「心」か「骨」か悩んだ末に… 「豚の骨/がむしゃら」

濃厚な豚好き全員集合〜♬ p(´⌒`q)

■豚の骨/がむしゃら
@奈良県大和郡山市上三橋町152-1
【営業時間】11:00〜14:00(売切れ次第)/ 18:00〜22:00(売切れ次第)
【定休日】不定期営業
【電話】0743-52-6440
【駐車場】店横にたくさんあり
【地図】
P1050186.jpg
P1050191.jpg
彩華ラーメンを食べた後、次のお店は

「汁麺にするか?」あるいは「つけ麺にするか?」

迷った結果、汁麺のコチラにいたしました♪
というのもたまたま前を通ったのがコチラで
シャッターがスグにできただけだった… というオチ(爆)
到着は18時10分前。行列は8人で狙い通りの1巡目ゲットのシャッターでございます。



■店内&お品書き
P1050194.jpgP1050200.jpg
先ずは入口で食券を、ば♬ 迷うことなくスンナリ魚介豚骨をチョイス。
そしてカウンター席へ案内されました。



そしてプレートをカウンターへ置きますと…
P1050193.jpg
番号の早い順で麺の固さ、スープの濃さ、ネギの多さを聞いてくれます。

この日のオーダーは

『スープのみコッテリ』

をお願いしました!



■厨房は…
P1050201.jpg


いつ見てもメチャメチャ重労働!!


豚骨のタップリ入った釜を棒で撹拌するスタッフさんの姿を見てると、


『ホンマ重労働やなぁ…(ToT)』


豚骨を炊く熱気と豚骨臭に包まれ続けるのはマジ大変!! あらためてそう思います。
そんなスタッフさんに敬意を表しラーメンをいただきますm(_ _)m



■魚介豚骨ソバ(700円)
●スープ:鶏白湯系
●麺:やや細ストレート
●具材:チャーシュー、メンマ、糸唐辛子
しばらくして着丼したラーメン。
P1050206.jpg


ラーメンを覆うように…
P1050207.jpg


「コッテリの素」

である背脂がタップリとふりかけられております(笑)

そんな背脂とスープをmixingして…



■デッドで!
P1050210.jpg
最初は魚介の優しい香りを感じまして、次第に濃厚豚骨臭に変わっていきます♪

「しかし相変わらず旨い、旨いよね!!」

 それしか言うことがないのも珍しいかな(笑)

麺はやや太くややちぢれたタイプ。
P1050214.jpg
粉の風味はスープに負けちゃうのでわかんないですがマッチングは文句なし!!
濃厚スープをキッチリ持ち上げて本当に絶妙な関係を作り上げています。


『このスープにこの麺あり!』


まさにそこかと思います。

そして何よりも私がムテ好きなポイントがこのチャーシュー♪
P1050220.jpg
薄くスライスされてましてストレスレスで最後までいただけます。



そして卓上に置かれた高菜も好物も必ず投入するアイテム!
P1050222.jpg
この高菜もイイ味わいしてるもんなぁ…


ただし!

それ以上スープは飲まずにそのままで。
でないと豚骨が濃厚すぎて後でお腹がエラいことになりますから〜(^。^;)



■食べ終えてみて…
P1050190.jpg
お店を出てみると外には20人近くの行列が!!

やはりシャッターで正解でした〜♡


【『無鉄砲がむしゃら』これまでの食跡♬】
その1:やっとこさ訪問できました(^з^)-☆
その2:何事も『濃厚』に繋がるその姿勢が恐れ入ります<(_ _)>


※『豚骨釜を混ぜるのってマジで重労働やん!』
あらためてそう思ったならポチッとな♪(ρ°∩°)
  ↓↓↓

食べ歩き ブログランキングへ
※『豚骨がキツかったらスグにお腹にくるよな(苦笑)』
思い当たるフシのある方はこちらを一緒にポチッとな♪(ρ°∩°)
 ↓↓↓
にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ

テーマ : ラーメン
ジャンル : グルメ

Tag:大和郡山市 

支那そばや 大和郡山店   2010/8/14

駐車場は4,000台分!!


支那そばや
@奈良県大和郡山市下三橋町741
イオンモール大和郡山1F
【営業時間】11:00~23:00
【定休日】無し
【電話】0743-85-5255
【駐車場】専用アリ
■支那そば屋なう
『支那そば屋がイオン大和郡山店に出店するよ!!』と聞いたのは随分前のお話。要訪問店としてリストアップしておりましたがやっと訪問出来ました♪ お盆のさなかだったので仕方ないですがとにかくお客さんが多いですねー!!(」゜□゜)」駐車場も4,000台あるうえ店舗施設がデカいとくりゃなおさらか(笑)そして、ひとりで行脚するなら絶対に端境の時間を攻めますがこの日は家族共々での訪問となりましたので13時でも待ちは長蛇行列となってました… 辺りの食事処はどのお店も同じような状態でしたので待ち時間が長くなるのを覚悟で突入です!!

■こだわりの素材



順番待ちをしている間、店の入口付近にあった使用されている素材の看板を熟読(笑)
かなりのこだわりを伺い知れました。


■和歌山産
醤油は御坊の『野尻醸造元』を使用。
オブジェとしてたくさんの醤油瓶が
並べられてました。


■醤油ラーメン
●スープ
滋味深ある醤油
●麺
細ストレート
●具材料
チャーシュー、海苔、メンマ
■この日の感想
結局、名前をコールされたのは待ち人リストに名前を書き込んでから30分後でした。店内にはエビのイイ香りが漂っており、その香りを楽しみつつ総勢6人が一列になってカウンターに陣取ることになりました。オーダーは『塩』に『醤油』それに『限定味噌』の3品! 最後まで『つけ麺』と『醤油』で悩みましたが初訪問ということで醤油に落ち着きます。


■醤油ラーメン(700円)



そんなに時間はかからず配膳されたラーメン類。中でも醤油ラーメンはいちばんのシンプルさでした。

澄んだタイプのスープは単調ではないなかなか深みのある味わい。
昆布系の味をいちばん感じたかな?ひと工夫された跡が随所に見られます。
そして、ホントにごくごくわずか(感じない人もいるかもしれない)ですが粘度がありました。


■麺
麺は滑らかさが特徴で喉ごしがとにかく
いいですね♪ また色は透明っぽくて細
いストレート。今まであまり見たことな
いタイプのもので、味わいにはクセがな
く、スープとのマッチングもグッド♪
ただし、茹で加減が…明らかに柔らかい
のですが、これがデフォだとチョイと厳
しいな…f^_^汗



そして参考まで。
他のオーダーしたラーメンはこんな感じです。

■塩ラーメン



複雑な味わいは変わりナシ!
ワカメと焦がしネギは不要かなぁ…(笑)


■【限定】味噌ラーメン



麺が太くちぢれてます。
おかげで麺がスープをぐいぐい持ち上げまして太い方が断然イイ♪
味わいはいちばんパンチがありました。(味噌やから当たり前か…(笑))


さて、最終的には30分待って入店したわけですがお店の回転は早かったのがありがたや♪
個人的には『上品なラーメン』という印象を受けました。
「佐野実氏の支那そば屋」というイメージから想像していたのがもっと強烈な
個性あるラーメンでしたので、インパクトはそれ程でもなかったです。
また今回は家族同伴だったので連食ができなかったのが心残り…
絶対につけ麺を食べてたいのですが次回の訪問はいつになるのやら。

やっぱり距離があるもんなぁ…(^。^汗)

Tag:大和郡山市 

豚の骨 2009/05/07

何事も『濃厚』に繋がるその姿勢が恐れ入ります<(_ _)>



■豚の骨
@奈良県大和郡山市三橋町152-1
【営業時間】
11:00~14:00
18:00~22:00
(売り切れ次第終了)
【定休日】月曜~水曜日
【電話】0743-52-6440
【駐車場】30台
■豚の骨は初訪問♪
豚の骨に行きたく訪れた前回は日曜日にもかかわらず『がむしゃらday』 (それはそれでよかった(笑))でしたがこの日は満を持して初訪問を達成しました! この日は『豚の骨day』になるため赤迫さんも厨房で陣頭指揮を執られてますので、「ピン!」とした空気が張り詰めているのは言うまでもありませんでした。





■暖簾も…
がむしゃらの『赤地』に対抗して『白地』に豚の骨の文字♪到着は20時過ぎでしたが混雑なくすんなりと券売機まで辿り着けました。オーダーはモチロン『豚にぼ』でありんす(^з^)-☆ とはいうものの後から後からお客さんの流れは絶えることがないところは人気のお店だという証拠なんですね♪






■豚にぼラーメン(700円)
●スープ
濃厚トンコツ+煮干
●麺
自家製やや太ちぢれ
●具材料
チャーシュー、メンマ、海苔
●この日の感想
待ちに待った煮干しと豚骨のコラボレーション♪ 茶色の札をカウンターに置いて豚にぼが到着するのを待ちましょう。


しばらくして目の前に運ばれた『豚にぼ』は、
トンコツと煮干しが6:4の割合でブレンドされたどノーマルバージョン。
その割合を自分好みに指定できるほど通っているわけではない私・・・
ここは謙虚にデフォをオーダーしております(苦笑)

そしてこの日の店内ですが、意外にもあまり豚骨臭は気になりませんでしたね。






スープはもちろんドロドロで、よく見ると粉砕された煮干しが
十分混ざり合っているのがわかります。
いつも思いますがこちらではスープは「飲む」っていうより「食べる」という表現が
適切じゃないでしょうか。
濃厚だけではなく、煮干しの旨味とのマッチングは想像以上にマイルドな出来栄えです。

そして、やや太いちぢれ麺との相性は抜群で上手い具合にスープと絡んできます。
濃厚なスープですがしっかりと麺の風味を感じる事が出来る点は
麺の完成度の高さを物語っている証拠!!スルスルと胃袋に収まっていくんです~♪


ま、全体的には間違いなく旨いのですが、ひとつ残念だったのが

『スープがヌルい…』

という点でした(T_T)

豚骨濃度が高いので仕方ないのかもしれません・・・



とは言うものの、奥さんらしき店員さんが

「今日の味はどうですか?」

「写真キレイに撮れますか?」

「ブログされてますか?」

ラーメンの出来映え、コンディションについて丁寧に確認してくれる接客は
非常に素晴らしく、また食べに来たくなりました♪♪♪



「豚骨」も「にぼし」も「接客」も『濃厚』だと言うことですな(笑)



今度の狙い目は『煮干しラーメン』だと思ってるんですが、
お店に入ってしまうと豚骨をセレクトするんやろなぁぁぁ・・・


【地図】
豚の骨  - Yahoo!グルメ





住所: 奈良県大和郡山市上三橋町152-1
最寄り駅: 帯解


※『豚骨以上の濃厚な接客を受けてみたいなぁ~(笑)』
と思った方はポチッとな~♪♪♪
↓↓↓
にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ(文字をクリック)

Tag:大和郡山市 

豚の骨(がむしゃら営業日) 2009/3/8

やっとこさ訪問できました(^з^)-☆



豚の骨(がむしゃら)
@奈良県大和郡山市上三橋町152-1
【営業時間】
11:00~15:00
18:00~23:00
【定休日】月、火、水曜
(がむしゃらだと不定休)
【電話】0743-52-6240
【駐車場】あり
■初訪問!
奈良@京終が発祥の地で現在は京都@木津、大阪@大国町にある濃厚豚骨ラーメンで名を馳せている『無鉄砲』の兄弟店であるこちら。オーナーである赤迫さんが原点回帰としてオープンさせてからはもうかなり経ちますが、やっとこさ初訪問の運びとなりました。





■豚の骨ではない???
到着したのは19時30分、すでに10人くらいの列が出来てます。しばらくすると食券を購入するよう店員さんに促されます。店内入口すぐ横にある券売機を見ると、『本日はがむしゃら営業の為、ラーメンは1種類のみ』と書かれているではありませんか!(ん?どういうこと??)と思いつつ、指定されたラーメンを家族の杯数分購入し、また店外の列に戻りました。順番が来るまで窓に貼られた各店舗の案内書を読んでいたところ…
『あッ!』
無鉄砲、豚の骨以外に『がむしゃら』という屋号、しかも屋台で営業されているということが書かれておりました。ただこの日は豚の骨店舗にて『がむしゃら営業day』だったというわけです。確かに看板は豚の骨ですがよく見ると暖簾は『がむしゃら』になってますわ…(笑)






■濃厚豚骨魚介ラーメン(750円)
●スープ
濃厚豚骨+魚介(まんまww)
●麺
やや太ちぢれ麺
●具材料
チャーシュー、海苔、ネギ
●この日の印象
本来ならがむしゃらdayだと『屋台ラーメン』というのがデフォのようですが、『濃厚豚骨魚介ラーメン』が指定されていたので選択の余地はありません(苦笑)



■ビジュアルは…


『無鉄砲』のまんまですね(笑)

宮崎産の豚のみで作られた豚骨スープは超濃厚でまったりしてます。

スープを飲むとわかるのですが無鉄砲と比べると、
こちらの方が絶対的に甘味が少ないですねぇ~
ただ、甘くない分魚介系(煮干し)がガッツリ効いているので、
明らかに食べる側に与える印象が違います…
よって好みが分かれる可能性があります。( ~っ~)


やや太いちぢれ麺は無鉄砲より一回り太い感じ…
麺自体は個人的に好きなタイプで、スープの絡み具合も悪くない。
ただバランスは『もうちょい!』という感じでした(苦笑)

そんな中、量が少なかったので替え玉するかどうか悩んでたところ、

『細麺もありますよ~♪』

と店員さん…


(は?  券売機には何も書いてなかった記憶が…)
と思いましたが迷いなく『細麺』を注文しました。




■替え玉・細麺(100円)



今度の麺は無鉄砲よりひとまわり細いもの!
ビジュアルはより長浜ラーメンチックになりました(笑)







麺単体では最初の太麺の方が好きですが、
全体のバランスを考えると細麺の方がオススメか、と。

決して長浜ラーメンのイメージだけで言ってるのではなく、
麺の風味とスープのコク、どちらもより感じることができました♪


さて、たまたまこの日は『がむしゃら』だったのですが、
次回は是非、『豚の骨』にトライしてみますか!!(b^ー°)


【地図はこちら】




住所: 奈良県大和郡山市上三橋町152-1
最寄り駅: 帯解



※『でもこの場所って車がないとしんどい立地やろ~?(*_*)』
って思った方はポチッとな!!!
↓↓↓
にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ(文字をクリック)

Tag:大和郡山市 

応援クリックお願いします
↓↓↓:m(_ _)m
検索フォーム
プロフィール

とこわかはる

Author:とこわかはる
■「デッドで!」とは?
「レンゲを使わず丼鉢に直接口をつけて飲む」つまりダイレクトでスープを飲むということを表しております。よって「デッドで!」とは「鉢に口をつけて直接スープを飲んでみた!」という意味になります。
友人が最初に使い始めたのがきっかけで、この飲み方を広く普及すべく「デッド飲み推進会」に入会しまして、日夜活動に勤しんでおります。
会長によると語源はゴルフ用語由来なのだそうですが… 私はゴルフをしないのであまりよーわかりません(笑)

■私の肩書き
・デッド飲み推進会副会長
    兼 和歌山支部長
・情熱和歌山ラーメン部々長
・情熱大阪ラーメン部所属
入会(部)者を募集中です♪

■私のひととなり
ラヲタではありません。
単純に「中華そば」が好きなだけでございます(笑)​
私にとって「麺」とはオアシス。そんなオアシスを求めて和歌山を中心に近畿圏を放浪中♪そして智弁和歌山野球部のファンでもあります。
将来に不安を抱えているので第二の職を視野に入れてます。実は中華そば屋を経営するのではなく歌手デビューを狙ってます​(爆)

カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
地域別カテゴリ
料理別/シーン別カテゴリ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カウンター