「三度目の正直でやっと出会えました♬」らーめん♥まぜそば 縁(えにし)

やっぱカメラ無いのは辛い…

■ラーメン♥まぜそば 縁(えにし)  
@神戸市灘区岩屋北町5丁目2-32
【営業時間】11:30〜14:00/18:00〜21:00
【定休日】水曜日、木曜日昼
【電話】070-5262-3677
【駐車場】専用あり
【地図】お店の場所はコチラ
IMG_0355.jpg
尼崎で旨い(会長すんませんw)塩を食べた後はこれまた話題の新店舗である
コチラのお店へとやってまいりました。

実はこちら個人的には長い間フラレテきまして三度目の正直という事実。
1回目は京都は伏見でフラレ・・・
2回目は兵庫県は淡路島でフラレ・・・
その正体は・・・あの行列でお馴染みのお店「はなふく」でございます♪

3回目の訪問となった場所は神戸市は灘区、岩屋駅のほん近く、
見覚えある伏見時代の看板と共に見事に復活されました!!

阪神&JRのどちらからも同じような距離でどちらも同じような距離、
そして近くにはコインパーキングが比較的たくさんあります。
IMG_0356.jpg
そんなお店の外観は「おしゃれ」というより可愛い♪系。
その看板だったり、入口の戸につけられたプチ暖簾だったり(笑)

入口の横にはこれまた大きなお品書がありまして
IMG_0351.jpgIMG_0348.jpg
これを見ながらオーダー品を決めて店内へ!



■店内&お品書き
IMG_0358.jpg
店内はやや暗めの照明で、カウンター席にテーブル1卓のレイアウトになってます。
我々が座ったカウンターの後部は製麺室が設置されておりました。
席と席の間隔が広く、カウンターのテーブルは奥行きもありますね♪
またトイレも新しく清潔感に包まれておりました。


一番のお店の特徴と言えば・・・
IMG_0357.jpg

昼と夜ではメニューが異なる点ですかね。
昼は汁麺、夜はまぜ麺と、二面性を持っておりまする。
ただ、たま~にって言うか不定期に「限定ラーメン」を出されているようで
お店のTwitter (@enishige)なんぞで確認されるとよかよか~♪

そんなメニューの中から濃厚そうなキツ~い一杯をオーダーすることにしました。



■鶏濃厚ラーメン(900円)
●スープ:鶏のすり身つぶし風濃厚系
●麺:やや平打ちストレート
●具材料:チャーシュー、タマネギ、ネギ
IMG_0360.jpg
ゆったりと時間が流れる中で、男前の店主さんが
手際よくラーメンをこしらえていかれてます。
その動きは決してスローじゃないですが特にあわてた様子も無く
すご~く安心して見ている事ができ、そんな中での着丼でございます。



■デッドで!
IMG_0364.jpg



「お〜〜!!!見た目で

濃厚MAX(゚Д゚ノ)ノ」



飲んでみるととて良く感じる「ドロドロ」な食感。
鶏肉をそのまますり潰してスープにしたようなザラザラ? ざくざく? 
そんな食べ心地が面白く、印象深いものでございます♪

味わいは塩分が若干多く感じ、そして醤油タレのエッジも感じます。
濃厚なんですが、コクどころか「濃醇」と表現させていただきました(笑)

そして食べ進むにつれ、より強く感じるのが「丁寧さ」で、
質実剛健ながらひとつひとつゆっくりと積み上げながら
作られているような印象すら受けました。

具材もチャーシュー、刻み玉ねぎにねぎと非常にシンプルですが力強さを感じます。
新鮮で冷たい玉ねぎはスープに浸しておくと
ほどよく温かく、柔らかく、そして甘くなるんです♪


麺は平打ちの自家製麺!
IMG_0367.jpg

兵庫県産の小麦が使われているようでスープとのマッチングは最高で
そのスープがベットリと麺に絡みついております。
もちもちなのにチュルルンとした食感と舌触りで
ホント、スープとの絡みがハンパないんです!

チャーシューは持ち上げると箸で崩れるほど柔らかく
少し甘みのある味わいがスープと対照的な顔を見せましてたまりません。

大きめのネギと玉ねぎの苦みがアクセントとなるし
シャキシャキとした食感と鮮度が素晴らしかったです♪



■食べてみて…
IMG_0370.jpg
さて、今回のラーメンのタイプは、最初がMAXで徐々に風味が落ちていくタイプだと実感。
全体的に見てもスープはやや塩分高めなので、もう少し甘味が欲しいなぁ~って
いう個人的感想でございました。

しかしまぁ、ここまでドロドロスープなのに飲んだ後はしつこくないのが面白く、
そしてどこよりも分厚い濃厚さは深く心に刻み込まれました。
癖になりますし無化学調味料でこの濃度とは恐れ入りました。

無骨に丁寧につくられた味わいは気持ちが伝わります。
お店を出てまた直ぐに食べたくなりましたので再訪確定でございます(笑)

ふと思ったんですが・・・  ご飯入れたらどうやろか? 旨いかな・・・


【地図】お店の場所はコチラ


※『確かにスープペトペトやーん!!!(爆)』
と感じたならコチラをポチッとな♪(ρ°∩°)
  ↓↓↓

食べ歩き ブログランキングへ

※『三度フラレテもまだ追いかけるか~(笑)』
そうせんと旨い麺にありつけまへんで~という方はコチラを一緒にポチッとな♪(ρ°∩°)
 ↓↓↓
にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ

★ブログランキングに参加しております★
皆様からいただきますご声援、応援が大変励みになっております♪
今回もポチッとな」をありがとうございます!m(_ _)m

テーマ : ラーメン
ジャンル : グルメ

Tag:灘区 

久しぶりの神戸へ行った目的は… 「カラピンチャ」

しかしスリランカ料理にがんじがらめ~(笑)

■カラピンチャ
@兵庫県神戸市灘区王子町1-2-13
【営業時間】11:30〜16:00
【定休日】月曜日、第二火曜日
【電話】078-805-3039
【駐車場】近くにCP
【地図】お店の場所はコチラ
P1130644.jpgP1130647.jpg
とにかくスリランカ料理を求めて今日も出撃~♪
というわけでこの日向かったのが神戸は王子公園前にあるコチラ。


場所は阪急王子公園駅西口を降りて、道なりに歩いて行くと左側にお店が見えてきます。
そして近くにはCPもバッチリありました。
P1130764.jpg
途中、過去に料理の鉄人に挑戦した中国料理のお店がありますが
決してその誘惑には負けないように!
って言っても「料理の鉄人」という単語につられるのは
アラフィフ世代くらいでしょうが・・・(笑)





とにかく外見はおしゃれなお店♪
P1130645.jpg
ウッディなカフェ風で店内もこじんまりとしておりまして
女性なら問題なく、男性でも勇気を出せば入れます(爆)

さてさて、入店したのが14時過ぎ。
事前の情報では「ランチタイムだと結構待つかも・・・」というものでしたので
できるだけその時間を避けての訪問でございます♪
後から来たお客さんは「ご飯終わりましたぁ~」っていう結果になっちゃったので
ギリギリセーフでしたよ!! 




■店内&お品書き
入口を入るとすぐにカウンターがありまして、奥にテーブル席がででんと♪
御夫婦が仲むつまじく経営されているようで、その雰囲気が全てお店のいい感じに
表れておりますね。

そして・・・お品書きを、ば。
P1130650.jpgP1130651.jpg
とりあえず「オススメは?」と尋ねると「本日のカレープレートですね〜♪」
ということでしたのでコチラを注文。

そしてめったに来られないであろう場所柄なので
麺メニューと、これまた気になった「アーッパ」という
未知のメニューにトライすることにしますか。

店内では「ガチャガチャ」とものすごくうるさい音を立てながら
店主さんが調理してますが… 何作ってるんでしょうか???

そんなこんなでまず到着したのがコチラです♪



■ヌードルス:チキン(700円)
P1130660.jpg
わかりやすいひと言で表すと


「カレービーフンです(笑)」



スリランカの細い麺と野菜を炒め、カレー味の下味をつけたものに
ルーをかけていただく麺メニュー♪
P1130664.jpgP1130677.jpg
ビーフンと言いましたがすごく食べ易くてクセは全くありません。
ルーをかけずとも美味しいのですが…



ルーをかけると…
P1130679.jpg

こんな感じに♪



麺は小刻みにカットされているのでスプーンですくいます。
P1130688.jpg
麺をカレーラーイスのように食べるのですが、
スパイスがピリリと効いてましてビジュアルより旨いっすね〜♪



そして麺が食べ終わる頃に到着したのがコチラです。


■アーッパ (300円)
P1130690.jpg
お品書きには
「米粉とココナッツミルクを発酵させた生地を半球状に焼いた軽食」
とありましたが…



とにかく私は初めて見る食べ物。
先の方はパリパリっとしてますが、下になればなるほど柔らかくなり
まるで厚いクレープのような感じかな。
P1130699.jpgP1130706_20140712074407002.jpgP1130693.jpg

この日はプレーンをオーダーしたのですが
このアーッパだけだとなんとも味気ないっていうか、そのまんまの味っていうか、
「甘くないヨーグルトクレープのココナッツ風味」
という感じ♪ なかなかに愛想がありません(笑)

でも、このオレンジ色をした
玉ねぎの甘辛炒め=シーニサンボラ
をちょこっと載っけると… 
P1130705_20140712074314981.jpg

「おっ、甘い♪」

っていうか劇的に味が変わりました。
これで軽食っぽくなったんですね(笑)


これを食べ終えてメインディッシュに移りましょう!




■本日のカレープレート(1,300円)
さてこの日の内容ですがチキンと海老が用意されてましたが
海老のほうが100円お高いです。でも合いがけも可能だったので
それをチョイスいたしました。内容はといいますと…
P1130711_201407120744103c3.jpg

・レンズ豆のカレー                ・みつばと水菜の和え物
P1130714.jpgP1130715.jpg
  
・ココナッツのふりかけ              ・じゃがいもの炒め物
P1130719_20140712074432ad9.jpgP1130717.jpg


暫くして到着いたしましたカレーがコチラ♪
カレーはセパレートになっておりました。
そんなカレーを先ずはひと口…
P1130709_2014071207441317b.jpg

おっ!

それほど辛く感じないのが意外でした。
しかしジンワリとスパイシーさが増してきます。

でも、儀式はここまで。
やっぱりダイナミックにスリランカを満喫すべく
それらのカレーを全部プレートにぶっかけてやりました!!!
P1130736.jpg
ゴロゴロっと転がるチキンと海老!
これだけでも具のボリューム感がわかるってもの。



そしてお約束の!!!
P1130741.jpg

混ぜ混ぜよ〜ぉ mixカレ〜♪

それが僕らのエネルギー〜〜〜♪♪



と口ずさみながらいただきます!
思いのほか辛さは感じないのでパクパクいっちゃいます♪
でもね、油断していたら…

汗が噴き出てきました!(爆)

これまでいただいてきたスリランカカレーと比較すると
インパクトはいちばん少ないタイプですが、味わいは優しさが溢れてます♪
簡単に言うならより日本人に受け入れられるように作られおりますね。

そしてスパイシーさも損なわれず、さらに混ぜ合わせる事で
P1130744.jpg

その興奮と覚醒がピークに♪


プリップリのシュリンプもご覧の通り
P1130752.jpg

ウヒョ━ヽ(゚Д゚)ノ エビキタァァァ━!!

あらためてスリランカカレーの奥深さを感じさせてくれました。



カレーと一緒に出されたピクルスも…
P1130670.jpg
途中でパクパクと♪ その鮮やかさと味わいにやられちゃいました。




そして最後はコチラのキリパニ(ヨーグルトにキトゥルシロップをかけたもの)で〆!
P1130758.jpg

P1130760.jpg

口直しに最高〜♪





■食べてみて…
最近の関西はとにかく「スリランカが熱い!」ですよね♪
どちらのお店も個性的で、オリジナリティが溢れてます。
P1130646.jpg

P1130659.jpg
そして今回訪れたこちら「カラピンチャ」
マスター&奥さんの作る料理はほんわかした雰囲気同様に優しい味わいで
我々初心者にもスゴく食べ易いものだと感じました。

目の前には王子動物園もありますので
コチラでランチを食べて動物と戯れてみてはいかがでしょう♪

また是非とも来させていただきます(๑´ڡ`๑)♡♡♡

【地図】お店の場所はコチラ


※『奥さん、優しそうで可愛いよな♪』
「そうそう!」とこの意見に激しく同意してもらえるならポチッとな♪(ρ°∩°)
  ↓↓↓

食べ歩き ブログランキングへ

※『最近のスリランカの勢い、ホンマもんやな…』
そんな感想をお持ちならこちらを一緒にポチッとな♪(ρ°∩°)
 ↓↓↓
にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ

★ブログランキングに参加しております★
皆様からいただきますご声援、応援が大変励みになっております♪
今回もポチッとな」をありがとうございます!m(_ _)m

テーマ : カレー
ジャンル : グルメ

Tag:灘区 

神戸は元町にある憧れの食堂  「金時食堂」

元町の老舗食堂にて♪

■金時食堂
@神戸市中央区元町通1-7-2
【営業時間】(月~金) 10:30~21:00/(土) 10:30~20:00 /(日) 10:30~19:00
【定休日】祝日
【電話】078-331-1037
【駐車場】近くにCPあり
【地図】お店の場所はコチラ
P1030146.jpg
神戸のJR元町駅を降り立ちまして向かった先は
昭和の匂いがプンプンする老舗食堂♬
仲間から勧められずーっと行きたかったお店でした。

P1030116.jpg P1030118.jpg
お店には12時過ぎに到着するも
後から後から恐ろしいほどお客さんがどんどん入ってくる…

しかも・・・

ハイエイジばかりだ(笑)


■店内&お品書き
P1030137.jpg P1030135.jpg
普通の大衆食堂だが13時〜18時にはこのサービスタイムが嬉しい。
そして厨房前にはご覧のようにおかずがてんこ盛り♪ 
13時からのメニューよりこの中から選ぶ方がええですね〜(≧ε≦)

そんな中から好きなものをチョイスしましょうか!



■キリン大瓶
P1030120.jpg

P1030134.jpg
程よい冷え冷え感でシュポっと栓が抜かれます。
バイトのお兄ちゃんが手際よく配膳してくれました!



■だし巻き
P1030121.jpg
ふんわり仕上がってるのはもちろん、火の通り加減がマジで絶妙。
ほんでもって出汁も利いてる優れもの。

これは必須オーダーですな!



■どて焼き
P1030126.jpg
料理をとると温め直してくれる。濃くもなく薄くもなく丁度イイ。



■キズシ
P1030129.jpg

ウヒョ━ヽ(゚Д゚)ノ ホトンドナマジャン━!!

マジデ驚いたのがこちら。
キズシとは言いながらほとんど生状態(笑)

P1030133.jpg
オーダーしてから酢をかけてくれ提供されます♬
とにかく新鮮で、プリップリなのが素晴らしい。
これは「きずし好き」な者の心を鷲掴みにする存在感です!


■そんなこんなでおあいそを、ば。
P1030140.jpg
ああいそは入口にいるお姉さんっていうかおばさんに直接渡すシステム。
そこにはレジもなくただただ会計金額が書かれた紙切れのみ…


雰囲気は完全に昭和だ(爆)


そしてオールで1,610円でございました♬



■老舗の定義
P1030138.jpg

『古いけど清潔感あり』

というのがまさにこちらのたとえ。
お客さんはほとんどがご常連さんでしかも年配者の方々ばかり。
『まいど〜♪』の声が連発されてます。この雰囲気がいいなぁ…

そしてこの日は12時過ぎの訪問だったので
残念ながらビールはサービスタイム価格じゃなかったんです…
P1030142.jpg
でも、13時〜18時まではご覧のようなサービスタイム価格になりますので
その時間を目指して「呑み使い」されるにおがおすすめです♬

「大衆食堂で呑む!」

まさに昼呑みの醍醐味ですわな〜(≧ε≦)



※『昼間っから呑むってほんま旨いしやめられへんねん!!!』
賛同いただけるなら力強くポチッとな♪(ρ°∩°)
  ↓↓↓

食べ歩き ブログランキングへ


※『大衆食堂で意外に呑めるよね♬』
という方もこちらを一緒にポチッとな♪(ρ°∩°)
 ↓↓↓
にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ

テーマ : 関西の美味しいお店
ジャンル : グルメ

Tag:中央区 

弘雅流製麺 

こんな時にしか来れないよ。
ここは…(笑)

■弘雅流製麺
@神戸市東灘区住吉宮町6-14-12
【営業時間】
12:00頃~14:00頃
「木から日曜日」
※臨時休業多々あります
18:00~23:30(L.O)
「火から土曜日」
【定休日】日曜日 
【電話】078-843-0333 
【駐車場】近くに有料あり
■こうがりゅうせいめんなう
三宮の仕事帰りに住吉で途中下車し19時前に入店。三宮で新規を含むお店を開拓するのも良かがやはりここまで来たら久しぶりに川崎君のラーメンをいただきたくなるのが性ってもん(笑) 電車で来るのは初めてでしたが駅からは歩いてもすぐの距離でした♪

■店内&お品書き










手書きのお品書きは暖かさいっぱい♪ 
汁麺にするかつけめんにするか悩みますが、
最終的に『つけ』に決定!
空席があった店内もあっという間に満員であります(^w^)



■鶏骨つけめん(900円)
●スープ
鶏テロり系ベース
●麺
平打ちストレート
●具材料
豚ブロック、メンマ、ネギ
この日の感想
『つけめんは時間がかかります!』的な説明があったので配膳に10分以上かかる事をイメージして臨んでたんですが… 意外に早くてなんか肩すかしっす(^w^)


■デッドで!! 























まずはつけスープを、ば。

黄色がかったオレンジ色のスープを飲んでみるも、
ビジュアルのイメージよりかなり塩のエッジが立っていて驚く。
(こりゃスゴい塩分濃度やなぁ…)
というものだが、反面、香りはイイ意味でものすごくたまらないし、
その甘さを感じさせる強烈な香りがプンプン。それはそれは凄まじいもの。
しかし実際スープの味わいは…甘くないんだよなぁ…(^。^;)
















そんなスープに合わす麺は平打ちストレート。
それほど加水率は高く感じないのだが、水分量って一体どれだけなんだろう。
お品書きにもあったように、塩分濃度が高いので、麺はチョイ漬けで十分。
よって最後まで物足りなさは全く感じなかったのです。
そしておいしかったのです! 

ですが…  川崎君の作る甘さのあるつけスープも食べてみたかったのが本音であります(笑)

■スープ割り












さてラストはスープ割りですが… 
なんだかんだ言いつつ完汁!
しちゃいました(爆) 

あれ?あれれ?という間でしたが、私、スープ割りを飲み干すのは珍しいんです。
文句なく旨い!っていう証拠でしたね~♪(笑) 
ご馳走さまでした(≧∇≦)ゞ


 私のおすすめ:
「中華蕎麦 とみ田」 中華蕎麦とみ田 つけそば

Tag:東灘区 

【後編】弘雅流製麺 2009/4/2

久ぶりの連食を実践!!!(笑)




■弘雅流製麺
@神戸市東灘区住吉宮町6-14-12
六甲住吉プラザ1F
【営業時間】18:00~24:00
【定休日】第一日曜、月曜日
【電話】078-843-0333
【駐車場】近くにCPアリ
■気になる限定メニューをば
デフォの醤油らーめんをいただき感動も醒めやらぬまま、つけ麺をいただこうかと画策していたところ突然目に飛び込んできた「限定」という文字。その魔力 にに惹かれ書かれていた「鶏骨つけ麺」をチョイスします。こちらのつけ麺は基本が普通(200g)で大盛りが(300g)となりまして、後は100gピッチで料金が100円づつ上がっていくという仕組みになってます。勢いで「300g」といきたいところなんですが、既に醤油をいただいていることもあり謙虚に200gをオーダーすることに・・・







■鶏骨つけめん(800円)
●スープ
鶏メイン濃厚つけ汁
●麺
平打ちストレート麺
●具材料
鶏チャーシュー&鶏ブロック、メンマ、九条ネギ
●個人的感想
醤油同様厨房中で作業する河崎君の一挙手一投足に注目します。約10分後,同時に配膳されました!





■まずは麺から





艶々とした麺が丼に盛られています。
以外にも平打ちタイプのストレートでつけ汁と同じくらいの丼に盛り付けられておりました。

麺を一本つまんでみます。
国産小麦を使った麺で粉の風味がキチンと味わえるもので思いのほか柔らかい仕上がりです。

ただし・・・

それがイイ意味での柔らかさで、決してコシは強くありませんが
噛むとその弾力が伝わる出来栄えだったのです。
そして麺の温度なんですが、冷水で〆たタイプのものではなく
人肌を彷彿とさせる温度で盛り付けられているんです。



■次につけ汁をば、



配膳された器は麺と同じくらい大きいものでナミナミと注がれたもの!!!
スープからは鶏のいい香りしか漂ってこないのにまずは驚かされます。
スープのみ口に含んでみますとその香りと鶏の旨味がダイレクトに鼻孔の奥がくすぐられるというもの。
甘味より旨味の方が強く表現されてました。

若干スープの塩分が高めだと感じますが、麺を浸けるとその心配はどこへやら。
麺を受け止めるための準備がされていたかのようなバランスの良さで、
相性はすこぶる良く、するすると喉を通りすぎていきます♪

麺はちゃんとつけ汁を絡み上げますし、互いを引き立たせてるんですよ~


大きく深い器の底からは鶏ブロックをはじめ他の具がゴロゴロと姿を見せまして
相変わらずのボリュームです。
具を減らしてでも麺を食べたくなりましたよ・・・(苦笑)


そして何よりも今回、素晴らしかったのは

「最後までつけ汁が冷めなかった」

という点!!!


個人的には「麺食い」なので、冷水で〆られコシの強~ぃタイプは大好きなので、
つけ汁が食べるにつれ冷めてくるというところは織り込み済みで、全然気にも止めてなかったのですが
こうして最後まで冷めずにいただくとあらためて「冷めないスープ」というのも
重要ポイントやなぁ・・・と感じざるを得ませんでした。




■スープ割をば



最後にスープ割をいただいたのですが、それを飲んでこれまた愕然と!!!

やや塩分が多く感じたもとつけ汁が全然別物に変わっちゃってました。






見た目だけではその違いっていうのがわかり辛いかもしれませんが、
マイルドかつクリーミーになっており、魚介系風味もプラスされて

「旨味成分のみをいただいている!!」

という印象♪

スープを飲んでいる最中もゆっくり味わってしまい
言葉を失うとはまさにこの事ですね(笑)



さて、この日は友人のしらっちょ氏と車で馳せ参じましたが、
地図を見るとJR住吉駅からだと徒歩圏内で行けそうですなぁ・・・

夜18:00からの営業で、個人的には敷居の高いお店なのですが
これなら仕事帰りでも十分訪問することができるか、と。



今回、見送った「デフォつけ麺」もかなり気になる存在なので
近々再訪問することになるでしょう♪
ご馳走様でした!!!  <(_ _)>







住所: 神戸市東灘区住吉宮町6-14-12 六甲住吉プラザ1F
最寄り駅: 住吉(兵庫県・東海道)



※「つけ汁が冷めないっていうのもイイよねぇ~♪」
と感じている方はポチッとお願いします((^○^))
↓↓↓
にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ(文字をクリック)

Tag:東灘区 

【前編】弘雅流製麺 2009/4/2

実は一度フラれてますねん…(苦笑)



■弘雅流製麺
@神戸市東灘区住吉宮町6-14-12
六甲住吉プラザ1F
【営業時間】18:00~24:00
【定休日】第一日曜、月曜日
【電話】078-843-0333
【駐車場】近くにCPアリ
■念願の初訪♪
こちらの場所は元々『神助(しんすけ)』のあったところなんですが、麺哲は庄司さんのお弟子さんであった河崎君が独立して開いたお店です。開店してからかなり経ってしまいましたがやっと訪問する事が出来ました! 
実はちょうど1ヶ月前にこちらを訪れたのですが、18時からの営業とは知らず昼の12時に訪れるという失態を犯していたことをご報告申しておいてっと(苦笑)この日到着したのは20時過ぎ。店前に並べられたパイプ椅子2脚には先客さんがいらっしゃいましたが… 10分程度待っただけで店内に入る事ができました♪





■お品書き
片面に書かれたメニューの右端から『醤油、塩、鶏そば』の順番! つけめんに『限定・鶏そば』もかなり気にはなりますが、最初の訪問なので迷いなくデフォの『醤油らーめん』を選択します!





■醤油らーめん(700円)
●スープ
鶏ガラベース+魚介の醤油
●麺
普通ストレート麺
●具材料
薄切り麺哲系チャーシュー、メンマ、海苔、九条ネギ
●この日の感想
ウッディな作りでカウンター席が7つとテーブル席がひとつというこぢんまりとした店内にはイイ香りが漂います。その香りを嗅ぐだけで「イイ仕事」をされてるのがわかるほど!!! まずはデフォの醤油を注文します。座った席からは奥の厨房が丁度見える位置にあったのでしばらくの間は河崎君の仕事ぶりをじっくりと見させてもらいます。麺哲の頃からそうなんですが、「一切の妥協を許さず」といったオーラを出しながら鬼気迫る表情でラーメンを作る姿勢が印象に残ってるのですが、この日もそのスタンスは変わらずで、出来上がったスープを別皿に取り自分の舌で確かめながらの仕事ぶり。麺もじっくりと時間をかけて茹で上げられてます。ラーメン一杯を作る時間としては平均より長いので待つことが苦手な方には厳しいかもしれませんが、その丁寧さを見ると納得させられます。個人的には麺哲の頃に比べてその表情が柔和になったような気がします。


■できあがりましたよ~♪



目の前に置かれたラーメンはこれぞ麺哲DNAを彷彿とさせる九条ネギの鮮やかな緑色が
視界に飛び込んできます(笑)

それもつかの間、
ビジュアルは普通の醤油なんですが、まずはそのスープの香りに驚かされます。
鶏ガラがベースだと思いますが獣臭は全くなく、香りだけでその旨さがわかるというもの。

スープを飲んでみて、これまた驚いたのがその風味と琥珀の色合い!!!
もっと醤油のエッジが利いたものを想像していたのですが
ベースのスープを最大限に生かし、そこに醤油の旨味が混ざり合ったマッチング。

敢えて「柔らかく優しい」という表現を使わせてもらいますが、
パンチの弱いものではなく、とにかくそのバランスの良さに引き込まれてしまいます♪





麺は中太のストレート麺で粉の味わいも感じると同時に
持ち上げた時にそのスープが見事に絡んできます。

固さは固くもなく柔らかくもない適度な歯ごたえと喉ごしで
スライスされたチャーシューというより豚肉と一緒に食べることで
その旨味は倍増されていくよう。

また、その豚肉のボリュームも

「普通サイズにしてこの量!!!」

というくらい載せられておりまして、

(これでチャーシュー多めを選んだらいったいどれだけ載るんやろ・・・汗)

と思わずにはいられません(笑)


そんな醤油ラーメンですがビジュアル、味わいを含めてパッと見は
「どこにでもあるラーメン」というアベレージ的印象を受ける方は多いかもしれません。

ただ、その奥に隠された「完成度」を感じ取ってもらいたくなる逸品で
久しぶりに感動させられた一杯に出会えました♪♪♪


ラーメンを食べながら(もう一杯いこうか、どうしようか)と葛藤していたんですが
壁に貼られた「限定・鳥骨つけめん」の張り紙を見て即決!ww


食べ終わるやいなやすかさずオーダーしちゃいました(^_^)v










住所: 神戸市東灘区住吉宮町6-14-12 六甲住吉プラザ1F
最寄り駅: 住吉(兵庫県・東海道)



※『ウォ~ 限定・鶏骨って気になるやないか~ぃ!!!
と思った方はポチッとお願いします(笑)
↓↓↓
にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ(文字をクリック)

Tag:東灘区 

○高中華そば 神戸二宮店 2008/2/2




○高(まるたか)神戸二宮店
@神戸市中央区二宮町4ー11ー9
【営業時間】11:00~翌2:00
【定休日】火曜日
【電話】078ー242ー4008【駐車場】なし
(写真)中華そば 550円
●スープ
豚骨しょうゆ(濃厚)

●麺
細麺ストレート
(今は神戸の製麺所の麺を使用)

●具材
チャーシュー、メンマ、千代巻き

●全体的印象
○高グループ直系のお店。
和歌山中華そばを語る上で絶対に外せないお店なのですが…
恥ずかしながら実は初めて。
念願の訪問でした(笑)


JR三宮駅から徒歩約10分弱北に上り店を探します。
が、地図を持たず行ったのでなかなか見つからなかったところ、どこからともなく漂う香り

『クンクン』
『あー! この匂いや(笑)』

香りの先にお店がありました♪

さて、中華そばですが、
見た目にそれとわかるコッテリと乳化したしたスープ。
いわゆる和歌山で車庫前系と言われるスープからすると色がやや薄い茶色をしています。
口にしてみると醤油よりトンコツの旨みと甘味が強く感じられ、その濃厚さにウットリ。
普通ストレート麺にもよく絡み合って素晴らしい一品に仕上がってます。思わず

『うまいなぁ~♪』

と漏らしてしまいました(笑)

そしてその中華そばの器を見た瞬間

『お、○高和歌山東口店と同じですね!』

と娘さんに声をかけたところ、

『よくわかりましたね~?あそこ(の店)は母が最初に作ったんですよ~(笑)』

とのこと。

和歌山から来た事を伝えると
すこぶるフレンドリーかつオープンに話をしてくれました。

スープの濃厚さについて聞いてみると…
神戸という土地柄を考えて和歌山よりトンコツを増やし
さらに濃厚なスープがでるように工夫されたそうです。
また麺についても以前は和歌山から取り寄せていたそうですが納品時間等が安定しないため
2、3年前に神戸の製麺所に変更したそうです。

とは言うものの和歌山中華の良さは崩れることはなくそれ以上に進化した○高がそこにはありましたね~


噂に違わぬ旨さでした!!!o(^▽^)o

Tag:中央区 

みなとや(ミナトヤ) 2006/07



みなとや(ミナトヤ)
@神戸市兵庫区西出町27柴田ビル1F
【営業時間】
12:00~14:00
18:00~23:00(スープが無くなり次第終了)
【定休日】日・祝
【電話】090-4299-3354
【駐車場】なし
(写真)こってりラーメン 600円

●スープ
鶏白湯スープ(濃厚)

●麺
太麺ストレート

●具
シャーシュー、煮玉子

●全体的印象
以前に一度振られたお店だったのですが、
やっと訪問することが出来ました♪

こってりラーメンとあっさり魚介ラーメンがありましたが、
デフォのこってりをチョイスしました。

鶏ベースながらトンコツのようなクリーミーさなのに
変なしつこさは全くなく、完成度の高さを伺わせる
コクのあるこってりスープ!
個人的に好きな甘みも全体に広がり、それでいて
しっかりとしたスープに満足させていただきました。

このまろやかさを自家製多加水太麺が
きっちりと受け止めてくれますね!

全体的なバランスは申し分なくオリジナリティ溢れる
一杯に「来てよかったなぁ~」と思わせてくれる
逸品でしたね!!!

それと、注文してから配膳されるまでが「はやっ!」
店内も清潔感溢れ、無駄なスペースがなく
店主さんの心意気を感じました。

また訪れたいお店のひとつに登録です♪

Tag:兵庫区 

しゅはり(シュハリ) 2006/04



しゅはり
@兵庫県神戸市灘区桜口町5-1-1ウェルブ六甲道5番街1番館
【営業時間】
11:30~14:00
18:00~23:00
【定休日】月曜日
【駐車場】なし
【電話】078-7-843-1806
(写真)潮らあめん 650円

●スープ
塩ベースに魚介系のダシがふんだんに!

●麺
平打ちちぢれ麺

●具
チャーシュー・柔らかわかめ・エビ・メンマ・白ネギ

●全体的印象
噂にきいていた潮ラーメンを初めて食べました!
清潔感溢れるお店の印象が気持ちよく、店内も明るい。

潮ラーメンの一本で勝負されてますが、
そのビジュアルをひとめ見て
「おー!うまそうやないかー!」
というもので、ただよう香りも魚介系の風味が期待されるもの!

ただ、「わ、わかめ入っとるやないか・・・汗」
というものでしたが、一口スープをすすってみて
その不安が無用なものと気づくのに時間はかかりませんでした。

潮と付くくらいなので塩味が強いのか?
という想像をしてましたが、なんのなんの
その洗練され上品な味わいがグッド!
平打ちちぢれ麺と見事に絡み芸術的な調和をみせております。
麺もツルツルもっちり感があり、スープとのマッチングは
申し分ありません!

心配されたわかめも柔らかく煮込まれており
逆にわかめのうま味がここまででるものか?
と驚かされたほど・・・

上品さの中にもコク・うま味が十分感じられ
ラーメンというより和風料理という印象でしたね♪
ただ、麺の大盛りとかがないので、少々物足りなさを
感じる方もいらっしゃると思いますし
味が薄いと感じる方もおられるかと・・・

しかし、これ以上塩が強くなったり、魚介の風味が増すと
その特徴である繊細さが失われることになり
個人的には嫌ですね・・・・

家族経営されているようで、
ラーメンを作っている店主さんの眼差しにも
感心させられました。

これが完成品ではなく進化を遂げる可能性を秘めた
「しゅはり」の今後の動向も注目です!
近くにお立ち寄りのさいは、是非おためし下さい!

Tag:灘区 

もっこす 石屋川店 2005/04



もっこす 石屋川店
@兵庫県神戸市灘区徳井町1-2-36
【営業時間】6:00~翌2:00
【定休日】無休
【駐車場】なし
【電話】078-822-8345
(写真)ラーメン

●スープ
豚骨ベースの醤油味

●麺
極細ストレート麺

●具
葱・チャーシュー・太モヤシ

●全体的印象
数あるお店の内の1つでR2沿いにあるお店です。

店内はかなり賑わっており、食券をかってオーダーします。
このシステムはお店全てに導入されているわけではなく
各店によって違います。

基本は豚骨しょう油スープで和歌山中華に近いものがあります。
見た目ほどこってりではなく多量に入った
「ねぎ・太モヤシ」で中和されてます。

その具の多さには圧倒されドサッ!という印象で
相変わらず多いですね♪
麺は極細ストレートでクセはなく長浜ラーメンを彷彿と
させます!

今回のスープはコクが今一歩の印象で麺との絡みぐあいも
よいとは言えませんでした。
とにかく麺が多量にあるためちょっともてあましてし気味で
下品な印象・・・

チャーシューも薄切りでボリュームがあるのですが、
今日は若干臭みを感じてしまいましたね。
各店によって出来映えのバラツキもあるようで、
コンディションがいいときと悪いときとの差が
結構あるのかもしれません!

ただ、基本的な味は好きですから
お店を絞りきれないときや、ガツンと食べたいときは
もっこすを選択すると思います(笑)
支持する人も多いのも事実なので、
手を抜かずに頑張って貰いたいものです♪

Tag:灘区 

楓林(フウリン)住吉店 2006/04



楓林(フウリン)住吉店
@兵庫県神戸市東灘区住吉宮町3-15-17
【営業時間】11:30~翌2:00
【定休日】水曜日(祝日の場合は翌日)
【駐車場】なし
【電話】078-856-8360
(写真)楓林ラーメン 580円

●スープ
鶏ガラベースの醤油+野菜

●麺
普通ストレート玉子麺

●具
チャーシュー・白菜

●全体的印象
芦屋に本店をもつ楓林ラーメンの住吉店
R2沿いにあり、かれこれ3年振りに訪問しました!
お昼時は列とまではいきませんが、
かなりの繁盛振りをみせております。

基本は鶏ガラをベースにした醤油味で、白菜をメインに
野菜をふんだんに使った甘口スープ。
ニンニクも意外に効いており、個人的にはちょっとキツイ・・・
でも一番の特徴はとにかくスープが熱く冷めにくい。
スグに火傷をするくらいでした(汗)

ストレート玉子麺とのマッチングはよく、
コシもちゃんとありますね!
比較的あっさりとした味わいと感じられる方も多いようですが、
個人的にはコクもあり、決してあっさりじゃなく
しっかりとしたものに仕上がってると思います。

白菜が多く使われているのに水っぽくないのが
何よりの証拠で、飽きのこない味ではないでしょうか!

お店に来るお客さんの回転もよく、
まだまだ、地元では人気のお店だと思います。

ガツンとパンチが強いわけでもないですが、
豚骨の苦手な方には向いており
普通に間違いなく美味しくいただけるお店だと思います♪

Tag:東灘区 

応援クリックお願いします
↓↓↓:m(_ _)m
検索フォーム
プロフィール

とこわかはる

Author:とこわかはる
■「デッドで!」とは?
「レンゲを使わず丼鉢に直接口をつけて飲む」つまりダイレクトでスープを飲むということを表しております。よって「デッドで!」とは「鉢に口をつけて直接スープを飲んでみた!」という意味になります。
友人が最初に使い始めたのがきっかけで、この飲み方を広く普及すべく「デッド飲み推進会」に入会しまして、日夜活動に勤しんでおります。
会長によると語源はゴルフ用語由来なのだそうですが… 私はゴルフをしないのであまりよーわかりません(笑)

■私の肩書き
・デッド飲み推進会副会長
    兼 和歌山支部長
・情熱和歌山ラーメン部々長
・情熱大阪ラーメン部所属
入会(部)者を募集中です♪

■私のひととなり
ラヲタではありません。
単純に「中華そば」が好きなだけでございます(笑)​
私にとって「麺」とはオアシス。そんなオアシスを求めて和歌山を中心に近畿圏を放浪中♪そして智弁和歌山野球部のファンでもあります。
将来に不安を抱えているので第二の職を視野に入れてます。実は中華そば屋を経営するのではなく歌手デビューを狙ってます​(爆)

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
地域別カテゴリ
料理別/シーン別カテゴリ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カウンター