この眺望は一見の価値あり!「瀬戸内海国立公園 休暇村加太」

祝・初訪問!o(^-^)o

■瀬戸内海国立公園休暇村紀州加太
@和歌山市深山483 【地図】
【営業時間】レストランの営業時間です
昼食11:30~14:00(最終受付13:30)/ 夕食17:30~20:00
【定休日】無休
【電話】073-459-0321
【駐車場】多数完備
P1080290.jpgP1080291.jpg
以前より気になっていた「休暇村紀州加太」を訪れました。
その目的は二つ! レストランで提供されている鯛ラーメンをいただく事と
絶景眺望が楽しめるという露天風呂でございます♬

こちらの売りは何と言っても「紀淡海峡の絶景を堪能できる!」という点で
プール、キャンプ場、ゴルフなど色々な施設が整っております。
到着したのは12時過ぎ。レストランの営業時間が14時までだったので
先ずは食事をいただくべくレストランに向かいます。


■店内&お品書き
P1080292.jpgP1080353.jpg
コチラの入口は陰になっており暗い雰囲気があったのですが
中に入るとそんな雰囲気は一変!
大きい窓からは紀淡海峡の眺望が楽しめ明るい光が差し込む
大きなホールが広がり、テーブルも大きくてゆったり座れます。
(画像は暗そうですが、もっと明るいですよ♬)

そしてお品書きはこんな感じ!
P1080294.jpgP1080296.jpg
予定通り鯛ラーメンとせっかくなんでと言う事で
ジャンボエビフライ定食をオーダーいたしました。

しかし、この鯛が描かれた湯のみは可愛いなぁ♬
という余談を入れてっと(笑)



■鯛ラーメン(1,200円)※しらす丼付き
●スープ:鯛でとったダシ醤油系
●麺:細ストレート
●具材:鯛身、わかめ、柚、ネギ 他
P1080306.jpg
待っている間は窓から見える眺望を楽しめます。
その景色が素晴らしく、見とれている間に配膳されました♬


■デッドで!
しらす丼との定食になっており、また小鉢、フルーツも付いております。
その鉢からは優しい醤油と柚の香りが漂います♬
P1080319.jpg

「味わいが優しくて旨あぁ〜♡」

クリアなスープですが、ちゃんと鯛のダシが出ております。
基本的には淡麗あっさりなのでインパクトは薄いですが
じんわりとくる旨さがイイですね♬


麺は黄色がかった細ストレート!
P1080337.jpg
P1080328.jpg
若干、柔らかい茹で加減ですが麺の質は固茹でには
向かなさそうなタイプです。
麺自身の存在感と言うよりスープとのバランスを重視した印象。
鉢全体でゆっくり楽しむのがベストでしょうね。

そして具材には鯛が載ってまして
P1080335.jpg
プリプリっとした食感がイイ感じ♬


地元加太の味をじっくりと味わいつつ
P1080342.jpg

完スペいただきました!




そして…おもむろにしらす丼の登場で〜す!
P1080308.jpg

P1080347.jpg

これまた新鮮な味わいがGOOD♬

お醤油をちょびっとかけて一気にささっと。
コチラもあっという間にいただいちゃいました(笑)



そして、もうひとつのメニューのジャンボエビフライですが…

P1080312.jpg

「お~っ エビフライでかいなぁ~(笑)」

想像を越えるまでには至りませんが
そこそこのデカさと迫力はありました~♪

で、そのボディの中央部分をガブッと齧ってみたんです・・・
P1080316.jpg


すると
P1080351.jpg

中からはプリプリの身が弾け飛んできます!!!

しかも、食べるにつれ

「やっぱりボリュームは凄い・・・なぁ(汗)」

と実感。 少なくとも女性はしんどい量で
エビフライ好きにはたまらないひとしなとなるでしょうね♪

さて、お腹もいっぱいになったところで
ひとっ風呂浴びることにしますか!




■日帰り入浴大浴場
【営業時間】11:30~15:00(最終受付14:30)
【定休日】水曜日
【料金】大人600円 小人400円
P1180688.jpg
HPには「紀淡海峡を見下ろし、優雅なひとときが過ごせる絶景露天風呂」
とありまして、沸かし湯のようですね。
そして湯船に沈められた網には備長炭が入ってます。



先ずはお約束の・・・
P1180671.jpg

「single leg with mishiranu Oyaji(smale)」


そして・・・P1180681.jpg
P1180685.jpg

「噂通りの眺望、素晴らしいゾ!!!」

この日は晴天だったので紀淡海峡を越え
淡路島の洲本までばっちり見ることができました♪



そして加太港の風景です。
P1080354.jpg
こんな景色を見ながらゆったりと風呂に浸かる・・・
なんて贅沢なんでしょう。

この眺望はとにかくオススメ!
ずーっと浸かっていたいですね~♪



■食べてみて、浸かってみて♪
P1080360.jpgP1080304.jpg
初めて訪れましたが、このロケーションは和歌山県内でも
トップクラスでしょう。

天然温泉でないのは残念ですが、有り余る眺望と開放感は
その差を埋めるには十分だと思います。

ゆっくりお風呂に浸かって旬の地元の魚に舌鼓を打つ。

いいですよ~♪


※「景色、メチャメチャいいですやん!」
いちど行ってみよ〜♪と思ったらポチッとな♪(ρ°∩°)
  ↓↓↓
にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ

※「鯛ラーメン、単品であったら嬉しいのに・・・
と正直、思った方はポチッっとな〜♪(ρ°∩°)
 ↓↓↓

食べ歩き ブログランキングへ

テーマ : ラーメン
ジャンル : グルメ

Tag:和歌山市 

【和歌山B級グルメを訪ねて/江川ちゃんぽん編】◆その弐 いざ江川地区へ!

江川地区の散策からスタート♪
■江川地区~漁港へ

田辺新地を抜け会津橋を渡るとそこはもう江川エリア。
地区の入口には在所の番地の詳細が記載された看板がありました。
☉∀☉)ウヒョ━━!! 
これは非常にありがたい。特に番地のみの地域を散策する時には
これがあるのと無いのとでは大違いですもんね。
そんな番地表を見ながら先ずは漁師町のシンボル、漁港へ足を運びます。


■漁港


磯の香りが当り一面にただよってきたならそこは既に港でした。
メチャメチャ天気はいいけどあいにくこの日は休日だったので漁はナシ。
漁港入口には「はまだ」というちゃんぽんを焼いてそうなお店があったのですが
そこはスルーで、かねてよりお目当てのお店に向かいます…


■お好み焼き さかい
漁港からはスグの住宅地の中にそのお店はありました。

でも… 

ん? 


ん??
 


の、のれん出てへんし… 


あ!






ウワァァァァァヽ(`Д´)ノァァァァァァン!
午後5時からやんかー!!!

完全に営業時間を間違ってるし、俺…

あれれ?
何処でどう間違ったのかわからんけど
何処をどう見ても営業時間は夜の17時から。
朝飯も食わずに来たので空腹もピークだというのに
この段取りの悪さ…orz

最初の1軒目がこれだとあまりに先が思いやられますわな…(号泣)




でも、仕方ないので気をとりなおして
再び江川の中心部へ舞い戻ってきたぞ~~


次は頼むど♪(←誰に、そして何を頼む?)

【和歌山B級グルメを訪ねて/江川ちゃんぽん編】
その参へつづく…


 私のおすすめ:
紀州南高梅 自然農園の訳ありつぶれ梅 はちみつ2kg 

テーマ : B級グルメ
ジャンル : グルメ

Tag:田辺市 

2013.05.12 Sun

【和歌山B級グルメを訪ねて/江川ちゃんぽん編】◆その壱 いざ!田辺市へ~Go♪

久しぶりに田辺へ~♫o(^-^)o
■いざ田辺へ!!
朝日新聞の和歌山版を見ると掲載されていたのがコチラの記事♪ 
それを読むや否や、私の記憶に鮮明に蘇ってきたのが
TVチャンピオン大食選手権和歌山予選の食材。

田辺市の江川地区で古くから地元の方に愛され食べられてきた
『江川のちゃんぽん
なる麺料理があるらしい。そんな情報を思い出すと同時に、
田辺での仕事が舞い込んでくる!とは
なんというタイミングなんだろう(笑) 

先ずはこの目と舌で確かめてやろうじゃないか
その和歌山B級グルメを!!!

■くろしおで

早速乗り込んだ「くろしお♪」 
普段なら100%車使いなんですがこの日は仕事のため久しぶりの特急使い。
南方面への特急なんて何十年ぶりなんやろか。
まぢで童心にかえるもんなヽ(´▽`)ノワーイ♪
そんでもって車内にある展望デッキに座り景色を楽しみますが
意外に山間部が多いとあらためて実感。


■岩代あたり…で!

途中、田辺の手前、岩代あたりのオーシャンビューポイントで
徐行運転♫をしてくれます
(なかなかええサービスやないか~い!!!ww)

ここを過ぎるともう田辺は目の前です(*^o^*)


■田辺夢光路散策
田辺駅に降り立つと…

いきなりの未訪問店洗礼がっ!

でも、スルー(笑)

そして、





こんな限定品の洗礼も!!!
しかも…   
む~~かしぃ~♫ な~がら~~♪
by 徳永英明(爆)

そんな誘惑の魔の手が伸びますが時間は10時過ぎ。
両店とも営業前でございました♫

そんなお店を横目に進んだ先には健康な男子なら色めき立つ田辺の不夜城。
そう味光路であります。



過去に2度ばかしこの場所へ来たことあるんですが
この地域に食べ物屋さんから飲み屋、スナック、ラウンジに至るまで、
「呑むこと」に関しては事欠きません。
狭い地域にみっちりとお店が詰まってるので徒歩で何軒も飲み歩けるんですね♪
この日は朝の歓楽街を紹介するわけですが夜とはまた違った顔を見せてくれました。
個人的には和歌山市内アロチより分かりやすく楽しい場所だと思いました!


■元南方熊楠屋敷


そして田辺銀座通りからちょいと寄り道した閑静な住宅街に佇むは
和歌山が生んだ天才学者「南方熊楠」が暮らした家屋にございます。
そこに併設される形で南方熊楠顕彰館もありました。
時間がなかったので中には入りませんでしたが、
次回は是非とも訪れたい場所でございます。


■田辺新地
その昔の遊郭跡地。
賑わいを見せていたであろう当時の面影を随所で垣間見ることができました。




「料亭」の看板が歴史を物語ってますね。
路地の角には「田辺新地」と書かれた雪洞をイメージした電灯があります。

しばらく新地内の散策を続けると…




見ると普通の民家ですが、入口の上部には屋号と
「風俗営業(料理屋)」
の許可証がありその歴史的風情を強く感じます。そして更に中心部へ向かうと…
徐々に焦げた匂いが鼻につきだします。
その先にはせんだっての大火の傷跡がまだまだ生々しく残っておりました・・・
よってそれ以上進むのを止めUターン。

本来の目的地であります江川地区へ歩を進めます。

【和歌山B級グルメを訪ねて/江川ちゃんぽん編】
その弐へつづく…


 私のおすすめ:
【送料無料選択可】闘う南方熊楠 「エコロジー」の先駆者/武内善信/著(単行本・ムック)



span style="font-size:x-large;">※『ブログランキング♪』に参加しております。
皆様の応援が励みになります♪

ポチッとお願いします♪(ρ°∩°)
  ↓↓↓
にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ


※「ブログ頑張れ♪」
という応援エールはこちらをポチッとな♪(ρ°∩°)
 ↓↓↓

食べ歩き ブログランキングへ

テーマ : ♪おすすめ♪
ジャンル : グルメ

Tag:田辺市 

2010.03.28 Sun

【タマ電車&徒歩でラーメン】和歌山電鐵では初乗車(笑) ~その1~ 2010/02/14

【和歌山県(市部)】| 和歌山市

数十年ぶりに乗った電車はあまりに変わっていて…(笑)


■タマ電車
『徒歩でラーメン』シリーズの第二弾!!(^O^)

和歌山駅からダイレクトに歩くつもりだったのですが
ターゲットのお店の場所を考えて『よし、タマ電車に一回乗ったろ~( ~っ~)』ということに。

ホント・・・今更なんですが…(苦笑)






■一番端のホーム
和歌山駅では東口に一番近いホーム側。このホームに向かう階段を上るのもニ十数年ぶり。
私の中では南海電車の貴志川線で以前乗車したのが確か免許をとるために岡崎へ行ってた頃なんですが
今は新しい会社に(笑)

そして切符を買ってホームに立つと目の前にはタマ電車が止まってます。





■車内


はこんな感じ。
想像以上に派手な造りで驚きました(」゜□゜)」!
猫好きにはたまらない雰囲気ですが、残念ながら私は犬派なんです…(爆)


そして、揺られること約10分、目的地は…






『神前』と書いて『こうざき』と読みます。
生まれて初めてこの駅に降り立ちました。






■単線ロマン
線路からの風景がコチラですが目一杯のどかですね~♪



そして駅から歩く事約5分。
お目当てのお店が見えてきましたよ~( ̄∀ ̄)
これでお店の名前はお分かりかと思いますが

思いっきりこのシリーズで引っ張りまっせ~~(爆)


【つづく・・・】

Tag:和歌山市 

2009.09.01 Tue

ラストレポート【とこの夏休み】~マグロ魚市場を訪ねて~ 2009/08/28

【和歌山県東牟婁郡】| 那智勝浦町

思いのほか大漁のマグロに感激♪


■勝浦漁港魚市場
@東牟婁郡那智勝浦町築地7-12
【見学受付時間】6:50~7:00
【定休日】日曜日
【スケジュール】
7:00勝浦漁港の市場

港の語り部ガイドよりマグロ漁法の説明

延縄船、マグロ輸送船等の見学

マグロ市場の解説(7:30解散)
■第二の目的
今回の旅のもう一つの目的はこのマグロ市場!!!同じ和歌山に住みながら県の北端と南端ではあまりに距離があり、かつ市場のため早朝という時間的縛りも…当然、宿泊をしなければ見ることができないものなんですね。こんな思いを昔から胸に秘めていたわけなんですが今回、その念願が叶いました。6:45発の船に乗り込み市場に到着したのが6:55でした。



■市場前は…
軽トラのオンパレード!!!駐車場は満杯(笑)否応なしにセリの緊張感が伝わります。




■2Fへどうぞ



市場に到着すると『見学者は2Fへ』という係員さん案内が入ります。
2Fは無料観覧できるようになってましたが1,000円を支払うことで
係員さんに市場内を案内してもらうツアーに参加することができます。

マグロがあまり水揚げされてなければ2Fからの見学で終わるところですが
想像以上の量のマグロが並べられている現実を目の当たりにし、
二つ返事で申し込みをしていました(笑)




■本日のツアー参加者は…
我が家を含めふた家族でした。ガイドさんに聞くと『今は夏なので参加者は少ない』とのこと。いちばん賑やかなのはデカいクロマグロが揚がる春らしいです。前にいるちびっ子に覆い被さるように大人の私が質問攻め・・・(苦笑) そんなマグロについての予備知識を勉強し1Fへ進みます!



■綺麗に並べられてます





朝の4時頃から一匹、一匹手で水揚げされ、手際よく軽量されたマグロに重さを貼り付け

種類と重さ別に整然と並べられていきます。

そしてそのマグロをセリが始まるまでの間に仲買人さんが品定めするそうです。








皆さんもこのように尻尾をカットされたシーンを見られたことあると思います。
ご存知の方も多いかと思いますがこの断面を見て鮮度・脂のノリを図ります。

ガイドさん曰わく、結局は腹を捌かないと正味のマグロの良さはわからないらしく、
経験豊富な仲買人さんの見立てでも失敗することがあるそうです…

因みに、尾を完全に切り落としてある魚は基準よりサイズが大きく、
それ以下のサイズは切り落とさず残しておくとのことでした(゜∇゜)

そして様々な見学特典が!!!
デカいマグロの軽量シーンを間近で見た後はそのマグロを運ばせてもらえたり
鮮度当てクイズや重量当てクイズなど、実際のマグロを使って市場の仕事に触れる事が出来ました♪

そうこうしているウチにセリが始まります!



■セリは入札式



実は勝浦市場では入札式が採られてました~♪

先ず仲買人はブリキの板にキロ当たりの買取額を書いて仕切り人に渡します




そして仕切り人は入札額の高い順に札を並べ

競り落とした仲買人さんの名前とその金額を発表していきます。

我々はその競り台の真後ろから見ることができ、
加えてセリの緊迫感と迫力を間近で感じる事ができました!!!



■セリ落とされると…



ご覧のように緑色で記した屋号札を次々とマグロに貼り付けられていきます♪








そしてどこからともなく木箱が運ばれましてその買取ったマグロが手際よく詰められていきます。

その際歯にトラックの荷台に載った氷を箱一杯に詰め込まれます!

余談ですが、この時最初にカットされていた尻尾も一緒に箱詰めされてました(笑)


■マグロ価格



セリの終わったあとはその日の相場が黒板に記されていきます。

過去に勝浦市場でいちばんの高値をつけたマグロは一匹700万円以上だったそう。
間違っても我々の口には入ることはないですな(-o-汗)



初めての市場見学でしたがガイドツアーをチョイスして大正解~(^O^)

近くで色んな体験ができるのと、マグロの迫力を感じるには
このツアーは絶対オススメです♪
この日の我々は当日の飛び込み予約でしたが、旅行会社の企画や旅館のサービスで
この『市場ツアー』が付いてる場合もありますので注意してみてね(笑)


さて、一泊二日の旅行でしたが、久しぶりに勝浦温泉を堪能いたしました。

市場見学の後はR42海岸ルートを通って家路につきましたが途中、




梅浜ちゃんにはキチンとご挨拶をしときました…(笑)


最後に、この二日間はまったく麺類を口にできなかった事をご報告いたします…(号泣)



※『えっ、「こころ」へ行かへんかったん???』
それは大チョンボやなぁ…(¬з¬)
と思ったならポチっとな(ρ°∩°)
↓↓↓
にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ(文字をクリック)

Tag:那智勝浦町 

応援クリックお願いします
↓↓↓:m(_ _)m
検索フォーム
プロフィール

とこわかはる

Author:とこわかはる
■「デッドで!」とは?
「レンゲを使わず丼鉢に直接口をつけて飲む」つまりダイレクトでスープを飲むということを表しております。よって「デッドで!」とは「鉢に口をつけて直接スープを飲んでみた!」という意味になります。
友人が最初に使い始めたのがきっかけで、この飲み方を広く普及すべく「デッド飲み推進会」に入会しまして、日夜活動に勤しんでおります。
会長によると語源はゴルフ用語由来なのだそうですが… 私はゴルフをしないのであまりよーわかりません(笑)

■私の肩書き
・デッド飲み推進会副会長
    兼 和歌山支部長
・情熱和歌山ラーメン部々長
・情熱大阪ラーメン部所属
入会(部)者を募集中です♪

■私のひととなり
ラヲタではありません。
単純に「中華そば」が好きなだけでございます(笑)​
私にとって「麺」とはオアシス。そんなオアシスを求めて和歌山を中心に近畿圏を放浪中♪そして智弁和歌山野球部のファンでもあります。
将来に不安を抱えているので第二の職を視野に入れてます。実は中華そば屋を経営するのではなく歌手デビューを狙ってます​(爆)

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
地域別カテゴリ
料理別/シーン別カテゴリ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カウンター
リンク
このブログをリンクに追加する
RSSリンクの表示
月別アーカイブ