お色直しリベンジ in 姫路城 〜その1:お城編〜

真っ白になった本丸へ突入!


「グランドオープン直前!(残念)」

だった前回の姫路城訪問…  
今回はグランドオープン熱気が静まってきたであろう頃合いを
見計らってのリベンジ訪問でございます♬

あいにくの空模様っぽかったのですが幸い雨には降られず
曇天模様の中、和歌山から快速を乗り継いでの参戦でございます。
普通なら車でバビューンと行くところなんですが
なぜかこの日は「電車気分♬」ということだったんですね。



■国宝姫路城
この日は日曜日。
さすが前回とは違い外国人観光客も多いこと、多いこと。
そんな観光客さん達にまざり姫路駅前から続く商店街を進みます。



そして門の前に来ましてそれをくぐると…
P1010325.jpg


全景姫路城!


やはり天候のせいか曇天なのでバックがグレーで
せっかくの白鷺も心なしか寂しげ…(汗)

そんな所ですが気を取り直して入城口向かい券売機で購入します。
P1210849.jpg


先ずは女中達の回廊を散策。
P1210857.jpg
いつ来てもこの回廊は見事ですね〜♬
お城の天守閣を囲む約300mの長廊は必見です。



その回廊を抜けてお目当ての天守閣方面へ歩を進めます。
先に広場からの天守閣を撮って、そして進路へ
P1010317.jpg


そして天守閣の入口付近では…
P1010316.jpg

「外国人ばっかしやん !!!」

Σ(゚д゚;) ヌオォ!?!!

 

インバウンドパワー恐るべし…
さすがのハンパない存在感と異国情緒ただよいすぎる雰囲気…
聞こえてくる言語はアジア系のものがほとんど…


お城…  

爆買いされるかも(爆)



でも、そんな方々に日本経済が潤っているのも正直なところなので
バンバンお土産を買って帰っちゃってくださいな♬


そうこうしているうちに天守閣内部へ。
P1010296.jpgP1010297.jpg
いろんなからくりやしかけが施されてます。
やはり天守閣は戦を想定された建物でございますね。


そして天守閣を支える柱が数本!
P1010314.jpg
がっちり(当たり前ですが)しとります。


そして最上階に到着♬
P1010303.jpgP1010311.jpg
さっき回ってきた回廊や東側に広がる美術館が見えますね。


そして南側には
P1010306.jpg
広場から駅に真っすぐのびる道がありまして〜

目の前にはドドーンと
P1010309.jpg


白鷺城の鯱

2015 version!!!




にしても、天守閣の時間待ちが60分という事前情報でしたが
ゆっくりは進みますのでイライラはナシ!

十分堪能することが出来ました♬



そして再度天守広場へ廻りまして帰路につきましょう。
P1010318.jpg




前回も思いましたが全景はかなり白くなりました。
天守閣もキッチリとメンテナンスされこれからもまた
その威風堂々とした姿を見せてくれるんでしょうね。

一度は是非天守閣へ上ってみてください。
P1010324.jpg

おっ、晴れてきたや〜ん♬


さぁ、姫路の町を散策にでかけよ〜っと♬


※『やっぱ世界遺産は美しい♬』
と思った方はポチッとな♪(ρ°∩°)
  ↓↓↓

食べ歩き ブログランキングへ

※『次はどこのラーメンやろ…』
そんな予想をされたならこちらを一緒にポチッとな♪(ρ°∩°)
 ↓↓↓
にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ

★ブログランキングに参加しております★
皆様からいただきますご声援、応援が大変励みになっております♪
今回もポチッとな」をありがとうございます!m(_ _)m

テーマ : 国内旅行
ジャンル : 旅行

Tag:姫路市 

お色直し終了♡ 白鷺城、が、しかーし!!!

ホンマ、真っ白になったね〜!


「ちょっと明日、姫路へ行ってけーよ!」

と、突然の母親の要望が。仕事の関係で行かなくてはならないという。
つーことでやってきたのが姫路市でございます。

今回で2回目の姫路訪問なんですがやっぱ姫路と言えばお城!
ただし、今回は一般公開が間もなくに控えた3月の半ばだったのですが
せっかくだったので母親の仕事が終わるまでの時間待ちで散策することにしました。



■国宝姫路城
P1210821.jpg
姫路駅前から続く商店街を進みます。
おそらくお城が化粧直し中なのでお人さんもまばら…

そして商店街を抜けると
P1210831.jpgP1210824.jpg

駅前からだと10分かかるか、かかんないかお堀に到着です♬


そして門の前に来ましたが…

P1210837.jpg

やっぱお客さん、パラパラしかおらへん…(苦笑)

それをくぐると…

P1210838.jpg

全景姫路城!

ここでもまた地元の方が2名いるだけですね。
しかも桜の開花もまだまだで、肌寒い時期だったので
そら、だれもいませんわな(笑)

まぁまぁ空いてる方がゆっくりと見れると気を取り直して入城口へ。



で、券売機がコチラ。

P1210849.jpg

P1210851.jpg

その横には見学可能域、不可能域が地図で説明されておりますが
天守閣本丸のエエところがほとんど見れません。
まぁ仕方ないですが回廊を見て回ります。



■西の丸長局
P1210857.jpg
コチラは西の丸の中書院に当たりまして、
お城の天守閣を約300mの長廊で囲まれてます。

そこにはたくさんの部屋が間仕切りされており
千姫に仕えた女中、侍女が住まいにしていた場所ですね。

ここは素足で歩けるので木材のぬくもりや古の人々の息吹を直接感じ取れます。

やっぱお人さんが少ないのでゆっくり見れて良かった〜♬



その回廊を抜けて天守閣方面へ歩いていきますと…

P1210860.jpg


「おっ! 白っ!!!」
 

目の前に広がる白鷺城天守閣!

さすがのハンパない存在感!

以前よりめちゃめちゃ白くなってる、いやとんでもない白さです。

まるで志村の「バカ殿のメイク」ばりですやん!!!(爆)

そんなことを考えながら進んでいきます。
P1210869.jpg


もう少しで天守閣広場というところで…

P1210870.jpg

こ、ここまでか…(泣)m(_ _)m


ちなみにこの日は三月中旬でございまして
残念ながらここまでしか進めませんでした。


さて、お色直しが済んだお城が完全にお披露目されるのは3月27日より。
P1210881.jpg

また、出直しですね(笑)


さぁ、ランチは姫路の○○○○をいただきましょうか♬


※『せっかく行ったのに残念〜』
と思った方はポチッとな♪(ρ°∩°)
  ↓↓↓

食べ歩き ブログランキングへ

※『「○○○○」ってラーメンやろ…』
そんな冷めたツッコミはこちらを一緒にポチッとな♪(ρ°∩°)
 ↓↓↓
にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ

★ブログランキングに参加しております★
皆様からいただきますご声援、応援が大変励みになっております♪
今回もポチッとな」をありがとうございます!m(_ _)m

テーマ : 国内旅行
ジャンル : 旅行

Tag:姫路市 

【吉備路行脚観光編】岡山城~後楽園

やっぱり観光は外せない!(爆)

はい、ラーメン行脚のもう1つの楽しみはっていうと、
そう、観光ですよね~♫ 今回はそれほど時間がとれなかったけど
観光のちょこっとスナップをご紹介します。

まずは行きの高速パーキングエリアの駐車場で...












こんなに近くで見たのは初めてかも... 自衛隊車両。
この車両の名前や役割は全くわかりませんが
初めて見るマシンに少々興奮気味でございました(笑)

その後笠岡市でラーメンをいただいた後はそのまま広島の鞆の浦へ
足を伸ばす計画もあったんですがそのまま岡山市内へ。

おまち堂&フルータスで氷を食べながら色々名所を検索しまして...

        


一番近く有名な岡山城へ♫
(「ベタな選択やな~」っていうツッコミはお断りw)

そして川を渡りお隣にあるコチラへ!
       



阪神vs巨人戦は行われてなかったですが(笑)
後楽園でございます♫

実はもっと日本庭園チックなイメージだったんですが
芝生が碧々と、そして広々としておりまして凄くよかったです!!!
緑を見続けたので視力もちょっと上がったかな?w

約2時間の寄り道観光でしたが麺行脚夜の部へ向けて
腹も減ってきて臨戦態勢は整いましたよ~~♫(爆)

つづく...

テーマ : 日帰りお出かけ
ジャンル : 旅行

Tag:【岡山県】 

春の彦根行脚♪ ~ラストお~

国宝を散策♪


■彦根城
お菓子でお腹いっぱいになった後は遂に彦根城へと足を踏み入れます。ちょっとミニ知識を、ば。築城は1604年、将軍徳川家康の命により20年の歳月をかけて築城されたそう。城廓の完成は1622年とされてました。多くの大老を輩出した井伊氏14代居城だったのがコチラ。国宝の天守をはじめ付け櫓や多聞櫓がそのままの状態で現存してます。基本的に比べるのは思いっきり「和歌山城」なんですが、やはり国宝だと重みが違うような気が...(苦笑) お堀も重厚な佇まいを見せておりますが桜の花はまだまだ莟が多かったです。


■馬家
数多くの櫓や門があるらしいのですが、先ずは重要文化財にしていされている全国的に非常に珍しい馬屋を見学。元禄時代に建てられ、常に藩主用の馬がつながれていた場所ですが
城内に残っている馬屋はこちらだけだそうです。昔の馬はポニーのような大きさだったということも勉強になりました(笑)





■いよいよ城内へ...
■彦根城
@滋賀県彦根市金亀町1-1
【営業時間】8:30~17:00
【入場料】大人600円、小中学生200円
【電話】0749-22-2742
■彦根城なう
時間がなかったので資料館を割愛しての見学を。
いきなりのいきり立った天守への階段が目の前にたちはだかります。
写真ではわかりづらいですが...これかなりなんすよ...(汗)


■天秤櫓(てんびんやぐら)


あたりまえのもの(苦笑) これも残っているのはここのみらしいです。
この橋の両サイドを対称に建てられているのが天秤櫓です。
もちろんその由来は「天秤の形に似ているから」という
至極当たり前なネーミング(笑)
表門からの階段を登って行くと廊下箸があります。


■そして...やっと天守

最上階につながる狭くて急な階段を登ります。その窓からは彦根の町と琵琶湖を眼下に見下した天守は北西に附櫓(つけやぐら)が、そして多聞櫓が連なります。見た目は小さく感じるのですが中に入るとやはり大きい。琵琶湖と彦根の町並みがキレイでした。その威厳があり威風堂々とした端正な天守の佇まいは和歌山城にはないものでした。中に入ってもとにかく狭いのと、上に登る階段がとにかく急で怖い印象が強かったです。




城内には色々な資料がありました。中でも知らなかったのが天守が現存するお城はこちら彦根城をはじめ、弘前城@青森県、松本@長野、犬山@愛知、丸亀@香川県、宇和島@愛媛県、松江@島根県、丸岡@福井県、姫路@兵庫県、高知@高知県、備中松山@岡山県、松山@愛媛県の以上12城。そのうち「松本、犬山、彦根、姫路の4つの天守は国宝になるんですよね。和歌山城は上に高いのですが歴史の重厚化からするとやはり彦根城に軍配が上がります。ホント奇麗なお城でした♪


■最後に...


 この日は奇しくも城内にある彦根東高校の入学式が挙行されてました。
お城の周りでは桜の花がこれにて春の彦根行脚シリーズはこれにて終了。
咲き乱れとはいきません。やはり和歌山よりかなり北にあるのでご覧の通り莟でした。
今回は彦根城を散策しましたがこれからも「城」にスポットをあて、
機会があれば現存全12城を見学したくなりました。本当に良かったっす♪♪♪

テーマ : 国内、史跡・名勝巡り
ジャンル : 旅行

Tag:彦根市 

【ザ・北海道】その16  し~れ~と~こ~の みぃ~さ~きぃにぃ~♪  2010/6/5

あ!!岬じゃなくて峠でした…

■世界遺産の知床でございます。
峠越えは私。スペシャリストの運転をご堪能あれ(笑)

■知床峠



知床峠から見える羅臼岳は道東エリアで一番高い山で1,661mあります。

目の前にはまだ残る雪と…








背の低いマツが一面に広がります。

地元の人に聞くと山に登りまだスキーをする者がいるとかいないとか。
それよかこんなに綺麗に見えるのはホント稀らしく

『今日ここを訪れる人はマジラッキー!!(」゜□゜)」』

を連発されてました。
けど正直メチャメチャ綺麗でした♪





しかし…
野生の熊が出てきたら本気戦わなあかんがな(爆)

Tag:【北海道】 

応援クリックお願いします
↓↓↓:m(_ _)m
検索フォーム
プロフィール

とこわかはる

Author:とこわかはる
■「デッドで!」とは?
「レンゲを使わず丼鉢に直接口をつけて飲む」つまりダイレクトでスープを飲むということを表しております。よって「デッドで!」とは「鉢に口をつけて直接スープを飲んでみた!」という意味になります。
友人が最初に使い始めたのがきっかけで、この飲み方を広く普及すべく「デッド飲み推進会」に入会しまして、日夜活動に勤しんでおります。
会長によると語源はゴルフ用語由来なのだそうですが… 私はゴルフをしないのであまりよーわかりません(笑)

■私の肩書き
・デッド飲み推進会副会長
    兼 和歌山支部長
・情熱和歌山ラーメン部々長
・情熱大阪ラーメン部所属
入会(部)者を募集中です♪

■私のひととなり
ラヲタではありません。
単純に「中華そば」が好きなだけでございます(笑)​
私にとって「麺」とはオアシス。そんなオアシスを求めて和歌山を中心に近畿圏を放浪中♪そして智弁和歌山野球部のファンでもあります。
将来に不安を抱えているので第二の職を視野に入れてます。実は中華そば屋を経営するのではなく歌手デビューを狙ってます​(爆)

カレンダー
01 | 2017/02 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 - - - -
地域別カテゴリ
料理別/シーン別カテゴリ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カウンター