○福の跡地にあったのが… 「やきとり・からあげ 紀乃家」

「○福」の跡地を訪ねてみた…

■やきとり・からあげ 紀乃家
@和歌山市黒田127-3
【営業時間】15:00〜21:00
【定休日】未確認
【電話】073-481-4224
【地図】お店の場所はコチラ
P1150551.jpg
以前に確認済みの元○福跡地にできていた焼き鳥屋さんを思い出したので
仕事を早く終えた時にちょこっと訪問♬

テイクアウトのみのお店かと思ってたんですが
なんのなんの、店内ではお酒が飲めるではないか!
ということでちょこっと呑みのために凸入いたします。



■店内&メニュー
P1150547.jpgP1150542.jpg
当然ながらメニューは鶏中心で
店内でオーダーするやきとりは1本110円から。

お酒もそれなりに飲みやすい価格となってましたので
ビールと焼き鳥をサクッとオーダーしました♬


■先ずは…
P1150544.jpg

ぷはぁ〜♬

サッポロの黒生でございます!

そしてオーダーしたのがこれらの焼き鳥です♬


■ズリ
P1150555_20131222063518e5d.jpg



■やきとり(タレ)
P1150559_20131222063516ca8.jpg



■かわ
P1150562.jpg


■つくね
P1150568.jpg




■食べてみて…
P1150549.jpg
つくねのみ120円で他は110円。
ビールが400円だったので〆て850円でございました。
サクッと行くには全然合格なんですが
駅からはちょっと遠いかなぁ…

っていいつつ中華そば○福の時は遅くまで営業してたので
わざわざ歩いて来ておりましたが、それは粉もんと麺もんの成せる技
中華そばとやきとり屋の引きの差さが今後の訪問に現れるかもね…(爆)

そして印象的だったのがお隣のスーパーへ来られたお客さんが
入れ替わり立ち代わり持ち帰りのやきとりを購入されに来る!
P1150553.jpg
おそらくこのテイクアウトがお目当てか、と。
お店的にはそちらのお客さんがメインになってるのでしょう♬

まぁ、呑み使いとしてはメインで飲んだ後の二軒目以降として
〆に飲むのに使うのがいちばんイイのかな。
そして「全て国産・生鶏」という品質の維持もお願いいたします!
ごちそうさまでした〜♡


※『確かにここって駅からはちょっと距離あるよな…』
と思ったならポチッとな♪(ρ°∩°)
  ↓↓↓

食べ歩き ブログランキングへ
※『でも和歌山としては頑張ってる価格じゃないかな〜』
という方もこちらを一緒にポチッとな♪(ρ°∩°)
 ↓↓↓
にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ

テーマ : ♪おすすめ♪
ジャンル : グルメ

Tag:和歌山市 

念願の、そして噂の、地鶏焼き鳥の店へ! 「鳥喜久」

食えなかった〜♪ 食えなかった〜♪ 食えなかった〜♪


麺!!!(号泣)

■鳥喜久
@奈良県生駒郡平群町西宮3-2-1
【営業時間】17:00~24:00(L.O.23:15)
【定休日】第1・第3火曜日、水曜日
【電話】0745-45-4288
【駐車場】店前あり
P1020823.jpg
『旨いラーメンを食わせてくれる鶏屋』
としてラヲタ仲間内では昔から名前が通っているコチラ。
ずーっとずーっと行きた〜い(」゜□゜)」と思ってたんですが…

いかんせん

平群町⇔和歌山間というのは

いちばん行きづらい場所

じゃなかろうか…


そんな思いばかりが先にきていたんです.

たまたま所用で桜井・天理方面へ来たついでに立ちよりました!
(ついでに立ち寄る距離か?(笑))

奈良は平群という少し奥まった土地。もちろん初めて訪問です。
ルートはJR天理→王寺 近鉄生駒線に乗り換えて 近鉄王寺→「竜田川」というもの。
ちなみに王寺から二つ目で歩いて数分で到着、線路沿いにお店はあります。


■店内&お品書き
P1020836.jpg
プチ老舗感のある店構えは落ち着いた雰囲気で
いかにも旨そうなオーラが放たれてました(笑)
そんなお店の店内はカウンターと小あがりのmix席で二階にも席がありました。

寿司屋を彷彿とさせるネタケースには…
P1020834.jpg
紀州地鶏、大和地鶏をはじめ、名古屋コーチン、宮崎地鶏、などなど
地鶏から産地のブランド鶏が見事に揃っております♬

そしてお品書きにもですが… あるわあるわ、旨そうなメニューがズラリと♪ 
そんな中からこれまで既訪済の友人のオススメで
(事情で食べれない刺身以外)の中からオーダーしました(≧ε≦)

■まずは…
P1020825.jpg P1020829.jpg
突き出しと瓶ビールでぷはぁ=3 とやりましてそれから鳥をいただきましょう♪


■食べたもの…
先ずはオーソドックスな串もの
P1020839.jpg

P1020848.jpg
ボンジリ(お尻の部位で脂分が多い)や軟骨が加わっているつくね団子が
メチャメチャ美味しい〜〜〜♪

そして、この鶏鍋!!!
P1020843.jpg

P1020846.jpg
これがまた凄いね〜♬
地鶏で採った出汁は滋味深く本当にさっぱりしていて旨い。

P1020858.jpg
薬味を落としながら最後の一滴までキッチりといただきました。



そして奈良の地酒「豊祝」を
P1020862.jpg
グビ〜っといただきます。



そして今日のメイン! っていうか個人的なお気に入り!
P1020852.jpg

オレハヽ(゚Д゚)ノ チキンナンカジャネェ━!!

ありきたりな表現で申し訳ないがマジでジューシー!!!
噛むと肉汁がジュワ〜っと溢れ出して来てたまりませんがなぁぁぁぁ

P1020856.jpg
また、鶏のもも肉を丸々焼いてもらえるのがホント嬉しい。
このお店ならではの魅力だと思います。

そして、「塩/タレ」はもちろん焼き加減もお好みをお伝えくださいませ!
価格ですが、地鶏の串は1本300円~1,000円弱の幅がありますが
本のボリュームが結構あるので十分満足できるか、と。


■食べてみて…しもた(」゜□゜)」
鶏専門店の味わいはハンパなく旨かった〜♪  しかし…
P1020831.jpg
途中にチューハイプレーンをかなり摂取しすぎて帰る頃にはプチべろべろ(爆)

そのため

念願だった麺に辿り着くことなく

お開きとなってしまいました…orz

ただ、ひとつ気休めになったのが仲間の
『麺食べるんやったら鶏食べといた方がエエヨ!』
とかけていただいた言葉。助けられましたm(_ _)m

麺とご縁はなかったですがしっかりと旨い鶏をいただけました。
また絶対に来よう♪



※『確かに竜田川って行きづらいよな・・・』
と思ったならポチッとな♪(ρ°∩°)
  ↓↓↓

食べ歩き ブログランキングへ

※『麺食えへんかったんか!!! アホや〜♬』
というツッコミはこちらを一緒にポチッとな♪(ρ°∩°)
 ↓↓↓
にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ

Tag:平群町 

【とこの酒場放浪記】おおつき

しばらく来ない内に
立派になっちゃって~(≧∇≦)♥


■おおつき
@和歌山市黒田46-1
【営業時間】17:00~23:00
【定休日】火曜日
【電話】073-474-2266
【駐車場】専用アリ
■おおつきなう
仕事がたてこんでいたのでブログも呑みもすこしばかりお休みをば。一段落つきまして訪れたのがコチラおおつき。和歌山駅東口からのウォーキングには最適かな?(笑) 仲間を誘った台詞が『おおつきへ久しぶりに行かへん?』でございます(笑) ひとつ返事でOKを出したが前回来たのは意外と前。12年前の事だったのです…



■店内&お品書き
和歌山駅より徒歩約3分の所。昔はちょくちょく来た記憶があるのですが久しぶりに店内に足を踏み入れるとそこは全く別のお店になってました。落ち着いた雰囲気は隠れ家感タップリ(笑) 周りを見回すと、家族連れ、カップル、団体など満員御礼状態!!! 土曜日の夜ということもありますが、ものすごい活気とパワーに溢れてます♪ 


■紀州備長炭
カウンターに席を下ろしたのですが、焼き場の頭の上にはお店のウリである備長炭も箱ごと飾られ、単なる箱が逆にオブジェとして利用されてるのには驚きを感じさせられます。早速オーダーを、ば♪







■ずり

火の通り加減がベスト♪












■こころ

鶏の中で2番目に好きなネタ~♪ 
ちょっと塩加減が強く、
匂いが残ってるのが残念かな。






■とり

基本的には塩なんですが、
これだけはタレで。









■皮



一番好きなネタ♪何も言う事はなく

「鶏皮LOVE♥♡」

(いったい、なんぼほど鳥皮すきやねん...(苦笑))


■ずり唐揚げ



つまみには最適!!!

てな具合で好みの品を堪能させていただきました♪

ひとつだけダメ出しをさせていただくと
角ハイボール(450円)を目の前で作ってくれるのですが、
これがまた結構薄いんですよ...(泣)
これなら角ハイボールの缶をプシュっと開けてくれた方が...(苦笑)

















とは言うものの、炭焼もいいし、何よりも落ち着いていただけたのが『◎』

『しばらく見いひんうちにエライ
あんた立派になってしもて~(笑)』 

とおばちゃんチックなフレーズが出てしまいました。
また来ますね~~ ご馳走様でした♪

テーマ : 居酒屋
ジャンル : グルメ

Tag:和歌山市 

【とこの酒場放浪記】市内某所 焼鳥●●

こんなところに... 
店があったんや...(驚)
■焼鳥なう
「めちゃめちゃわかりづらいけど隠れ家的焼き鳥屋があるよ~♫ でも教えへんけどな(笑)」
とは我が社の酒豪であるS嬢。
聞くと串は100円と200円のメニューがほとんどで、ご飯類も旨いそう。

そんなこの方の情報にはハズレがないと言うことでいつも参考にさせてもらってるんですね。
ただ今回に限ってはなかなかすんなり情報ゲットとはいかなかったんです...

とこ:「Sさん、そのお店教えてくださいよぉ」

S嬢:「あかん、あそこはメッチャいい店で常連さんしかいてないし」

とこ:「ほんなら、俺が常連になるわ~w」

S嬢:「店も狭いし、とこしゃんブログに書くやろ?」
   「そしたらお客さんが来て狭い店がえらいことなるし、
    常連さんに迷惑かかるやん」

とこ:「いやブログへは書かへんから、1人で行けるお店探してるんよ」

S嬢:「しやーないな、だいたいの場所を言うからあとは探して行きな」

と、こんなやきとり あ、「やりとり」ね(笑) があり聞き出すことができました♫

■早速訪問
休日出勤の平日の15時過ぎだいたいの場所を聞いて近くまで辿り着いたんですが...



全くわかりません!(爆)

しばらくその界隈を歩き回るも全然わからなかった...
時間ももったいないので会社へ電話してS嬢に確認をしたところ
『お店の名前の書かれたボロボロの看板があるからそれを探してみたら~』
とのこと。よし!看板やな! と辺りを見渡すと...

あ!あった!!
























つーか、こんなもんわかるかいなー!!!
 ( 0w0)ノ ウェーイ

看板は薄汚れており解読不能(爆)
しかもその入口は...



鰻の寝床になってまして道からさらに奥にあるので普通なら絶対に気づきません!!!
そんな道を進むと...  暖簾がありました♫ さぁ!入店します。














カウンターオンリーでで8人くらいしか座れません。
ハッキリ言って奇麗じゃないですが昭和な雰囲気がプンプンし超好み。
この日のBGMも昭和歌謡曲ががんがん流れてました♫
やや強面にも見えるマスターにまずは瓶ビールを注文します。


うぉ!!! 赤星やん♫
和歌山でコレが出されたのは初めてかも... 
いやぁ、のっけからの先制パンチですわw







そしてお品書きを、ば











言われた通り基本的には串ものが100円オール、他のメニューは200円からとなってまして
私のような薄給者には大変ありがたい価格設定になってます。
そして注文したのがこれらの品々!!!


















■この日は時間も早かったので昼間っからひとり呑みを堪能♫
赤星は600円ですが大瓶なので「◎」他のメニューもボリューの割に安いっすね~~!!!
大瓶2本と肴で1.700円でございました。

これからは頻繁に通うことになりそうな予感♫(笑)
ごちそーさまでした!!!

@和歌山市内某所
【営業時間】
マスターの気分次第
15時くらいから開いてる時あり
【定休日】不定休
【駐車場】近くにCPあり

※S嬢様... 
伏せ字でブログ書いたこと許してね...(爆)

Tag:和歌山市 

【とこの酒場放浪記】  やき鳥 とり政

ふらっとひとり飲み1,500円以内で一本勝負♫


■やき鳥 とり政
@和歌山市杭ノ瀬83
【営業時間】
17:00~23:00
【定休日】水曜日、第一日曜
【電話】073-475-2239
【駐車場】なし
■とり政なう
実は数年前に仕事で近くに来た時から気になってズーッと行きたかったお店がコチラ♫ 数年越しに夢が叶いました~(って大袈裟やな!!!(笑))場所はJRきのくに線宮前駅より徒歩10~15分くらいかな。住宅街の中にポツんと佇むお店は昭和の雰囲気がプンプン。この日は折しも休日出勤日、仕事を片付け、開店17時にふらっと立ち寄って白暖簾をくぐってみました。



■お品書き&店内
店内にはすでにご常連さんの姿が数名あります。座敷、大テーブル、カウンターという構成で意外に広いです。昔の家を改装したような雰囲気ですね。そんな中カウンターに席を下ろすと目の前には仕込まれた串が並んでましていかにも「今から焼き上げまっせ~♫」的な雰囲気が盛り上がります。



■オーダー
まずは大瓶で口を湿らせオーソドックスな串を3本オーダー。厨房では店主さんが手際よく備長炭の上へ串を置いていきます。炭と脂が焼ける煙と香りにつつまれた時。これが何とも心地よい「焼き鳥屋実感」タイムでございますね(笑)しばらくして運ばれたのがコチラ。

■おまかせ串3本+1本














派手さはないですがオーソドックスなビジュアル♫
こころ、ズリは外せない定番、そして店主さんのおすすめを2品を合わせ
すべて塩でいただきます。
ビールを追加したいところでしたが
そうすると腰が重くなりそうなので我慢、我慢。

そして... 本日のおすすめということでチョイスしたのがコチラ      












みたまんま

「鶏フライ!!!(笑)」

オリジナルソースをつけていただきますがこれも値段よりも量が多く
CPの高いアイテムでした。
こちらは壁のホワイトボードにある「おすすめメニュー」でございました。
このボードはその日によって変わるらしいので要注目ですね♫


飲み始めてからちょうど1時間で席を立ちました。その頃にはご常連さんがもっと集まりかなりのにぎわいをみせてました。集落の中にあるお店なので一見さんはほとんど来られないような気がします。実際、私にも「どこでお店知ったん?」って聞かれたくらいですから(笑) この日は〆て1,300円くらいやったかな、目標の1,500円アンダーは楽々クリア。また機会があれば立ち寄りたい落ち着いたお店でした。ごちそうさまでした~♫
【お店の場所はコチラをクリック】

Tag:和歌山市 

応援クリックお願いします
↓↓↓:m(_ _)m
検索フォーム
プロフィール

とこわかはる

Author:とこわかはる
■「デッドで!」とは?
「レンゲを使わず丼鉢に直接口をつけて飲む」つまりダイレクトでスープを飲むということを表しております。よって「デッドで!」とは「鉢に口をつけて直接スープを飲んでみた!」という意味になります。
友人が最初に使い始めたのがきっかけで、この飲み方を広く普及すべく「デッド飲み推進会」に入会しまして、日夜活動に勤しんでおります。
会長によると語源はゴルフ用語由来なのだそうですが… 私はゴルフをしないのであまりよーわかりません(笑)

■私の肩書き
・デッド飲み推進会副会長
    兼 和歌山支部長
・情熱和歌山ラーメン部々長
・情熱大阪ラーメン部所属
入会(部)者を募集中です♪

■私のひととなり
ラヲタではありません。
単純に「中華そば」が好きなだけでございます(笑)​
私にとって「麺」とはオアシス。そんなオアシスを求めて和歌山を中心に近畿圏を放浪中♪そして智弁和歌山野球部のファンでもあります。
将来に不安を抱えているので第二の職を視野に入れてます。実は中華そば屋を経営するのではなく歌手デビューを狙ってます​(爆)

カレンダー
07 | 2017/03 | 08
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
地域別カテゴリ
料理別/シーン別カテゴリ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カウンター