浜ラーメンは意外と人気があるんだよなぁ〜(笑)」長浜ラーメン 海南店

お店がオープンしてから

もうずいぶん経ちました…


■長浜ラーメン 海南店
@和歌山県海南市幡川126-3
【営業時間】11:00〜24:00
【定休日】無休
【電話】073-483-8889
【駐車場】専用あり
【地図】お店の場所はコチラ
P1170054.jpg
和歌山では比較的人気のある長浜ラーメンのひとつ。
海南市は幡川にできてからもう随分経ちましたコチラ。
まぁ、支店だったので「いつかは行けるやろ〜」と思ってたら
今になっちゃいました(苦笑)

場所は海南から野上へ抜ける道沿い。
その昔、ふくちゃんラーメンが近くにありました。




■店内&お品書き
P1170061.jpgP1170062.jpg
広く明るい店内はいきなりカウンター席のお出迎え。
テーブル席は奥にありました。
そんな目の前に広がるカウンター席に陣取りまして


お品書きはコチラ。
P1170056.jpgP1170058.jpgP1170057.jpg
外の長浜ラーメンのお店と基本的には同じメニュー(だと思うw)
色々なセットメニューとサイドメニューが豊富であります。

そして…
P1170060.jpg
微妙なオーダー表も健在!!!

そんな中ですが、じつは二軒目だったこの日は
ラーメンはデフォの白、それよか唐揚げ&ライスが食べたかったので
ラーメンとのセットを注文いたしました。
あ、ラーメンは基本はデフォですが赤玉を少し入れております。

するとソッコーで先にラーメンが到着しました〜♬




■とんこつ白(590円)
●スープ:長浜オリジナル長時間煮いた豚骨醤油
●麺:細ストレート長浜オリジナル
●具材料:チャーシュー、ネギ、木耳
P1170071.jpg
先ず到着したのがコチラの長浜ラーメン。
デフォは白い豚骨がメインで、味変用に「赤玉」をチョイス
しておりますが先ずは混ぜずにいただきます♬




■デッドで!
P1170069.jpg

「よし!オーソドックス(笑)」

いつもの通りの長浜ラーメン@和歌山の味わい♬
白濁したスープですが豚骨臭が少なくクセのない味わいだと思います。

何だかんだ言っても長浜ラーメン@福岡のような本場の麺を食べた事が無い私が
何を言っても説得力はありませんが(苦笑)この味わいが
和歌山で支持される基礎だと勝手に思っております(爆)


そして麺はデフォのノーマル!
P1170077.jpg
こちらの固さも色々とチョイスできるようになってますが、
やみくもに硬めをチョイスして失敗した経験があるので
デフォにはデフォをということで至極ノーマリズムを追い求めております。

個人的な固さ表現を言いますと…
「やや柔らかい」部類に入ると思われます。

チャーシューもバラ肉部分がホレ!
P1170078.jpgP1170067.jpg
チャーシューも割と厚みのあるもので、中々旨い♬
そして1/3ぐらい食べたところで「赤玉」を混ぜ合わせるとともに


2/3くらい食べたところで
P1170103.jpg
最終兵器であるコチラの高菜をi〜〜〜〜nしときました(笑)
この高菜も旨かったなぁ。
ご飯と一緒に食べるのもイイ感じでしょう〜ヾ(*○´∀`○*)

ラーメンを食べ終わると、いただいている途中で到着した
唐揚げセットに移りましょう。




■唐揚げセット
P1170080.jpg
P1170084.jpg

最初は唐揚げとご飯がセパレートでやってきたので
いつもの通り、丼バージョンにカスタマイズ♬

オーダー時にスタッフさんから
「塩こしょうにしますか? 特製甘ダレにしますか?」
と聞かれてたので「特製甘ダレ」をチョイス。
それがたっぷりとのっかってまして…  かなり甘い(汗)
ハッキリ言いまして、失敗でございますorz


かなり後悔なスタートとなりましたがご飯に載せてみると…
P1170095.jpg
かなりイイ感じに仕上がるのは笑っちゃいました♬
なぜかって? 
それは失敗した甘ダレのおかげでキャベツとご飯がタレと絡み、
「丼」としての仕上がり度合いが格段に上がったから。

とは言うものの、
P1170102.jpg
セパレート単品で食べるならやはり塩こしょうの方が
サッパリとしていて鶏肉の旨味を味わえるか、と。
甘ダレは味がキツすぎて唐揚げに勝っちゃってましたからね…(苦笑)



■食べてみて…
P1170055.jpg
入店したのが15時を完全に過ぎてましたがお客さんは入ってまして
思いっきりアイドルタイムなのに活気がありよかった、よかった。
コチラの長浜ラーメンチェーンは和歌山のどのお店も流行っているので
和歌山の人々は基本的には「豚骨」が好きなのでしょうね。

なんだかそう感じながらお店を後にしました。ごちそうさまでした♬

【地図】お店の場所はコチラ


※『最近、唐揚げ食べ過ぎとちゃうの???(爆)』
と感じたならコチラをポチッとな♪(ρ°∩°)
  ↓↓↓

食べ歩き ブログランキングへ

※『でも、たま〜に白濁豚骨を食べたくなるよなぁ!!!』
そう感じたことのある方はこちらを一緒にポチッとな♪(ρ°∩°)
 ↓↓↓
にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ

★ブログランキングに参加しております★
皆様からいただきますご声援、応援が大変励みになっております♪
今回もポチッとな」をありがとうございます!m(_ _)m

テーマ : ラーメン
ジャンル : グルメ

Tag:海南市 

R42沿いにあるトラディショナル中華のオアシス♪ 「中華そば 楠本屋」

『おっ!』立ってるな。

(※看板もやけど(爆))


■中華そば楠本屋

@海南市船尾257-9 【地図】
【営業時間】11:00〜23:00
【定休日】木曜日
【電話】073-482-1661
【駐車場】専用アリ(お店の裏側)
P1180175.jpg
P1180176.jpg
所用で海南市まで。この日のランチとして白羽の矢が立ったのがコチラです。
ちょうどうどお昼時だったのでかろうじて空いていたカウンター席へ席を下ろします。



■メニュー
P1050719.jpg
丸田屋系のお店ながらデフォメニューは『そば』というのは相変わらず。
ココ最近では「ネギそば」のマッチングが素晴らしい!
という情報を得てましたが、やはりデフォにしました…(苦笑)



■そば(600円)
●スープ:醤油エッジの利いた豚骨醤油
●麺:かなり太いややチヂレ
●具材料:チャーシュー、味玉子、ホルモン、白葱、万能ネギ
お客さんが多い中ですがオーダーしてから比較的早く
直ぐに配膳された中華そばをデッドで飲んでみます。
P1050720.jpg


『おっ!』


思わず口から漏れた言葉。 豚骨の旨味を感じられたうえ
それ以上にシッカリ感じとれた醤油エッジにプチ感動♪ 

食べ慣れた和歌山トラディショナル中華そばながらスゴ〜く久しぶりに感じたのは
最近いかにトラディショナル系から遠ざかっていたのかを物語ってます…(苦笑) 
また若干の醤油辛さはあるものの、姉妹店の丸田屋とは
一線を画した印象がこの日はありました!!




そして麺をいただいてみる。
P1050729.jpg
かなり細いストレート麺も茹で加減はすばらしく
その歯ごたえは最後まで損なわれる事はありませんでした。




最後に特筆点がもうひとつ! 
P1050723_2014020307001707c.jpg
初めてかな〜♪ 最後までこんなにスープが熱かったのって。
全然オイリーじゃないのにとにかく最後までフーフー言いっぱなしで

久しぶりに汗かいちゃいました…(^。^;)(笑) 

その理由はわかりませんでしたが、
とにもかくにもこの日の出来栄えには大満足でお店を後にしました♪



■食べてみて…
P1050735_20140203070031b24.jpg
元々、お店の隣には駐車場がありましたがスペースは少なかったんですが
もう二年前くらいになるかな。お隣にできた第二駐車場を利用できるようになり
ストレスなく駐車できるのが嬉しいっすね〜o(^-^)o


ごちそうさまでした♡


【『中華そば 楠本屋 』これまでの食跡♬】
その1:中華そば楠本屋(クスモトヤ) 訪問日:2006/09
その2:楠本屋 2008/3/28
その3:看板の背の高さは和歌山でイチバンかも(◎o◎)
その4:よんスカ和歌山ツアーのラスト:最後~のリ~ク~エ~♪


※『あの高い看板はかなり目立つねん!(笑)』
そんな経験があるならポチッとな♪(ρ°∩°)
  ↓↓↓

食べ歩き ブログランキングへ

※『丸田屋もエエけどこっちも捨てがたいよな!!!』
という方もこちらを一緒にポチッとな♪(ρ°∩°)
 ↓↓↓
にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ


★ブログランキングに参加しております
皆様からいただきますご声援、応援が大変励みになっております♪
今回もポチッとな」をありがとうございます!m(_ _)m

テーマ : ラーメン
ジャンル : グルメ

Tag:海南市 

【よんスカツアーのラスト5軒目】中華そば 楠本屋

よんスカ和歌山ツアーのラスト
最後~のリ~ク~エ~♪

■楠本屋
@海南市船尾257-9
【営業時間】11:00~23:00
【定休日】木曜日
【電話】073-482-1661
【駐車場】専用、第二あり
■楠本屋なう
まるやま塩屋を後にし、向かった先は雑賀崎漁港ここでシラスを求めようと思ってたんですが、たまたまイベントが開催されてまして屋台が並びかなりの賑わい♪ そんな中でメンバーは各々お目当ての商品を仕入れて満足げ(笑) 『さぁラストはどうすんの?』と相談の結果、あっさり系以外で!という意見が採用されまして丸田brotherが経営するコチラにお邪魔いたしました。時間的にはコチラで最後か、な!? メンバー最後のリクエストですわ(笑)


■店内&お品書き



相変わらず和歌山で一番長くデカい看板でR42からは一発で目に入ります(笑) 
通し営業なのでいつでも開いてる安心感がいいです♪なんともツアー向きですわ。
そんなお店に入店したのが14時過ぎ、老夫婦が1組座られてました。
オーダーはデフォの「そば」でいっときましょう♪



■そば(600円)
●スープ
丸田屋&井出系スープ
●麺
細ストレート
●具材料
チャーシュー、蒲鉾、メンマ、ネギ
■この日の感想
こちらの特異点というと何と言ってもその麺の呼び名。
中華そばではなく、ただの
『そば』であります。
かと言って
『特徴があるのか?』
と聞かれても
『特にない!』
としか言えない自分がいます(笑) そうこうしているうちに配膳されました!


■デッドで!! 



『う~んいい感じ♪』

井出系かつ丸田屋DNAを継承された「そば」は和歌山豚骨醤油の王道をいくもの。
ビジュアルはさりげなく、香りもキツすぎず、ゆるすぎず。
なかなかの仕上がりと見ます。

デッドで飲んでみても、見たイメージ通りのコクと風味で納得の味わい。

うわぁ~来たよ来た~~~♪



麺も固めに仕上がってまして私好み(笑) 
マッチングも問題なく最後まで一気に美味しくいただけました!! 
久々の訪問でしたが
(こんなに旨かったっけ…(笑))
というのが本心。期待値は上方修正でございま~す(o^∀^o)



■ツアーを終えて…
や不安でしたが本日の案内したお店は食べた結果としてはおしなべて『○』評価だったのでホッとひと安心。天気にも恵まれ良かったねぇ~♪ 次回は是非とも夜にしか営業していないお店のツアーを実施したいと思います! 「夜営業のみ」これもまたドラマがありそうで良いじゃないっすか!

では第3回のよんスカツアーまで
ご機嫌よう。さよなら~( ~っ~)/



 私のおすすめ:
『送料無料』厳選灰干さんま10尾入り[西出水産]『スーパーニュースアンカー』『世界一受けたい授業』『ちちんぷいぷい』などのテレビ番組で紹介!



※『ランキングに参加しております!』
皆様の応援が非常に励みとなります♬ ひとポチお願いします。 m(_ _)m
  ↓↓↓

食べ歩き ブログランキングへ

※『ランキングに参加しております!』
皆様の応援が励みとなります♬  もひとつポチを是非お願いします。m(_ _)m
 ↓↓↓
にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ


★ブログランキングに参加しております
皆様からいただきますご声援、応援が大変励みになっております♪
今回もポチッとな」をありがとうございます!m(_ _)m

テーマ : 食べ歩き!
ジャンル : グルメ

Tag:海南市 

焼肉 吉野 

やっぱり肉食わなアカンかぁ…(°□°;)


■焼肉 吉野
@海南市下津町下津818-1
【営業時間】
11:00~13:30
17:00~22:00
【定休日】火曜日
【電話】073-492-3053
【駐車場】専用アリ
■よしのなう
JR下津駅のちょうど北側。R42沿いにあるのがコチラ。どこから見ても焼肉屋なんですが実はランチメニューに中華そばがラインナップされてます。そんな焼肉屋さんに足を踏み入れたのがかれこれ8年ぶりくらいやろか!? (ひょっとしたら営業やめてるかも…)という一抹の不安を抱きつつお店までやってくると、『ありましたがな~』看板が♪ 駐車場から見える下津港を横目に意気揚々と入店しましょう(笑) 





■店内&お品書き
店内は見たまんまの焼肉店。これ以上の何があるというのか!?(笑)『とりあえず生♪』と言いそうになりますやんか(爆) さてさてお品書きを見ると、やはりランチメニューは中華そばがメインとなりミニ丼系がセットになるシステム。ピビンバ丼にチャーシュー丼、それに焼きめしもあるではないか。焼肉店ならではの丼に心奪われそうになりながらも、久しぶりなのでここはデフォに集中しようか、と(笑)



■中華そば(600円)
●スープ
豚骨系醤油
●麺
細ストレート
●具材料
チャーシュー、メンマ、ネギ
■この日の感想
実はこの席は窓側でここからも下津港が見えました。中々ナイスなロケーションに思わずスタンディング(爆) そんな景色に見とれている間に中華そばが配膳されました。



■デッドで!
第一印象がすこぶる良いその姿をつぶさにチェック! 
スープの色合いはやや白っぽいものの盛り付けは完璧に近いです!
そしておもむろにmouth&norseを鉢に近づけます♪ 
さぁ!ここでデッドで飲んでみたところ…

























『味のパンチが
いまいちか!?(@_@)』

和歌山トラディショナル風だが特に匂いが弱い、いや、弱すぎる… 
食べてみるとそれなりに仕上がっていると思うのに、
味わえば味わうほど物足りなくなってくる。
これはかなりもったいない気がするのは私だけなのか!? 














麺も茹で加減はイイのだがマッチングはアベレージ。
チャーシューはカットが薄めで私好みでした。
そんなビジュアルが良かっただけにメチャ残念な気持ちに支配されてしまいました。
これはちょっと記憶に残らない結果になりそうです、ハイ…orz

せめて焼肉店ならではのピビンバ丼セットを食べたら良かったなぁ…
 つーか、最初から焼肉定食を食うべきやろな、ウンウン(=゜-゜)(=。_。)
ということで、次回はぜひとも焼肉にトライしたいと思いながらお店を後にしました!
ごちそうさまでした。 m(_ _)m


 私のおすすめ:
和歌山ラーメン【5食】こってりとんこつ醤油味 激安お試しセット【送料無料】 本場の生麺使用・スープ付(ご当地ラーメン わけあり 規格外 業務用)

Tag:海南市 

丸醤らーめん

かつて何回、
前をスルーしてきたのだろうか…(笑)


■丸醤ラーメン
@海南市下津町上1202-4
【営業時間】
11:30~14:30
17:30~23:30
【定休日】年中無休
【電話】073-492-0757
【駐車場】専用アリ
■マルショウなう
ずいぶん前からお店はありましたコチラ。過去幾度のなく前を通りましたが何故か訪れることのなかったんですよ、ここ(笑) 昨年来からは積極的に和歌山県内のお店をローラー&掘り起こし作戦を実践している中での訪問となりました♪



■店内&お品書き
外観は『統一感のない派手さ』が演出するロードサイドの中華屋さんなんですが、一歩店内に入ると意外にも清潔感が溢れ、(お!マジか??)そう思いました。いろんなメニューがお品書きに溢れてますが、目の前にあったラーメンに対する思い入れが書かれたPOP。やはり初訪問は敬意を表しデフォのラーメンをオーダーします。


■ラーメン(600円)
●スープ
醤油エッジの利いた煮干系
●麺
かなり太いややチヂレ
●具材料
チャーシュー、味玉子、ホルモン、白葱、万能ネギ
■この日の感想
壁に貼られたお品書きを見ると本当に種類が豊富で、随所にこだわりを感じられるものが多数あります。(酒が飲めたらええのに~(^w^))と思ってると配膳されました。

■デッドで!

























まずはビジュアルですが和歌山のトラディショナルよりは
断然色が薄いのが目に留まるスープ。
デッドで飲んでみると醤油の風味が感じられますが、ややしょっぱいのが残念か。
そして驚いたのがお店から麺の茹で加減を聞いてくれるんですよね~♪
和歌山ではかなり珍しいですが続けていってもらいたいですね。



全体的にはわかりやすい味わいでアベレージなラーメンです♪ 
そんな中でもチャーシューの出来栄えは上々。
特有の臭みもなくタレが染み込んでます。
基本的にチャーシューは最小限でいいんですが
こんな時はペラペラカットじゃなくそれなりに厚くカットして欲しいっす! 
身勝手な意見ですがね…(^。^;)

 帰る頃には2組の家族連れさんが。
地元での人気の高さが伺えました♪ ごちそうさまでした!


 私のおすすめ:
わけあり みかん ミカン!!!家計応援ワケアリ果実 和歌山のブランド 有田みかん お試しセール(早生)送料無料【5kg/サイズ混合】 訳あり 不揃い B級グルメ

Tag:海南市 

ふみ

古くから営業されてますが実は初訪問でした(笑) 

■ふみ
@海南市下津町鰈川879-1
【営業時間】
平日:11:30~14:30
   17:00~22:00
日祝:11:30~22:00
【定休日】火曜日
【電話】073-492-4773
【駐車場】専用アリ
■ふみなう
ずーっと昔からお店の存在は知ってましたがなかなか訪問がかないませんでしたがやっとのこと初訪問の運びとなりました。R42沿いのお店訪問頻度はとにかく低いですが『あさひ食堂』に引き続き突入します~( ~っ~)/



■おしながき
至ってメチャメチャシンプル♪ 中華そば以外にもメニューはありますが中華料理屋というと少ない... なんか微妙です(笑)地元に住むいとこの話では釣りに来たお客さんの人気スポットだとか。私は今回で初訪問なので敬意を表してここはデフォで攻めようか、と思います。










■中華そば(550円)
●スープ
クリア醤油のあっさり系
●麺
普通ストレート
●具材料
チャーシュー、千代巻、ゆで卵
■この日の感想
久しぶりの連食を敢行!! 有田大橋を渡りそのままR42を下津へ北上しますと峠の入口にあるコチラ。海南湯浅道路が出来てからはこの道を通る事はほとんど皆無になりました。道路が出来てない時代はおそらくお客さんで賑わってただろうと想像できますが今では「知る人ぞ知る」お店にてるのではないでしょうか。入店時には私ひとりでしたが食べ終わる頃には家族連れが2組になってました。
























ビジュアルは一言!!

『昔ながらの味わい♪』 

がピッタリとハマるもの。
クリアなスープがノスタルジーを感じさせてくれますね、うん( ~っ~)

ただし醤油のエッジが立ってるタイプじゃなく、私の中では
『中華料理屋のあっさりラーメン』というそのまんまの感想!!!(爆)
いわゆる「派手さ」は皆無で味わい的にも物足りなさは残りますが
そこは「シンプル」という単語でカバーしてもらいましょう♪


■麺&チャーシュー
麺もアベレージなストレートでとりたてて特徴はありません!茹で加減の見た目も(やや柔らかい…か、な??)と思ってたんですが、いざ食べてみるとマッチングもイイ普通麺で、コチラも懐かしさに溢れてました♪  チャーシューは赤身の締まったタイプなんですが残念ながら小さい… (T0T)  もうちょい大きい方がバランスはイイのかな。 まぁ昔ながらの素朴な中華そばが食べたくなった方にはこちらがおすすめですね。そんな中華が欲しくなったらまた来~ようっと。 ε=ε=┏( ・_・)┛

Tag:海南市 

中華そば 楠本屋  2009/06/19

看板の背の高さは和歌山でイチバンかも(◎o◎)



■中華そば 楠本屋
@海南市船尾257-9
【営業時間】11:00~23:00
【定休日】木曜日
【電話】073-482-1661
【駐車場】専用あり
■気の利いた店員さん
久しぶりに楠本屋を目指しまして到着したのは22時を回ってから。お店の横に駐車スペースがありますがあいにく満車状態… (向かいのお店の駐車場へ止めるのはイヤやしなぁ)と思ってたらお店のスタッフさんが店から出て別の駐車スペースへ誘導してくれました♪ 何気ない気配りですがなかなかできないですよね~ こんなスタッフのいるお店って素敵ですV(^-^)V




■そば(600円)
●スープ
和歌山豚骨醤油
●麺
細ストレート
●具材料
チャーシュー、メンマ、蒲鉾
●この日の感想
無事、車を駐車し店内へ入りました♪ カウンターはほぼ満席だったのでテーブル席へ案内されます。隣のテーブル席にはお母さんと小学校へ上がるか上がらないかくらいの男の子が中華そばを啜っておりまして、早い時間なら『オ!こんな小さい頃から鍛えたら将来有望やな~(笑)』っていうふうにお気楽コメントも出せようものですが、いかんせん既に22時を回ってましたので(オイオイ、いくら母親がおっても小さい子供をこんな時間まで連れ歩くの大丈夫かいな…(-o-汗))と大きなお世話ながら心配になってしまいます… そんな思いで『そば』をオーダーしました。





■こちらのお店は『そば』です!
お品書きでわかるようにこちらのお店は『中華そば』とは呼ばず単に『そば』と呼んでます。そしてこちらの店主さん、丸田屋店主の実の兄さんということは周知の事実で、麺もスープもオリジナルで勝負している点と、呼び名も単に『そば』という点においてはこだわりを感じずにはいられません。
久しぶりにいただきましたが相変わらず麺は細いです!!丸田屋よりも若干細いうえ加水率も低めの設定かと思われますが、茹で加減が絶妙に仕上げられた麺は秀逸でしたね~(`∇´ゞ



■デフォ「そば(600円)」



スープも丸田屋と比較すると少し違いがあります。
丸田屋の方が井出直系の味をより色濃く受け継いだタイプで「井出アレンジ版」とするなら
(丸田屋店主さんは井出商店のお弟子さんだったので当たり前ですが・・・苦笑)
こちらは「丸田屋チューン系」と呼ばせていただいております、個人的に。
丸田屋のスープより醤油がヤヤ立っている印象ですし、
「楠本屋オリジナル」という味わいが着実に浸透していると思います。







そんなスープに加えて麺も変化させることで「楠本屋の味」を確立されておりますね♪

この加水率の低い麺がスープに絡むと

『このスープにこの麺あり!!』

と言っても過言ではないくらいそのマッチングに磨きがかかるでしょう(`∇´ゞ


ただし、具材料のチャーシュー肉厚はちょっと薄くて寂しい気がするのは
私だけでしょうか??? もうちょいと厚ければ嬉しいですね(苦笑)

とはいえこの日2杯目の中華そばでしたが美味しくいただきました!!! ご馳走さまでした(≧ε≦)


【地図】
http://img.map.yahoo.co.jp/ymap/mk_map?lat=34.9.17.901&lon=135.12.5.781&width=300&height=300&sc=3&size=p∝=gourmet


住所: 和歌山県海南市船尾257-9
営業時間、定休日:
最寄り駅: 海南



※『あの看板は遠くからでも目立ってるよね♪』
と思った方はポチっとな♪ (ρ°∩°)
↓↓↓
にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ(文字をクリック)


※『ランキングに参加しております!』
皆様の応援が非常に励みとなります♬ ひとポチお願いします。 m(_ _)m
  ↓↓↓

食べ歩き ブログランキングへ



★ブログランキングに参加しております
皆様からいただきますご声援、応援が大変励みになっております♪
今回もポチッとな」をありがとうございます!m(_ _)m

テーマ : ラーメン
ジャンル : グルメ

Tag:海南市 

お食事工房 みき乃や  2009/3/17

『おっ、食堂あるやんか…』



■お食事工房 みき乃や
@和歌山県海南市名高555-2
【営業時間】11:00~21:00
【定休日】水曜日
【電話】073-482-0304
【駐車場】裏に市営駐車場あり
(最大200円の特典付)
■待ち時間
仕事で海南までやってきたのですが、取引先さんとの約束時間まで45分くらいありました。喫茶店にでも入ろうかと駅前をうろうろしていると…





■一番人気
喫茶店を探そうと駅前ロータリーをうろうろしていると小綺麗な食堂を発見しました。何気なくサンプルウィンドウを覗くと『和風ラーメン』があるじゃないですか!!! (そーいえば私のブログにいつもコメントをくださる『もののふさん』が以前こちらの和風ラーメンを紹介されてたっけ…)という事を思い出しました。
あらためてラーメンサンプルを見直すとそこには『当店一番人気』と書かれた紙が貼られております。

という事で急遽コーヒータイムからラーメンタイムに変更することになりました(笑)





■和風ラーメン(600円)
●スープ
カツオが効いた和風ダシ
●麺
中太ストレート黄色そば
●具材料
豚バラ、メンマ、木耳、千代巻
●この日の感想
清潔な店内は中央に据えられた黒い大テーブルは大人数が座れるタイプ。それに加え、壁に沿って巻くように個テーブルが配置されており、また個室もありました。黒を基調にした店内はシックにまとめられ、いわゆる『大衆食堂』のイメージとはちょっと違います! 聞くと創業は大正とのこと。改装して店舗は綺麗になってるので気づきませんでしたが、メチャ老舗だったのですよ!!!(驚)
和風ラーメンが運ばれるまでの間にお品書きを見ていたのですがメニューはかなり豊富。そうこうしているとラーメンが運ばれてきました。



■和風ラーメン



カツオの香りが強いスープは和風テイストが全面に押し出されたもの。
見た目にもハッキリわかる、いわゆる懐かしい

『食堂の黄色そば』

でした♪


基本的にはうどんスープにも流用できそうなアッサリ味ですが、
豚バラを入れた効果で脂の旨味も広がりつつ胡椒も多めに入ってます。


中太の黄色そばは懐かしさ全開。
麺自体にコシがあるわけでなく、こだわった粉を使ったものでもない。

『昔ながらの黄そば』

の存在がこだわりなのかもしれません。
味わいながら食べてたのですが、気がつけばスープまで完食!

そんなさりげない和風ラーメンなのでした(笑)





■お土産パンフレット



お店のレジカウンターに置かれたお持ち帰り用パンフレット!
それに掲載された品数はお店のお品書きと何ら変わらないボリューム。


かなり上質な紙を使って作られたもので、
お店の気合いが感じられました(笑)






住所: 和歌山県海南市名高555-2
最寄り駅: 海南




※『黄色そば懐かす~~~\(☆o☆)/』
と思った方はポチッとな~(o^∀^o)
↓↓↓
にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ(文字をクリック)

Tag:海南市 

楠本屋 2008/3/28






楠本屋 2008/3/28
@海南市
(写真)そば 550円


お店がオープンしてから2度目の訪問となりました。

こちらの店主さんと丸田屋の店主さんが兄弟で、どちらのお店も井出系の流れをくむ『とんこつしょうゆ中華そば』を食わせてくれます。


こちらの特徴はメニューを見てわかるように中華そばとは言わず単に
『そば』
と呼んでます。

ただ呼び名が違うだけなんですが…(笑)


で、そのそばの方ですが、
よく乳化したスープは香りよく、丸田屋に比べ風味は濃い目ですね。
丸田屋は足し用の元ダレが置かれ好みの調合が可能ですがこちらはありません。

麺もかなり細めで加水率が低いようですが、茹で加減はちょうどよく
スープとのマッチングも安定してます!

オープン当初に比べ間違いなくバランスが良くなってるような印象でした♪


『丸田屋さんとの違いはなんですか~?』

と店主さんに質問したところ、

『作り方は基本的同じやけど、丸田屋とは材料も違うし同じモン作ろうとも思わへんなぁ』

と笑っておられました。

しかし、この店主さん…
フットボールアワーの岩尾に似てる気がしたのは
私だけでしょうか(笑)



●もし似てると思われた方はポチっとお願いします m(_ _)m

http://gourmet.blogmura.com/ ←にほんブログ村 グルメブログ



※『ランキングに参加しております!』
皆様の応援が非常に励みとなります♬ ひとポチお願いします。 m(_ _)m
  ↓↓↓

食べ歩き ブログランキングへ

★ブログランキングに参加しております
皆様からいただきますご声援、応援が大変励みになっております♪
今回もポチッとな」をありがとうございます!m(_ _)m

テーマ : ラーメン
ジャンル : グルメ

Tag:海南市 

まるも食堂(マルモショクドウ) 訪問日:2007/01




まるも食堂
@海南市野上中446

営業時間:18:00頃~24:00頃(きまってないらしい)
電話:0734-45-4881
定休日:月曜日
駐車場:あり

スタミナラーメン 750円
●スープ
白濁とんこつスープ

●麺
細麺ストレート

●具材
おろしニンニク・チャーシュー・メンマ・かまぼこ・キムチ


中華そば 600円
●スープ
限りなく味噌ベースに近い

●麺
細麺ストレート

●具材
チャーシュー・メンマ・かまぼこ

●全体的印象
久しぶりに新規開拓しました。
負傷した足での訪問です(笑)

「食堂」という名がついているため
当然、昼間の営業かと思いきや
夕方18:00からの営業であります。

ひっそりと佇むその店構えで田舎の食堂そのままで
やさしそうなご夫婦で営業されてるようです。
まずは14さんからのお勧めのスタミナラーメンを注文。

スタミナラーメンという名を聞いたときから
多分、こんなんやろな~ と想像して臨みましたが
想像通りのビジュアルでしたが、
完全に白濁スープのとんこつとは思いませんでした(汗)

スタミナの元は「これでもかー!」と入れられた
おろしニンニク・・・
配膳されたときからプンプンと香りが立ちこめてまして
おろしニンニクの苦手なオレとしては
かなり辛いものとなりました。

化調多めの濃いとんこつスープに柔らかいストレート麺で
辛いキムチのトッピング・・・
微妙な味わいは残念ながら感じられません。
お腹が減ったときにごはんと一緒にガツガツ食べるのが
向いている印象ですね。

中華そばは最初のビジュアルは良かったのですが、
スープを飲むと
「・・・・味噌味か?」

和歌山オーソドックスのとんこつ醤油とは違う
ミソ味のする中華そばでありました。
かなり混乱しながら食べたのですが、
チャーシューの出来栄えは良かったです。

ただ、これで700円と600円は金額的にも
ツラいかな・・・

店内は明るく、地元の人が集うお店のようで
食べている間も仕事帰りの人が入れ替わり
立ち替わり入店されてました。

その中の人達がみんな注文していたのが
「焼きめし」だったので
ここのお店のオススメなんでしょうね(笑)

優しい接客をしてくれるお店でホッとさせる
雰囲気が良かったです。

Tag:海南市 

あっちゃん(アッチャン) 訪問日:2006/10



あっちゃん
@海南市下津町下津538-1
【営業時間】17:00~24:00
【定休日】木曜日
【電話】073-492-5067
【駐車場】有り
(写真)ラーメン 500円

●スープ
鶏ガラメインのあっさり醤油

●麺
普通ストレート

●具
チャーシュー・メンマ・千代巻き

●全体的印象
国道42号線沿い北向き左側にあります。

ビジュアル的にもあっさりとしたラーメンで
和歌山中華より品がある雰囲気に仕上がっております。
コクは若干少な目で、味のパンチはそれほど感じず
あれよあれよというまに食べてしまった感がある。
チャーシューも若干臭いが残り、麺もごくごく普通
の出来映えなんですね。

お店は焼肉の暖簾がかけられており、赤い提灯と
看板にうっすらと「中華そば」の文字があるだけで
パッと見た目はどこから見ても「焼肉屋」さんです。

店内には座敷2席と、カウンターが5席あり、
それほど広くはありません。
ママさんが1人で切り盛りされてるようなんですが、
是非とも焼き肉とビールの組み合わせをいただきたいと思いますが
車だと無理かなぁ...

店から感じた事は、やはり焼肉を食べてから〆でラーメンを
すする!というのが、
ここのラーメンの食べ方なんでしょうね。

テーマ : ラーメン
ジャンル : グルメ

Tag:海南市 

中華そば楠本屋(クスモトヤ) 訪問日:2006/09




中華そば楠本屋(クスモトヤ)
@海南市船尾257-9
【営業時間】
11:30~14:00
17:00~23:00
【定休日】木曜日
【駐車場】3台(前にはドラッグストアがあるが店員がチェックしてる
【電話】073-482-1661

(写真)ねぎそば650円 そば550円

●スープ
井出系トンコツしょう油

●麺
かなり細麺ストレート

●具
チャーシュー・カマボコ・メンマ

●全体的印象
ここは7月にオープンした新店で岩出市にある「丸太屋」の
兄弟さんが経営しているお店という情報をいただいた。

丸太屋をよく利用するオレとしては
「ま、あんまり変わらへんやろなぁ・・・」
と思っており、スグには訪問しなかったお店です。

メニューには中華そばとは書かずに単なる「そば」として
記載されてました。
店の看板には「和歌山の中華そば」と思いっきり書いてるのに
何故なんでしょうか? ま、店主のちょっとしたこだわり
なんでしょうけども(笑

とりあえず、そのデフォである「そば」を注文したのだが、
丸太屋を想像していたオレにとっては
ちょいと面くらちゃいました。

ビジュアルはそのまま同じような物なんですが、
トンコツの味わいが全く違う!
こちらの方が濃厚なスープが出ているんですね。
ちょっと放っておくとコラーゲンの膜が出来るのが
その証拠で、スープは味わいもあり◎でした。

次に麺ですが、和歌山の中でも細い部類に入る極細麺!
しかし、この麺の塩分濃度が濃いみたいで
スープとの絡み方がイマイチなんですよ。
麺の旨みより麺自体の味わいが主張してしまってるので
どうしてもスープと麺を別々に食べている印象を受けてしまう。
しかも、麺自体に意図的に味をつけたのか?と思わせるくらい
麺の風味が強いんですよ・・・

スープの出来映えがイイのにちょっともったいない気が
しましたね。

具はよく味付けされた薄切りチャーシューが良し!
メンマも変な癖が無く美味しくいただけます。

欲を言うなら、トンコツ本来の持つ甘みをもう少し引き出すとともに
麺とのマッチングバランスが良くなれば
飛躍的に良くなる気がします。

こう書いてますが普通に旨いんですよ(笑

風味の薄い丸太屋よりスープは間違いなく上ですが、
麺は丸太屋の方がイイ。

中華そば一杯として比べると
全体のバランスとしては個人的には若干丸太屋の方に
軍配を上げるかな ww

ただ、間違いなくリピートするお店だと言うことには
間違いありません。

国道42号線に面した立地条件なので
はやるとは思いますが、駐車場をもう少し
広くして貰いたい・・・
お店の目の前にはドラッグストアのでかい駐車場がありますが、
ここに駐車するのはちょっと躊躇いがありますね。

サイドメニューとしては
サバ寿司・巻き寿司・いなり寿司・チラシ寿司
が各全て150円でテーブルにありました。

あと、この「ねぎそば」ですが、
ただ、チャーシューを細かくカットしてるのと
葱の量が多いだけですから
あとはお好みでお願いします♪

Tag:海南市 

さかえ食堂(サカエショクドウ)訪問日:2006/05



さかえ食堂(サカエショクドウ)
@海南市別院603
【営業時間】8:00~21:00
【定休日】なし
【電話】073-448-0536
【駐車場】専用アリ
(写真)中華そば 480円

●スープ
鶏ガラベースの醤油味

●麺
普通ストレート麺 和歌山スタンダード

●具
もも肉チャーシュー・カマボコ・細もやし

●全体的印象
昔からある食堂で、基本的には一膳飯や。
種類豊富なおかずをチョイスでき、うどん類も豊富に
取り揃えられてますね♪

朝8:00からの営業で、トラックの運転手の方が
おおく来られてました。
来店したのは朝9:00で、店内は意外に広く、
厨房内ではせっせとおかず作りに皆さん励んでました。

ラーメンの種類も豊富ですが、デフォの中華そばをチョイス!
見た目通りのあっさり鶏ガラ系醤油味。
スープは合わせたもので、ややショッパイ気がします。
コショーも多く含まれており、元来の中華そばの味わいより
そのコショーが強く感じられ少し残念。
化調も多めの印象ですが、全体のバランスはこんなもんでしょう。

麺も和歌山スタンダードながら茹で加減はベスト。
スープとのマッチングは全然悪くありませんね♪

チャーシューはありがちなもも肉で作られた
やや固めで赤身ばかりでできてます。

やはり、おかずメインのお店のようなので、
麺類に関して言うなら、ご飯のお供に♪
っていう位置づけですかね。
おかず感覚で食べるのがベストかもしれませんね。

しかい価格が480円と誰も疑う余地のないコストパフォーマンスの
高さは秀逸だと言えるでしょう。

テーマ : ラーメン
ジャンル : グルメ

Tag:海南市 

焼肉 吉野(ヤキニクヨシノ) 訪問日:2006/04




焼肉 吉野(ヤキニクヨシノ)
@海南市下津町下津818-1
【営業時間】
11:30~13:30(OS)
16:00~21:30(OS)
【定休日】火曜日(祝日の場合営業)
【駐車場】あり
【電話】073-492-3053
(写真)ラーメン 550円

●スープ
豚骨しょう油(こってり)

●麺
細麺ストレート

●具
チャーシュー・メンマ・かまぼこ

●全体的印象
店名もそのままに焼肉屋さんのラーメンで
その他のメニューには
キムチラーメン 700円 チャーシュー麺 750円
があります。

焼肉屋のラーメンをある程度イメージしてたのですが、
その出されたラーメンを見て驚いた!

完全に和歌山中華そばそのもので、
スープの香りと濃厚さ共に申し分なしの一品ですね!

「うわっ、本物やんか・・・」って言う感じで
そのコクのあるスープは十分に乳化され、時間をかけた
ものであることが、その味わいからスグにわかります。

麺はオーソドックス細麺ストレートなのですが、
その濃厚さにより、スープの絡み具合、マッチングともに
合格点に行き着いてますね♪

ただ、醤油タレが主張しすぎる感もあるとともに、
チャーシューも旨いのですが、気持ち濃いめで
若干の酸味を感じましたね!

個人的にはもっと甘口のほうが旨いとおもうのですが、
バランスと価格、風味どれをとっても
素晴らしいラーメンだと言えるでしょうね♪

ここは是非、行ってみてください(笑)

テーマ : ラーメン
ジャンル : グルメ

Tag:海南市 

ひょうたん(ヒョウタン) 訪問日:2005/11



ひょうたん
@海南市七山813-4
営業時間:17:00~翌1:00
定休日:日曜日
電話:073-486-0045


●スープ
とんこつ+鶏ガラ(オリジナル) あっさりしょう油

●麺
普通ストレート麺 クセなし

●具
自家製チャーシュー・かまぼこ・玉子

●全体的印象
この道は比較的よく通るのだが、このお店は
全くノーマークでした。
アガサスに掲載されていたお店です。

R424沿いのテナント集合の一角にあり、ひっそりと
佇んでます。
基本的には飲み屋さんですが、暖簾は思いっきり
「中華そば」になっており、メニューも麺がメインになってます。

香りは普通、スープはやや澄んだアッサリしょう油ですが
きちんと味わいも感じ、簡単には作ってない事が伺えます。
麺もいたってシンプルで、スープとのマッチングは
問題ナシ。
自家製のチャーシューは味付けをおさえつつ、風味もある
かなり微妙なラインに仕上がってます。
ホント、「ホットする味」という表現がピッタリですね(笑)

特筆すべき点は品のあるママさん♪
営業歴を尋ねると、海南市加茂郷で6年七山で18年と
足かけ24年間この商売をされているそうです(驚)

言葉が違うので、聞いたところ
山口県のご出身ということでした。
とにかく、品があり、片田舎のラーメン屋のおかみという
雰囲気がまるでない!!!
話をしていても、いたって謙虚。
このラーメンもお母さんから受け継いだ味でここまで
独学でもってきたらしい。

「あまり自信がないのですよ・・・
ご期待にそえなくてゴメンね~w」

と終始笑ってましたが、その肩の力の抜けた
ところがホットさせてくれますよ。(笑)

あと、値段が450円とお安い!!!
18年間、価格据え置きだそうです♪
帰り際には
「メインはお酒とおつまみやから、
今度は、お酒と自信の餃子を食べてくださいね」
と勧められました。
では、リクエストにお応えして、
今度は餃子をいただこうではないか(爆)

ママの雰囲気と接客に花◎をあげましょう♪

Tag:海南市 

ふくちゃんラーメン (フクチャンラーメン) 訪問日:2005/08



ふくちゃんラーメン
@海南市大野中558-12
営業時間
11:00~14:00
17:00~23:00
定休日:火曜日
TEL:073-483-2877
(写真)醤油ラーメン 500円
 

大野中3連発! マルトミの斜め前のお店

●スープ
醤油、塩、とんこつ、みそ
の味をラインナップ
基本は全てとんこつスープです(店主談)

●麺
やや細麺(既製麺袋入り)
ストレート

●具材
薄切りチャーシュー、もやし、ニンジン、白ねぎ

●全体的印象(個人的意見)
店内には常連さんらしき人が一人、、、
親父はTVとおしゃべりに夢中で注文そっちのけ
「どの味がおすすめ?」と一応聞いてみるも
「どれもとんこつベースやから」と素っ気ない返事

とりあえず醤油を注文し出てきたラーメンをみてビックリ!
「スープが少ない、、、、」
まるで、冷麺のスープを多くしたって感じで
めんがスープからでている、、、
そのスープは多分チャーシューの煮汁をベースの醤油ダレで、
そこにとんこつスープを寸胴から移してました
とにかくスープが少ないため辛い!
チャーシューは薄切りですが、味がのっており美味し
かったのとラーメン全体の味わいは悪くないのでちょいと残念!
とにかく、ラーメン造りに集中してよね!
あとは、お決まりの厨房、、、
清潔にしてください。。。

Tag:海南市 

○富食堂(マルトミショクドウ) 訪問日:2005/08



○富食堂(マルトミショクドウ)
海南市大野中585-3
営業時間:23時には閉店してます
TEL:0734-83-3273
(写真)中華そば 500円

寿からすぐ近くです

●スープ
鶏ガラメインのとんこつ薄口醤油
透明度も高くないし、かといって
コクもない

●麺
普通ストレート
既製麺(袋入り)

●具材
チャーシュー(もも肉固め)もやし、ゆで卵
なると

●全体的印象(個人的意見)
寿より車で30秒のところにあります
以前より気になってたお店

営業は結構前からしているようです
ここも中華料理を中心にした食堂メニューが
メインです

モヤシが入ってるので、これまた期待できない
なぁと思い食べました。
予想通りの味わい
とにかく主張がなく、とんこつメインなのか?
醤油メインなのか?がわからず中途半端。
全体のバランスがあまりよくないので、
食べた気がしなかったです。
さらに、チャーシューもスジが残って
かなり食べづらく味わいもナシ
コクのないスープにモヤシが入り薄まっている。。。
こりゃまた、残念でした
店の外観の雰囲気はいいんだけどねぇ

Tag:海南市 

中華そば 寿(コトブキ)



中華そば 寿(コトブキ)
@海南市大野中451-6
営業時間
11:00~13:30
16:30~22:00
定休日:火曜日
TEL:073-483-5527
(写真)中華そば 500円

●スープ
基本的にはとんこつ+鶏ガラ+醤油
独特のとんこつ臭が漂う

●麺
普通ストレート麺
一般的な味わい

●具材
チャーシュー、メンマ、かまぼこ

●全体的印象(個人的意見)
海南市方面を訪れました。
「アットホーム」を売りにしているお店

そのふれこみ通り、店内には常連さんで
一杯です。
外から見れば中華の店っぽいのですが、
中華料理のメニューがどっさり!

当の中華そばですが、漂うにおいが私の
ダメなにおい、、、
独特の臭みっていうのがあります。
スープもコク、旨味ともに余り感じず
でかく、固いチャーシューが目立ってます。

全体のバランスもこんなもんかぁって感じで
空腹だったにもかかわらずあまりピッチが
上がってきません。
(以前食べた、○高 花山に似てる)
もう少し、手の込んだ中華が食べれることを
期待してたのですが、ちょいと残念でした

Tag:海南市 

えびす食堂(エビスショクドウ) 訪問日:2005/08



えびす食堂
@海南市馬場町
営業時間:8:00(朝)~21:00頃
定休日:不定休
TEL:073-483-3559
(写真)中華そば 500円


●スープ
見た目は普通なのだが。。。
何回、すすっても
うーん、、、わからん
どうや出来合いのスープを使用している印象で
隠し味に八丁味噌っぽいものを入れてるかも
赤出しの味がするんですよねぇ

●麺
何の変哲もない出来合い麺
茹ですぎだった。。。

●具材
もやし、チャーシュー、かまぼこ、
ゆで卵

●全体的印象(個人的意見)
や、やってしまった、、、、汗
誰か忘れたが「お勧め」の言葉が頭に残ってたのが
運の尽き。
店内は清潔感が全くなく、厨房も荒れている。
寸胴も小さなコンロに直接おかれており
「やばっ!」という言葉を危うく発するところ

壁にはられたお品書きには
「きつね、たぬき、いたち。。。」
「い、いたちぃぃぃ???」
大将にメニュー内容を聞くと
麺は中華麺でダシがうどん用和風だし、そこに刻みアゲが
入ってるとのことでした

当のラーメンですが
見た目は普通のラーメンだが、味が統一されておらず
食べる程に迷いが、、、、
チャーシューはわりといけたのですが、あれだけの
チャーシューを作れるのであれば、
あのスープになるはずがありません。やはり出来合いの
スープ疑惑が消えませんでしたね

なんとか2/3を食してリタイアしてしまいました
残念でした。。。。

Tag:海南市 

応援クリックお願いします
↓↓↓:m(_ _)m
検索フォーム
プロフィール

とこわかはる

Author:とこわかはる
■「デッドで!」とは?
「レンゲを使わず丼鉢に直接口をつけて飲む」つまりダイレクトでスープを飲むということを表しております。よって「デッドで!」とは「鉢に口をつけて直接スープを飲んでみた!」という意味になります。
友人が最初に使い始めたのがきっかけで、この飲み方を広く普及すべく「デッド飲み推進会」に入会しまして、日夜活動に勤しんでおります。
会長によると語源はゴルフ用語由来なのだそうですが… 私はゴルフをしないのであまりよーわかりません(笑)

■私の肩書き
・デッド飲み推進会副会長
    兼 和歌山支部長
・情熱和歌山ラーメン部々長
・情熱大阪ラーメン部所属
入会(部)者を募集中です♪

■私のひととなり
ラヲタではありません。
単純に「中華そば」が好きなだけでございます(笑)​
私にとって「麺」とはオアシス。そんなオアシスを求めて和歌山を中心に近畿圏を放浪中♪そして智弁和歌山野球部のファンでもあります。
将来に不安を抱えているので第二の職を視野に入れてます。実は中華そば屋を経営するのではなく歌手デビューを狙ってます​(爆)

カレンダー
01 | 2017/02 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 - - - -
地域別カテゴリ
料理別/シーン別カテゴリ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カウンター