2014夏! 瓶のようで瓶ではないベンベン♪ 「阪神甲子園球場」

隣のダイエー、何時から営業してんの…(笑)


さてさて、今年は仕事が色んな意味で忙しく
(甲子園は無理かもなぁ…)
と思ってたところもあったんですが、
何とか仕事がひと段落したところで休みをGET出来たので
恒例の甲子園行脚を敢行いたしました♪


訪れたのは大会第七日目。
2回戦の四試合が組まれておりましたが…
P1150093.jpg

特に見たいカードなし…(泣)

まぁたまたまの休みなので試合を指定出来ないのは仕方なし。
しかも折からの暑さで球場に到着した9時30分には温度計は
既に30℃オーバーになってました…(汗)

そんな甲子園に到着して先ずは買い出しから。
日吉商店でビールとおでんをいただくのも良かったのですが、
日曜日でどんどんお客さんも入ってきていたのでとりあえず
お隣のダイエーへ買い出しに。そしていつもの外野席へ向かいます♪



■甲子園のスタンドから…
P1150070.jpg
内野席はほぼ満員御礼で、アルプスもほぼ売り切れ!
かろうじて外野席はまだまだ余裕がありました。


試合は1試合目の終わりかけ。
P1150071.jpgP1150074.jpg
九回表、作新学院の攻撃もあっという間に攻撃終了…
沖縄尚学が前評判通りの力を見せつけて三回戦へ進出しました!



■呑みタイム♪
第二試合が始まるまでの間は待ってましたの呑みタイム。

ちなみに今日の買い出し品ですが…
P1150081.jpg
ババリア(オランダ)ビールとチューハイでござい♪

(アレ?甲子園って瓶持ち込み不可ちごた???)

そうなんですが…実はこれペットボトルなんです!
それなりに衝撃的な出会いでございまして、一気に3本購入しちゃいました(笑)


そしてお相手のおつまみ君は…
P1150080.jpg
2本で300円のフランクフルトと…


1本75円(だったと思う…)の焼鳥を5本GET〜!!!
P1150082.jpg
鶏皮をタレ×2、塩×2、それにつくね×1をチョイス♪



そして片っ端から…
P1150085.jpg
P1150089.jpg

いただきま〜す♪(* ̄¬ ̄)o―∈~



焼鳥を頬張った後に、ビールのつまみに最高なのが
P1150087.jpg

灼熱のスタンドで食べる

フランクフルトは格別!!!



そしてそれらと一緒に流し込むのが
P1150076.jpg
飾り窓のお姉ちゃん達が好んで飲むかどうかはわからない

ババリア〜 (=゜▽)◇ゞプハァ~

こんな調子で一気に3本を空けちゃいました(笑)
ほろ酔い気分で試合を見てると…

お隣のオタクっぽい兄ちゃんがビール売りのお姉ちゃんを呼び止めた。
「君可愛いね〜♪、板野っぽいよね〜♪」
その台詞が耳に入り横目で見ると… 

確かに板野っぽい、板野っぽい(笑)

「え〜♪ そんな事ないですよ〜♪」

と言いながらてにはおつりの400円がしっかりと握られ

「また来ますね〜♪」

とはち切れんばかりの笑顔をその兄ちゃんに振りまいて
その場を去っていきました。

そして30分後…

「もうそろそろかなぁ〜って(笑)」

とコレまた汗がキラリと光る笑顔でさっきの売り子のお姉ちゃんが
ヲタ兄ちゃんの席へ凱旋帰国!
そのとたんに目がトロ〜ンとなった兄ちゃんが
これまたビールをバッチリ購入しております。

「僕、埼玉から来たんだけど、みんな仕事頑張ってるね〜♪」

みたいな会話をお姉ちゃんと楽しんでますが
どう見てもその兄ちゃん、お姉ちゃんのカモにされておりますな…

結局、試合が終わるまでに5杯のビールを購入させられておりました(爆)

キャバクラ並みの接客と販売技術… 
恐るべきビール売りのお姉ちゃんを発見することができました♪


さてさて試合の方ですが青森vs北北海道の注目対決は
青森が地力に勝り押し切って勝利を手にしました♪ 
P1150090.jpg
2試合目が終わった段階であまりの暑さに耐える自信が無くなってきたので
この日はオリックスとソフトバンクが首位攻防戦を展開する京セラドームへ
移動するべくスタンドを後にしました…

スタンドを出て、球場の壁を見ると改装終了後に改めて生やし始めたツタが
徐々に大きく育ち始めていました。個人的にツタは嫌いじゃないですが
(元の壁がレトロ感溢れるものなのでツタが無くてもここままでええかな〜!)
という感想ですが…  
P1150092.jpg


もうすぐ過去の姿に戻るんでしょうね…
add_img.jpg

あらためて感じますが阪神、近鉄が相互乗り入れを始めてから
メチャ便利になりましたよねドームへ行くのが!
尼崎で奈良行きに乗り換えると約20分で到着ですよ〜

あ、忘れてましたがお隣のダイエーの営業時刻ですが

朝の8時からでした!!!(早っw)


※『その兄ちゃん、完全にカモにされてるな(笑)』
そんなツッコミはポチッとな♪(ρ°∩°)
  ↓↓↓

食べ歩き ブログランキングへ

※『でも、最近、甲子園の売り子のお姉ちゃんって
みんな綺麗やねぇ!!!(笑)』

そう感じるならこちらを一緒にポチッとな♪(ρ°∩°)
 ↓↓↓
にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ

★ブログランキングに参加しております★

テーマ : 高校野球
ジャンル : スポーツ

Tag:西宮市 

【らの道11軒目】たんろん

ああっ!  あなたは…(」゜□゜)」


■たんろん
@西宮市城ケ堀町2-13
【営業時間】
平日 11:00~14:30 18:00~24:00 
日祝 11:00~14:30 18:00~22:00
【定休日】月曜日
【電話】0798-36-7222
【駐車場】近くにCPアリ
■たんろんなう
あっぱれ屋を後にし、向かったのは同じ兵庫県エリアの『たんろん』。和海を出たのが1時45分。ダッシュで何とかLOに間に合うかどうかの時間ですが… 一か八かで行っちゃいました… そして阪神西宮駅より徒歩にて北上。思ったより近くで快適なウォーキング(笑) 到着したのが14時20分で滑り込みセーフございます♪



■店内&お品書き
本来ならつけ麺か汁麺をいただきたかったのですが㈰この日3軒目だった㈪サッパリと食べたかった この2つの理由で限定のまぜそばをチョイスしました。そして何気に横でレアチャーシューをつつきながらビールを飲んでる兄ちゃんをみたんですね。(何かどっかで見たことあるよなぁ…と思ってたんですね『アッ!!!(」゜□゜)」』なんと阪神の城島でしてん! トレーナーらしき方と食事中だったんで声をかけれませんでしたが心の中では(ケガで二軍生活中やのに昼間っから酒飲んでてエエんか??)私、阪神ファンじゃないですが心配になりましたよ…(^。^;)



■限定10食:冷やしぶっかけ
鮎白湯まぜそば(950円)
●スープ
鮎の風味強い和え
●麺
中やや太ストレート
●具材料
レアチャーシュー、鶏ハム、メンマ、油揚げ、天かす、茗荷、ネギ など
■この日の感想
とりあえず隣の城島選手が気になって、気になって(笑)でも、店主さんの仕事ぶりは注目しときましたよ~♪ 一生懸命作っているのが印象的なんですよね♪


■デッドで




さて配膳された麺ですが...











スープ鮎ジェル魚介オイル
という順序で変化を楽しむタイプのものでゴザイマス。



その時々の味わい、美味しさはそれなりにありますが、なんかメチャメチャ面倒くさい(笑)  気がしました。一連の流れの中で指示通りに食べてみましたが、結局は全部混ぜ合わせたのがいちばん美味しくなった! というのが当たり前って言うか正直な感想でした。しかもこの日の3杯目でお腹も満腹でございました

とはいうものの実に夏らしい一杯。暑さを吹き飛ばすにはもってこいでした♪ 




■スタンプゲット♪
お店の隣には宮っこ、交差点には、前には無化調を謳う厳信で、かなりラーメン激戦区ですねこちらは!!! 時間ギリギリでしたか無理して来たかいがありましたよ~♪ そしてお隣で食べていた城島選手がこの日のレポをUPした本日には既に引退しているとは…人生なんてわかんないもんですね~(苦笑) そんなこんなで
「らの道11軒目クリア~どす」(o^∀^o)




Tag:西宮市 

麺処ばっは

川沿いに佇むお店は『背番号88♪』


■麺処ばっは
@西宮市南昭和町10-16
【営業時間】
11:00~14:00
18:00~24:00
【定休日】水曜日、第三火曜
【電話】0798-68-8878
【駐車場】近くにCPアリ
■バッハなう
和海を後にし、しばしの作戦タイム。和風清湯をいただいたので『次はこってり系で』とか『訪問ハードルの高いお店で』とか『やはり流行りの店で』とか喧々囂々いたしまして… 結局のところ向かった先は川の畔に佇むコチラでございました。小雨模様の中お店の近くのCPに駐車してお店へ向かいますが川沿いの立地のため店舗外観は対岸から… ですが、お約束通りしくじりまして看板のみでございます…orz



■お品書き&店内
黒と白を基調としたお店はやや殺風景さはあるもののおしゃれな雰囲気で女性おひとりでも気軽に入れそうな印象。カウンター席がメインですが奥には使用されてないテーブル席もありました。おそらくお客さんが多くなれば使用されるのか、と。そしてお品書きには汁麺とつけ麺があります。先に汁麺をいただいてきたので本来ならつけ麺をいただくところですがなぜか直感が働き今回も汁麺でより濃厚らしい濃旨(こくうま)醤油をオーダーしました♪


■濃旨醤油らぁめん(650円)
●スープ
鶏ベース+魚介のW系
●麺
やや細ストレート
●具材料
チャーシュー、メンマ、白葱
■この日の感想
コチラのセンター厨房は我々が座る位置より高い場所にあるためコチラからは見上げるような感じになるんですね。そして首を上げて調理風景を眺めてますがスタッフさんが奥から出てくることに気づきます。スープは奥で仕込み、ラーメンの盛り付けは表でされてるようでした。そんな中ラーメンが配膳されました。

■デッドで飲んでみた!!




よりテロリ感の強いスープは思いのほか濃い口でかつ塩分が多いタイプのもの。
鶏をベースに魚介を合せているので芯はしっかりとし、それでいて上品な仕上り。
つまり全体的にスマートにまとまっているので「おとなしい」印象を受けました。

そして乾燥岩海苔がドサッと入ってますが…。

これは個人的に必要ないな...(^。^;)




麺は黄色が全面に出た強いもので加水率は普通よりやや少なめか、な?

ざくざくっとした食感で面白いのですがスープとのマッチングは印象に残らず...
互いの良さを出し支えあってるという感じはありませんでした。

それよりチャーシューはデカくてメチャメチャ頼もしく映りました♪
隣りでつけ麺を食べる会長曰わく『ココではこれやろなぁ(笑)』と、ひと言。
次回の宿題ができたのでまた訪問したいですが...
和歌山からだとちょいとハードルが高くなりますなぁ...m( _ _)m

■次々と…
お客さんが訪れますが我々が食べている間は女性のお客さんが多かったですね~ 
そしてひとりで来られているお客さんも。やっぱりオシャレな雰囲気が受けるんかな? 

さてさて、スタッフのTシャツには『88』の文字。
これで『バッハ』と読ませるんですね。
末広がりで何とも縁起のイイ名前じゃないっすか!! 
なかなか忘れられない印象深い名前でしたo(^-^)o
【お店の場所はコチラをクリック♪】

Tag:西宮市 

甲子園ラーメン  2009/3/28

球場の前に新しく出来てました!



■甲子園ラーメン店
@西宮市高潮町4-19
【営業時間】11:30~翌1:00
【定休日】月曜日
【電話】0798-43-3755
【駐車場】ナシ
■初訪問!
選抜高校野球を見に甲子園へ。球場へ入る前の『腹ごしらえ』はいつもの儀式(笑) 球場前のテナント群にある『日吉食堂』へ行こうと思ってたところ、目の前に飛び込んできたのが『甲子園ラーメン』の白い看板! (昨年来たときには確か無かったのに…)と思いながら来てみると『中華そば』の暖簾があるではありませんか。とりあえず入店してみましょう♪




■お土産



カウンターに座ると目の前にあったのがこちら!

何の変哲もないお持ち帰りラーメンなんですが、
真っ赤な包装紙に選抜の出場校が印刷されてます。

しかし、大会毎に作り直しするのはなかなか大変そうです…( ̄○ ̄汗)





■塩ラーメン(600円)
●スープ
醤油を使わない透明タイプ
●麺
やや細ストレート
●具材料
チャーシュー、細もやし、ネギ
●この日の感想
正式な営業時間は11時30分からなんですが、時計の針は9時30分。高校野球開催期間中は早くから開いているようです。

で、注文したのはデフォの『塩ラーメン』
メニューには塩系しか掲載されてませんので「塩のみ」営業かと思ってたのですが
帰ってからネットで調べるとどうも他の味も提供されている様子・・・
「塩のみ営業」は高校野球開催期間だけなのでしょうか?


まま、それはおいといて味わいの方ですが、
スープは透明アッサリタイプですが、豚骨+鶏ガラ+昆布が使われてコクはそこそこ。
麺もアベレージでマッチングは悪くありません♪






これ以上の特徴はナイですが、野球観戦客を相手にすることが多い立地で
600円という価格設定は良心的でしょうか。



■半ちゃん追加



ただし、ラーメン自体のボリュームは少ないのでサイドメニューが必要かもね。
ということで半チャン(追加で200円)も注文しましたが、結構な量がありましたので
単品チャーハン(600円)を注文するなら絶対に半チャンがオススメです(`∇´ゞ





■店内には



阪神の選手をはじめ、他球団選手の色紙も並んでました。


わざわざ食べに行くラーメンではありませんが、
野球観戦のついでに立ち寄ってみるにはオススメのお店ですよ\(☆o☆)/




※『600円ならボチボチやねぇ~♪』
と感じたならポチッとな~θ(0)
↓↓↓
にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ(文字をクリック)

Tag:西宮市 

春はセンバツから!!! ~リニューアルした甲子園へ行こう♪~

我らおのこの凛烈の意気~♪ 凛烈の意気~♪



■ 新装甲子園球場へ行ってきました!!!





本日は野球デー♪
センバツ高校野球大会第7日目、我らが和歌山県代表 箕島高校が第二試合に登場するということで
新装甲子園見学も兼ね早朝より観戦に行ってまいりました!








到着したのは9:00ジャスト。
三塁側特別自由席券を購入し、まずは外野スタンドへ足を運びます。






春休みに入って最初の土曜日とあって
子供連れがかなり多いですね。
ご存じの方は多いと思いますが高校野球の場合外野は無料になりますので
地元っぽいお客さんも多いです。

席もリニューアルされ、座り心地はかなり良くなってます。
第一試合の福知山成美(京都)VS 清峰(長崎)が息詰まる投手戦であっというまに
試合が終わりそうなので三塁側内野スタンドへそそくさと移動します。









内野側から見上げる新銀傘はまさに度ド迫力!!!
スタンドもリニューアルされゆっくりと観戦できました。
ただ、寒の戻りでスタンドはメチャ寒い・・・
ハイネックのセーターとダウンジャケットさらにマフラーという
重装備で陣取ります(笑)


さて、第二試合ですが18年ぶり出場の箕島が登場!!!
私が子供の頃は、石井、嶋田のバッテリーで春夏連覇した時だったので、
久しぶりに甲子園で見る箕島のユニフォームがメチャ懐かす~♪

「古豪復活」

と言われますが、今プレーしている高校生はまだ生まれて間もない頃の話しなので
あらためて「自分も年をとったんやなぁ」と実感してしまいますね・・・(苦笑)

そしてスタンドには昔から箕島のファンだという爺さんグループが酒を飲んで
大騒ぎしておりました~~~(^_^)


さて、完全に負けるだろうとリラックスして見てた試合ですが、
予想に反して勝っちゃいました!!!

完全に押されまくった内容だったのに要所要所を押さえての延長戦勝利。
久しぶりに甲子園で聞く箕島の校歌に目頭が熱くなるシーンも・・・


ちなみに、智弁和歌山と箕島の校歌は歌えるのですが、
母校の校歌は忘れてます(爆)







寒い中でしたが、新装甲子園を堪能した1日でありました
あ、それと球場内には「赤星ラーメン」なるものが販売されてましたが
ちょいとキワモノっぽかったのでスルーしといて
球場近くにある別のラーメンをいただいてきました(^_^)v
(レポートはまたあらためて入れますね) 


※『箕島頑張れ!!!』
というエールのポチはこちらからお願いします (^∀^)ノ
↓↓↓
にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ(文字をクリック)

Tag:西宮市 

ラーメンたんろん  2009/3/15

西宮で話題の油そばのお店はココだ!!



■ラーメンたんろん
@兵庫県西宮市城ヶ掘町2-13
【営業時間】
11:00~14:00
18:00~翌1:00
11:00~25:00(土曜日)
11:00~22:00(日・祝日)
【定休日】月曜日
【電話】0798-36-7222
【駐車場】近くにCPアリ
■どこにもない味
最近、巷で注目されている『汁なしそば』や『油そば』 西宮に元気な店がある!という噂を聞きつけ行ってきました。
場所は阪神西宮駅を下車し、そのまま真っ直ぐ北上すると道路右側に赤い看板が見えてきます。阪急の高架はくぐりませんよ~(ww)






■麺が変わってました♪
お店の入口にあった告知なんですが、なんと京都は『テイガク』の特注麺が採用されてるではありまんか! これはかなり期待できますな~(≧ε≦)






■油そば(限定太麺650円+100円)
●スープ
醤油濃い系+油
●麺
10食限定極太麺
●具材料
チャーシュー、メンマ、ネギ、海苔、生卵
●この日の感想
昨年の10月から提供されているという『油そば』がこの日の目的。このところしばしば目につく混ぜ合わせ系ですが個人的にはまだまだその旨さがわかってないところがありますので、とにかく色んなお店の『混ぜそば』を食べてみようと頑張ってる今日この頃であります(笑)



■さて、気になるビジュアルは…



目の前に運ばれたそばを見て、
『ネギがめちゃくちゃ多いやん!』
というのが第一印象。見たまんまネギが全体を覆ってしまってました…(苦笑)


とりあえず、麺を引っ張り出してみるとこんな感じで、その麺の太さが際立ってました。
そして、そのまま混ぜ合わせていただきます。
ニンニクたっぷりの麺は醤油系の強い味わいで、
想像していた味わいとはチョイと違いました。

『油そば』という名前から、もっとオイリーなイメージでしたが、
そんなことはありません。

極太の麺は弾力があり食べ応えはありますが、やはり多量のネギの影響か
なんかこう、物足りなさっていうか
単調さを感じてしまったのが率直なところですね…

約半分食べたところで『生卵』を落とします!






生卵の影響で幾分マイルドになったものの劇的な変化はありません。もう少し

『おおっ!(」゜□゜)」』

というなにがしかの驚きを勝手に期待し過ぎてたのかもしれませんが…(汗)

そんな事を考えながら食べていたのですが、ふと目の前を見ると、






こんなものが飛び込んできました!!!

『裏メニュー』

という文字に惹かれますが、ここまで思いっきり書かれると
その言葉の魔力も半減します…
そのうえ、

『750円×→650円○』

と100円安くなっている。
つまり、『裏メニュー』どころが思いっきり…

『表メニューのセール品』

ですやーん!(≧∇≦)(爆)


ま、せっかくなので頼みました♪




■鶏骨ラーメン(650円)
●スープ
鶏骨コッテリ醤油味
●麺
普通ストレート
●具材料
チャーシュー、メンマ、海苔
●この日感想
見た目にも、味わいにもそれとわかる濃厚スープ。
骨を粉砕して出したスープはめちゃくちゃコッテリしてます!
が…







旨味がちょっと弱いかな?
旨いのですが、全体的なまとまりが今ひとつに感じました。
つまり、
濃厚さを追い求めるあまり、バランスが犠牲になってしまったという印象です。


とは言うものの、言い換えれば

『荒削りだが伸びしろはある!』

もの。麺とのバランスはいいラーメンで、
店主さんも一生懸命作られてますから、今後の飛躍に期待できますよ~♪






住所: 兵庫県西宮市城ケ堀町2-13
最寄り駅: 西宮


※『油そばには興味があるよね~(≧∇≦)』
という方はこちらをポチッとな!!(^з^)!!
↓↓↓
にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ(文字をクリック)

Tag:西宮市 

日吉食堂 2008/3/25





日吉食堂 2008/3/25
@西宮市甲子園高潮町4ー19
【営業時間】野球開催に準ずる
【定休日】不定休
【TEL】0798ー41ー4023
【駐車場】なし
(写真)中華そば 500円
●スープ
あっさり醤油

●麺
細麺ストレート

●具材
ハム、太もやし、かまぼこ、メンマ、細切のり

●全体的印象(個人的意見)
甲子園球場前の食堂。かろこれ60年前から営業されてます。

試合が始まる前にチョイと腹ごしらえ。
ビール1杯とおでん、それに中華そばをいただきました。


色は限りなく薄く、塩に近い感じ。細い麺も特筆する点はなく、
何事もなかったようにすすり込む。


食べている途中にふと思い出されたのが、

『なんか、どっかで食べたことあるなぁぁ…』

という懐かしさ。

そうなんです。今は閉店された北島橋南詰交差点を左折した堤防にあった
『港上海』を彷彿とされるものでした♪


一応、中華そばを注文しましたが、
やはりこの場所は酒を呑みながらおでんをつまみ
野球談義に花を咲かすのが王道だと言うことでしょう!
この日も店内は満員でオレンジのヤッケを着た集団と相席に。

実はこのオレンジ集団は対戦相手の丸子の方でした!
試合前だったので双方の学校話で盛り上がる盛り上がる(笑)


これがこのお店の醍醐味です♪

Tag:西宮市 

【プレイバック】 リニューアル甲子園 & 智弁和歌山vs丸子修学館(長野) 2008/3/25






【私と高校野球】
実は私、三度のラーメンと同じくらい好きなものがある。
高校野球がそうだ。

6才の時に野球を覚え、春のセンバツ、夏の高校野球選手権、
時間が合えば甲子園に足を運び続け、かれこれ三十数年、
ホントに長いつきあいだ。

和歌山の中華そばと高校野球は
「全国的にも高いレベルを誇る」「県民に愛される」という点では
どちらも同じ性質を持ち合わせていると常々思わされる。



【NEW甲子園】
さて、本日は我が和歌山県代表の智弁学園和歌山高校が今大会の初戦を迎え
また、甲子園が数十年ぶりにリニューアル改装されたということで
観戦に行ってきた。

蔦で有名な甲子園だが、現在はその蔦が全て取り除かれ球場周りはポスターの蔦が貼られている。
第一次工事が終了した甲子園の内野スタンドは約3000席の減少となったが
今まであまりに狭く快適に観戦できなかったシートが前後のスペースが設けられ、それと同時に
カップホルダーが新たに装着されたニューシートとして我々一般人の前にお披露目されたのだ。

このニューシートは思いの外快適でいままでだと足も組めず体を折り畳むようにして
座っていたのが足を楽々組むことができ、しかも今までその置き場所が無く苦労していた
ペットボトル飲料やビールがホルダーが設置されることでストレスが完全に無くなったと言える。
老朽化が激しかった球場内部の売店やトイレをはじめとする施設は明るく清潔に生まれ変わり
見違える程著しく変化しており我々野球ファンにとって安心かつ快適に観戦を楽しめる球場へと
激変しつつあり、来年の完全改装を首を長くして待つことにする。


【緊張感】
試合の始まる前から気になっていたのが「緊張感のなさ」
とりわけセンバツ高校野球は夏の大会と違い、力試し要素が多いと思うのだが
両チームのノックや試合前の球場の雰囲気がユルユルになっていた感が否めなかった。

内心、(丸子なんかに負けるはずがない!)という思い(油断)が智弁になかったか?
少なからずとも私の中はその思いが大部分を占めていたのだ・・・


試合は序盤から智弁ペースで進んでいた。(ように見えるが)
というより丸子側が緊張からくるミスで自ら墓穴を掘り窮地に追い込んでいるという事実と
智弁高島監督の消極的なバンド戦法の拙攻もあいまって序盤は見るに耐えないペースで試合が進む。
その昔は塁に出たランナーを送りバントで進塁させ、ワンチャンスをものにしたうえで
ピッチャーが相手の攻撃を抑え込む という典型的なパターンであったのが
今や常葉菊川や駒大苫小牧をはじめとする犠牲バントを多用しない戦法が主流となっている。
というのも、1点、1点をコツコツと積み重ねても金属バットやウェイトトレーニングを積んだ
パワー攻撃によってビッグイニングを作ることが容易だということが周知の事実となってきている。

6回まで智弁がコツコツと稼いだ3点をリードし相手の攻撃も危なげなく抑えていたのだが
全然落ち着いて(安心して)見ていられなかったのが本音で、そのリードがあるにもかかわらず
不安に襲われている自分に違和感を感じていたのだった・・・


【逆転】
その不安が的中したのが7回裏の丸子の攻撃
4番のソロホームランから一挙4点を挙げられ一気に逆転を許してしまった。
本来なら押せ押せムードで畳みかけるのが智弁の真骨頂なのだが今日のベンチはいつになくおかしい。
打撃を全面に打ち出してきた高島監督がらしからぬバント戦法を多用していたことが
その「逆転」という結果をまねいてしまった。
幸いピンチが続く中1点の勝ち越しで踏ん張ったことは結果的には大きかったと言わざるを得ない。
球場全体を取り巻く「智弁が間違いなく勝つであろう」という根拠のない自信が
そのチームの歯車を狂わせ、相手方を勢いづかせるに充分な高島監督の采配に臍をかむ思いで
眺めていたのは私だけではなかったハズだ。


【流れとミス】
野球のみならず勝負事というものに必ずついてまわるのが「流れ」であり
その流れを自分たちに引っ張ってこないとどんな強豪でも足下をすくわれる結果となる。
現に智弁側も「流れ」を掴めていなかった結果、逆転を許すハメになり、球場での雰囲気は
「智弁、負けたな・・・」という空気がアッという間に充満してしまったのだ。
丸子もこの展開では間違いなく勝ちを意識したであろうし、それが結果的には
大量点を伴う再逆転を許す結果になってしまった・・・

一旦傾いた流れを自分側に引き戻すのは至難の業だと思うし、
高校生にその流れを意識しろ!と言っても無理な話なのだろう・・・


【終盤の再逆転】
結果的には丸子側が3人の負傷退場者を出し、それが元で試合終盤に再逆転したのが智弁であった。
また大量得点にてが勝利を収めたことに対しては素直に嬉しく思うが、
残念ながら試合自体が大味になってしまったこともまた事実であり残念であった。
この経験を元に次の対戦相手の安房(21世紀枠)を撃破すべく頑張ってもらいたいものだ。


しかし、甲子園ってホントいいところだとしみじみ思う。

テーマ : 高校野球
ジャンル : スポーツ

Tag:西宮市 

応援クリックお願いします
↓↓↓:m(_ _)m
検索フォーム
プロフィール

とこわかはる

Author:とこわかはる
■「デッドで!」とは?
「レンゲを使わず丼鉢に直接口をつけて飲む」つまりダイレクトでスープを飲むということを表しております。よって「デッドで!」とは「鉢に口をつけて直接スープを飲んでみた!」という意味になります。
友人が最初に使い始めたのがきっかけで、この飲み方を広く普及すべく「デッド飲み推進会」に入会しまして、日夜活動に勤しんでおります。
会長によると語源はゴルフ用語由来なのだそうですが… 私はゴルフをしないのであまりよーわかりません(笑)

■私の肩書き
・デッド飲み推進会副会長
    兼 和歌山支部長
・情熱和歌山ラーメン部々長
・情熱大阪ラーメン部所属
入会(部)者を募集中です♪

■私のひととなり
ラヲタではありません。
単純に「中華そば」が好きなだけでございます(笑)​
私にとって「麺」とはオアシス。そんなオアシスを求めて和歌山を中心に近畿圏を放浪中♪そして智弁和歌山野球部のファンでもあります。
将来に不安を抱えているので第二の職を視野に入れてます。実は中華そば屋を経営するのではなく歌手デビューを狙ってます​(爆)

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
地域別カテゴリ
料理別/シーン別カテゴリ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カウンター