神戸は元町にある憧れの食堂  「金時食堂」

元町の老舗食堂にて♪

■金時食堂
@神戸市中央区元町通1-7-2
【営業時間】(月~金) 10:30~21:00/(土) 10:30~20:00 /(日) 10:30~19:00
【定休日】祝日
【電話】078-331-1037
【駐車場】近くにCPあり
【地図】お店の場所はコチラ
P1030146.jpg
神戸のJR元町駅を降り立ちまして向かった先は
昭和の匂いがプンプンする老舗食堂♬
仲間から勧められずーっと行きたかったお店でした。

P1030116.jpg P1030118.jpg
お店には12時過ぎに到着するも
後から後から恐ろしいほどお客さんがどんどん入ってくる…

しかも・・・

ハイエイジばかりだ(笑)


■店内&お品書き
P1030137.jpg P1030135.jpg
普通の大衆食堂だが13時〜18時にはこのサービスタイムが嬉しい。
そして厨房前にはご覧のようにおかずがてんこ盛り♪ 
13時からのメニューよりこの中から選ぶ方がええですね〜(≧ε≦)

そんな中から好きなものをチョイスしましょうか!



■キリン大瓶
P1030120.jpg

P1030134.jpg
程よい冷え冷え感でシュポっと栓が抜かれます。
バイトのお兄ちゃんが手際よく配膳してくれました!



■だし巻き
P1030121.jpg
ふんわり仕上がってるのはもちろん、火の通り加減がマジで絶妙。
ほんでもって出汁も利いてる優れもの。

これは必須オーダーですな!



■どて焼き
P1030126.jpg
料理をとると温め直してくれる。濃くもなく薄くもなく丁度イイ。



■キズシ
P1030129.jpg

ウヒョ━ヽ(゚Д゚)ノ ホトンドナマジャン━!!

マジデ驚いたのがこちら。
キズシとは言いながらほとんど生状態(笑)

P1030133.jpg
オーダーしてから酢をかけてくれ提供されます♬
とにかく新鮮で、プリップリなのが素晴らしい。
これは「きずし好き」な者の心を鷲掴みにする存在感です!


■そんなこんなでおあいそを、ば。
P1030140.jpg
ああいそは入口にいるお姉さんっていうかおばさんに直接渡すシステム。
そこにはレジもなくただただ会計金額が書かれた紙切れのみ…


雰囲気は完全に昭和だ(爆)


そしてオールで1,610円でございました♬



■老舗の定義
P1030138.jpg

『古いけど清潔感あり』

というのがまさにこちらのたとえ。
お客さんはほとんどがご常連さんでしかも年配者の方々ばかり。
『まいど〜♪』の声が連発されてます。この雰囲気がいいなぁ…

そしてこの日は12時過ぎの訪問だったので
残念ながらビールはサービスタイム価格じゃなかったんです…
P1030142.jpg
でも、13時〜18時まではご覧のようなサービスタイム価格になりますので
その時間を目指して「呑み使い」されるにおがおすすめです♬

「大衆食堂で呑む!」

まさに昼呑みの醍醐味ですわな〜(≧ε≦)



※『昼間っから呑むってほんま旨いしやめられへんねん!!!』
賛同いただけるなら力強くポチッとな♪(ρ°∩°)
  ↓↓↓

食べ歩き ブログランキングへ


※『大衆食堂で意外に呑めるよね♬』
という方もこちらを一緒にポチッとな♪(ρ°∩°)
 ↓↓↓
にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ

テーマ : 関西の美味しいお店
ジャンル : グルメ

Tag:中央区 

○高中華そば 神戸二宮店 2008/2/2




○高(まるたか)神戸二宮店
@神戸市中央区二宮町4ー11ー9
【営業時間】11:00~翌2:00
【定休日】火曜日
【電話】078ー242ー4008【駐車場】なし
(写真)中華そば 550円
●スープ
豚骨しょうゆ(濃厚)

●麺
細麺ストレート
(今は神戸の製麺所の麺を使用)

●具材
チャーシュー、メンマ、千代巻き

●全体的印象
○高グループ直系のお店。
和歌山中華そばを語る上で絶対に外せないお店なのですが…
恥ずかしながら実は初めて。
念願の訪問でした(笑)


JR三宮駅から徒歩約10分弱北に上り店を探します。
が、地図を持たず行ったのでなかなか見つからなかったところ、どこからともなく漂う香り

『クンクン』
『あー! この匂いや(笑)』

香りの先にお店がありました♪

さて、中華そばですが、
見た目にそれとわかるコッテリと乳化したしたスープ。
いわゆる和歌山で車庫前系と言われるスープからすると色がやや薄い茶色をしています。
口にしてみると醤油よりトンコツの旨みと甘味が強く感じられ、その濃厚さにウットリ。
普通ストレート麺にもよく絡み合って素晴らしい一品に仕上がってます。思わず

『うまいなぁ~♪』

と漏らしてしまいました(笑)

そしてその中華そばの器を見た瞬間

『お、○高和歌山東口店と同じですね!』

と娘さんに声をかけたところ、

『よくわかりましたね~?あそこ(の店)は母が最初に作ったんですよ~(笑)』

とのこと。

和歌山から来た事を伝えると
すこぶるフレンドリーかつオープンに話をしてくれました。

スープの濃厚さについて聞いてみると…
神戸という土地柄を考えて和歌山よりトンコツを増やし
さらに濃厚なスープがでるように工夫されたそうです。
また麺についても以前は和歌山から取り寄せていたそうですが納品時間等が安定しないため
2、3年前に神戸の製麺所に変更したそうです。

とは言うものの和歌山中華の良さは崩れることはなくそれ以上に進化した○高がそこにはありましたね~


噂に違わぬ旨さでした!!!o(^▽^)o

Tag:中央区 

応援クリックお願いします
↓↓↓:m(_ _)m
検索フォーム
プロフィール

とこわかはる

Author:とこわかはる
■「デッドで!」とは?
「レンゲを使わず丼鉢に直接口をつけて飲む」つまりダイレクトでスープを飲むということを表しております。よって「デッドで!」とは「鉢に口をつけて直接スープを飲んでみた!」という意味になります。
友人が最初に使い始めたのがきっかけで、この飲み方を広く普及すべく「デッド飲み推進会」に入会しまして、日夜活動に勤しんでおります。
会長によると語源はゴルフ用語由来なのだそうですが… 私はゴルフをしないのであまりよーわかりません(笑)

■私の肩書き
・デッド飲み推進会副会長
    兼 和歌山支部長
・情熱和歌山ラーメン部々長
・情熱大阪ラーメン部所属
入会(部)者を募集中です♪

■私のひととなり
ラヲタではありません。
単純に「中華そば」が好きなだけでございます(笑)​
私にとって「麺」とはオアシス。そんなオアシスを求めて和歌山を中心に近畿圏を放浪中♪そして智弁和歌山野球部のファンでもあります。
将来に不安を抱えているので第二の職を視野に入れてます。実は中華そば屋を経営するのではなく歌手デビューを狙ってます​(爆)

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
地域別カテゴリ
料理別/シーン別カテゴリ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カウンター