「意外と近かったのには驚きでした♪」 麺屋NOROMA(のろま)

店主さんが名前を覚えてくれてたよ〜!!!o(^-^)o

■麺屋NOROMA(のろま)  
@奈良県奈良市南京終町3-1531
【営業時間】(月-火)11:30 - 15:00/18:30 - 21:30(木-日)11:30 - 15:00
【定休日】水曜日
【電話】0742-63-5338
【駐車場】共同専用あり
【地図】お店の場所はコチラ
P1150048.jpg
麺屋横手を出た直後、ネットで近くの麺屋を調べると
ほんの十数分のところにあるとヒットしたのがコチラ♪
せっかくなので訪問することに。

前回訪問はオープニングのレセプションだったので
オペレーション的にはまだまだ落ち着いてない様子でした。
P1150039.jpg
あれから約二年…
もうすっかりと奈良の名店としての地位を確立されていまして
この日も行列の中へ突撃した次第でございます!



■店外&店内&お品書き
P1150042.jpg
お店に着くとまだ店外で並ばれている方々が5名。
その行列の最後尾につけしばらく待つ事にします。

途中、前の方からオーダーが回ってきたので
先ずはそれを見ながらの事前注文を、ば。
P1150044.jpg
P1150045.jpg
夏の限定なんぞもありまして心惹かれます(爆)

前回は汁麺をいただいておりましたのが
今回は「つけ麺」をチョイスし申し出!
さらにしばらく待つ事20分… 店内へ招き入れられます♪



■鶏つけ麺(850円)
●スープ:鶏ベース魚介醤油
●麺:平打ちストレート
●具材料:レアチャーシュー、カイワレ、白ネギ
P1150047.jpg
店内ではスタッフさんが所狭しと動かれております!

オーダーは外でお願いしていたので
ワクワクしながらまっておりますと…
P1150058.jpg

麺とスープが同時に着丼いたしました♪



■デッドで!
P1150054.jpg
ビジュアルはやや黄色が強い濁りある鶏スープですが
それほど粘度は高くないタイプ。

とにかく脂由来の味わいの強さやまったり感はそれほどですが
鶏の旨味と魚介風味というわかりやすい味わいがベースとなっています♪

全体的には甘味と酸味がバランス良く
表現されていますが、若干甘味が強かったかな。
でも甘い味わいは個人的には好きなので全然OKですわ〜♪


そして麺!
P1150050.jpg
平打ちでのやや幅が広いストレートなもの。
これは加水率は若干高いタイプになるのかな?


食感自体は喉越しが良く、マイルディ。
P1150051.jpg
表面はコーティングされたような印象が見受けられました。



食べているとプリッとした感覚は強くないけど麺延びせず
張りがあり、弾力っていうか、しなやかさっていうかそんな感じです♪
P1150061.jpg
粉の味わいはキッチリと感じることができるし、
スープとの絡みはすこぶる良好でよく考えられた
マッチングだと思います〜ヾ(*○´∀`○*)



そしてお目当てのレアチャーシュー。
P1150052.jpg
カイワレのトッピングを素早くつけ汁へ入れまして
そのままチャーシューを持ち上げてみた。


見たまんま、レアなチャーシューは脂と肉のバランすが秀逸♪
P1150066.jpg
スジは無く、噛んだ時もちゃんと切れてストレスフルなのがイイネ!

脂も甘く、そして特有の獣臭が皆無なので
食べていても満足度が高いのなんのって(笑)
これを食べにきたようなもんですからね〜♪



■食べてみて…
実は割らなくても個人的には十分飲む事ができる濃度ですが
最後はスープ割りをスタッフさんにお願いしました♪
P1150069.jpg
さらに強い魚介出汁が入った割スープが登場!
柚子&ネギの風味がさっぱり感を加速させるものでした。

今回は随分と落ち着いた中でいただく事ができました。
全体としては洗練された味わいでセンスも感じる事ができ旨かったです♪

個人的にはこのつけスープだと麺の個性をもう少し主張させても
いいのかなぁ〜っていう感想。
もしそうするとバランスは崩れるのかもしれませんが
もう少し乱暴な雰囲気でも面白いな〜と思った至極個人的意見です(笑)

お店を出る時に店主さんが
「和歌山のとこわかさんですよね〜♪」
とお声掛けしてくれました。

もう二年程前の事で、しかもレセで一回しか来てないのに
顔を覚えてくれていたことがメチャメチャ嬉しかったです!!!
店主さん、これからも頑張って〜ヾ(*○´∀`○*)

【地図】お店の場所はコチラ


※『来店のお声掛けってマジで嬉しいよね〜♪』
同じ思いを感じたならコチラをポチッとな♪(ρ°∩°)
  ↓↓↓

食べ歩き ブログランキングへ

※『しかし屋号の「NOROMA」ってどんな由来なんやろか???』
そんな疑問がある方は一緒にポチッとな♪(ρ°∩°)
 ↓↓↓
にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ

★ブログランキングに参加しております★
皆様からいただきますご声援、応援が大変励みになっております♪
今回もポチッとな」をありがとうございます!m(_ _)m


【『麺屋NOROMA(のろま) 』これまでの飲食跡♬】
その1:祝・開店おめでとうございます♪

テーマ : ラーメン
ジャンル : グルメ

Tag:奈良市 

「店舗はこぢんまりとしてますが看板は黄色で目立ちます♪」 麺屋 横手

一回フラレて二度目でオッケー!!o(^-^)o

■麺屋 横手
@奈良県奈良市北之庄町8-17
【営業時間】11:30~14:30/18:00~23:30(L.O,23:00)
【定休日】なし
【電話】0742-61-1551
【駐車場】専用あり
【地図】お店の場所はコチラ
P1150037.jpg
以前一度訪問したのですが営業時間内じゃなかったので泣く泣く諦めたコチラ。
今回はドンズバの営業時間内での訪問を敢行♪

大和郡山のイオンの横を東へまーすぐ進むと正面にデカい看板が見えてきます。
その進行方向の路の突き当たりにお店はありました♪

お店の横手(笑)にある専用駐車場に車を留めて店内へ。
奥に長い形で入口のテーブル席と奥のカウンタ席があり、
一番奥へと進みまして腰を下ろしました。



■店内&お品書き
320x320_rect_27450727.jpg
カウンター内ではスタッフさんがせっせと動いておられます。
麺は「塩、醤油、味噌、つけ」と各種揃ってるので好きな味わいを
チョイスする事ができるのが嬉しいタイプ。
そんな中、デフォであろう「塩」をチョイスいたします♪



■塩ラーメン(600円)
●スープ:トラディショナルな塩
●麺:やや細ストレート
●具材料:チャーシュー、もやし、ネギ、ゆでたまご
P1150017.jpg
この日は休日のランチタイムだったのでとにかくお客さんが多く
驚かされます。後から後からどんどんと!
そんな厨房からは鶏が見える寸胴からはスープが
どんどんと鉢に注がれておりまして勢いがありますね♪
しばらくしたら着丼いたしました!




■デッドで!
P1150031.jpg


「おっ! オーソドックス(゚Д゚ノ)ノ」

ビジュアルはまんまオーソドックな雰囲気がプンプンしており
かなり期待値の高いもの。一見してそのラーメンに引き込まれました♪

「昔ながら」と表現するには失礼なくらいに
その存在感と主張たるものや食べ手にヒシヒシと
伝わってくるものがありましてとにかく気合いを感じます。

濁りのない透き通ったスープのベースは鶏。
P1150018.jpg
寸胴からもはみ出すくらいのもので、ほんのりとした甘味は
野菜が多く使われている証拠かな。

P1150032.jpg
塩ダレもマイルディな控え目感を最初はうけましたが
徐々にそのコクと味わいが広がりをみせてきたのには驚かされました♪


そして麺!
P1150029.jpg
とにかくこの麺もスープとの相性、マッチングがスゴくイイ♪
茹で加減はちょいやわですが、スープの旨味を吸い上げてくれております。
麺延びは全くなく、最後までノンストレスでいただけました。


秀逸だったのが取り巻きの具材料達!
チャーシュー・もやし・ゆで卵にネギというこれまたオールドスタイル♪
P1150025.jpgP1150023.jpg
薄くスライスされた長いバージョンは私の好きなタイプ♪


そして一歩間違えるとマッチングが難しいもやしなんですが…
P1150033.jpg
このシャキシャキ感が逆に塩には不可欠な気がするくらいに
バッチリとその存在が際立っておりましたよ〜!


そしてコチラの「最終兵器」とも言うべき柚子胡椒を加えます。
P1150021.jpg
個人的には調味料の中でもこの柚子胡椒が大好き♪
鍋をはじめ、刺身、麺類、何でも合いますもんね〜(笑)



そんな柚子を鉢のサイドにはりつけまして
P1150034.jpg

少しずつスープの中へ溶かしながら味わいの調節をしていくと…

『うぉっ!メチャインパクトあるし!!!』

最後まで完スペしちゃいましたよ〜ヾ(*○´∀`○*)




■食べてみて…
P1150038.jpg
近くには「無鉄砲がむしゃら」や「のろま」、それに「まりお流」など
かなりな激戦区地域だと思いますが、とにかくその塩の完成度の高さには
驚かされるとともに、オーソドックスな旨さが「王道の塩」という味わいを
自分の中で再認識させてくれました。

とにかく、インパクトはありませんし
強烈な個性やジャンキーさもありません。

でも、「あ〜、塩ってこんな味やわな〜♪」って

必ず思わせてくれます。
奈良では幅広いお客様に支持されて大切にされいるお店だと思いました♪

【地図】お店の場所はコチラ


※『見た目は普通やけどな!!!』
と感じたならコチラをポチッとな♪(ρ°∩°)
  ↓↓↓

食べ歩き ブログランキングへ

※『でも王道の塩ってたまに食べたくなるよな!!!』
そんな経験のある方はこちらを一緒にポチッとな♪(ρ°∩°)
 ↓↓↓
にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ

★ブログランキングに参加しております★
皆様からいただきますご声援、応援が大変励みになっております♪
今回もポチッとな」をありがとうございます!m(_ _)m

テーマ : ラーメン
ジャンル : グルメ

Tag:奈良市 

行くだけで幸せになる気分だ(笑) 「無鉄砲しゃばとん」

今、奈良で1番あるいは2番目に好きなお店かもしんない♬


■無鉄砲しゃばとん
@奈良県奈良市六条町124-1
【営業時間】11:00〜15:00/18:00〜23:00
【電話】0742-36-2700
【定休日】月曜日
【駐車場】専用あり
【地図】お店の場所はコチラ
P1020902.jpg P1020903.jpg
初めてっつーか突然企画されました
「和歌山ラーメン部副部長と行くナイトツアー in 奈良♬」
互いに仕事が終わって待ち合わせたのが20時前。
「営業時間が23時迄のお店を2軒訪問する!」
というかなり高いハードルを設定しちゃいます(苦笑) 
そんな中、使ったルートは京奈和。
ダッシュで第一ターゲットであるコチラに向かいまして〜ε=ε=┏( ・_・)┛
到着したのは22時前でございました!



■店内&お品書き
P1020908.jpg
とりあえず店の外まで漂う豚骨臭は無鉄砲グループに来た証か(笑) 
取り急ぎ券売機でデフォ券を購入♪ 

入口正面のカウンター席に腰を下ろしまして…
P1020906.jpg
製麺室をチェックしてるとこれまたイイ匂いのラーメンが着丼いたします。



■豚そば(700円)
●スープ:豚骨ベース
●麺:太ややちぢれ
●具材料:チャーシュー、もやし、キャベツ
P1020909.jpg
ビジュアルはまんま二郎系。
無鉄砲の豚骨が二郎なんかになることはない! 
な〜んて思ってたら大間違い。
初訪問時から虜になってしまってますねん(笑)



■デッドで!!
P1020915.jpg

ウヒョ━ヽ(゚Д゚)ノ テンコモリ LOVE━!

そんな野菜達に立ち向かう前、適度な豚骨臭に襲われる事が
体中からアドレナリン吹き出すくらいこの上ない快感。
麺に行き着く前、目の前に現れたハードルを崩すべく
野菜とスープを一気に食べる瞬間がこの上ない幸せを感じます(笑)

濃度は高くないのか、高く感じないのかはわかりませんが
野菜とスープとのバランスが絶妙だったりします♪


そして、スープと野菜以上に特筆すべきは
無鉄砲グループ謹製の自家製麺。
P1020918.jpg
やや平打ちでシッカリした噛み心地はこのスープによく似合う♪


P1020922.jpg
もさもさ感の強い麺ですがこのスープに見事にマッチ♬


そして、トッピングのチャーシューは…
P1020928.jpg P1020931.jpg
薄切りされているため食べやすくてたまりません!!!



最終的には野菜、スープ、麺の三位一体攻撃に
完膚なきまでにやられちゃいました…m(_ _)m
P1020916.jpg

さぁ、次の機会はいつ訪れるのだろうか?

首を長〜くして待つことにします(笑)

【『無鉄砲しゃばとん』これまでの食跡♬】
その1:無鉄砲次郎系降臨(笑)


※「豚骨と野菜がこれまた合うねんなぁ〜♪」
と思ってくれるならポチッとな♪(ρ°∩°)
  ↓↓↓

にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ

※「でもやっぱりムテのコッテリがええわ〜♪」
という方はをこちらをポチッとな♪(ρ°∩°)

 ↓↓↓

食べ歩き ブログランキングへ

テーマ : ラーメン
ジャンル : グルメ

Tag:奈良市 

無鉄砲しゃばとん

無鉄砲二郎系降臨(笑)


■無鉄砲しゃばとん
@奈良市六条町124-1
【営業時間】
11:00~15:00
18:00~23:00
【定休日】月曜日
【電話】0742-36-2700
【駐車場】あり
■しゃばとんなう
レセプションが終わり『さぁ帰りまひょか~♪』と大阪に向かいます。常にラーメンの話題でもちきりの車内でメンバーのひとりが『「しゃばとん」ってここ曲がったとこ?』とひとこと。となると、『とりあえず行ってみよ、か?』というのは我々ラヲタの自然な行動パターン(爆)というワケでやって来ましたよ~♪ 無鉄砲グループでの未訪課題店のコチラでございます。日曜日のお昼と言う事で駐車場は満員御礼でございましたがタイミング良く一台分空きが出来ました(ラッキーo(^-^)o)



■店内&お品書き
店内はいっぱいだったので先ずは食券を購入して順番を待ちます。正直、(かなりお腹いっぱいやけどなぁ…(^_^;))って思ってたんですが店外まで漂うこの豚骨臭を嗅ぐと…血が騒ぎ始めます(爆) あっさり味やまぜ麺がありますがデフォの二郎系豚そばをチョイスします♪



■豚そば(700円)
●スープ
豚骨背脂チャッチャ
●麺
平打ちやや太ちぢれ自家製麺
●具材料
チャーシュー、太もやし、キャベツ、ネギ
■この日の感想
カウンターの一番端に座り配膳を待ちます。あっさりそばをチョイスした仲間が先に配膳されますがそれを見た瞬間… 
アッサリなんてとんでもない!
メチャクチャ濃いやんけ!!(」゜□゜)」
無鉄砲グループの中ではあっさりタイプかもしれませんが、
コレって一般的には十分濃いですからーー!!(爆)
 
そんなツッコミを入れてると配膳されました♪

■デッドで!! 
『うぉぉぉぉぉぉぉぉ』


『豚そばにしといて
よかった!!(」゜□゜)」』

この圧倒的な存在感はやはり無鉄砲系の為せる業か。
スープ自体は本店デフォと比べ若干優しいですが
特有の自然な甘味とコクはホンマたまらんですわな~~~~
なんのなんの、コレでも十分なパンチ力がありました♪




てんこ盛りの野菜を口いっぱいにほおばって食べ、
そして底から麺を引っ張り出しますと…




『じゃじゃーーーん♪』

自家製麺の平打ちやや太麺はほんのりと圧のかかったウェーブがっ!!!
やや黄緑色系の麺は噛みごたえのある骨太ボディに
ハッキリとわかる粉の風味が格別だな(笑)

そして麺から感じる塩分がスープとマッチされる度に、
スープがそれに呼応するかのようにその味わいを変化させます♪

カレー→ラーメン→現在という連食にもかかわらず、箸がガンガン進みますわ(笑)
コチラが最初の一軒目ならさぞかし旨かったであろうに、
コレはもう『年内の再訪問確定!』ですなこりゃ♪



■◯無製麺所
食べ終えてすぐ、責任者である波平さんにその美味しさをお伝えさせていただきました♪ カウンター席のすぐ隣には製麺室がありましてこちらでこの麺が打たれてました。個人的にはド・ストライクの『しゃばとん』はとてもとても旨かったっす~(≧ε≦)ゞ 次回の訪問が楽しみで、楽しみで(笑)
【お店の場所はコチラをクリック♪】


※『ランキングに参加しております!』
皆様の応援が非常に励みとなります♬ ひとポチお願いします。 m(_ _)m
  ↓↓↓

食べ歩き ブログランキングへ

※『ランキングに参加しております!』
皆様の応援が励みとなります♬  もひとつポチを是非お願いします。m(_ _)m
 ↓↓↓
にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ

テーマ : ラーメン
ジャンル : グルメ

Tag:奈良市 

麺屋NOROMA

祝・開店おめでとうございます♪


■麺屋NOROMA
@奈良市南京終町3-1531
【営業時間】
11:30~16:00
【定休日】未定
【電話】0742-63-5338 
【駐車場】店前あり
■のろまなう
はんしーん君のキーマカレー祭りの後、舌にその旨味の余韻が残っているにもかかわらず向かった先が奈良市。『JUNK STORY 谷町きんせい』と金久右衛門 四天王寺』で修行された高岡店主さんが独立され、新店舗をオープンさせるという事でレセプションに向かうラヲタ仲間軍団にご一緒させていただきました♪



■お品書き&店内
真新しい店内は2つの座敷席とカウンター席という構成。我々グループはカウンター席に案内されました。この日はレセプションという事でメニューは『鶏そば&つけ麺』の2品のみ。本来ならもっとたくさんの品々がラインナップされてますが正規オープン後のお楽しみで~(笑) 私はデフォの汁麺『鶏そば』をチョイスします!


■鶏そば
●スープ
鶏白湯+魚介の濃厚系
●麺
平打ちやや太ストレート
●具材料
レアチャーシュー、メンマ、白ネギ、カイワレ(+煮玉子)
■この日の感想
カウンターの向こうでは実のお母さんが接客の手ほどきを受けられてます。来る開店までに覚える事がたくさんありそうですね(笑) そんな姿を見ているなか鶏そばが配膳されました♪

■デッドで!!
チンチンに熱くなった器が印象的。そんなラーメンを覗き込むと…



『ビジュアルは100点』
満点だぁ~~~o(^-^)o

思わず口から出た言葉がこれでした。
やや緑がかった醤油スープからは鶏のいい香りが漂っています。甘
味と旨味、バランスのとれた白湯はかなりの乳化度をほこり、
そして魚介も効果的に効かされまして、
鶏好きな私は一気にテロリ(どちらかといえばもうちょいと濃厚かな?w)
白湯ワールドへ引き込まれちゃいました♪  



平打ちのやや太ストレートはツルツル喉ごしのいいひと品。
優しい味わいはスープの旨さを引き立たせます。

そしてジャンクのDNAを受け継ぐレアチャーシューがキモ。
その迫力がラーメン全体を華やかに、そして存在感を際立たせますね。
お店にはジャンク&香澄の店主さんをはじめ
他のお店のスタッフさんも応援に駆けつけられてました。

開店を前にした独特の緊張感がありましたが
「さぁ来い!臨戦態勢が整ったぜ!!!」
的なところでしょうか(笑)


本日、12月4日が
記念すべきオープン日♪

奈良に新たなる風が吹きこまれることでしょう♪
頑張ってください~~~!!!



※『食べ歩きランキングに参加しております!』
皆様の応援が非常に励みとなります♬ ひとポチお願いします。 m(_ _)m
  ↓↓↓

食べ歩き ブログランキングへ

※『ラーメン ランキングに参加しております!』
皆様の応援が励みとなります♬  もひとつポチを是非お願いします。m(_ _)m
 ↓↓↓
にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ

★ブログランキングに参加しております★
皆様からいただきますご声援、応援が大変励みになっております♪
今回もポチッとな」をありがとうございます!m(_ _)m

テーマ : ラーメン
ジャンル : グルメ

Tag:奈良市 

【らの道9軒目】ラーメン家 みつ葉

スープはまるで豚&鶏骨カプチ~ノ♪


■ラーメン家みつ葉
@奈良市富雄元町3-3-15-1
【営業時間】
(月~土)11:00~14:30
(月・水・金)17:30~20:30
【定休日】日祝日
【電話】0742-51-0328
【駐車場】専用アリ
■みつばなう
本来なら車であっぱれ屋@城陽と一緒に行く予定でしたがこの日は荒天のため道路状況がよめない… よって久しぶりに電車利用で初訪問を果たすことに。天王寺→鶴橋で近鉄に乗り換えて富雄へGO~♪ 到着したのが開店前ジャスト1分前の10時59分でございました。



■素晴らしき店内
一歩入るだけでわかるのがその店内。どこからみても溢れるその清潔感。それは食べ物屋さんなら当たり前の姿なんですが、こちらの店内、厨房はそのレベルの遥か上をいっていました。そんな状態に見とれつつオーダーを、ば。あっぱれ屋さんの流れを汲むお店なので系統はわかってますのであとは『塩or醤油』のセレクト。初訪のこの日は古式に則ってメニューで先に書かれている醤油を注文しますm(_ _)m



■豚CHIKIしょうゆラーメン
●スープ
濃厚クリーム醤油系
●麺
やや太、ややチヂレ
●具材料
チャーシュー、味玉子、白葱、メンマ
■この日の感想
オーダーしてからも店主さんのよどみのない作業と無駄の無い動きに心を奪われてボーっと見とれてしまいました。そんな中ラーメンが配膳されました。


■デッドで!














目の前の鉢を覗き込みますが、それはラーメンではなく
まるでカプチ~ノ♪(^O^) 
初めてお目にかかりますが、コーヒー好きにはたまらないビジュアル(笑) 
でも、コーヒーじゃないよ(当たり前(^w^)) 

そんな一面を覆うスープのキメの細さに期待がふくらみますが、
慌てずゆっくりデッドで飲んでみます。



デロリとしたスープはとにかく絡みの良さが身上。

素材の香りがタップリ詰まったスープは丁寧かつ大切に作られた感に溢れており、
また太メンマがこれでもか~!!と放り込まれてます♪





中太ややちぢれ麺とマッチングは悪くない。
チャーシューも旨いし完成度も高い。

高いのですが…
食べ進むにつれ感じ始めたのがファーストインパクトほど
引き込まれるものはないというもの。

『個々の力は素晴らしいがチーム力となるといま一歩まとまりに欠けるなぁ…』

うーん…これって何やろか…

納得いかない時は2杯目へいくべきだったのだろうけど
あいにくこの日は連食予定。不完全燃焼のまま次へ向かうことにします。
いずれにしても1つ1つのパーツは素晴らしかったのだから...


■接客とスタンプ
しかしながら、奥さんの明るくキレのある接客は「素晴らしい♪」のひと言でした。そして清潔ポイントもプラスされ食べていて気持ちイイっすね~♪(こんなお店が近くにあればもっともっと食べ込めるのになぁ…)と思いますがいかんせん泣けてくるくらいに和歌山からは遠いっすね…ハイ(ToT) また近い将来に是非とも再訪問を果たしてこの日感じた不完全燃焼感を払拭したく思います。
らの道、9軒目クリア~です♪
ε=ε=┏( ・_・)┛

Tag:奈良市 

まりお流ラーメン

ここのキノコを食べても
デカくなれへんど~!!!( ̄∀ ̄)(爆)

@奈良市尼辻町433-3
【営業時間】18:00~翌3:00
【定休日】なし
【電話】0742-35-1102
【駐車場】専用アリ
■まりおなう
所用で奈良へ。夕食はそこそこに久しぶりのまりお訪問を前に胸が踊り、テンションMAX(笑)はやる気持ちを抑えての訪問だったが店前に並ぶ列を見て(ウォォォォやっぱ並んどるやんけ!!!)と声にならない心の叫びを発しながら到着。おもむろに近づいて来たお兄ちゃんから「あのぉ向こうに第二駐車場がありますんでお願いします。」という台詞と共に手渡された地図。しばらく訪問しない間に駐車場も拡大されてました。車を停めて店前の待ち台帳へ名前を記入するも先客さんが4組12名ほど。(こりゃ1時間は覚悟しとかなあかんなぁ...)と思いながら待ち始めるもお店からはサクサクと清算が終わったお客さんが退出してくる。(意外と回転は速いかな?)と期待してるとその通り15分程度で入店することができました。店内は昭和の雰囲気の残る空間でカウンター、座敷、テーブル席という構成でお客さんが溢れかえってます。この日は座敷へ通されお品書きに目を通しますが... 「種類が多すぎてわからん(爆)」というのが本音。本来なら創作ラーメンをいただくのが本筋ではあろうが久しぶりのまりおの雰囲気に呑まれてしまい柄にもなく緊張してしまった... どれもこれも食べてみたいアイテムが並びますが、頭に思い描いてたのが「本格的つけ麺&アッサリ魚介系&カレー」だったのでこれらを全てオーダーして訪問メンバーで分けて味わおうということになりました♪



■豚バラ脂身
チャーシューカレー
最初に配膳されたのがコチラのカレー。商品名を見るとなんか「ラーメン」みたいですがちゃんとしたカレーです(笑)さてビジュアルですがチャーシューが「ド、ドーン!!!」と圧巻の迫力で居座っております。この大きなブロックが柔らかくスプーンでプルンと切れるんですよね♪ そして一緒にご飯とカレーをいただきますが... 「う~ん♪ 豚バラ脂とカレーってなんて相性がイイんだろ♪♪♪」勝手にスパイシーなカレーを想像してたんですが、全体的にまったりマイルドなテイストのルーとチャーシューのマッチングが抜群でした。辛いのが苦手な方や子どもさんも心配なく食べることのできるレベルなので専門店的な味わいを求めると物足りなくなるでしょうね。ルーの固さも個人的には好みでメインが来る前なのに思いっきりガッツりいってしまいました。後のつけ麺のボリュームが不安になりました...


■つけ麺パーフェクト(1,500円)
●スープ
豚骨(たっぷり)+もみじ(たっぷり)
他もたっぷり
●麺
黒小麦+国産小麦
●具材料
チャーシューブロック、鴨つくね、煮たまご、極太メンマ
■この日の感想
オーダー時に「つけ麺ありますか?」と訪ねると「普通ですか? それともパーフェクト?」との返答。普通、より上位ランクのアイテムがあれば値段よりそっちをチョイスするように決めているので躊躇する事なく「完璧で(パーフェクトで)」(笑)


■パーフェクト(スープ)
さてさて、運ばれて来たパーフェークト。どこが「パーフェクト」なのか即確認できなかったが食べるにつれその全容が明らかに(笑)とにかく鉢のデカさに驚かされる。つけ麺のスープの器が小さいところが大きい中、「ここまでデカくなくてもエエやろ!!!」とツッコミをいれたくなるくらいにデカい!!! でもデカイと麺とスープを十分に絡める事ができるのがいいところだ♪ 味わいは超濃厚。甘味もさることながらドロンとした粘り系。デッドで飲むと最初に獣系の味にガツンと襲われ、その後若干酸味ある魚介系の風味に征服されます。




■パーフェクト(麺)
麺は弾力あるタイプで粉の匂いも心地よく、咀嚼するのも楽しい食感でつけ麺とのマッチングを考え尽くされているものでした。(これはカレーを食べたのが完全に裏目にでるなぁ...)と簡単に予想できるが目の前のつけ麺の見えないプレッシャーになんとか立ち向かう。さらに追い打ちをかけるのがその具材料達。(ふぅ...いっぱいいっぱいやぁ...)と思ってると鉢の底からゴロゴロと出てくる、出てくる(苦笑)本来ならメチャメチャ旨いはずなのにお腹がギブアップしちゃいました。しかし1,575円とはものすごく高い値段ですが、このボリュームと個性的な味わいは他では経験できないもので、もうこれ以上は無理なんですがとりあえず全品制覇しなくてはならないので貝醤油を味見します。


■貝醤油(1,050円)
これだけ多いメニューの中で何故これを選んだのかが不思議なんですが...(笑)さてスープですが貝の風味がストレートに伝わり塩分がより強いもの。ひとく口目から
「ガツン!!!」
というパンチをお見舞いされました。









■麺&チャーシュー
麺は普通ストレート。スープとのマッチングはすこぶる良好で、「やっぱ相性が良ければ旨いよなぁ...」と思わず呟くほど。そしてチャーシューですが、ゴツい煮豚系じゃなく薄いレアチャーシューでこれば個人的にドストライクでした♪ スープの出来映えがよかったので試しにつけ麺の麺をこのスープで食べてみましたがあまり合わなかったです...(汗)


■最後に
どのメニューも「まりお」らしい個性的なものばかりでした!!! パーフェクトつけ麺の1,575円なんかはものすごく高い値段ですが、このボリュームとパンチの効いた味わいは他では経験できないもの。また貝醤油はそのバランスがお見事でこれまた他では味わえない荒々しさと繊細さを兼ね備えた一品でした。好みでは「貝醤油」の方が好きですが、それはおそらくつけ麺よりアッサリしていたからか、と(苦笑)だんだんコッテリの強いものは受付なる年齢になってきたということですかね...(汗)和歌山からは遠い「まりお流」ですがそのアグレッシブさと創造性は関西を代表する店舗のひとつだと思います。「これだけのメニューをわくわくしながら食べる」こんな楽しさと美味しさが同時に体験できるのは「まりお」の真骨頂ですね。こんなお店が近くにあったらなぁ...毎日でも通うのに(爆)
なにはともあれ福永さん、ごちそうさまでしたm(_ _)m

Tag:奈良市 

つけ麺 無心  2009/09/08

『無鉄砲』のつけ麺専門店でおます!!


■つけ麺 無心
@奈良県奈良市中町323-1
【営業時間】
11:00~14:00
15:00~22:00
【定休日】不定休
【電話】0742-51-7272
【駐車場】アリ
■初訪問♪
日本橋を後に向かった先は8月末に開店しました無鉄砲のつけ麺専門店の『無心』であります♪



■黒塗り壁に光るは…
場所は第二阪奈中町を降りて比較的すぐのところ。左に曲がり富雄川に沿って北上すると左側にこのマークが見えてきます(笑)




■行列の中を…
到着したのは20時30分過ぎ。店前には6名の行列ができてます。その列をかき分けて先ずは食券を購入し、また列に戻ります…




■店外からは…
製麺室が見えるような作りになっております。いちどここで麺を打っているところを見てみたいものですね~o(^-^)o



■店内は…
約20分の後、店内に案内られました。カウンターメインで一部座敷席があります。壁を見上げると『スープ割り』の種類が書かれておりまして、なんと『鶏・豚・魚介』の3種類の中からチョイスできるようになってました♪




■つけ麺(並・300g)850円
●つけスープ
純豚骨
●麺
極太ストレート
●具材料
チャーシュー、ネギ
■この日の感想
つけ麺(並300g)850円・(小)750円・(大盛100g)+100円(特盛200g)200円というラインナップですが、既に1杯を食べてきた私にとっては『並』が精一杯でありました…(-o-汗)



■スープは…



一口食べてみてビックリ!

もっと甘い系のスープを勝手に想像してましたがなんのなんの、
ずっしりと重みのある『純豚骨つけ汁』でありました。

粘度はめちゃめちゃ高く、いわゆる

『ドロドロ、ペタペタ』

タイプ。さすが無鉄砲と思わせます。
ただし甘さはほとんど感じず、無骨な豚骨のエキスのみを抽出した深い味わいに
ややピリっとアクセントが効いております。

店主さんが関東でわざわざこのつけ麺の為に修行されたという噂を聞きましたが
今の東京系の味わいなんでしょうねぇ。
個人的にこの味わいは初めて経験しました!!



■麺



麺は極太ストレート。

ビジュアルはかなりコシある印象を受けました。実際1本つまんでみても
かなりしっかりした歯ごたえですね~!!

が!!




粘度の高いつけスープに浸すと『固め』と感じていたその弾力が心地よいものになるのには

いい意味でめちゃくちゃ嬉しいものでしたね♪

そして、その粘度の高いスープを極太麺がどんどん引っ張り上げて行くのです。
スープを飲まずとも半分は持ち上げられて減ってましたから~(笑)
これでこそ「濃厚つけ麺」だと言えるか、と。

あと・・・
些細な事ですがチャーシューが若干しょっぱく感じたのはご愛嬌ですか?(苦笑)




■スープ割り
この日はまず『魚介』をチョイスしました。(おそらく今風の味わいやろなぁ…)と想像してたのですが、なんとこれがいい具合の味わいとなってました~♪♪ 予想を上回る出来映えに自然と笑顔がこぼれました。食べ終わる頃にはママさんも厨房から出てこられスープや味わいの状態を聞いて回っておられました。この行為は非常に重要なのですがなかなか出来そうで出来ない・・・ ママさんにはいつも感心させられます。お客さんの意見をひとつひとつ聞く事で今後のつけ麺が更なる飛躍につながるのだと思いますね~♪ 楽しみなお店がまたひとつ増えました!! (^_^)v



※『無鉄砲の味わいをイメージしてるとちゃうからね~!!(笑)』
「ええっ!そうなん(」゜□゜)」」 と思った方はポチっとな♪ (ρ°∩°)
↓↓↓
にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ(文字をクリック)

Tag:奈良市 

まりお流ラーメン   2008/8/22

まりお流とは言ってもスーパーマリオとは関係ありません(笑)

@奈良県奈良市尼辻町433-3
【営業時間】18:00~翌2:30
【定休日】無休
【電話】074-235-0012
【駐車場】アリ
■アクセス&まりお流とは?
奈良商業からR24に出て左折、ドンキホーテを過ぎ真っ直ぐ進むと道沿左側にお店が見えて来ます。最寄り駅は近鉄奈良線の新大宮になりますが歩くにはかなりの距離があるのでちょいとキツいと思います。基本は豚骨こってり系でお馴染みのお店で、カレーをはじめ鶏や豚の酒のつまみ的サイドメニューがかなり豊富です!中でもまりおこと店主の福永さんは新作を発表し続け、常に超こだわりの創作ラーメンを食べさせてもらえます。またフラメンコギター奏者でもあるので運がよければそのままラーメン屋がライブハウス化します(笑)








■つけ麺  
●つけスープ
豚骨+魚介系(大量仕様バージョン)
●麺
黒小麦の極太麺
●具
チャーシュー、ネギ
●個人的印象
奇抜な創作ラーメンから比べると正統派のつけ麺!!!
たっぷりと魚介系の香りが漂い、特有のえぐみがまったくなく
ガツンと旨味が感じられます。ただ結構しょっぱいです。
まりおさん曰く、
「砂糖と酢を使うとどこにでもあるスープになってしまうからなぁ~」
と笑っておられます。

言われる通り、甘みや酸味はほとんど感じられませんが
それに以上に素材自身の旨味が溢れておりました♪


その強力スープに対抗するのが黒小麦で作った極太麺。もちもちとした食感で
ボリュームも十分。スープ、麺のどちらも強烈な個性を放ちますが
お互いの良さを引き出すように工夫された味わいは正にミラクル(笑)

普通、つけ麺というとスープは熱いですが麺が冷たいため
食べている途中でどうしても冷めてしまいますが
こちらのつけスープは大量に使用するため最後まで冷めない
のが嬉しい限り。
ちょっともったいないような気がしますがそんな時は容器を持参すると持ち帰れます。
それを雑炊にするとこれまた抜群の旨さを発揮しますので一度お試しになって下さい。








■ 煮干ガツンガツンの変化球塩ラーメン
●スープ
貝+煮干し+鳥白湯+鳥の清湯スープ
●麺
中太ややちぢれ麺
●具材
チャーシュー、ふき、お餅、ネギ、のり
●個人的印象
これまた努力の結晶のフォーススープで
今までに食べたことのない旨味が次から次へと襲ってきます(驚)
ガツンとくる風味はいつもの印象なんですが、塩が全面に押し出された
アグレッシヴさが強烈です。

もちもちとした中太麺と一緒にすすると

「関西でここまで塩パンチの効いたラーメンを食べれるのはここが一番じゃないだろうか」

と思わせるほどのインパクト。
塩好きの方にはたまらない一杯かと思います。

事前に「具材はでてきてからのお楽しみ♪」と言うことで楽しみにしてましたが
葺に加えてお餅が載ってました!!!
まだまだ暑いのでちょいと違和感(笑)がありますが
そのアツアツ塩スープの上でやんわりと出来上がるそのアイデアは
素晴らしく、美味しくいただきました。


渾身の2杯を堪能させていただきましたよ~(^_^)v

こちらの創作ラーメンはHPに随時アップされてますので
お店に行かれる場合は事前チェックを忘れずにして下さい。
メニューには載ってませんからね~~~♪



※「いつもまりおさんの創作ラーメンには驚かされるよなぁ~」
と思われる方はこちらを押しながらBダッシューーー!!!!(爆)
↓↓↓
にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ(文字をクリック)




http://img.map.yahoo.co.jp/ymap/mk_map?lat=34.40.29.125&lon=135.48.10.611&width=300&height=300&sc=3&size=p∝=gourmet


住所: 奈良県奈良市尼辻町433-3
最寄り駅: 新大宮


※2008年8月22日時点の情報です。

Tag:奈良市 

やまと支那そば 華山(ハナヤマ)2007/5/29





やまと支那そば 華山
@奈良市鳥見町1-1-4 広徳マンション1階
【営業時間】
(平日)18:00~24:00
(土日祝)11:30~13:30 18:00~24:00
【定休日】水曜日
【電話】0742-46-19
【駐車場】有料駐車場(飲食代金割引あり)
(写真)塩 600

●スープ
沖縄産の塩

●麺
極細ややちぢれ麺

●具材
薄切りチャーシュー・メンマ・菊菜

●全体的印象
やっと訪問出来ました(^^; というのも、
こちらの営業時間が18:00からだった…
場所が近鉄奈良線の富雄なので、仕事が終わってから訪問するのがチト辛い距離でしたが
今日は生駒で研修があったためその帰りに突入です!

富雄川沿いを南下してすぐとりみ通りを右折すると、間もなく見える
『そば』
の提灯が目印です。

店内は清潔に保たれ落ち着いた雰囲気。カウンターのみで、洒落た小料理屋風です。
スープの基本となる『塩』が奥に置かれ、こだわりのあるところをアピールしています。

驚かされたのはその配膳の早さ!( ̄□ ̄;)!!
注文してから5分もかかってなかったかもしれない…しかしそのラーメンを見て納得。
麺が限りなく細いんですよね。つまり茹で時間がかからないようなんです。

自信の塩はほのかに干ししいたけの香りのするもので、旨味の凝縮された風味でした。
事前情報では『ちょっとアッサリしすぎかも』という意見もありましたが
なんのなんの!旨味のあるスープじゃありませんか。

そしておもむろに麺をすすります。
その時は極細麺の滑らかさを感じたのですが、噛んだ瞬間、

『ん…』

麺がこころなしか粉ッポイんですよ…
残念ながらコシは感じなかったです。いくら極細麺でももう少し弾力をださないと
あれならそば粉10割の蕎麦とかわらないですね(T.T)

小さい薄く切られたチャーシューですがシッカリ味付けされかなり旨いものです!
あの味わいも今までに味わったことのない素晴らしいものでした。
個人的には、ビジュアルとスープは好きなだけにかなりもったいない気がします…


訪問したのが19:00前で、初めはひとりだったのが食べ終わる頃には
カウンターの8割が埋まってました。客層も10代の若者から70代のおじいちゃんまで
幅広い年齢層に支持されているのがわかります。

ただ、土曜日のお昼限定メニューとして『大和つけめん 春日』がある!

次回はこの限定を狙ってみようかね…( ̄ー ̄)

Tag:奈良市 

2006/12/13 まりお流 (限定)鴨と貝のネギ塩つけめん




【まりお流】
@奈良市

『鴨と貝のネギ塩つけめん』
(水溜仕様)


マリオさんが最高峰というつけ麺!!!


鴨のミンチが200gも!( ̄□ ̄;)!!

さらに、ハマグリ、アサリ、ムール貝のエキスが凝縮された
濃いめの塩ダレを熱々にし、露地ものの水菜をパッとちらす!


麺は黒小麦の全粒粉をマリオさんオリジナルという
水溜に!


『・・・・』


あまりの旨さに声も出ず



ラーメンを食べて『目から鱗…』

久しぶりの感覚だァ…

しかし、それを食べる前に
ちゃんと「濃厚 新鶏塩とんこつ」を全汁・・・

これが効いたなぁ(^_^;)

Tag:奈良市 

ラーメン マリオ流 <2005/06>




ラーメン マリオ流
@奈良市尼辻町433-3
営業時間:11:00~翌3時
TEL:0742-35-1102
定休日:なし

嫁の実家(奈良)へ向かう.しょっちゅうは行くことがないので
ついでに奈良のラーメンでもと思い、Pさんに訪ねこちらをご紹介いただきました
ラーメン好きの嫁、その妹とでマリオに突撃しました

スープ:
見た目のまんまの濃厚とんこつスープ.
こってり好きにはたまらない
こだわりの味わいも深く、こくも十分です

麺:
自家製玉子麺使用で、普通よりやや太ちぢれ麺
ほのかな甘みが感じられツルッとのど越しもよい
風味豊かな味わいです.
色々な選択もできるようです

具材:
薄切りチャーシューにシナチクあとはネギ
チャーシューの味自体はおいしいですが、
バランスを考えるともう少し濃いめでも
よいのかなぁ

全体的印象(個人的意見)
夕食を食べた後に行きました.
最初は完食できるかなぁ と不安でしたがその
心配は皆無、美味しくいただきました
私は「塩とんこつ」嫁「新マリオ流」妹「スペシャル」
を食べました.においに弱い嫁は背脂たっぷりの
マリオ流に早くもギブアップで塩とんこつと交換..
みんなで回し食べました.見た目はどれもかわりない
のですが、味わいの違いはハッキリとわかり個性的です
1番気に入ったポイントは「麺の長さ」丁度良い
長さにカットされてるので口に入れる分量が絶妙に
つまみ上げられました.
バランスも含めどれもおいしいです
この3品の中からしいて挙げるなら「塩とんこつ」
が1番好きですね.実家に行った時は必ず食べて
みようと思う1品です
サイドメニューの鹿児島の鶏も是非食べてみたいです
ごちそうさまでした

Tag:奈良市 

応援クリックお願いします
↓↓↓:m(_ _)m
検索フォーム
プロフィール

とこわかはる

Author:とこわかはる
■「デッドで!」とは?
「レンゲを使わず丼鉢に直接口をつけて飲む」つまりダイレクトでスープを飲むということを表しております。よって「デッドで!」とは「鉢に口をつけて直接スープを飲んでみた!」という意味になります。
友人が最初に使い始めたのがきっかけで、この飲み方を広く普及すべく「デッド飲み推進会」に入会しまして、日夜活動に勤しんでおります。
会長によると語源はゴルフ用語由来なのだそうですが… 私はゴルフをしないのであまりよーわかりません(笑)

■私の肩書き
・デッド飲み推進会副会長
    兼 和歌山支部長
・情熱和歌山ラーメン部々長
・情熱大阪ラーメン部所属
入会(部)者を募集中です♪

■私のひととなり
ラヲタではありません。
単純に「中華そば」が好きなだけでございます(笑)​
私にとって「麺」とはオアシス。そんなオアシスを求めて和歌山を中心に近畿圏を放浪中♪そして智弁和歌山野球部のファンでもあります。
将来に不安を抱えているので第二の職を視野に入れてます。実は中華そば屋を経営するのではなく歌手デビューを狙ってます​(爆)

カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
地域別カテゴリ
料理別/シーン別カテゴリ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カウンター