田辺へ行ったら是非とも立ち寄って欲しい地区 「お好み焼き ヒロ」

井戸端会議の花が満開(笑)

■お好み焼き ヒロ
@和歌山県田辺市江川14-8
【営業時間】11:00~17:40
【定休日】水曜日
【電話】0739-26-5073
【駐車場】なし
【地図】お店の場所はコチラ
P1180416.jpg
田辺にある親戚の家へ訪問するついでに訪ねてみたコチラ。
久しぶりに「江川地区」に足を踏み入れてみた♪
近くに田辺漁港があり、古きよき港町の雰囲気を色濃く残す江川地区は
その昔から知る人ぞ知る和歌山のB級グルメ「江川のちゃんぽん」の発祥地。

田辺に来たのなら「ちゃんぽん」を食べずしてスルーすることはありえない(笑)
というわけで、神社の奥にひっそりと佇む老舗のコチラの暖簾をくぐりました♪




■店内&お品書き
そのひなびた雰囲気通りに店内は昭和時間がゆったりと流れております。
P1180414.jpg
入口の一部と奥には客席がありますがほとんどが焼き場というコチラ(笑)
地元のご常連さんが集うお店は井戸端会議の坩堝と化しておりました。


一番奥のテレビのあるテーブルに腰をおろしまして・・・
P1180381.jpg
先ずはお品書きを、ば。
ひときわ異彩を放つ「ちゃんぽん」はもちろんですが
今回は粉もんの「お好み焼き」をチョイス♬
ただし、車だったのでビールは断念しましてお水で我慢、我慢。


オーダーを入れると手際良くおばちゃんが麺の袋を開け始めます。
そして「カチャカチャ」っとお好みの粉を混ぜる音もリズミカルに♬
P1180382.jpg
しかし、手を動かしながらもご常連さんとの会話も休む事はありません(笑)
そして先ず、お好み焼きが運ばれてきました!




■お好み焼き(並)(330円)
P1180389.jpg

「おっ! 粉の多いタイプやな…」

黄色っぽいボディにソースがかかり、そして鰹粉がふりかけられた
トラディショナルなビジュアルは見た目にもわかる粉の多いタイプ。

「ホットケーキチック」といえば少し乱暴かもしれませんが
おばちゃんがコテで叩く度に

「パンパン♬」

と乾いた音が店内に響き渡ります(笑)


それほど厚くはなく、香ばしい臭い鰹の香りが辺りに漂います。
そして割ってみると…
P1180393.jpg

P1180400.jpg

こんな感じ♬

やはり野菜より粉のウェイトが多いタイプ。
よって水分が断然欲しくなりますね〜♬

全体的なボリュームは想像以上にありました。
「並」の大きさでも2人でシェア出来るでしょう。


これを見てもわかりますがスープが麺に絡まっているでしょ♪


お好み焼きを食べ始めると直ぐに到着したのが
本丸の「ちゃんぽん」でございます。





■ちゃんぽん(500円)
P1180385.jpg

今回で二度目の「江川のちゃんぽん」

いわゆる「うどん」と「焼きそば麺」を1/2ずつ入れて焼き上げたもの。
一般的に「ちゃんぽん」と聞くと野菜たっぷりの中華麺になりますが
ここ江川地区では「うどんとそばをちゃんんぽんする」という意味で
この名がついておりまする♬


「それやったら焼うどん1/2と焼きそば1/2を

ワンプレートに盛ったらええやん!」



という声が聞こえて来そうですが、そうでもないんです。

というのも…
P1180399_20141224063200963.jpg
うどんとそばという違う味わい、違う食感のものが
一緒に攻め入ってくる不思議な感覚は
麺を混ぜ合わせて調理する事でしか得る事はできません。

そばとうどんは明確に違うものですが、
この「ちゃんぽん」はその違いを楽しめるのがイイですね〜♬




■食べてみて…
P1180388.jpg
やっぱ一番残念だったのは「ビール」が飲めなかったこと…
これはやっぱ外せません(苦笑)

加えてご常連さんの楽しい会話、お店の雰囲気、おばちゃんの人柄、など
挙げればキリがないほど地元に根付いた「ならでは」がここには存在します。

田辺に立ち寄られた際には是非ともこの「江川のちゃんぽん」にトライして欲しいですね〜♡

【地図】お店の場所はコチラ


※『んじゃ、「焼うどんと焼きそば」を1/2したらええやん!!!』
てツッコンだろ〜って思ってた(爆)』

と思ってた方はコチラをポチッとな♪(ρ°∩°)
  ↓↓↓

食べ歩き ブログランキングへ

※『「ちゃんぽん」もさることながら
この町の雰囲気がイイネ!!!』

そんなエールはこちらを一緒にポチッとな♪(ρ°∩°)
 ↓↓↓
にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ

★ブログランキングに参加しております★
皆様からいただきますご声援、応援が大変励みになっております♪
今回もポチッとな」をありがとうございます!m(_ _)m


【『お好み焼き ヒロ 』これまでの飲食跡♬】
その1:ゆったり流れる昭和時間に身を委ね

テーマ : お好み焼き
ジャンル : グルメ

Tag:田辺市 

【和歌山B級グルメを訪ねて/御坊編】◆その五 実はまだ未訪問だった御坊の課題店へ~♪

もうひとつの和歌山B級グルメ
課題店へ…いざ!

■さよなら田辺
さてさて、田辺で江川のちゃんぽんを堪能し、
もっともっと田辺市内を散策したかったのですが



もう一つのB級グルメをいただくべく泣く泣く田辺を離れることに…


■向かった先は…
田辺発の普通電車に乗ったのは14時。
ゆっくり進む車窓から山々の景色を眺めてるとアルコールの影響か
深い眠りに落ちていきまする…

『次は御坊~御坊~♪』

はっ!!(」゜□゜)」
あっぶなぁ~
乗り過ごすとこやったわ…

間一髪で乗り過ごしを回避し
降り立ったのは


『御坊!!』

でございます!
そしてここで紀州鉄道に乗りまして『学門駅』を目指すもちょうど電車が出たところ…
駅員さんに尋ねると次は30分後だと言う。
しかし目的地まで歩いても10分そこいらということでしたので
ちゃんぽんを消化させる意味で徒歩を選択しました(笑)

ここ御坊は新たなる麺屋の登場で課題店が増加している現状…
本来なら麺屋のみを攻めなければならないところです。
ただし二部営業のお店が多いんですわ… しかもこの日のメイン店舗は別にある。

そんな事情が重なる中、向かったのが
前々から狙っていたコチラだったんですが…
この住所にはそれらしいお店はありませんでした。

お店、やめたんですかねぇ…(ToT)
(画像ナシ)
※おそらくここであったであろう民家がありましたが
お店の跡が残ってなかったので撮影はしませんでした。

炎天下の中、歩くこと十数分。気を取り直して本来の目的地へ向かいます。

途中、歩いてるとこんな看板がっ!!!



『安っ!!( ̄∀ ̄)(爆)』

それ自体は駐車場の看板だったんですが道を隔てた正面には
提灯が掲げられた中華料理屋さんがありました。

普段なら間違いなく飛び込むところですが
駐車場の隣にシラス屋があったのでそこの販売員さんに聞いてみたんです。

でも誰も前の中華料理屋には行った事がないそうで…
そんなお店はこんな雰囲気ですねん。


(やっぱ行かんとこ…(弱気))

かなり後ろ髪を引かれますがナゼか
『行ぐなぁぁぁ(」゜□゜)」』
という魂の叫びが聞こえた気がして(笑)

今回はスルーし課題店リストに登録完了でござい。

そして、そのまま真っ直ぐ進むとお目当てのお店が見えてきました。

駅からダイレクトだと15分もかからない道のりですが
回り回ってゆうに1時間かかっちゃいました~~(^。^;)

ずーっと行きたかったお店です♪

【和歌山B級グルメを訪ねて/御坊編】


その六へつづく…

テーマ : 食べ歩き!
ジャンル : グルメ

Tag:田辺市 

【和歌山B級グルメを訪ねて/江川ちゃんぽん編】◆その四 お好み焼き ヒロ

ゆったり流れる昭和時間に身を委ね


■お好み焼ヒロ
和歌山県田辺市江川14-8
【営業時間】11:00~17:40
【定休日】水曜日
【電話】0739-26-5073
【駐車場】なし
■ヒロなう
浜ちゃんを後にし次に向かったのがこちら『ヒロ』 朝日新聞で紹介されてたドンズバのお店です。地区の氏神様が奉られている浦森神社の隣を抜けた正面、昭和の匂いが漂う老舗感タップリの風貌は貫禄充分で風情がありますね~(笑) 早速暖簾をくぐりま~す(*^o^*)

■店内&お品書き


入店したのは12時過ぎ。
お客さんは誰もいないのですがいきなり飛び込んできたのが
『鉄板を挟んで格闘する女性ニ人の図』(笑) 
その2人とは女将さんとお手伝いされてる娘さん。
とにかく忙しそうに動き回られるパワフルさに圧倒されつつも
恐る恐る言ってみました
『あ、あのう…ひとりですが食べれますかぁ?』
と。
『ハイハ~イ そっちへ行ってよ~♪』
と指された先にはテーブル席が一脚。壁にTVが掛かった一番奥に案内されました。



テーブルに腰を下ろすと同時に
『ちゃんぽん&ビール』をオーダー♪ 
すると直ぐに目の前に出てきたのがコチラ。
キンキンに冷えておりますわ~(o^∀^o) 
もちろんコレが無いと始まりませんわよ
オホホホホ(^w^)




■チャンポン(500円)




この日は休日ということもあってか、とにかくメチャメチャ忙しいそう。

『コレだけのオーダー大変ですね~!』

と女将さんに声をかけると、

『お兄さんはちょうど良かったわ。
これからちゃんぽん焼くから
前の注文分と一緒にしとくからな~』

と、なんともラッキー♪なお言葉が(笑) その流れでおしゃべりできました。



お店はオープンしてから既に二十年オーバー!!! 
ここ江川地区では一番の老舗ということでした。
普段ならそれほど混まないそうですがたまたまこの日は
休日と地区の行事が重なってたようで朝からこんな調子が続いてるのだそう。
そんな中でも女将さんの手は止まる事なく動き続けておりました(笑) 

■麺茹で


しばらくその作業を見てたんですが鉄板の上に水を張った
テボ入りの小さめ寸胴が置かれてました。
(どない使うんやろか~??)
と見てると… 

そこに袋から出した麺を入れ茹でるんですよ!!!
なんか効率的って言うか初めて見る光景でした♪


程なくその麺を鉄板に落として調理スタート。


基本的には湯通しした麺と具材料を一緒に焼いておいて
仕上げの段階でソースを♪


印象的だったのはその丁寧さ!

その気になればパパッと焼くだけでスグに出来上がると思いますが
女将さんはゆっくり、じっくり火を通していきます。
具材を混ざった麺をしばらく鉄板の上で放置プレイしてました(笑)

そして最後にコテでジュワっと生卵を合わせ、
サラサラのウスターソースをかけたらOK。
仕上げにドロッとしたソースもちょいとかけて出来上がりです♪ 


■ちゃんぽん(500円)

見た目では
(ソース少なくないかぃ…)
という心配もよぎりましたが、いざ食べてみると

『うもぉぉぉぉ~♪』
v(o^∀^o)v

卓上のソースでは自分の好みの味わいにカスタマイズも可能でございました。
ただし食べるにつれ感じたこと…それは



『ちゃんぽん』って酒のあてというよりも
ご飯の方が合うんじゃないか??って事。
ビールを飲むペースと量に比べちゃんぽんのボリュームがありすぎるんですよね… 

普通なら飲んで、飲んで、食べてというペースが
食べて、食べて、飲んでと、こうなっちゃうんです… 
途中からビールはいらなくなっちゃって白飯が欲しくなったのは内緒のハナシです(苦笑)




さて、チョイと横みちに逸れちゃいましたが
味わいと雰囲気は素晴らしいのは疑いのないところ!! 
ゆったりと過ぎる昭和時間に身を委ね至福の時を過ごさせていただきました♪


■命綱のWB(ホワイトボード)

食べてる間にもひっきりなしに掛かってくるオーダー電話!!! 
その度、後ろのWBに注文をメモしながらその手は止まることはありませんでした。

『やめようと思ったことは何度もあるけど
なんとか続いてるわ(笑)』

とそんなセリフにも屈託無い女将さん。
そうこうしているうちに常連さんもどんどんお店にやってきます!



『この辺は入口開けといたら
海からの風が通って涼しいんやで。
夏になったら店の前でも食べれるから
また来てよ~♪』

とニコニコ顔で送り出してくれました。
確かに路地の中でも涼く心地よい風が頬を撫でていきますね~♪
そしてここに私の独断度偏見にて
『Master of 江川のちゃんぽん』
の称号を与えます!
(↑:勝手にかよ!!!(爆))

女将さん、絶対また来るね~( ~っ~)/

【和歌山B級グルメを訪ねて/江川ちゃんぽん編】
その五へつづく…





※『ブログランキング♪』に参加しております。
皆様の応援が励みになります♪

ポチッとお願いします♪(ρ°∩°)
  ↓↓↓
にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ


※「このちゃんぽんめっちゃ食べたい~~!!!」
と思ったならこちらをポチッとな♪(ρ°∩°)
 ↓↓↓

食べ歩き ブログランキングへ

テーマ : ご当地グルメ
ジャンル : グルメ

Tag:田辺市 

2013.05.15 Wed

【和歌山B級グルメを訪ねて/江川ちゃんぽん編】◆その参 お好み焼き はまちゃん

気を取り直して二軒目(笑)

■お好み焼 はまちゃん
@和歌山県田辺市江川6-47
【営業時間】
11:00~14:00
17:00~20:00
【定休日】火曜日
【電話】0739-25-5230
【駐車場】ナシ
■はまちゃんなう
さて、漁港近くの「さかい」を後にし向かった先は昼夜二部制を敷いている浜ちゃんへ。中途半端な時間に訪れ営業時間がタイムアップになり「2度目のウワァァン(T0T)」になるのを絶対に避けねばならぬリスクマネージメント。つまり避難行為でございますな(苦笑) 電柱にある番地地図看板を頼りに入り組んだ古い街並みを散策しながら探してると…


おぉ~ありましたよ(≧∇≦) v



お好み焼き浜ちゃんの看板と暖簾が目に飛び込んできました。
店前で打ち水する女性に
『あのぅ…お店開いてますか?』
と尋ねてみたところ
『いらっしゃーい♪どーぞ、どーぞ』
と満面の笑みでお店に迎入れてくれました。




■お品書き
すでにオーダーは決まってましたが一応見てみましょか。お品書きは壁に貼り付けされた札のみ。聞くと女将さんのお孫さんの作品だとか。焼そば、焼うどん、それにお好み焼きがあります。ただそのお好み焼きですが… 400円ってメチャメチャ安いですやん(」゜□゜)」 (個人的にはお好み焼きの方が好きだったりするんですが(笑))当然ビールで!!(←ビールかよ!!)
そしてお待ちかね『ちゃんぽん』をオーダーします♪

■着席ポジション

当然の事ながらテーブルへ案内されますが
男なら黙って鉄板デッドでソース被りの席でしょう~♪
女将さんと正面からのバトル希望(爆)

『お兄さん、熱いけどええの?』

と優しい声をかけられますが、こんな一等席をみすみすスルーできますかいな♪ 
それと同時に女将さんが手際よく具材を熱々の鉄板へO~~~~N!!!


今更なんですがちょいと説明を、ば。
『ちゃんぽん』とは焼そばと焼きうどんの混ざったもの。
つまり中華麺とうどんが1玉ずつ使われてまして合計2玉分ありますので
ボリュームはかなりありますねん!

ソースかぶりの席では狙い通り目の前で女将さんの鮮やかなコテさばきが。
これを見れるのが最~高~です(*^o^*)

カチャカチャとコテがあたる音を聞きながらビールをグイッと プハ~~θ(^0^ ) ♪
 程なくして出来上がったちゃんぽんを食べてみます…

■江川のちゃんぽん(500円)


『な、なんなん、
この食感って…(」゜□゜)」』

単にそばとうどんがミックスされてるもんとばかり思ってたんですが
食べてみてわかること。
それは太さが完全に違うので歯にあたるタイミングがズレるということです!


その時間差はこれまでに経験したことの無い噛み心地で
なかなかどうして興味深いものでした。
最後に載せた卵も1/3半熟でイイ感じ♪




甘辛いしゃぶしゃぶのソースで味付けされ
仕上げにドロリとした焼きそばを絡ませる…

旨もぉぉぉぉぉぉ
(pq*´∀゚)ウレスィ~♪

実に素朴で旨いじゃないっすか!
しかも500円ときた日にゃたまりませんな~♪

■食べてみて


女将さんとおしゃべりしながらの楽しいちゃんぽんタイムで、
あっという間の完食でございました!!! 浜ちゃん、旨かったですぅぅぅ♪
さぁ~次のお店にGo~
ε=ε=┏( ・_・)┛

【お店の場所はコチラをクリック】

そして…
【和歌山B級グルメを訪ねて/江川ちゃんぽん編】
その四へつづく…


 私のおすすめ:
鶴梅~完熟にごり~ 720ml 「平和酒造/和歌山」




※『ブログランキング♪』に参加しております。
皆様の応援が励みになります♪

ポチッとお願いします♪(ρ°∩°)
  ↓↓↓
にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ


※「ブログ頑張れ♪」
という応援エールはこちらをポチッとな♪(ρ°∩°)
 ↓↓↓

食べ歩き ブログランキングへ

Tag:田辺市 

2013.05.13 Mon

【和歌山B級グルメを訪ねて/江川ちゃんぽん編】◆その弐 いざ江川地区へ!

【和歌山県(市部)】| 田辺市
江川地区の散策からスタート♪
■江川地区~漁港へ

田辺新地を抜け会津橋を渡るとそこはもう江川エリア。
地区の入口には在所の番地の詳細が記載された看板がありました。
☉∀☉)ウヒョ━━!! 
これは非常にありがたい。特に番地のみの地域を散策する時には
これがあるのと無いのとでは大違いですもんね。
そんな番地表を見ながら先ずは漁師町のシンボル、漁港へ足を運びます。


■漁港


磯の香りが当り一面にただよってきたならそこは既に港でした。
メチャメチャ天気はいいけどあいにくこの日は休日だったので漁はナシ。
漁港入口には「はまだ」というちゃんぽんを焼いてそうなお店があったのですが
そこはスルーで、かねてよりお目当てのお店に向かいます…


■お好み焼き さかい
漁港からはスグの住宅地の中にそのお店はありました。

でも… 

ん? 


ん??
 


の、のれん出てへんし… 


あ!






ウワァァァァァヽ(`Д´)ノァァァァァァン!
午後5時からやんかー!!!

完全に営業時間を間違ってるし、俺…

あれれ?
何処でどう間違ったのかわからんけど
何処をどう見ても営業時間は夜の17時から。
朝飯も食わずに来たので空腹もピークだというのに
この段取りの悪さ…orz

最初の1軒目がこれだとあまりに先が思いやられますわな…(号泣)




でも、仕方ないので気をとりなおして
再び江川の中心部へ舞い戻ってきたぞ~~


次は頼むど♪(←誰に、そして何を頼む?)

【和歌山B級グルメを訪ねて/江川ちゃんぽん編】
その参へつづく…


 私のおすすめ:
紀州南高梅 自然農園の訳ありつぶれ梅 はちみつ2kg 

テーマ : B級グルメ
ジャンル : グルメ

Tag:田辺市 

応援クリックお願いします
↓↓↓:m(_ _)m
検索フォーム
プロフィール

とこわかはる

Author:とこわかはる
■「デッドで!」とは?
「レンゲを使わず丼鉢に直接口をつけて飲む」つまりダイレクトでスープを飲むということを表しております。よって「デッドで!」とは「鉢に口をつけて直接スープを飲んでみた!」という意味になります。
友人が最初に使い始めたのがきっかけで、この飲み方を広く普及すべく「デッド飲み推進会」に入会しまして、日夜活動に勤しんでおります。
会長によると語源はゴルフ用語由来なのだそうですが… 私はゴルフをしないのであまりよーわかりません(笑)

■私の肩書き
・デッド飲み推進会副会長
    兼 和歌山支部長
・情熱和歌山ラーメン部々長
・情熱大阪ラーメン部所属
入会(部)者を募集中です♪

■私のひととなり
ラヲタではありません。
単純に「中華そば」が好きなだけでございます(笑)​
私にとって「麺」とはオアシス。そんなオアシスを求めて和歌山を中心に近畿圏を放浪中♪そして智弁和歌山野球部のファンでもあります。
将来に不安を抱えているので第二の職を視野に入れてます。実は中華そば屋を経営するのではなく歌手デビューを狙ってます​(爆)

カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新記事
地域別カテゴリ
料理別/シーン別カテゴリ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カウンター
リンク
このブログをリンクに追加する
RSSリンクの表示
月別アーカイブ