一品(ひとしな)で三度美味しい「ひつまむし」@近江今津 2009/09/27

「西友」『せいゆう』ではなく『にしとも』と読みます!!!


近江今津 西友(にしとも)
@滋賀県高島市今津町住吉2-1-20
【営業時間】
(お食事処)1Fバリアフリー(エレベーター完備)
11:00~15:00(OS 14:20)
17:00~21:00(OS 20:00)
【定休日】
不定休(1月・2月は月曜定休)
【電話】0740-22-9111
【駐車場】専用アリ
■初訪問(^w^)
所用で滋賀@近江今津に来まして家族で食事をしようということになりました。どうせ食べるならやはり「琵琶湖の鰻」やろ~♪という事で意見が一致し、近江今津駅で「鰻を食べるならどのお店がイイですか?」と駅員さんに尋ねたところ、教えてもらったのがコチラのお店でした。



■川魚料理の老舗
鶯色で統一された店舗は落ち着いた佇まい。元々、っていうか今も地元を中心に川魚を扱った鮮魚店を経営されているとのこと。店内には観光客と地元のお客さんとで熱気ムンムンでした。お目当てはやはり「ひつまむし」ですがその前にちょこっと前菜として一品料理を注文しました。




■うざく




■稚鮎の天ぷら




■鰻の蒲焼き


とこんな感じで一品料理に舌鼓を♪
そしていよいよメインディッシュの名物「ひつまむし」が登場!!!
しかもご飯の中にも鰻を敷いた「特製バージョン」です(笑)




■特製ひつまむし



なんと言ってもひつまむしは一品で3つの味わいを楽しめるのが特徴!!!

というわけでお店の方に説明を受けながらいただきます <(_ _)>




■一膳目は・・・



『そのままで!』

ということでしたので、そのままおひつからお茶碗によそいました。

それがコチラ!!!




う~ん♪デリシャス♪♪

上からも中からも身が締まった鰻が襲ってきます。

特製のタレと一緒にごはんを掻き込みます!!!





■二膳目は・・・



『ネギ・山葵を添えて!』

ということでネギ・山葵をトッピングします♪

それがコチラ!!!




一膳目にトッピングされただけなんですが、

あ~ら不思議、この薬味がアクセントとなって
ご飯全体の味わいがピリッと締まった感じになるのです。

「甘いタレを薬味が洗い流す」っていう違った印象を受けました。





■三膳目は・・・



『ネギ・山葵をのせ、ダシをかけてお茶漬け風に!』

ということなのですが・・・ まだご飯と鰻がおひつに余ってます(苦笑)

ま、それはおいといてダシをかけてみました!!!




ダシはオリジナル。魚節・昆布でとった魚介系のさっぱりしたもの。

これと鰻とタレが相まって風味が増幅されると同時に

三膳目にもかかわらずどんどん胃袋に収まっていきます。

ただ・・・先にも言いましたが
まだあと一膳分残ってたのがコチラ・・・





都合四膳分がこのおひつに入ってたことになります。
これを全ていただきまして・・・






『完食いたしました・・・フゥ(苦笑)』


鰻好きにとってはまさに至福の境地。
琵琶湖の鰻を堪能させていただきました。

とは言うもののこれだけ食べればもうしばらく鰻は見たくありません・・・(爆)


【地図はコチラ】




住所: 滋賀県高島市今津町住吉2-1-20 
最寄り駅: 近江今津

※2009年9月28日時点の情報です。

※『っていうか4膳食べるのはシンドくないかい?(笑)』
という疑問を感じたならポチっとな~~(ρ°∩°)
↓↓↓
にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ(文字をクリック)

Tag:高島市 

メタセコイヤ並木に魅せられた  2008/8/4




■滋賀@マキノ メタセコイヤ並木

●所在地
滋賀県高島市マキノ町蛭口~牧野
●アクセス
JR湖西線:「マキノ駅」下車 車 20 分
名神高速京都東ICから国道161号、湖西道路、国道161号経由で約90分(湖西道路比良から約45分)


マキノピックランドを中心に沢牧野線~小荒路牧野沢線にあるメタセコイヤ並木!!!
延長2.4kmにわたってメタセコイアが約500本植えられ、マキノ高原の玄関口にあります。
始まりは1981年に学童農園「マキノ土に学ぶ里」整備事業の一環としてマキノ町果樹生産組合が
植えたもので、そこからいろいろな方々の手を経て、現在の見事で雄大な姿にまで成長しています。


●メタセコイアとは・・・
中国原産、スギ科メタセコイア属の落葉高木で、和名はアケボノスギ。樹高は35mに及ぶ。
最大樹高が115mに及ぶといわれるセコイアにその姿が似ていることから、
メタ(変形した)セコイアと名づけられています。


●法事にて・・・
法事で滋賀県は高島市まで訪れたので久しぶり立ち寄ったここマキノの町
今回で2度目となります。

新・日本の街路樹百景にも選ばれているこのメタセコイヤ並木ですが
いつ来ても美しいその姿を見せてくれます。
周りの田圃は緑の絨毯となり、暑さも和らげてくれてるよう。

四季を通じてそのいろんな顔を見せてくれるのですが
まだ、今の時期の顔しか見たことがないのが残念・・・


でも、やっぱ一番は新緑豊かな今の時期でしょう♪♪♪
爽やかな風に吹かれ、癒されました (^_^)v



※ラーメンとは関係ないが「見事な並木道やん!!!」とお感じなら
ポチぃ~とお願いね♪ (^_^)
↓↓↓
http://gourmet.blogmura.com/ramen/ にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ

Tag:高島市 

応援クリックお願いします
↓↓↓:m(_ _)m
検索フォーム
プロフィール

とこわかはる

Author:とこわかはる
■「デッドで!」とは?
「レンゲを使わず丼鉢に直接口をつけて飲む」つまりダイレクトでスープを飲むということを表しております。よって「デッドで!」とは「鉢に口をつけて直接スープを飲んでみた!」という意味になります。
友人が最初に使い始めたのがきっかけで、この飲み方を広く普及すべく「デッド飲み推進会」に入会しまして、日夜活動に勤しんでおります。
会長によると語源はゴルフ用語由来なのだそうですが… 私はゴルフをしないのであまりよーわかりません(笑)

■私の肩書き
・デッド飲み推進会副会長
    兼 和歌山支部長
・情熱和歌山ラーメン部々長
・情熱大阪ラーメン部所属
入会(部)者を募集中です♪

■私のひととなり
ラヲタではありません。
単純に「中華そば」が好きなだけでございます(笑)​
私にとって「麺」とはオアシス。そんなオアシスを求めて和歌山を中心に近畿圏を放浪中♪そして智弁和歌山野球部のファンでもあります。
将来に不安を抱えているので第二の職を視野に入れてます。実は中華そば屋を経営するのではなく歌手デビューを狙ってます​(爆)

カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
地域別カテゴリ
料理別/シーン別カテゴリ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カウンター