麺処 ト市

清潔な店内万歳o(^-^)o


@橿原市十市町1213
【営業時間】
11:00~14:30 
水曜日以外営業
18:00~21:00 
日・月・金曜日のみ営業
【定休日】水曜日
【電話】0744-22-3660
【駐車場】共同あり
■ト市なう
サイカラーメンを後に向かった先は橿原市。R24を南下している途中で彩華ラーメン田原本店を発見!(ひょっとして味噌ラーメンを食べろ!っていう啓示か?(笑))とも考えましたが、予定通りにコチラへ参りました。店舗はオートバックスの敷地内、テナントの一番端に位置します。到着時間は閉店前の20時45分過ぎ。にもかかわらず7人の待ち人がいました。



■店内&お品書き
到着から約15分後、店内へ招き入れられ、カウンターの端の席へ案内されました。とにかく印象的なのはお店の清潔さ!!! とってもとっても気持ちいい空間です♪ そんな店内に見とれながらメニューを、ば。『汁orつけ』の二者択一でしたが直感で汁麺をチョイスしました! いったいどんなラーメンが配膳されるのか? 楽しいっす♪



■らーめん(700円)
●スープ
豚骨ベース
●麺
太ややちぢれ
●具材料
分厚いチャーシュー、水菜、玉ねぎ
■この日の感想
ひとりで厨房内をテキパキ動き回る店主さん。そのラーメンを作る真剣な眼差しに圧倒される勢い(笑) しばらくして配膳されました。



■デッドで!! 
やや小ぶりな丼が目の前に。
(おっ!かなり小さい器やなぁ…)
と思いつつあらためてデッドでいってみますが…


























『チャーシューデカッ!(」゜□゜)」』

器が小ぶりなこともありますが一面チャーシューであろうかという
ブッとくてデカいものがドドーンと鎮座しております。

(こ、これは弱ったなぁ…(-o-;))

という代物でしたが、チョコッと横に外していただきます。


豚骨がメインの無添加魚介系で、舌触りにザラザラ感が残る魚粉感が残るスープです。醤油っていうより塩角が残る味わいでしっかりしたボディです。かなり主張が強いですがカットされた玉ねぎの甘さがそれらを緩和してくれます。とにかく玉ねぎの秀逸さを感じずにはいられません(笑)









麺は旨いっていうか…うどんチック。無鹹水なので仕方がないと思いますが、やはり物足りなさを感じます(汗)全体的に言えるのが『丁寧だがパンチがない』ということです。ひとつひとつの素材は素晴らしいのに全体的まとまり、広がりがなく面白さはなし。個人の能力は素晴らしい選手が集まってるのに試合になると勝てないチームみたいな… まさにその例えがピッタリか、と(苦笑) 旨いのだが惹きがなく、何がが足りない。その最後のピースが埋まるととてつもなく旨さを発揮できるポテンシャルはありますよ、絶対に!! とにかく現状では『もう一声!』と言わずにはいられませんでした。とにもかくにも1月からスタートするらの道2でもお邪魔する予定なので頑って~(*^o^*)

Tag:橿原市 

初詣♪

本年の初詣はココだ!!!


■橿原神宮
@橿原市久米町934
img_1719259_66006547_2.jpeg
img_1719259_66006547_0.jpeg
本年の初詣遠征は橿原神宮へ。
何故橿原神宮?と聞かれても思いつきなのでしょうがなしか(笑)

京奈和が五条北まで繋がっているので高野口経由で神宮へ向かい到着は12時過ぎ。
もうちょいと早めに到着できていたらそんなこともなかったのだろうが
既に参拝客でいっぱいになっているじゃありませんか!!! 
なんとか車を駐車して大きい鳥居をくぐって目指すは本殿へ。
私の記憶の中ではこちらはおそらく2回目の参拝。
小学生の頃、社会見学で来たことあるかなしか。。。 ええぃ覚えてないぞ(苦笑)



img_1719259_66006547_1.jpeg
どんどん人数が多くなる外拝殿へ到着するとデカい蒼龍がお出迎えしてくれました。
その後は各々が祈願して無事神事終了。途中から見失った叔父に℡してみると。。。

屋台でもう出来上がってるし!!!(爆) 

橿原界隈はメチャメチャ混んでたので「家への帰路でお店を探そう!」とした時、
ほろ酔い加減の叔父が

「御所にオススメ洋食屋があるわ!」

と意外な人から意外なジャンルを紹介されたので取り急ぎそちらへ向かいました。

ということですがこれで画像が掲載できなくなったので「その2」へ続きます...


※『ランキングに参加しております!』
皆様の応援が非常に励みとなります♬ ひとポチお願いします。 m(_ _)m
  ↓↓↓

食べ歩き ブログランキングへ

※『ランキングに参加しております!』
皆様の応援が励みとなります♬  もひとつポチを是非お願いします。m(_ _)m
 ↓↓↓
にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ

テーマ : 神社・仏閣巡り
ジャンル : 旅行

Tag:橿原市 

素朴なだんごに身も心も癒されて  2010/02/18

『できたて』に勝るものはなし!!


だんご庄
@奈良県橿原市東坊城町860
【営業時間】11:00~17:00
(売切次第終了)
【定休日】火曜日、第一水曜日
【電話】0744-27-4340
【駐車場】専用アリ
■本店初訪問~♪
2杯のコッテリ系ラーメンをいただいた後はやはり甘いものが食べたくなる。R24経由で帰るルートを選択したのでちょこっと立ち寄ることに。いつも知り合いが買って来てくれるため自らの訪問はめっちゃ久しぶり。もう十数年ぶりになります~(^。^汗)



■あっ、裏に蔵が(笑)
自分の中では勝手にもっと遠いという記憶だったのですが意外に和歌山から近くて拍子抜けでした(はて?こんなに近かったかな?)そしてお店ももっと古い店構えだったかと思ってたのですが新しくなってましたね(笑)暖簾をくぐり入店したのは17時前だったので心配していた大事なだんごちゃんの在庫。なんとかかろうじて残っておりホッと胸をなで下ろしました。広い店内厨房中ではもう店じまいの雰囲気が漂ってましたから(苦笑)



■25本入



わが家用に購入したのが25本入のだんご。(1,575円)
オーソドックスなどこにでもあるだんごと比較すると約半分くらいの大きさです。
そして防腐剤等が入ってないのでできるだけ早く食べる事が先決!!!

そして帰宅後すぐにご開帳~♪





ここに別添えの『きな粉』をふりかけると更に香ばしい匂いが広がります。
大きさが小粒うえ家族はみんなだんご庄のファンなのでこのくらいの本数だとひとたまりもない…
予想通り『あっ!』というまに無くなりました(⌒~⌒)

私もかろうじて1本だけ食べることができました(苦笑)

しかし... なんと言っても...









だんご庄本店で1本だけその場で買って食べたこの

『できたてだんご』

が最高でした~o(^-^)o

というのもだんご自体の柔らかさが全然違うのですもの!!
帰ってすぐに食べたお土産だんごも既に固くなり始めてましたからね。

ちなみに1本が63円也。
1本売りしてくれるのが嬉しいし、マジ旨かった~♪


Tag:橿原市 

応援クリックお願いします
↓↓↓:m(_ _)m
検索フォーム
プロフィール

とこわかはる

Author:とこわかはる
■「デッドで!」とは?
「レンゲを使わず丼鉢に直接口をつけて飲む」つまりダイレクトでスープを飲むということを表しております。よって「デッドで!」とは「鉢に口をつけて直接スープを飲んでみた!」という意味になります。
友人が最初に使い始めたのがきっかけで、この飲み方を広く普及すべく「デッド飲み推進会」に入会しまして、日夜活動に勤しんでおります。
会長によると語源はゴルフ用語由来なのだそうですが… 私はゴルフをしないのであまりよーわかりません(笑)

■私の肩書き
・デッド飲み推進会副会長
    兼 和歌山支部長
・情熱和歌山ラーメン部々長
・情熱大阪ラーメン部所属
入会(部)者を募集中です♪

■私のひととなり
ラヲタではありません。
単純に「中華そば」が好きなだけでございます(笑)​
私にとって「麺」とはオアシス。そんなオアシスを求めて和歌山を中心に近畿圏を放浪中♪そして智弁和歌山野球部のファンでもあります。
将来に不安を抱えているので第二の職を視野に入れてます。実は中華そば屋を経営するのではなく歌手デビューを狙ってます​(爆)

カレンダー
07 | 2017/03 | 08
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
地域別カテゴリ
料理別/シーン別カテゴリ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カウンター